無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年4月5日
更新日:2022年4月5日

越境ECとは?種類やメリット・デメリットを簡単にわかりやすく解説【2022年最新版】

国内市場の縮小が進む日本において、ECを導入しても売り上げを安定して成長させることは難しいものです。そこで多くの企業が導入を進めているのが越境EC。グローバル市場に向けた商品展開が新たなビジネスチャンスをもたらしてくれると期待されています。今回は、越境ECとはどのような手法なのか、具体的なメリットなどを交えつつご紹介します。

【関連ページ】
ホームページ作成にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき【2022年保存版】
ホームページ制作会社 / Web制作会社一覧

越境ECとは?

越境ECは、国境を越えてECサイトを営むこと、つまり海外の消費者向けにオンラインショップを展開するという取り組みです。これまで、ネットショップ通販といえば国内の消費者向けに展開することが前提とされてきましたが、最近では決済システムや流通網の拡充により、簡単に国外に向けて発信できるようになりました。

・越境ECは海外向け通販
・個人でも簡単に進出可能


という2点を押さえておきましょう。

越境ECの市場規模

越境ECの取引額は、年々増加傾向にあります。取引額の多い米国と中国に向けた輸出額を見てみると、2020年は前年比で米国が15.1%増、中国が17.8%増しとなっています。海外から日本へ輸出される額も徐々に増えてきており、2020年はおよそ3,400億円越えと、個人消費者の間で海外のオンラインショップへの注目が高まっていることがわかります。以上のことから、越境ECにおけるBtoC取引は順調に成長している・日本から海外ショップを利用するケースも増えていると言えます。

日米中における越境ECの市場規模(経産省)
越境EC購入額(億円) 伸び率(%)
日本 3,416 7.6
米国 17,108 9.9
中国 42,617 16.3

越境ECと国内ECを比較

経済産業省が実施した「電子商取引に関する市場調査の結果」によると、BtoCの国内EC市場規模は2013年から2020年にかけて、8兆円近い拡大が見られました。特に物販関連の越境EC取引は順調な増加を見せており、今後もさらなる成長が見込める分野です。ただ、これはサービスの拡充に伴いオフラインの消費がオンラインに移行していっただけとも考えられるため、消費全体が今後順調に順調に伸長していくとは限らない点に注意が必要です。一方の越境ECですが、経済成長力があり、取引が旺盛な米国へはおよそ2.3兆円、中国は1.9兆円という輸出額に達しています。

越境ECの種類

越境ECを展開する上では、主に自社型(独立型)とモール型と呼ばれる2つの方法のどちらかを用いて実施していくこととなります。それぞれの方法に応じて、得られるメリットや注意すべき懸念点は変わってくるため、自社にあった方法を選ぶことが大切です。現在運営しているECサイトとの相性や互換性、ブランディングを鑑みて対応しまさよう。

自社型

自社型は、自社でECサイトを立ち上げて、直接海外の消費者にアプローチする取り組みです。個人での運用はもちろん、大企業も取り入れているポピュラーな方法です。カスタマイズ性が高く、デザイン面では好きなだけこだわることができるため、ブランディングを重視したい場合には最適の手法と言えます。ただ、ECサイト開発には時間がかかるだけでなく、集客も一から行わなければいけないため、ある程度予算と時間に余裕のある事業者でなければ運営は難しいかもしれません。

モール出店型

自社型とは対照的に、既存のオンラインモールに出店する形で越境ECを進めるのが、モール型です。モール型の場合、国内ECのモール型と同様、モール型プラットフォームの出店枠に申し込み、海外の消費者にアプローチができるという仕組みです。海外向けモールはブランド力が問われることから、基本的には中〜大企業向けの手法と言えるでしょう。モール型の最大のメリットは、やはり集客力が自社型よりも優れている点です。既存のモールユーザーに対してアプローチができるので、プロモーションを多角化せずとも認知度を高められます。デメリットとしては、海外のモールに出店するためには店舗の知名度が問われたり、他の進出日本企業が競合となり、売り上げを伸ばしきれない可能性がある点です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

越境ECのメリット

越境ECにおいて注目すべきメリットには以下のようなものがあります。

・日本よりも大きな市場に進出できる
・日本とは異なる消費者にアプローチできる
・実店舗を持つ必要がない


中でも実店舗を持つ必要がない、という点は非常に革新的で、これまでの海外進出の常識を塗り替える利点と言えます。現地法人開設や流通網確保といった負担が減り、簡単に海外の消費者にアプローチできます。

越境ECのデメリット

一方で、越境ECには注意すべきデメリットもあります。具体的には以下の通りです。

・言語的障壁が大きい
・流通コストがかかる
・地政学リスクがある


中でも言語的障壁は、専用のネイティブスタッフの起用や文化的なすり合わせが必要になってくるため、事業者によっては越境EC進出に大きく影響する恐れがあります。現地の消費者との適切なコミュニケーション、およびプロモーションができる仕組みづくりが必要です。

越境ECを始める前に確認したいポイント

以上のような越境ECのメリットを活かし、デメリットを最小限に抑えるためには、事前準備を徹底する必要があります。具体的には、「地域」「ルール」という2点の調査を徹底することです。どのような点に気をつけてリサーチを行えば良いのか、順番に見ていきましょう。

対象となる地域の調査

まずは、対象となる地域の調査です。ターゲットとしたい国や地域のリサーチにおいて重要なのは以下の通りです。

・消費動向
・言語
・商習慣
・競合


中でも競合の調査については、徹底して行うことが必要になってきます。競合となりうる会社を徹底してリサーチすることで、その国ではどんな商品が売れているのか、どんな商品ニーズの余地が残されているのか、どれくらいの価格なら売れるのかといった、物販を実施する上で欠かせない情報を数多く仕入れられるためです。また、競合がどのような部分に弱みを持っているのかも知った上で、「自社ならどう動くか」ということを検討してみるのがおすすめです。

法律・規制等の調査

2つ目に、ターゲット地域におけるルール、つまり法律や規制についてのリサーチです。越境ECにおいて問題となりやすいのは、国内外で異なる商品の取り扱いです。例えばお酒の販売には日本以上に酒税が発生したり、そもそも商取引が禁止されたりしている可能性もあり、一見するとブルーオーシャンに見える分野も簡単には参入できないケースがあります。また、輸出入に伴う関税が多く発生し、まともな利益をあげることが困難なケースもあります。規制品や税率についてのルールは定期的・あるいは不定期に改正されることもあるため、定期的に確認しなければならないという負担も忘れてはいけません。

コンサルティングの活用もおすすめ

越境ECは多くの企業が参入している分野であるとはいえ、実際に成功確率の高いビジネスを展開しようとすれば、多くの事前準備が必要になります。このような負担を最小限に抑えてくれるのが、ECコンサルティング会社の存在です。負担の大きなリサーチ業務や、売上拡大につながる戦略策定を、クライアントの代わりに進めてくれるため、商品の生産や確保に集中することができます。越境ECに特化したコンサルティング会社も徐々に増えてきているため、それらを選ぶのにも一苦労する方もいるでしょう。以下のページでは越境ECで活躍するコンサルティング会社をまとめてご紹介しているため、こちらも参考にしてください。

越境ECサイトのコンサルティングに強い会社!費用や選び方も解説

【まとめ】ホームページ制作会社選びで迷ったらアイミツへ

今回は、越境ECがどのようなビジネスなのかについて、具体的な準備のアプローチも含めてご紹介しました。国を跨いでビジネスを展開するとなると、事前調査や規制関連でクリアにしておかなければならない部分が多く、何かと手間がかかります。コンサルティング会社を利用するなどして、事前の負担を最小限に抑え、円滑な進出を促しましょう。アイミツでは、そんな越境EC事業をサポートできる制作会社を、厳選してご紹介しています。越境ECを検討の際には、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ホームページ制作会社 / Web制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき【2022年保存版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!