ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2019年11月27日

おしゃれなサイトにしたいなら!デザインに強いホームページ制作会社5選【2019年度最新版】

おしゃれなホームページを制作する

見る人を惹きつけるおしゃれなサイトデザインが、企業のイメージと業績を左右する。
そう言っても過言ではない時代となりつつあります。多くの人が当たり前にインターネットを利用するようになった現在では、ホームページが与える印象の強さは非常に大きなものとなりました。

人と同じように、企業においても第一印象がきわめて大きな意味を持っています。もしホームページがおざなりであれば、企業全体も同じようにみられる可能性があるのです。その反面、ユーザーに好感を持たれるホームページをデザイン・制作できれば、非常に大きな効果が期待できます。

そこで今回は、おしゃれなホームページ制作が企業にとって重要な理由や、見込めるメリットをご説明するとともに、サイトデザインで意識するべきポイントを業種別に解説します。

また、デザイン面に強みを持つホームページ制作会社もご紹介しますので、ホームページ制作の外注を検討している方もぜひ参考にしてみてください。

おしゃれなホームページ制作が重要な理由

PC

今や大半の人にとって、製品やサービスをリサーチする際にインターネットで調べるのは当たり前の行動となっています。顧客と企業のファーストコンタクトが店頭や対面ではなく、ホームページになりつつあるのです。その点からいえば、ホームページは企業の名刺であり広報資料であり、商品のパンフレットであると言えます。商品や企業が魅力的に見えないパンフレットを作る会社はないでしょう。

別の観点から言えば、就活生をはじめとした求職者の多くが就職先を検討する際にホームページを確認します。その内容や雰囲気から良い会社かどうか、応募する価値があるのかどうかまで判断するのです。労働人口が減少を続け超売り手市場となっている現在において、求職者にとって魅力的な企業に映るかどうかは、事業存続においてきわめて重要な要素のひとつになっているといっても過言ではありません。

さらに、BtoBの面でもホームページの質は大きな影響を与えます。ホームページに力を入れている企業ほど、信頼性も高くなるからです。ファッションやインテリアなどビジュアルが重視される業界ならなおさらでしょう。見栄えの悪いホームページを掲げている会社に、依頼する人は少ないと言わざるをえません。見る人を惹きつけるおしゃれなホームページ制作の重要性は、年々高まっているのです。

ホームページが与える印象の重要性

多くの人にとって、自社に触れる最初の機会がホームページとなる現在、それが相手に与える印象において、大きなウェイトを占めることは間違いありません。特に採用業務を担当したことのある方は「初頭効果」という心理学用語を耳にしたことはないでしょうか。

第一印象が相手に与えた印象は、それ以後もイメージとして強く影響し続ける性質があります。たとえ大きな会社であっても、おしゃれなオフィスであっても、ホームページがただの情報の羅列であったり、見にくくセンスの悪いデザインであるという理由で印象が悪い場合、相手に与えたイメージを拭い去るのは非常に難しくなるでしょう。

この傾向は、一般的に認知度があまり高くない会社であるほど、顕著になると考えられます。一方、おしゃれで整ったホームページであるというだけで、「得体の知れない会社」から「信用できる会社」へとイメージを変えることが可能。ホームページは企業ブランディングにおいて、出発点であると同時に重要な正念場ともなるのです。

おしゃれなホームページにすることで期待できる効果

自社サイトをおしゃれなホームページにすることで、ユーザーの第一印象が良くなり、製品やサービス、そして企業自体へも好意的なイメージを持つ可能性が高まります。

特に、性質の関係で競合と機能がほとんど変わらない、あるいは違いが伝わりにくい商品の場合、消費者がどれを選ぶか最後の決め手になるのはイメージです。センスが良く見やすいホームページであれば、内容を読んでくれる可能性も高くなり、商品のメリットもしっかりと理解してくれることでしょう。

実際に、おしゃれで内容のわかりやすいサイトをつくることで、集客のほとんどがホームページによるものとなっている企業も珍しくありません。当然、印象の良い企業ほど求人の応募者も集中するでしょう。

副次的な効果として、ホームページが優秀な広告塔になれば、営業コストや採用コストなどの削減につながり、それによって余裕ができたリソースを、製品のブラッシュアップや福利厚生など社内への還元に回せるようになります。それらの取り組みが、さらに企業の質を高めることにつながり、業績の改善をもたらす好循環にもなるでしょう。

【業界別】おしゃれなホームページ制作のポイント

一口におしゃれなホームページと言っても、業種や業態、立地、ターゲットとする層によって採用すべきデザインは異なります。

極端な話、シックな色合いの家具を売りにするインテリアメーカーのホームページが、原色ばかりの刺激が強いデザインであれば、ターゲットとする客層を惹きつけることは難しいでしょう。反対に、楽しさを前面に押し出すテーマパークのホームページが、アースカラーの配色ばかりの場合、「面白そう!」とは思ってもらうことはできません。

大切なのは、自社のブランドイメージとホームページのコンセプトを統一させることにあります。自社の持つカラー(特色)はどのようなものか、そして既存顧客がなぜ自社の製品やサービスを好むのか、どのようなイメージを持っているのかなど、社内外のリサーチを入念に行い、得られた情報を元にホームページのデザインを検討していきましょう。

ここからは、特にイメージが重要となる次の業種・業界について、おしゃれなホームページを制作する際のポイントをご説明します。

・ファッション業界
・コスメ業界
・飲食業界
・建築、インテリア業界


これらの業界は、まさにイメージが商品やサービスのクオリティに直結するジャンルといえます。したがって、その入り口となるホームページの制作にもとりわけ力を入れるべきでしょう。

ファッション業界

ファッション業界

ファッション業界でのホームページ制作は、ブランドイメージをいかに押し出していくかが大切です。扱う商品が男性向けなのか女性向けなのか、カジュアル系なのかフォーマル系なのか、ファストファッションなのか高級ブランドなのか、その方向性によって採用すべきデザインも当然異なります。

カジュアル系のファストファッションであれば、日常的な使用シーンをピックアップして、実際に着用しているイメージを具体的に提示すると、購買にもつながっていくでしょう。

一方、高級ブランドや原宿系のようなエッジの効いたファッションの場合、多少ホームページの実用性を犠牲にしても、イメージを先行させたデザインの方が響く可能性があります。生活シーンをイメージさせるよりも、web上のランウェイを開くような感覚でサイトを活かすのです。

日本向けのホームページであっても、あえて英語表記をメインにするなど、サイト全体に統一感を持たせると、より洗練されたイメージになるでしょう。

コスメ業界

コスメ業界

コスメ業界のホームページ制作についても、ターゲットとなる年代や仕事用かプライベートかといった目的によって、最適なデザインは異なります。共通していえるのは、「商品を使用してどのような雰囲気になれるのか」をはっきりと示すことが重要だということでしょう。

コスメを使用したモデルの画像を使い、イメージをビジュアルで表現するとともに、背景画像やサイト全体にも同様のイメージカラーを反映させると統一感のあるホームページになります。

そのためには、あらかじめ企業やブランドのイメージカラーを明確にしておくことが求められます。大まかに言えば、ティーンがターゲットならピンクや青、働く女子に向けたブランドなら白、洗練された大人の女性なら黒や赤などいったように、ベースとなるカラーを決めておくと、よりターゲットに響くホームページとなるのです。

肌や環境に優しいコスメを求めている層に向けて、ホームページ制作をする場合は、あえてコスメそのものよりも、グリーンなどエコのイメージを前面に押し出した方が、より効果的な場合もあるでしょう。

飲食業界

飲食業界

飲食業界のホームページ制作においては、まず「清潔」「安全」といったイメージを徹底することが求められます。危険性や腐敗をイメージするようなカラーリングは、避けた方が無難でしょう。その上で店舗が打ち出したいイメージを、ホームページに反映させます。

カジュアルなイメージを打ち出したい場合、料理を囲んで家族や友人と談笑しているシーンを使用すると良いでしょう。または高級感を打ち出したいというときには、画面の余白を広く取り、料理一品だけを上品にクローズアップされるよう撮影することで、イメージを演出するという方法もあります。

メニュー画像の手本には、同業サイトのほかにインスタグラムも参考になります。インスタグラムには、料理に特化して写真を投稿する、デリスタグラマーと呼ばれる人々が数多く存在しており、プロのカメラマンにも劣らないスキルを持っている人も少なくありません。料理の種類も和洋を問わず豊富なので、自社が展開しているジャンルに合うものがきっと見つかるでしょう。

建築・インテリア業界

インテリア業界

建築・インテリア業界のホームページ制作は、提供する商品の世界観を定めて統一感を出すことが大切です。

たとえば、北欧風ならシンプルな白、和風なら桜色や木造家屋の柄、アジアンテイストなら海の青やグリーンなど、扱うジャンルによって使用するべきカラーやフォントも異なります。

もし、複数のジャンルにまたがっている場合は、特に押し出したいジャンルを一つ決めるのも良いでしょう。またはトップページをハブにして、個別のページを作成するという方法もあります。とりわけビジュアル面での訴求力が重要な業種なので、できるだけ解像度の高い画像を使用することをおすすめします。

また、高額な買い物になることが多いため、生活シーンをイメージできるような風景写真を使用するとともに、細かい部分がわかるような写真も多用すると好感と信頼が得られやすくなります。必然的に画像の数が多くなるので、いかに質の高いホームページ素材を用意できるかがポイントになるでしょう。

おしゃれなホームページ制作が得意な会社をご紹介~5選~

おしゃれなホームページ制作のポイントについてご紹介しましたが、実際に自社だけで制作するとなると難しい点が、多々あると言わざるをえません。

「どのようなデザインで構築すれば、ターゲットに響くおしゃれなホームページになるのか」を理解するためには、多くの時間と労力、そして一定程度のセンスが求められます。

また、そのデザインを実現するためのプログラミングスキルも必要であり、HTML、CSS、PHPなど言語に長けた人員がいなければ、絵に描いた餅、机上の空論で終わってしまうでしょう。これらの点から、たとえ手本になるホームページを見つけたとしても、それを自社サイトとして落とし込むのは容易な作業ではないのです。

そこでおすすめしたいのが、おしゃれなホームページ制作に強みを持つ、制作会社に依頼することです。プロに依頼することで、サイトや自社のコンセプトをくみ取りつつ、デザイン性の高いホームページの構築を実現してくれるでしょう。

また、ホームページ制作会社はSEOや集客に関するノウハウを持ち合わせている場合も多いため、見た目だけでなく内部構造やサイト動線などといった、マーケティング面も考慮してサイトを設計してくれます。

特にデザインに強いホームページ制作会社を5社紹介しますので、おしゃれで費用対効果の高いホームページを構築したい場合は、ぜひ参考にしてみてください。

1.株式会社桶屋

桶屋は、大阪市西区にあるwebサイトの企画・構築・運営を行っている会社です。
「写真に言葉をそっとそえる。シンプルに伝え、直感に届けるデザイン。」を哲学に構築されるホームページは、物や人が持つ等身大の特性を十分に引き出した、魅力的なものとなっています。「できるだけシンプルなホームページにしたいけれど、地味にはしたくない」という場合には、最適な選択肢のひとつとなるでしょう。
また桶屋ではweb制作でだけでなく、ロゴから名刺、写真撮影、会社案内まで一貫したブランディングデザインが可能となっています。これにより、ホームページとそのほかの広報資料のイメージにずれが出ることなく、コーポレートカラーを統一させることが可能です。個別に発注する必要がなくなるため、管理費用の削減にもつながります。さらに、企業CMの作成も手掛けているため、ホームページに組み込めばより魅力的なサイトの構築につなげられるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 写真・映像のクオリティに絶対的な自信をもつデザイン事務所に依頼したい方
  • じっくり話し合った上で、おしゃれなホームページ制作をして欲しい方
詳細情報
  • 費用目安:80万円~(詳細要問合せ)
  • 設立年:1996年
  • 従業員数:非公開
  • ホームページ:http://studiokeya.com/index.html#all/
  • 住所:大阪市西区北堀江2-8-17-902
  • 電話番号:非公開

2.株式会社フードコネクション

フードコネクションは東京都目黒区にある、飲食店専門のコンサルティング会社です。ホームページ制作が強みのひとつで、飲食店のホームページに特化しています。
これまでに全国3,000店舗を超えるホームページを制作してきた実績は、高いノウハウと信頼性を証明するものといえるでしょう。公式サイトには実際に制作したほぼすべてのサイトが紹介されており、依頼者の声も細かく掲載されているので、具体的にどのような点が優れているのか顧客目線で確認することができます。また、事業のベースはコンサルティングのため、ただ映えるだけではない、新規顧客獲得につながるホームページづくりを見込めます。
画像素材に必要な撮影については、飲食撮影が豊富なカメラマンと専門のディレクターが同行するため、クオリティの高い画像を使うことができるのもメリットです。必要な方は、ホームページ完成後にSEO対策も含めた更新パックも準備されているので安心でしょう。

こんな人におすすめ
  • 飲食店専門のコンサルティング会社にホームページ制作を相談したい方
  • 新規顧客獲得につながるおしゃれなホームページ制作を依頼したい方
詳細情報
  • 費用目安:要問合せ
  • 設立年:2004年
  • 従業員数:141名
  • ホームページ:https://www.foodconnection.jp/
  • 住所:東京都目黒区目黒1-24-12 オリックス目黒ビル2F
  • 電話番号:03-6417-9657

3.株式会社ドングリ

東京都北区にあるドングリは、デザインを軸に企業のコンサルティングを行う会社です。2010年設立と比較的若い会社でありながら、大手企業を含め数多くの会社から依頼を受けており、目覚ましい実績を誇っています。ドングリの公式サイトを見てもわかるように、圧倒的なデザインセンスとそれを実現する技術を有しており、企業のホームページというよりも、1つの映像作品を鑑賞している気分になれます。「インパクトのあるホームページで、ユーザーを引き付けたい」と考えている方に最適な発注先ではないでしょうか。
コーポレートサイト、ECサイト、ランディングページ、キャンペーンサイトとさまざまなwebコンテンツに対応可能なので、特に売り出したい商品やサービスのサイト作成だけ依頼するといった形も取れます。提供するサービスの本質は、単なるweb制作ではなくホームページやwebを通した経営課題の解決のため、webマーケティング全体を見通したサイト設計の構築が期待できるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 圧倒的なデザインセンスを活かしたおしゃれなホームページ制作を依頼したい方
  • 経営課題の解決に向けおしゃれなホームページ制作を相談したい方
詳細情報
  • 費用目安:要問合せ
  • 設立年:2010年
  • 従業員数:19名
  • ホームページ:https://www.don-guri.com/
  • 住所:東京都北区王子本町2-23-9 加賀ビル3F
  • 電話番号:03-5948-6172

4.株式会社ファイナルワークス

東京都渋谷区にあるファイナルワークスは、ホームページの制作・運営からグラフィックデザイン、システム開発・運用まで行うIT企業です。その特徴は、女性スタッフを中心としたweb制作会社であり、ファッション、美容関係、雑誌など女性向けのホームページ制作に特化していることです。女性だからこそわかる、女性が惹かれるサイト設計やコンテンツプランの提案が可能となっているため、特に女性がメインターゲットとなる、ファッションやコスメ、ダイエットなどの分野ではおすすめの会社です。
もちろん、一口に女性といってもその趣味嗜好は人それぞれです。ファイナルワークスでは、多種多様な商品とそのターゲットに合わせたサイト設計が可能で、カワイイ系、大人系など毛色の異なるさまざまなサイトを制作してきました。企画・提案・デザインなどはもちろんのこと、コンテンツの編集やサイト運営まで任せることができます。社名のとおり「ファイナルワークス(究極の仕事)」に期待できるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 女性ならではの視点、アイディアを活かしたホームページ制作を依頼したい方
  • 女性がメインターゲットの会社のweb関連ご担当者様
詳細情報
  • 費用目安:要問合せ
  • 設立年:2007年
  • 従業員数:7名
  • ホームページ:https://finalworks.co.jp/
  • 住所:東京都渋谷区恵比寿西1-21-3 グレイス代官山12F
  • 電話番号:03-5728-5185

5.株式会社D-Gripシステム

D-Gripシステムは、新宿区にあるホームページ制作・運営会社です。建築業界に特化したホームページ制作を行っており、創業からの10年で受注した案件のほぼ100%が、建築業界関連のホームページとなっています。これにより、建築会社に最適なサイトデザインはもちろんのこと、成約や問い合わせにつながる動線づくりを組み込むことを実現しています。
たとえばバナー制作ひとつをとっても、色やフォントサイズ、使用する画像、設置する場所などについて、なぜそのようなデザイン・配置にするのかを徹底的に考え、建築業界に特化した経験から最適な答えを見極めています。ホームページの制作だけでなくイベントや集客の支援、見込み客に配信できるニュースレターの提供など、多角的な面から建築業者をサポートすることも可能です。売上につながるおしゃれなサイトを構築したい建築業の方には、頼れる依頼先となるでしょう。

こんな人におすすめ
  • 建築業界に特化したおしゃれなホームページ制作会社に依頼したい方
  • 建築業界のホームページ制作の実績が豊富な制作会社に依頼したい方
詳細情報
  • 費用目安:要問合せ
  • 設立年:2008年
  • 従業員数:非公開
  • ホームページ:https://www.d-grip.com/
  • 住所:東京都新宿区新宿1-18-14 廣田ビル2階
  • 電話番号:03-5363-2191

大事なのは、サイト訪問者目線のおしゃれなホームページ制作

ホームページ制作をする際に最も考えなければならないことは、訪問するユーザーが楽しめる、あるいは役に立つものにするということです。

ホームページを運営する目的は、訪問するユーザーを増やし、ファンになってもらい、そして商品の購入やサービスの利用につなげることにあります。洗練されたおしゃれなホームページを制作するのも、あくまでユーザビリティを高めることで事業の目的を達成するための手段であることを忘れてはいけません。

したがって、斬新でスタイリッシュなサイトデザインや、見る者にインパクトを与える視覚効果であっても、事業目的を妨げる要因になるのであれば徹底的に排除するべきと言えるでしょう。

「おしゃれ」だけに特化してはいけない理由

巷にセンスの良いおしゃれなホームページが数多く存在するからといって、サイトのデザイン性ばかりに気を取られていると、利用者の目線を忘れてしまいます。

たとえば、たくさんの動画を挿入したり視覚効果を多用したりすると、本題のコンテンツに切り替わるまで時間がかかったり、処理が重くなりサイトの表示速度が低下する恐れがあります。また、奇抜なレイアウトのホームページほど、直観的な操作が難しくなるため、訪問者に余計なストレスを与えてしまうかもしれません。

これらのデメリットはユーザビリティの低下につながり、ひいては顧客離れの要因にもなりえます。ターゲット層が許容するデザインと実用性のバランスを見極めてこそ、はじめておしゃれなホームページは事業目的に適うものとなるでしょう。

クオリティの高いおしゃれなホームページ制作を依頼しよう

「デザイン性と実用性のバランスが取れた、訪問者にとって魅力的なホームページを制作する」ことは、実行できれば確かに理想ですが、「言うは易し、行うは難し」です。ホームページ制作に長けていない素人が、質の高いおしゃれなホームページを構築するのは至難の業でしょう。

しかしながら、ホームページは世界に向けて公開されるweb上の看板ともいえる存在です。リソースが足りないからと手を抜くのは得策とは言えません。だからこそ、ホームページ制作の専門業者に任せるのが最もおすすめできる方法です。蓄積されたノウハウと経験を誇るプロのプランを取り入れながら理想のホームページを追求することは、長期的に見れば非常に費用対効果の高い選択となるでしょう。

“ホームページ制作”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

このテーマに関連する優良会社

ホームページ制作業者の
見積もりが最短翌日までにそろう