無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月24日

売れるECサイトのデザインの作り方!トレンドも解説【2022年最新版】

「売れるECサイト」とはどのようなものなのか、ECサイト運営を実施している人なら一度は疑問に思ったことがあるのではないでしょうか。この記事では、ホームページ制作会社など、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、売れるECサイトのデザインのポイントや売れるECサイトの作り方をわかりやすくまとめています。売れるECサイトを作りたい!という方は、ぜひ参考にしてください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイトに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説

ECサイトで売り上げを伸ばすには?

ECサイトで売り上げを伸ばすには、以下の3点を意識することが大切です。

・ECサイトへの訪問数
・購入率
・平均客単価


これら3つの要素をかけ合わせることで、売り上げが算出できるためです。現在、自社ECサイトにおける3つの要素がどの程度の数値をマークしているのかを確認した上で、どの要素を伸ばせるよう注力すべきなのかを把握して施策を実施していくことで、売り上げを伸ばしていくことができるでしょう。

売れるECサイトのデザインのポイント

上記3つの要素の中でも、ECサイトへの訪問数と購入率に関してはECサイトのデザインで改善できる部分もあります。以下から売れるECサイトのデザインのポイントを確認していきましょう。

2-1.CVRを高められる動線作り

まず、CVRを高められる動線作りを意識することが大切です。CVRを高めるために意識したいポイントは以下のとおりです。

・ファーストビューにこだわる
・ユーザーの操作性を意識する
・わかりやすい商品画像を使用する


ユーザーが最初に目にするページを魅力的にすることで、離脱を防ぎます。また、構成がわかりやすいサイトになるよう意識すること、商品の詳細や魅力が伝わりやすい画像を使用することも離脱を防ぐことにつながるでしょう。

2-2.シンプル・レスポンシブデザイン

シンプルなデザイン、かつレスポンシブデザインであるかどうかも、重要なポイントの1つです。商品・サービスのユーザー層にもよりますが、多くの商品を取り扱っているからといって多くの要素がごちゃごちゃした見づらいECサイトでは購入せずサイトを離脱してしまう確率が上がってしまうでしょう。

また、レスポンシブデザインであるかどうか、つまりサイトのスマホ対応が済んでいるかどうかもユーザーの離脱率に関わります。レスポンシブデザインでなければ、高い確率でスマホを通じて閲覧しているユーザーはサイトを離脱してしまうでしょう。

2-3.購入ボタンをわかりやすく配置する

購入ボタンは、売り上げに直結する大切なボタンです。購入ボタンをわかりやすい大きさ・色・形にしておき、いつでもユーザーの目に入る位置に配置しておくということは、売り上げを伸ばすために大切なポイントであると言えるでしょう。

現実のショッピングと同じように、今どの商品が追加されているのか、どこでお会計ができるのかをわかりやすく表示することで、インターネット上のショッピングもスムーズに進められます。

2-4.商品画像の下部でおすすめ商品を紹介する

商品画像の下部において、おすすめ商品を紹介することも重要なポイントの1つとして挙げられます。「この商品を購入した人はこんな商品も閲覧しています」といった表示を見たことはありませんか?このような表示を実施することで、ユーザーが目的としていた商品以外に似た商品を提案することができます。購入率の向上につながるでしょう。

自社で商品の購入率やカート内分析を実施して表示するほか、レコメンドエンジンというツールを導入することで実施できます。

売れるECサイトの作り方

上記のポイントを意識するだけでなく、以下のような点を押さえてECサイトを作っていくことが大切です。

・自社商品を購入するユーザーを把握する
・競合のECサイトを分析する
・運用後、ECサイトの状況を分析する


特に「運用後、ECサイトの状況を分析する」は非常に重要なポイントです。ECサイトは実際に運用してみるまでどのような結果を出してくれるかはわかりません。アクセス状況やユーザーの行動をもとに改善を繰り返していくことで、「売れるECサイト」ができ上がっていくのです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ECサイトにおけるファーストビューの作り方

ここからは、「CVRを高められる動線作り」でも触れた魅力的なファーストビューづくりについて詳しく解説していきます。

4-1.ファーストビューに入れる要素

まず、ファーストビューに入れる要素を把握しておきましょう。ファーストビューに入れる主な要素は、以下のとおりです。

・商品画像
・キャンペーン情報
・商品説明文
・購入ボタン
・カートボタン
・お問い合わせ先
・会社情報、ロゴ


広告から直接商品ページにアクセスしてくるユーザーがいる=商品詳細ページがファーストビューとなるユーザーもいるということを考えて、ECサイトのページづくりを進めていきましょう。

4-2.目を引く商品写真

商品写真は、魅力的で目を引くものを選びましょう。解像度が低く、ぼやけているようなものはもってのほかです。鮮明で商品の魅力がわかる画像を選択してください。基本的には静止画でしか伝わらないため、複数の角度から撮影した商品画像を掲載することがおすすめです。

また、近年ではアパレル商品を着用して歩いている動画を商品ページに掲載している企業も見られます。雰囲気が伝わりやすいため、動画の活用も検討してみるとよいでしょう。

4-3.商品をより魅力的に伝えるキャッチコピーと配色

商品をより魅力的に伝えるためには、キャッチコピーと配色にも気を配ることが大切です。「春から秋までサラッと着られる新作登場」「会員様限定・お得なセール開催中」など、ユーザーに利用したい・気になると思わせられるようなキャッチコピーを掲載しましょう。

また配色については、デザインのポイントでお伝えした「シンプル」を忘れてはいけません。見づらくならないよう、しかし重要な情報は目を引くような配色を意識することが大切です。競合を参考に、配色も意識して制作しましょう。

ECサイトの最新のデザイントレンド

ECサイトの最新のデザイントレンドの1つとして挙げられるのは、「3Dデザイン」です。近年ではフラットデザインが流行していましたが、最新のトレンドは3Dで、サイト全体に動きと奥行きを持たせることができます。

このほか、最小限の情報を掲載するミニマルデザインも人気です。ただし、ユーザーにとって必要な情報を厳選する必要があるため、取り入れる難易度は高めでしょう。このほか、ブラウザーを分割するようなデザインでコンテンツを配置するスプリットスクリーンレイアウトも人気です。

ECサイトを売上アップ、売れるデザインにしたい場合はプロに外注

ECサイトの売り上げをアップしたい場合や、売れるデザインのECサイトにしたいという場合には、プロに外注することがおすすめです。自社でのECサイト制作を検討していた場合(内製)、ここまでお伝えしてきたポイントを網羅することは難しいと感じた方もいるのではないでしょうか。

ECサイトの制作経験やノウハウがあるホームページ制作会社に外注することで、ポイントを網羅した高品質なECサイトの制作が期待できるでしょう。ECサイトのリニューアルも同様です。

【まとめ】ECサイトを成功させるには?

ここまでお伝えしてきたとおり、売れるECサイトを制作するためには、各種ポイントを押さえること、そして運用後の定期的な情報分析と改善が必要です。しかし、ポイントを押さえたサイトづくりや、効果的な分析と改善を実施するにはある程度の知識やノウハウが必要になります。そのほか必要な業務に自社リソースを集中させるためにも、ECサイトの制作・運用は外注することがおすすめです。

自社にノウハウがなくとも、ECサイトの制作実績が豊富なホームページ制作会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイトに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!