採用ホームページの作り方!求める人材を引きつけるサイトとは?

更新日:2017年07月16日 | 公開日:2017年07月16日

採用ホームページの作り方!求める人材を引きつけるサイトとは?

近年webでの選挙活動が解禁されるなど、インターネットを使ったPR活動が加速化しています。
その理由の1つとして、スマートフォンでのインターネット利用率増加が挙げられています。

特に20代では情報を集める際にまずスマホで検索することが常識化しています。
就職活動も例外ではありません。
そこで重要な存在となるのが採用ホームページ(採用サイト)です。

一方で採用ホームページの必要性は分かっていても、
「求人ポータルサイトと何が違うのだろうか?」
「どんなコンテンツを用意すればいいのだろうか?」
といった疑問や悩みを抱えている方も少なくないと思います。

この記事ではそんな疑問や悩みを解決すべく、採用ホームページの役割と制作時の注意点、そして採用ホームページをより効果的に活用する方法などについてご紹介します。

1. 採用ホームページの役割ってなに?

採用活動のためのメディアはいくつもありそれぞれに適した役割があります。
ですから採用ホームページを用意するならば、まず適した役割は何なのかを理解することが重要です。
それによってどんなコンテンツが必要なのかも自ずとわかってきます。

1-1. 求人ポータルサイトとの違い

求人する際は、「リクナビ」や「マイナビ」などの求人ポータルサイトで募集すれば十分だと考えている方もいらっしゃると思います。

確かに採用ホームページと求人ポータルサイトはどちらも求職者が見るサイトですが、役割が大きく異なります。

このことは求職者の行動パターンを考えてみるとよく分かります。
求職者は一般的にまず求人ポータルサイトで求人募集している企業を探します。
理由は求人募集している企業を多く知りたいからです。
求人ポータルサイトは個々の企業情報は多くありませんが、少ない時間と労力で求人募集している企業を多く知ることができます。
そして、なかに気になった求人があれば企業の採用ホームページを見てみようという気になるわけです。

まとめると、次のようなパターンになります。

求職者の行動パターン
  • 就職先を見つけたい
  • 求人ポータルサイトで求人募集中の企業を探す
  • 気になった企業の採用ホームページで企業のことをもっと知ろうとする

1-2. 採用ホームページの役割

前項の説明でお分かりかと思いますが、採用ホームページの役割はずばり自社について理解してもらうことです。

もちろん求職者がすべて求人ポータルサイトを利用しているわけではありませんから、「存在を知ってもらう(認知)」ための役割も重要です。

20代のスマートフォンでのインターネット利用率が90%を超え(総務省調べ)、移動中や大学内などでも手軽に検索できる時代にあっては、採用ホームページがあるかどうかが「会社を知ってもらえるかどうか」に大きく影響するのは間違いありません。
(参考)総務省|平成27年通信利用動向調査の結果

ですが、最大の目的は「就活情報サイトや求人ポータルサイトでは得られない情報」を求めてやってきた求職者に的確な情報を提供し会社について理解してもらうことにあります。
では、そのためにはどんなコンテンツを用意すればいいでしょうか。

ユーザー目線のコンテンツ選びをする

採用ホームページにくる求職者は企業に興味を持ち、実際に働くことを想定しています。
そのため、実際に働いたときにどんな人と関わるのか紹介するものや、先輩社員のインタビューなどの自分の将来がイメージしやすいコンテンツを用意するといいでしょう。

企業コンセプトやビジョンをわかりやすく明快に伝える

会社が向かおうとする方向や、将来像が理解できるコンセプトやビジョンは、求職者の共感を得るために不可欠なものです。
会社のビジョンやコンセプトに共感して入社した人は、長く働いてくれる可能性が高くなります。
ただし、しっかりと説明しようとして多くの要素を詰め込みすぎることは禁物です。
基本的な考え方をシンプルにわかりやすく伝える方法としては、以下の方法が有効です。

シンプルにわかりやすく伝える例
  • 写真(画像)やイラストなどを使い紹介
  • 経営者が自分の言葉でビジョンを語る


採用ホームページの役割と用意すべきコンテンツについてご理解いただけたと思います。
より具体的にイメージを膨らませたいとお考えならば、評価の高い採用ホームぺージを参考にするのもひとつの方法です。

関連記事

2. 採用ホームページを活かした採用活動の展開

採用ホームページを企業について理解してもらうためのものと前述しましたが、「せっかく制作するならそれだけではない使い方も考えたい!」という気になった方もいるでしょう。
そんな方に採用ホームページを活かした新しい形の採用活動を3つ紹介します。

2-1. web上の会社説明会

従来の会社説明会は自社単独にせよ、他の企業とともに行う合同説明会にせよ、求職者に会場まで足を運んでもらうことには違いありませんでした。

この場合、住んでいる場所によっては交通費や時間の関係で参加できない求職者が、必ずと言っていいほどいたはずです。
逆の見方をすれば貴重な人材を採り逃していた可能性もあるわけです。

この問題を解決するのが、採用ホームページを利用したweb説明会です。
説明会がインターネット上で開かれるので、住んでいる場所に関係なく参加することができます。
また、説明会だけでなく無料通話ソフトウェア「スカイプ」とwebカメラを利用してインターネット面接をする企業が増えています。
いずれにしても採用ホームぺージを利用することでこれまでより多くの応募者と接することが可能になっています。

(参考)WEBセミナー - マイナビ2018
(参考)オンライン面接の実施企業まとめ - NAVER まとめ

2-2. ソーシャルリクルーティング

ソーシャルリクルーティングとはFacebookやTwitterなどのSNSを利用した就職活動です。

情報を得やすい学生側のメリットはもちろんですが、採用する側にもメリットがあります。

まずは採用コストの削減です。
SNSは基本的に無料で利用できるので、費用を抑えて応募者とコミュニケーションを取ることができます。
つぎに企業側からも情報が見られるということです。
SNSは双方向なので、エントリーシートなどだけではわからない応募者のパーソナルな部分を知ることができます。

2-3. リスティング広告

リスティング広告とはGoogleなどの検索エンジンで検索した結果トップページに表示される広告のことです。

例えば「ホームページ制作 東京」と検索した場合、検索結果とは別に広告枠として東京のホームページ制作会社の広告が表示されると思います。
これがリスティング広告です。

リスティング広告の効果は絶大でSEO対策をする必要なく、検索結果画面の上位に表示できるので採用ホームページへ流入が期待できますが、あくまで広告ですので費用対効果については十分に検討する必要があります。

3. 【まとめ】求める人材を集めるためにはより効果的な企業アピールを

この記事では採用ホームページの役割と自社が求める人材を集めるための採用ホームページを活かした採用活動を紹介しました。

求職者が採用ホームページに来る目的は企業についてより知ることです。
そのため先輩社員の声や実際に働いている写真、企業理念、詳細な事業内容などその企業で働くことがイメージしやすいコンテンツを用意することが必要です。

採用ホームページの役割はこれだけではありません。
web説明会やソーシャルリクルーティング、リスティング広告などインターネット上の採用活動を展開することでさらなる相乗効果が期待できます。

「アイミツ」では採用ホームページの制作だけでなく、web説明会などの採用マネジメントも請け負っているホームページ制作会社などお客様のご希望に合わせて業者をご紹介します。
採用ホームページを利用した採用活動をお考えの際は 「アイミツ」までぜひお気軽にご相談ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください