Web広告代理店を
お探しですか? PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

Web広告発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Twitter広告とは|費用相場や利用する目的を徹底解説【事例あり】【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

Twitter広告は、他のSNS広告と比較して二次拡散力が強いため、より多くのユーザーにアプローチできます。Twitter広告を低予算で運用し、高い成果を上げている企業も多くあります。Twitter広告の活用が売上向上の近道ともいえるでしょう。本記事では、Twitter広告の詳細やメリット・デメリット、料金相場などについて詳しく紹介します。

【関連ページ】

Twitter広告にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にWeb広告会社をお探しいただけます。

Twitter広告の費用・相場

Web広告会社一覧

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

Twitter広告とは

Twitter広告とは、Twitterのタイムラインや検索結果に広告表示ができるサービスです。世界のSNS事情を毎年調査している「DataReportal」によれば、日本ではTwitterの利用者数はLINEに続く第2位で、16歳から64歳においては58.2%が利用していると報告されています。
(出典:Digital 2022:Japan(DataReportal) https://datareportal.com/reports/digital-2022-japan)

利用者数が多いことや、Twitterの特徴である「拡散力」の高さから、Twitter広告は成果につながりやすいSNS広告として認識されており、多くの企業がビジネス目的でTwitter広告を利用しています。

Twitter広告の特徴

Twitter広告の特徴の1つが、二次拡散を促せる点です。二次拡散とは、課金して設定したターゲットが特定のアクションを行うことで、そのターゲット経由でさらに多くの顧客に情報が拡散されることです。SNS広告ではこの二次拡散が発生する場合がありますが、Twitterは拡散力の高いSNSのため、他のSNSと比較して二次拡散が発生しやすいという特徴があります。

例えば、課金してターゲット100人に届けた広告が注目を集め、多くの「いいね」や「リツイート」を獲得した結果、数万人を超える人々にアプローチできたという事例もあります。この拡散力の高さをうまく活用することで、少ない予算であってもより大きな広告成果が期待できます。

Twitter広告の費用

Twitter広告は、シンプルなものであれば1万~3万円程度でも運用でき、場合によっては大きな成果が期待できます。また、中には数百万円の費用がかかる一方で高い宣伝効果が期待できる広告もあります。初めてTwitter広告を運用する方であれば、まずは月額3~5万円程度の予算で始めてみるのがおすすめです。成果が見られたら月額10~15万円程度にまで増やすことで、より高い成果が期待できるでしょう。

Twitter広告の料金の仕組みを知るには、「課金方式」と「入札方式」の2つを理解する必要があります。それぞれについて紹介します。

課金方式

Twitter広告の課金方式は以下の7つです。
・インプレッション課金・・・広告が表示された回数に応じて課金(例:500~800円:1,000インプレッション毎)
・フォロー課金・・・フォローが発生した際に課金(例:50~200円:1フォロー毎)
・エンゲージメント(いいね・RTなど)課金・・・いいねやリツイートを獲得した際に課金(例:50~200円:1エンゲージメント毎)
・ビュー(再生)課金・・・動画が再生された際に課金(例:5~100円:1動画再生毎)
・クリック課金・・・広告がクリックされた際に課金(例:50~500円:1クリック毎)
・インストール課金・・・アプリ等がインストールされた場合に課金(例:100~500円:1アプリインストール毎)
・アプリクリック課金・・・クリックしアプリを起動した際に課金(例:100~500円:1アプリ起動毎)

入札方式

上記で紹介した課金方式での価格設定に幅があるのは、Twitter広告はオークション形式を取っており、入札額によって広告掲載を調整しているからです。

例えば、3社が同様のターゲットに対して、類似の広告を掲載したい場合、Twitter広告が3社の広告をすべて掲載してしまうと、ターゲットのタイムラインが広告ばかりになり、大切なユーザーが快適に利用できません。そこで、一番高い入札額を設定した広告のみを掲載します。これがオークション形式です。

つまり、他の類似広告よりも高い入札額を設定することで広告が表示されやすくなります。一方で入札額が低い場合、広告は表示されません。

必要な入札額はジャンルやターゲットによって異なります。競合が多いジャンルでは入札額を高くする必要があり、競合が少ないジャンルでは入札額が低くても広告表示されます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるWeb広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

6種類のTwitter広告

Twitterアカウントには、以下の6種類のタイプがあります。

1.プロモツイート
タイムラインに表示される広告で、通常のツイートと同様に「いいね」や「リツイート」が可能。タイムラインに自然に表示されるため、ユーザーからの関心を集めやすいのが特徴。

2.プロモアカウント
フォローするという表示が付いた広告で、フォロワー数を増やすのに適しています。

3.プロモトレンド
トレンドの最上部に表示される広告で、広告枠が獲得できた場合は24時間にわたって広告表示されます。広告が掲載できるのは1日につき1社のみで数百万円を超える費用が発生しますが、その分多くのインプレッションを獲得できます。

4.クイックプロモート
すでにツイートしたものを広告化する方法です。広告のための新たな準備が必要ないため、手間をかけずに運用できるのがメリット。

5.ファーストビュー
Twitterを起動した際に最初に表示される広告です。タイムラインの一番上に表示されるため、ユーザーに強く訴求できるのが魅力。

6.プロモトレンドスポットライト
トレンド箇所に画像や動画を表示できる広告です。プロモトレンドはテキストのみなのに対し、プロモトレンドスポットライトはよりインパクトの高い広告が掲載できます。

Twitter広告の3つのクリエイティブ

Twitter広告のクリエイティブについて紹介します。クリエイティブとは、ユーザーの元に表示される広告そのものを指します。広告は表示されるだけでは十分な成果につながりません。質の高いクリエイティブをユーザーに届けることではじめて影響力を持ちます。そのため、利用できるクリエイティブの形を知り、より質の高いクリエイティブ制作に取り組む必要があります。

Twitter広告の主なクリエイティブは以下の通りです。
・テキストのみ
・文字+画像や動画
・Twitterカード

「テキストのみ」や「文字+画像や動画」はイメージしやすいと思いますが、Twitterには「カード」という独特のクリエイティブがあります。それぞれについて詳しく紹介します。

テキストのみ

画像や動画を使わない、テキストのみにクリエイティブです。ツイートは日本では「つぶやき」と呼ばれることもあるように、Twitterはテキスト情報を伝えるのに優れたSNSのため、テキストのみのクリエイティブも高い効果を発揮します。
例えば、考えの共有や主張、企業に関するノウハウの拡散などは、テキストのみのクリエイティブで高い成果が期待できます。

画像・動画付き

テキストに加え、画像や動画を加えたクリエイティブです。文章による主張や説明に加え、画像や動画で注目度を高められるため、バランスのよいクリエイティブとして人気です。
ただし、画像や動画の質によって広告の価値が大きく変化するため、時間をかけてクリエイティブを作成、準備する必要があります。多くの企業が積極的に活用している広告の1つです。

Twitterカード

Twitter広告のカードを利用したクリエイティブです。カードとは、クリックした際に別のサイトに誘導される媒体のことです。テキストや画像、動画にURLを組み込んだものと考えるとわかりやすいでしょう。カードで興味関心を惹きつけ、その後Webサイト等に誘導して顧客獲得を目指す手法で、Twitter上のスペースだけでは広告内容を十分に宣伝できない場合などに利用されます。

Twitter広告のカードは、Webサイトに誘導できる「ウェブサイトカード」やアプリに誘導できる「アプリカード」、ダイレクトメッセージに誘導できる「ダイレクトメッセージカード」などがあります。目的に合わせて利用するとよいでしょう。

Twitter広告を利用する目的

Twitter広告を利用することで、以下の8つが期待できます。
①フォロワー獲得
②ウェブサイトへの誘導またはコンバージョンの獲得
③ブランド認知度の向上
④ツイートのエンゲージメント強化
⑤アプリのインストール数または起動回数の向上
⑥動画の再生数の向上
⑦商品やサービスの短期間でのプロモーション
⑧顧客との交流機会の創造

これらのすべてを目的とする必要はありませんが、事前に目的を明確にしておくことで、実施すべき施策が決まります。Twitter広告には一定の料金が発生するため、費用対効果を最大限に高めるためにも、目的の選定、明確化には力を入れるようにしてください。

Twitter広告のメリット

Twitter広告には以下のメリットがあります。
・最適なユーザーにターゲティングできる
・二次拡散効果に期待できる
・幅広い年代のユーザーにアプローチできる

特にTwitter広告では、ターゲッティングの多様さと、二次拡散効果が優れており、それをうまく活用することが成功への近道です。それぞれの詳細について紹介します。

最適なユーザーにターゲティングできる

Twitter広告では、性別や年代、地域などの情報(オーディエンスの特性)に加え、ユーザーの興味関心(オーディエンスタイプ)にも応じたターゲティングが可能なため、最適なユーザーにアプローチできます。

オーディエンスの特性で可能なターゲティング設定は以下の通りです。
・地域
・言語
・端末やプラットフォーム
・年齢
・性別

オーディエンスタイプで可能なターゲティング設定は以下の通りです。
・会話
・イベント
・過去のエンゲージメント
・キーワード
・興味関心
・フォロワーが似ているアカウント

これらのターゲット設定を組み合わせることで非常に細かいターゲティングが可能で、特定のユーザーに適切にアプローチできるのがTwitter広告の魅力です。

二次拡散効果に期待できる

Twitterは拡散力の高いSNSのため、広告として表示したクリエイティブが「いいね」や「リツイート」により拡散され、予想を超える人々に情報が届く可能性を秘めています。1つの広告クリエイティブが1日で数万、数十万に届いた事例もあります。

他のSNSでも二次拡散が発生することがありますが、二次拡散の発生のしやすさや規模に関してはTwitter広告が頭1つ抜けていると考えてよいでしょう。少ないコストでより大きな広告効果を求めたい場合には、Twitter広告がおすすめです。

幅広い年代のユーザーにアプローチできる

Twitterは、幅広い年代のユーザーにリーチできるのもメリットの1つです。InstagramやTikTokは若年層、Facebookは40代以上の利用者が多いのに対し、Twitterは幅広い層に利用されているという特徴があります。そのため、Twitter広告のみでも若年層から中高年層まで幅広くアプローチできます。複数の広告を利用する必要がないため作業が簡略化できるとともに、使い込むことでより質の高い広告運用ができるようになるでしょう。

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

Twitter広告デメリット

Twitter広告にはいくつかのデメリットもあります。
・広告が全然掲載されない可能性がある
・ポリシー違反になると強制停止を喰らう可能性がある

これらのデメリットについては、Twitter広告の仕組みやポリシーを知ることで問題が発生するのを未然に防げるため、下記で詳しく紹介します。

他にも、二次拡散しやすい一方で炎上しやすい、仮称やサブアカウントを使っている人が多く本当に必要な人に情報が届きにくいなどのデメリットもあります。

広告が全然掲載されない可能性がある

Twitter広告を利用したにもかかわらず、ユーザーのタイムライン等にクリエイティブが表示されず、全く成果がでない場合があります。これは、上記で紹介したように、Twitter広告が入札方式を採用しているためです。競合よりも低い入札額を設定している場合、自社のクリエイティブが表示されにくい、もしくはまったく表示されないという状況が起こりえます。

これを防ぐには、競合よりも高い入札額を設定する、もしくは自動で入札額を調整してくれるTwitter広告の機能を利用するなどの方法があります。

Twitter広告の費用相場

典型的なTwitter広告であるプロモツイートでは、広告がクリックされる度に課金されるクリック課金制に対応しています。1クリックあたりの費用相場は50~200円です。競合が少ない場合には、20円程度で広告掲載できる場合もあります。一方で、競合が多い場合、1クリックあたり300円を超える可能性もあります。一般的には、1,000エンゲージメント獲得しようとすれば、5万~20万円ほどの費用が発生します。希望するエンゲージメント数に合わせて予算を組んでおくとよいでしょう。

ポリシー違反で強制停止となる可能性がある

Twitter広告では独自のポリシーを設けており、それに違反すると、オフボーディング(差し止め)の対応がなされます。アクティブなTwitter広告がすべて停止され、再度掲載できなくなります。

事前にTwitter広告のポリシーを確認し、違反行為等がないかを確認しておくとよいでしょう。
Twitter広告ポリシー:https://business.twitter.com/ja/help/ads-policies.html

Twitter広告を始める方法・手順

Twitter広告を始める方法や手順について説明します。
1:アカウント作成
始めに広告用アカウントを開設します。広告用アカウントを作るには、Twitterの通常アカウントを作った後、2~3週間ほどかかる場合があるため、新規でTwitterを開始する方は早めの対応がおすすめです。

2:広告キャンペーンの目的を選択
広告アカウントができたら、広告アカウントの作成に移ります。まずは広告キャンペーンの目的を選びます。ウェブサイトへの誘導やフォロワー獲得、ツイートのエンゲージメントなどから選べるため、適切な目的を設定しましょう。

3:クレジットカードの登録
Twitter広告への支払いはクレジットカードを利用して行うのが一般的です。支払い方法の設定は早めに済ませておくのがおすすめです。

4:キャンペーンの設定
キャンペーンの詳細を設定します。キャンペーン名や期間、支払い方法選択、予算などの設定を行います。

5:広告グループの作成
広告グループを作成し、広告に関する詳細を決めていきます。開始時期や入札方法など、キャンペーンよりもより細かい設定が可能です。

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

Twitter広告の効果を高めるポイント

Twitter広告の効果を高めるためには、以下のポイントを取り入れるようにしてください。
・話題性を組み込む・・・Twitter広告の特徴の1つでもある二次拡散を高めるには、ユーザーの心を動かす必要があります。クリエイティブに話題性のある題材を一部組み込むことで関心が高まり、二次拡散の発生件数が高まります。

・魅力的な文章を組み込む・・・Twitter広告では画像や動画も利用できますが、Twitterの最大の魅力は文章による影響力です。ユーザーを惹きつけるような魅力的な文章を加えましょう。

・一度に広告費をつぎ込みすぎない・・・一度に大量の広告費をつぎ込んでしまった場合、反応がイマイチだった場合に大きな損失につながります。広告運用は数回に分けて実施するのがよいでしょう。

Twitter広告の成功事例

大阪ガスマーケティングでは、新規顧客獲得チャネルとしてTwitter広告を活用しています。プロモツイートにより潜在顧客にアプローチし、ブランディングを図りました。特にAmazonプライムと連動した大型キャンペーンでは大きな成果があったといいます。同社はTwitterやTwitter広告の効果的な運用により、他動画プラットフォームと比べ2.6倍のリーチ数獲得に成功しました。

日東紅茶でおなじみの三井農村は、ブランディング目的にTwitterを活用してきました。同社は企画の認知度を最大化させたいとの思いから、Twitter広告の運用も開始。様々な人に魅力が届けられるように、幅広いターゲット層に対して広告を掲載しました。広告ツイートに対して「癒される」「泣いちゃった」と感想ツイートする人もいるなど、同社ブランドが愛されていることを再確認できたとともに、大きなブランディング促進につながったといいます。

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

ネット広告料金表

ネット広告の費用をご紹介します。

ネット広告料金表
ネット広告の種類 費用相場
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告 3万~5万円
Twitter広告    クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円    
Instagram広告     クリック課金:40~100円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円    
Facebook広告   クリック課金:100~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円    
LINE広告     クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円    
TikTok広告 起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円

より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

【まとめ】適切なTwitter広告運用をめざすならWeb広告会社に依頼を

Twitter広告はターゲットが細かく設定できるのに加え、二次拡散力が強く、低コストでより多くの人々にアプローチできる可能性を秘めています。
しかしながら、広告効果を高めるには、質の高いクリエイティブ制作や適切な運用が重要です。もし自社だけで難しいようであれば、広告運用のプロに外注するのもよいでしょう。
自社にノウハウがなくとも、Twitter広告の運用に関して経験豊富なWeb広告会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うWeb広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】

Web広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】

Twitter広告の費用・相場

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するWeb広告代理店一覧

SNS広告に条件を追加して企業を探す