無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月23日
更新日:2022年5月23日

ECサイトにはどんな種類がある?作り方や注意点も解説【2022年最新版】

実店舗を運営している方のなかには、より効率的に売り上げを上げるため、ECサイトの開設を考えている方も多いのではないでしょうか。本記事では、ホームページ制作会社などさまざまな外注先を比較検討できる「アイミツ」が、ECサイトの種類やサイトに必要な機能、さらにECサイトの構築方法をお伝えします。初めてECサイトを解説しようとお考えの方はぜひ参考にしてください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイトに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説

ECサイトの主な種類

ECサイトと一口に言っても、複数の種類に分かれます。まずは、ECサイトの種類を見ていきましょう。

1-1.単独店舗型

楽天市場やAmazonといったプラットフォームサービスを利用しない、自社商品を販売するためだけに構築されたECサイトです。自社ECサイトとも呼ばれています。楽天市場やAmazonなどのプラットフォーム側の利用規約やルールに従う必要がないため、自由にカスタマイズできる点がメリットです。さらに、顧客データをすべて収集できるため、顧客データを分析して今後の戦略に生かしやすい点も強みです。

1-2.BtoB型

BtoB型とは、企業間取引(BtoB)専用のECサイトのことです。BtoB型のECサイトを構築することで、業務効率化や売り上げアップが期待できます。BtoB型には、「クローズ型」と「スモールB型」の2種類に分かれます。「クローズ型」は、IDやパスワードによる管理を行うことが一般的で、既存の顧客との取引の際に利用します。「スモールB型」は法人を対象としたECサイトで、新規顧客を獲得するためのものです。

1-3.ショッピングモール型

ショッピングモール型のECサイトとは、楽天やAmazonといったECプラットフォームサービスに出店することを指します。大型ショッピングモールのなかに、店舗を出店するのをイメージしてください。ショッピングモール経由の集客がある程度見込めることから、比較的短期間で成果を得られやすいでしょう。

さらに、サービスを提供する側に豊富なノウハウがあるので、ECサイトの知識がない方でも簡単に出店できる点もメリットの1つです。

1-4.オムニチャネル型

オムニチャネルの「オムニ」とは、「すべての」を意味するラテン語です。その言葉通り、オムニチャネルはECサイトを含めたあらゆる販売経路(チャンネル)を統合し活用することで、あらゆる接点からの売り上げに結び付ける戦略を指します。

あらゆるチャネルを統合することにより、顧客情報の一元管理が可能です。そのため、効率的な戦略の立案、さらにコスト削減にもつなげられるでしょう。

1-5.越境・グローバル型

越境ECの市場規模は年々拡大を続けており、経済産業省のレポートによると2020 年の世界の越境 EC 市場規模は約101兆円でした。毎年20%を超える高い成長を見せており、2027年には約541兆円にまで拡大すると予測されています。

こうした巨大な市場に、海外に拠点を構えることなく低コストで参入できる点が越境ECサイトの最大のメリットです。ただ、越境ECを開設するには、言語や決済方法、発送方法など特有の注意点もあります。

ECサイトの構築方法

ECサイトの種類が分かったところで、次にECサイトの構築方法を見ていきましょう。

2-1.ASPサービスを使う

ASPとは、アプリケーション・サービスプロバイダー(Application Service Provider)のイニシャルを取った略語です。ASPサービスを提供する会社のECプラットフォームを利用してECサイトを構築できます。

初期費用やランニングコストが安い、ECサイトの構築期間が短いといったメリットがある一方で、デザインや搭載できる機能に制限があり、自由にカスタマイズがしにくい点には注意
してください。代表的なサービスには、「BASE」「STORES」「イージーマイショップ」「Cafe24」などがあります。

2-3.ECパッケージを使う

ECパッケージとは、ECサイトを構築や運用していくための基本的な機能がすべてパッケージになっている商品のことです。パッケージを自社のパソコンにインストールすることで、ECサイトを構築できます。

ASPと比較するとデザイン性とカスタマイズ性が高いことが特徴
です。そのため、オリジナルデザインやユーザーに便利な機能を搭載するなどで、他社サイトと差別化した企業におすすめします。代表的なものには、「ecbeing」「ebisumart」「EC-CUBE」「HIT-MALL」などがあります。

2-4.フルスクラッチ開発

ソフトウェアやシステム開発の分野では、元になるソースコードなどがない、何もない状態から開発することを「スクラッチ開発」と言います。フルスクラッチ開発とは、文字通り一からすべてを開発することを指します。

ECサイトを構築する方法のなかでは最も費用と時間がかかりますが、オーダーメイドのECサイトを構築することが可能です。コストをかけられる大企業のECサイトを構築する際にフルスクラッチ開発が用いられます。

ECサイトを構築するときの注意点

ただ漫然とECサイトを構築すると思いもよらぬ不利益を被ってしますことも考えられます。最後にECサイトを構築するときの注意点を紹介します。

3-1.目的や事業の規模に合った構築方法を選ぶ

ECサイトを構築する際は、目的や事業の規模に合った構築方法を選ぶことが最も重要です。たとえば、ECサイトをフルスクラッチ開発した場合、1,000万円以上かかることも珍しくありませんが、事業を立ち上げたばかりの方や事業規模が小さい方が1,000万円以上の費用をかけることは現実的ではありません。

また、事業規模が大きく他社と差別化したいにも関わらず、テンプレートを用いた構築方法もおすすめできません。

3-2.ECサイト構築の実績豊富な会社に依頼する

ECサイトを構築するには制作会社に依頼することとなりますが、どの制作会社に依頼するのかも非常に重要です。制作会社を選ぶ際に重視していただきたいのが、過去の制作実績です。実績の数はもとより、自社が制作したいタイプのECサイトの製作実績が豊富なのかも確認してください。

多くの制作会社では、ホームページに過去の制作実績を掲載しています。自社が制作したいタイプのECサイトを構築した実績が豊富な会社に依頼することをおすすめします。

【まとめ】ECサイト構築を成功させるには?

ECサイトを構築する方法は複数あり、方法によって予算が全く異なります。そのため、ECサイトを構築する際には、自社の事業規模や目的に合った方法を選ぶことが重要です。さらに、制作会社選びも同じく重要です。自社が制作したいタイプのECサイトの制作実績が豊富な会社に依頼しましょう。

とはいえ、どの会社に依頼したらいいか分からないという方も多いのではないでしょうか。そういった方はぜひアイミツにご相談ください。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うECサイトに強いホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイトに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!