無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月29日

アフィリエイト広告とは?概要やメリットなどを解説【2022年最新版】

「アフィリエイト広告」という言葉は知っていても、具体的な内容まではわからないという方も多いのではないでしょうか。しかし、SNS広告やYouTube広告、リスティング広告などと同様に、アフィリエイト広告も非常に重要なネット広告のひとつです。
そこでこの記事では、アフィリエイト広告の仕組みや種類、メリット・デメリットなどを解説しています。アフィリエイト広告に向いている商材や、運用に必要な知識なども併せてご紹介しますので、ぜひ参考になさってください。

関連ページ】
アフィリエイト広告にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
アフィリエイト広告に強いネット広告会社一覧
ネット広告の費用と料金相場【2022年最新版】

アフィリエイト広告とは

はじめに、アフィリエイト広告とはどのような広告なのかをチェックしていきましょう。アフィリエイト広告とは、アフィリエイターと呼ばれる媒体主が運営しているブログやホームページなどに、広告主が宣伝したい商品やサービスに関する広告リンクを掲載することで、閲覧者が広告リンクを介して商品の購入や新規会員登録を行うことをゴールとした広告のこと。詳しくはのちほど述べますが、コストパフォーマンスに優れており、初期費用を抑えながらはじめられるため、はじめてネット広告に挑戦する方でもはじめやすい広告形式です。
ASP(Affiliate Service Provider)と呼ばれる広告主とアフィリエイターを仲介する役割を持つサービス・プロバイダによって双方がマッチングし、CVが発生した場合やクリックされた場合などに報酬を支払うという仕組みが採用されています。

アフィリエイト広告の種類

ここからは、アフィリエイト広告にはどのような種類があるのかを確認しておきましょう。本記事では、成果報酬型とインプレッション型という報酬形態に加え、無料型と呼ばれる成果対象が無料のものをご紹介します。

成果報酬型

成果報酬型とは、ユーザーがアフィリエイターのブログやWebサイトから広告リンクを経由して商品の購入・サービス契約などを行うと、その件数に応じて成果報酬が支払われるタイプのアフィリエイト広告です。
化粧品や美容・ダイエット器具、健康用品などの物販系のほか、情報商材などの情報系でも多く採用されています。実際に商品の購入や契約などといった成果が発生しない限り、報酬も発生しない点が特徴です。

インプレッション型

インプレッション型は、アフィリエイト広告がブログやWebサイトなどで表示された回数によって報酬額が決定します。アクセス数が多く影響力の高いブログやWebサイトに広告を掲載してもらう場合には、成果報酬型ではなくインプレッション型でも問題なく効果を得られるでしょう。
アフィリエイト広告が表示されれば課金されることから、成果報酬型よりも報酬額が発生するハードルが低いですが、その分報酬単価が低く設定されています。

無料型

成果報酬型やインプレッション型のアフィリエイト広告の場合、広告の対象、つまりは報酬が発生する対象となっているものには有償のものがほとんど。しかし、なかにはユーザーが無料で手に入れられるものも広告とすることがあります。
たとえば製品パンフレットの取り寄せや資料請求、無料の会員登録などが例としてあげられるでしょう。無料で利用できるものが対象となっていることから、一般的な成果報酬型の広告よりも成果発生のハードルは低いと言えます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

アフィリエイト広告のメリット・デメリット

まずメリットとしてあげられるのが、コストパフォーマンスに優れているというポイントです。アフィリエイト広告の多くは成果報酬制であり、商品が購入された際やクリックされた際、実際に資料請求が行われた際などに報酬が発生するため、無駄な広告費用がかかりません。成果報酬の金額は広告主側で柔軟に設定できるのもうれしいポイントでしょう。また、さまざまなWebサイトやブログで宣伝してもらうことができれば、インターネットを通じて認知が拡大し、実店舗への集客などにもつなげることが可能です。
一方でデメリットは、ASPを利用するためには初期費用や月額費用が必要となる点でしょう。広告費用とは異なり、ASPの利用料金は成果が発生してもしなくても毎月発生するため、無理なく続けられる金額かどうかきちんと確認してから登録することをおすすめします。

アフィリエイト広告向きの商品・サービス

大前提として、アフィリエイト広告は超短期のプロモーションや富裕層を狙った商材、地域が非常に限定的な商材、そしてBtoB商材には向いていないというポイントをおさえておくことが重要です。アフィリエイト広告は、一般的にWebを使用している層に対し、中長期にわたってエリアを絞らずに宣伝する広告であり、基本的には個人向けのブログやWebサイトなどに掲載されるため、先に述べたような条件の場合には向いていません。
一方で、ダイエット器具やコスメなどといったコンプレックス解消・美容系商材や、サプリメントのような誰もが気になる健康に関する商材、無料の会員登録や資料請求などといった申し込みのハードルが低い商材はアフィリエイトに向いていると言えるでしょう。

アフィリエイト広告の運用に必要な知識

アフィリエイト広告を運用する際には、さまざまな知識が必要です。「ASPに登録してあとはお任せで問題ないのでは?」と思っている人もいるかもしれませんが、ASPに登録するだけで広告効果が出るわけではありません。サイトの属性やこれまでの獲得実績、商品の種類などによって適切に報酬設定を行う必要もあれば、市場状況を把握・分析する、上限CPA(顧客獲得コスト)を設定しておくなど、知るべきことややるべきことは盛り沢山です。
アフィリエイト広告の運用にばかり手がかかり、もっとも重要な自社ブランド力の向上や商品・サービスの改善などが疎かになれば本末転倒。もしも社内に十分なリソースがない、アフィリエイト広告を自社で運用していくのは厳しいという場合には、ネット広告会社に相談するのがベストでしょう。

ネット広告料金表

ネット広告の費用をご紹介します。

ネット広告料金表
ネット広告の種類 費用相場
動画広告 10円〜/1再生
アフィリエイト広告 3万~5万円
Twitter広告   クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000表示ごとに400~650円    
Instagram広告    クリック課金:40~100円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに500~1,000円    
Facebook広告     クリック課金:100~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示されるごとに100~500円    
LINE広告   クリック課金:24~200円/1クリック
インプレッション課金:1,000回表示ごとに400~650円    
TikTok広告 起動画面広告(インプレッション課金型):1,000回表示ごとに770円

ネット広告の費用をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターのご利用をおすすめします。

まとめ

今回は、アフィリエイト広告に関する基本的な知識をはじめ、アフィリエイト広告を配信するメリット・デメリット、アフィリエイト広告向きの商品・サービスや、必要となるナレッジなどについて解説してきました。
アフィリエイト広告は成果報酬型がメインとなっているため、成果が発生しない限り報酬も発生しません。そのため、費用の無駄を発生させることなく成果にこだわりながら広告を運用することが可能です。

アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うネット広告会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
アフィリエイト広告に強いネット広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ネット広告の費用と料金相場【2022年最新版】

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!