Web広告代理店の費用を知る アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月10日

Twitter広告の出稿費用の目安とは?費用対効果を高める方法も【2023年最新版】

Twitter広告を出稿する場合には、どのくらいの費用がかかるのか気になる方も多いでしょう。大まかな相場を把握しておきたいという方も少なくないのではないでしょうか。
そこでこの記事では、Twitter広告にかかる費用の目安や費用対効果について徹底解説。Twitter広告の運用を検討中という場合は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
Twitter広告代行を依頼できるネット広告会社一覧

Twitter広告の出稿費用はどのくらい必要?

運用タイプ別に見るTwitter広告の出稿費用
運用方法 費用目安(月額)
基本的な運用の場合 10万円〜
分析にも注力する場合 30万円〜

Twitter広告は、どのくらいの出稿費用が必要なのでしょうか。Twitter広告の費用はどのように決められているのか、そして出稿する際の費用目安・相場について確認していきましょう。

Twitter広告の費用は自社で設定できる

Twitter広告は、予算を自社で設定して運用することが可能です。つまり、Twitter広告にいくらかけるのか、費用は自分たちで決めることができます。そのため、どのくらいの成果を出したいのかによって費用は変動するでしょう。
例えば、予算を自由に設定できるため数千円規模で始めることもできますが、その価格帯となるとほとんど広告の露出がありません。そのため、最低でも数万円単位の予算をかける必要はあると言えます。

Twitter広告を出稿する際の費用目安・相場は?

Twitter広告は予算を自由に設定して運用することができますが、大まかな目安としては月額10万円〜を想定しておくといいでしょう。データを十分に貯めながら広告運用をしていきたいという場合には、月額30万円以上の予算は確保しておきたいところです。
しかし、あらかじめ設定しておくKPIやキャンペーン目的、課金方式によっても費用目安は異なるため、費用に関しての詳しい解説は、この記事の「Twitter広告の掲載費用の目安・相場について」をあわせてチェックしてください。

Twitter広告とは?基本情報を確認しよう

そもそも、Twitter広告とはどのような広告なのでしょうか?Twitter広告に関する基本的な情報を改めて確認しておきましょう。

Twitter広告とは?

Twitter広告とは、Twitterのタイムライン上や検索結果画面、リプライ欄などさまざまな箇所に広告を掲載することのできる広告サービスのこと。Twitterユーザーの興味関心や検索内容などのデータをもとに多種多様なターゲティングを行うことができ、「若年層にリーチしやすい」「2次拡散の可能性もある」「興味関心をベースとした高精度なターゲティングが可能」などといったメリットがあります。

ちなみに、Twitterの日本における月間アクティブユーザー数は4,500万人(2017年10月時点)。2,600万人のFacebook、3,300万人のInstagramよりも1,000万人以上ユーザー数が多く、全世界における月間アクティブユーザー数は3億3,000万人とされています(2019年Q1時点)。若年層にリーチしやすいSNS広告として知られていますが、20代のみならず30代以上のユーザー層も厚いため、幅広い年齢層をターゲットにプロモーション可能なのも特徴の1つです。SNS広告を展開する上では欠かせないサービスといえるでしょう。

Twitter広告のターゲティング

Twitter広告におけるターゲティングはいくつか存在しますが、大きくテイラードオーディエンスターゲティング、オーディエンスの特性によるターゲティング、オーディエンスの条件によるターゲティングの3つに分けることが可能です。

テイラードオーディエンスターゲティングでは、Twitterアカウントや広告主が持っている独自のデータリストを活用できます。一方オーディエンスの特性によるターゲティングでは、ユーザーの使用しているOSやプラットフォーム、デバイス、さらには使用言語や性別などをもとにターゲティングが可能。オーディエンスの条件によるターゲティングでは、ユーザーの行動やフォロワー、検索キーワードや興味・関心などをもとにターゲティングを行うことが可能です。

Twitter広告は、ユーザーの趣味や嗜好などのデータが十分に揃っていることから精度の高いターゲティングが可能となっているため、ユーザーの抱く興味・関心を考えて広告を出稿することが非常に重要でしょう。

Twitter広告キャンペーンの8つの目的

Twitter広告においては、広告キャンペーンの目的別で広告費用が課金される方式を採用しています。つまり、あらかじめ設定された目的を達成した場合のみで課金されるということであり、それ以外のアクションが発生した場合でも広告費は発生しません。狙ったマーケティング目的以外の課金は発生しないということから、費用の無駄が発生しづらく、ROIを高く保つことができると期待できるでしょう。Twitter広告では以下のキャンペーン目的を選択可能です。

・リーチ(認知度)
・動画再生数
・プレロール再生数
・アプリのインストール数
・Webサイトのクリック数
・エンゲージメント(クリックやリツイート)
・フォロワー数
・アプリ内での購入数


これらのうち1つのキャンペーンを選択すれば、それ以外のアクションで課金されることはありません。例えば、アプリのインストール数をキャンペーンの目的として選択した場合、フォロワー数が増加していても課金はされないことになります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Twitter広告の掲載費用の目安・相場について

Twitter広告の費用目安
費用目安
クリック/コンバージョン課金 1クリックあたり24円~200円
インプレッション課金 1,000インプレッションで400円~650円
フォロー課金 1フォローあたり40~100円
エンゲージメント課金 1エンゲージメントあたり40~100円
アプリインストール/起動課金 1インストールあたり100~250円
再生数課金 再生あたり5~20円が相場

Twitter広告の予算は自由に設定できると先に述べましたが、どのくらいの費用が発生するかは課金方式などによって大きく異なります。具体的な費用相場について改めて確認していきましょう。

Twitter広告の費用目安・相場はどのくらい?

先にも述べている通り、Twitter広告にかける予算の目安は月額10万円〜、よりデータを十分に収集しながら運用していきたい場合には、30万円〜が目安とされています。小規模であれば10万円〜で問題ないかもしれませんが、事業規模や目標などによってかかるコストは大きく左右されるでしょう。

また、もしも自社で運用するのではなく外部のネット広告代理店に運用を依頼するという場合、実際にかかった広告費用に加えて運用手数料が発生します。運用手数料は、実際にかかった広告費用の20%が相場。つまり、10万円の広告費用がかかった場合には、そのうち20%の2万円が運用手数料となり、広告費用+運用手数料で合計12万円を代理店に支払うこととなります。加えて、ネット広告代理店によっては初期費用が必要な場合も。初期費用が発生する場合は〜5万円ほどが相場とされています。

このように、自社で運用する場合・外部に運用を委託する場合でかかるコストは少し変動しますが、課金方式もコストに大きな影響を与えるため、以下で種類と費用目安を確認していきましょう。

課金方式の種類と費用目安

Twitter広告は、それぞれの課金方式によって大まかな費用相場・目安が存在します。それぞれの特徴と費用相場は以下の通りです。

・クリックあるいはコンバージョン課金の場合
Webサイトへのクリックあるいはコンバージョンが発生するごとに課金となり、1クリックあたり24円~200円が費用相場です。

・インプレッション課金の場合
広告が表示されることで課金となり、1,000インプレッションで400円~650円が費用相場です。

・フォロー課金の場合
アカウントをフォローされることで課金となり、1フォローあたり40~100円が費用相場です。

・エンゲージメント課金の場合
広告キャンペーンに対するリツイートや返信、いいねなどが起こると課金となり、1エンゲージメントあたり40~100円が相場です。

・アプリインストール、あるいは起動課金の場合
アプリのインストールや起動が発生した場合に課金となり、1インストールあたり100~250円が相場です。

・再生数課金の場合
Twitter広告に掲載した動画広告が再生されるごとに課金となり、再生あたり5~20円が相場です。

課金方式はどのように選べば良いのか?

Twitter広告にはさまざまな課金方式が存在しますが、どの課金方式となるかはキャンペーンの目的、つまりはTwitter広告を行う目的によって異なると言っていいでしょう。

例えば、キャンペーン目的をブランド認知度の向上(リーチ)とした場合にはインプレッション数、購入検討の中でもWebサイトへのクリック数とした場合にはURLのクリック数、あるいは購入検討でもフォロワー数の増加を目的とした場合にはフォロワー数といった風に、キャンペーン目的を何に設定するのかによって課金方式は異なります。予算やPRしたい商材のジャンルをふまえてキャンペーンの目的を設定することで、自ずと課金方式も決まると言えるでしょう。

入札方式について

Twitter広告は、オークションに入札することによってオーディエンスに広告を表示することができます。入札方法は以下の3パターンです。

・自動入札
予算は確保できているが入札金額で悩んでいる場合におすすめの方法で、最小限の費用におさえながらもパフォーマンスを獲得できるように自動で最適化されるのが特徴です。

・上限入札単価
課金対象となるアクションが発生するごとに、いくらまでなら支払っていいのかを設定できる方法です。あらかじめ入札単価の上限を定めておきながら、広告効果を細かく調整したい場合にはおすすめでしょう。

・目標入札単価
キャンペーンの目的をフォロワー、あるいはWebサイトへの誘導数あるいはコンバージョンに設定した場合に利用可能で、目標入札単価をあらかじめ定めておき、1日あたりの平均広告費用が目標値にできるだけ近づくよう調整することが可能です。

入札する際は、単に金額面だけでなくツイートの内容やリツイートの頻度などといった各広告の品質スコアも関与するため注意しましょう。

アイミツでの取引事例

ここからは実際にあった取引事例をご紹介します。

Twitter広告の事例
費目 金額 備考
Twitter広告出稿費用 10万円
運用手数料 2万円 出稿費用の20%
Twitterアカウントのディレクション費用 10万円

実際にあった取引事例をご紹介しました。ご自身の想定するTwitter広告がいくらでできるのか気になりましたらお気軽にお問い合わせください。

運用初心者の場合はプロモート機能がおすすめ

Twitter広告の運用に慣れていないという初心者の場合には、クリックプロモートがおすすめです。クリックプロモートとは、名前の通り非常にスピーディに広告ツイートを作成できるサービスです。すでにつぶやかれているツイートから広告に使いたいものを選び、予算やターゲティングしたい地域を選べばすぐに広告を作成可能。費用は5,000円~50万円の間で設定できます。スマホアプリから誰でも配信できるのがうれしいポイントでしょう。

Twitter広告の費用対効果を高めるためには?

Twitterの費用対効果を高めるためには、どのような点に気をつけるべきなのでしょうか。以下の6つのポイントをおさえておき、Twitter広告運用におけるパフォーマンス向上を目指しましょう。

配信する目的を明確にする

Twitter広告を配信する際には、配信する目的をあらかじめ明確にしておきましょう。
自社や自社サービスのTwitterのフォロワーを増やしたい(潜在顧客の獲得を狙いたい)、自社Webサイトへの流入を増やしてコンバージョン数も上げたい、自社アプリのインストールを増やしたい、すでにアプリを使用している人によりアプリを起動してほしいなど、Twitter広告を行った上で叶えたい目的を整理し、それぞれの目的に沿ったキャンペーンを設定するべきです。逆に、きちんと目的を設定せずにTwitter広告を初めてしまうと、適切なキャンペーン目的を設定できず、効果が目に見えづらいかもしれません。

ターゲティングを明確にして最適な配信方法を選択する

Twitter広告は、趣味・嗜好などのデータをベースとしたターゲティングが非常に高精度であるため、いかにターゲットを適切に設定して広告を配信するのかが肝心です。Twitter広告のターゲティング精度がいくら高くても、広告を配信する側がターゲットを明確に定めておらず、ターゲットの興味・関心の深掘りなどができていなければ、結果的にターゲティングにズレが生じて思ったような効果を得られません。
ターゲットはどのようなツイートであれば興味・関心を抱くか、どのような動画広告であれば思わず再生してしまうかなど、ターゲットユーザーに響くコンテンツを明確にして、最適なターゲティング手法やキャンペーン、目的を選び配信しましょう。

拡散できるクリエイティブを作成する

Twitter広告は、一度配信したのちに2次拡散を期待できるのが大きなメリットです。しかし、Twitter広告を配信すれば必ず2次拡散へとつながるわけではもちろんありません。ユーザーが思わず拡散したくなるようなクリエイティブで出稿しなければ、2次拡散は起こらないでしょう。
ユーザーが思わず拡散したくなるようなクリエイティブでTwitter広告を配信するためには、先にも述べたとおりターゲットユーザーの深掘りが非常に重要です。どのようなコンテンツであれば響くのかを分析し、クリエイティブに反映させましょう。

リターゲティング配信を行う

Twitter広告のリターゲティング配信では、過去に自社ランディングページから離脱してしまったユーザーに対して、再びTwitter広告を配信し、コンバージョンの獲得を狙うことができます。
リターゲティング配信は、すでに認知のフェーズを終えているユーザーに再びアプローチすることができるため、通常の配信よりもコンバージョンしやすいという点が大きなメリットです。また、金額の高いサービスや商品など、一度ランディングページに訪れただけでは購入に至らず検討期間が長めに必要な商材の場合も、一度時間を置いてから再度プッシュできるため、購入するよう後押しすることができるでしょう。ちなみに、プロモアカウント・プロモツイート・プロモトレンドのいずれにおいても配信可能です。

フリークエンシーを設定する

同じ広告を何度も何度も目にするうちにうんざりしてしまうという経験がある方も多いのではないでしょうか。その場合、広告に対しうんざりするだけでなく、その広告が宣伝しているサービスや商品にまで悪いイメージがついてしまうこともあるでしょう。
そのような失敗を防ぐために効果的なのが、Twitter広告のフリークエンシー上限設定機能です。1人あたりに何回まで広告を見せるのかといった上限をあらかじめ決めておくことができるため、ユーザーが広告に対しネガティブイメージを持つことを防ぐことができます。しかし、すべてのキャンペーン目的においてフリークエンシーの上限を設定できるわけではなく、リーチ・エンゲージメント・動画再生数・プレロール再生数に限られているため注意しましょう。

LPOにも力を入れる

Twitter広告に限った話ではありませんが、LPO(=ランディングページ最適化)にも注力しなければコンバージョンは生まれません。せっかく効果的な広告クリエイティブを作成し多くのアクションを得られたとしても、遷移先のランディングページのクオリティが低ければ最終的なコンバージョンに至ることはないでしょう。そのような失敗は避けるためにも、LPOにも注力し、Webサイトに訪れるだけでなくその先のアクションまで発生するよう促すべきです。

その他SNS広告の出稿費用との比較

ここからは、その他のSNS広告の出稿費用と比較してみましょう。ほかのSNS広告と比較し、Twitter広告はどのような立ち位置なのでしょうか。

主なSNS広告の種類

はじめに、Twitter広告以外のSNS広告について概要を確認していきましょう。

・Instagram広告
Instagram広告は、3,300万もの月間アクティブユーザー(2021年現在)にアプローチできるSNS広告です。画像投稿がメインでトレンド性の高いSNSであることから、ファッションやコスメ、グルメなどといった商材にはぴったりでしょう。

・Facebook広告
Facebook広告とは、日本国内の月間アクティブユーザー2,600万人、全世界の月間アクティブユーザー29億人に配信することのできるSNS広告です。ユーザーのアクションや登録されているデータをもとに高精度のターゲティングを行えるのが特徴です。

・LINE広告
LINE広告は、日本トップのユーザー数を誇るモバイルメッセンジャーアプリケーション・LINEで配信することのできる広告です。LINEアプリ内だけでなくLINEの運営・提携しているその他アプリケーションやサービス、Webサイトなどにも広告を配信可能で、TwitterやInstagramなどといった他のSNSを利用していない層にもアプローチすることができます。

主なSNS広告の費用

ここでは主要といえるSNS広告3種類の費用相場を解説します。

Instagram広告
クリック課金(CPC) 40~100円/1クリックInstagram広告
インプレッション課金(CPM) 500~1,000円/1,000回表示
アプリインストール課金(CPI) 100~250円/1インストール
再生数課金(CPV) 4~7円/1再生
Facebook広告
クリック課金 (CPC) 100~200円/1クリック
インプレッション課金(CPM) 100~500円/1,000回表示
LINE広告
クリック課金(CPC) 24~200円/1クリック
インプレッション課金(CPM) 400~650円/1,000回表示

Twitter広告を出稿する際の注意点

最後に、Twitter広告を出向する際にはどのような点に注意するべきなのかを確認していきましょう。

利用規約が守られているかを確認する

Twitter広告を出稿する際には、利用規約がきちんと守られているかどうかを忘れずにチェックしましょう。万が一利用規約を破るような行為をしてしまっていた場合には、広告配信を強制的に停止されてしまう可能性が高いです。Twitter広告を配信する際には、今一度利用規約について確認し、ルール違反となっていないかどうかを判断してから配信するように注意してください。もしも初めての配信でTwitter広告についてよくわからないという場合や、自分たちで運用するには不安があるという場合には、広告代理店への外注も視野に入れましょう。

ターゲットが絞られているか・ズレていないかを確認する

Twitter広告を配信する際には、きちんとターゲットが絞られているのか、あるいはターゲティングにズレが生じていないかを改めて確認しておきましょう。訴求力に優れたクリエイティブを作成し、遷移先のランディングページのクオリティも申し分ないという状況であっても、ターゲティングが不完全であれば効果は表れません。ターゲティングがズレている、あるいはターゲティングが広すぎるといったミスを防ぎ、費用対効果をなるべく高く保つことができるようにするべきです。

入札価格が低すぎないかを確認する

Twitter広告を出向する際には、入札価格が低すぎないかどうか注意しましょう。Twitter広告を配信していても予算あるいは入札価格が低すぎるという場合には、インプレッションを得られない、あるいはインプレッション数が少ないという結果になることが少なくありません。入札額を上げることによってオークションのパフォーマンスやインプレッション数は改善されるため、失敗を未然に防ぐためにも自動入札タイプなどを活用しましょう。

【料金シミュレーター】あなたのしたいネット広告の相場感がわかります

ネット広告の相場を知りたいという方はぜひ料金シミュレーターをご利用ください。

Twitter広告に関する費用の具体事例

関連する費用事例です。様々な企業の実績をベースに費用事例として紹介しておりますのでぜひご覧ください。

【301万円~600万円】 不動産売買査定の集客(Google・Facebook・Youtube・Twitter・LINE・Yahoo)

業界
不動産
発注者規模
100人-250人未満
納期
〜1ヶ月
実績企業
株式会社コンセプトラボ
課題
不動産売買のサービス立ち上げに伴う広告依頼
解決
クライアント様の査定の長所をしっかりとユーザーに訴求
各媒体の顧客データを活用して低CPAで査定を獲得する形を設計
効果
CPA10000円
対応できる類似企業を探す

【601万円~1000万円】 0から化粧品の商品開発を支援

業界
通販・ネット販売
化粧品販売
美容
発注者規模
10-25人未満
納期
6か月
オプション業務
ECコンサルティング
WEBマーケティング支援
WEB広告制作
クリエイティブコンサルティング
クリエイティブ設計・制作
サイト構築・運用管理
実績企業
FAST BPO株式会社
対応できる類似企業を探す

まとめ:Twitter広告の費用感を確認して効果的な施策を行おう

Twitter広告は広告費用の最低額が決められていないため、予算にあわせて柔軟に運用することが可能です。
しかし、データを収集しながらより効果的な運用を行なっていくためには、ある程度の予算とスキルが必要と言えるでしょう。

もしもTwitter広告の運用に不安があるという場合や、広告運用に割ける時間・リソースがないという場合には、プロのネット広告代理店へ外注することも1つの手段です。ネット広告運用をプロに任せたいという場合は、ぜひアイミツで発注先を探してみてください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
Twitter広告代行を依頼できるネット広告会社一覧

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するWeb広告代理店一覧