無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月24日

楽天市場でECサイトを開業する方法!集客のコツも解説【2022年最新版】

「楽天市場への出店を検討しているものの、開設方法がよくわからない」とお悩みの方もいるのではないでしょうか。
この記事では、幅広い分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、楽天市場での開業の流れや出店のメリット・デメリットなどをまとめて解説します。楽天市場への出店を検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
ECサイト制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】
楽天市場の店舗ページ制作を依頼できるホームページ制作会社一覧

楽天市場とは

楽天市場とは、楽天グループが運営する大型オンラインショッピングモール(ECモール)です。インターネット黎明期である1997年のサービスを開始から順調に成長を続け、2021年12月時点での店舗数は約5万6,000、2021年の流通額はグループ合計5兆円以上と日本を代表するECモールの1つとなりました

楽天市場の特徴

楽天市場の大きな特徴は、女性ユーザーを多数抱えているという点です。ニールセンによる調査の結果では、年齢を問わずリーチが高いことが判っています。そのほか、集客力や楽天グループならではのシナジー効果、出店者向けのサポートが充実しているのも大きな魅力と言えるでしょう。

ECサイトの集客で押さえておくべきポイント

ECサイトの集客施策を行う際には、集客方法の種類・特徴を理解しておくことが大切です。たとえばインターネット広告は比較的成果の出やすい施策ですが、コストがかかる上に出稿をやめるとすぐに効果がなくなってしまいます。一方で、SEO対策やSNSアカウント運用は成果はあらわれにくいものの、長期的な視点でみると費用対効果が高くなる可能性が高いです。

楽天市場にECサイトを出店するメリット・デメリット

ここからは、楽天市場への出店で得られるメリット・デメリットを解説していきます。

楽天市場でECサイトを出店するメリット

楽天市場でECサイトを出店する最大のメリットは、圧倒的な集客力です。楽天グループの国内での年間EC流通額は5兆円を超えており、多数のユーザーに利用されていることがうかがえます。多くのユーザーを抱えるECモールへの出店は、自店舗への流入も期待できるということです。また、出店者向けのサポートが充実しているのもうれしいポイントでしょう。

楽天市場でECサイトを出店するデメリット

楽天市場にECサイトを出店するデメリットは、出店に審査が必要なことや出店費用・システム利用料が発生することです。楽天市場では信頼性担保を目的に厳正な審査を行なっており、信頼性に欠けると判断された場合は出店することができません。
なお、料金はもっとも安価な「がんばれ!プラン」であっても月額1万9,500円(税抜)、システム利用料は月間売上高の3.5〜7%(税抜)となっています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

楽天市場の料金プラン

楽天市場でECサイトを出店するには、以下3プランのいずれかを契約する必要があります。支払いはすべてのプランで半年ごとの2回分割です。
<メガショッププラン>
月額出店料:10万円(税抜)
システム利用料:月間売上高の2.0~4.5%(税抜)
登録可能商品数:無制限
画像容量:無制限
<スタンダードプラン>
月額出店料:5万円(税抜)
システム利用料:月間売上高の2.0~4.5%(税抜)
登録可能商品数:2万商品
画像容量:5GB
<がんばれ!プラン>
月額出店料:10万円(税抜)
システム利用料:月間売上高の3.5~7.0%(税抜)
登録可能商品数:5,000商品
画像容量:500MB

楽天市場への出店の流れ

楽天市場にECサイトを出店する際の一般的な流れは、以下のとおりです。
①出店を申し込む
②申込内容確認・手続き(2週間~1ヵ月)
③店舗運営システム(RMS)に店舗の基本情報や商品情報などを入力して店舗ページを作成
④開店前審査を申し込む
⑤審査(2週間~1ヵ月)
⑥審査を通過した場合はショップがオープン

申し込めばすぐに出店できるものではなく手続きや審査などに時間がかかるため、あらかじめ開店時期を考慮した上で計画的に出店準備を進めましょう。

楽天市場でサイトを作成・デザインする方法

ここからは、楽天市場でサイトを作成・デザインする方法について解説していきます。

自分で作成・デザインする

自身で楽天市場のECサイトを作成・デザインする場合は、独自の店舗運営システムである「RMS(Rakuten Merchant Server)を使用します。基本的な流れは以下のとおりです。
①RMSへログイン
②基本情報を登録
③商品の画像を登録
④商品のページを作成
⑤共通パーツの設定
⑥トップページの作成

なお、PC版のECサイトを作成するとモバイル版も自動的に作成されます。

ホームページ制作会社に依頼する

楽天市場のECサイト作成・デザインをホームページ制作会社へ依頼すると、すべての工程を任せることができます。楽天市場の店舗デザインに特化したホームページ制作会社もあるので「売れるページデザインにしたい」「自分で設定できるか不安」という場合は外注がおすすめです。
なお、費用は依頼内容によって変化しますが、中には一部の業務のみを依頼できる会社や、楽天市場の店舗ページ作成プランの容易がある会社もあるため、ニーズに合ったサービスを選びましょう。

楽天市場で成果をあげたいなら外注がおすすめ

楽天市場で売り上げをあげたいのなら、店舗ページの作成段階から外注するのがおすすめです。楽天市場の店舗ページは特殊な構成となっているため、知見やノウハウを持つプロへ依頼すべきでしょう。
楽天市場の店舗ページ作成を得意とするホームページ制作会社は、「売れるデザイン」を熟知していると考えられます。顧客の要望や商品の特性・魅力を踏まえた上で質の高い店舗ページへと仕上げてくれるでしょう。

まとめ

この記事では、楽天市場への出店の流れや出店のメリット・デメリットなどを解説してきました。楽天市場には比較的手軽に店舗ページを作成できるツールがあるものの、より確実に「売れる」デザインにするためには経験・ノウハウが欠かせません。
楽天市場への出店を通じて売り上げを増加させたいという場合は、プロへの外注がおすすめです。自社にノウハウがなくとも、楽天市場の店舗ページ作成に強い会社であれば、安心して依頼できるでしょう。
「アイミツ」ではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
楽天市場の店舗ページ制作を依頼できるホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!