無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

Web広告代理店の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月18日

リスティング広告のメリット・デメリットは?効果やSEOも【2022年最新版】

Webマーケティングを始めるにあたって、リスティング広告から開始しようと考える方は多いのではないでしょうか。この記事では、そのような方のために、営業・バックオフィスなど、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、リスティング広告のメリット・デメリットについて詳しくまとめました。
SEOとリスティング広告の違いや、リスティング広告を効果的に運用する方法についても解説しています。リスティング広告の開始を検討している方や、リスティング広告の知識を深めたいという方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
SEOにかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にネット広告会社をお探しいただけます。
SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】
ネット広告会社一覧

リスティング広告の特徴

ここからはリスティング広告の特徴やSEO対策との違いについて解説していきます。リスティング広告についての基礎を知りたいという方や、リスティング広告に興味があるという方はぜひ参考にしてください。

リスティング広告とは検索結果上に表示できる広告

リスティング広告とは、検索エンジン(GoogleやYahoo!など)の検索結果上に表示できる広告です。「検索連動型広告」と呼ばれることもあります。特徴としては以下のような内容が挙げられます。

・検索に使用したキーワードに関連した広告が表示される
・広告内容はテキストのみ
・表示場所は金額のほか、広告リンク先ページの利便性やキーワードとの関連性の高さによって変化する

SEOとリスティング広告の違い

リスティング広告と並んで挙げられるWebマーケティング手法(施策)に、「SEO」があります。SEOとは、Webサイトの価値を高め、検索エンジンで検索が行われた際に上位表示を狙うマーケティング手法です。
SEOとリスティング広告は、以下のような点が異なります。

料金:リスティング広告は有料が前提。SEOは知識があれば基本は無料で行える
即効性:リスティング広告は即効性あり。SEOは上位表示までに時間を要する
費用対効果:リスティング広告は一定。SEOは効果が出て高まっていく

リスティング広告を導入するメリット

ここからは、具体的にリスティング広告を導入することでどのようなメリットが得られるのかをお伝えしていきます。

顕在層に直接アプローチできる

リスティング広告は、キーワードに関連する商品やサービスに興味があるユーザーにピンポイントに配信できる広告です。
顕在層とは、ニーズが具体的で、商品やサービスの比較検討をしている段階にあるユーザーのことを指します。顕在層のユーザーは、購買意欲も高く、サービスや商品を利用してくれる可能性が高いユーザーであるため、リスティング広告を利用して顕在層にアプローチすることで、サービスの利用・商品の購入といった広告配信の目的達成の可能性を高めることができます。

効率的に配信できる

リスティング広告は、指定したキーワードと連動して配信を行える広告です。
商品やサービスに関連しないキーワードを用いて検索を行ったユーザーに広告が配信されることはないため、効率的な配信が可能な広告だと言えます。また、「特定のキーワードを使用したユーザーには配信しない」といった除外設定も行うことができるため、さらに効率的な広告配信が可能です。
たとえば、同じランニングシューズでも「格安」「高品質」「プロ向け」など、ニーズは異なります。ユーザーのニーズに合わせた効率的な配信ができるという点が、リスティング広告の大きなメリットなのです。

低予算で広告出稿できる

リスティング広告は費用がかかるマーケティング手法であるものの、比較的低予算での出稿が可能な広告です。というのも、一般的なリスティング広告は、ほとんどの場合、最低出稿金額が設定されていません。つまり、リスティング広告にかける費用は広告主自身で決めることができるのです。
テレビCM・駅貼り広告などは1回あたりの広告費用が固定されている上、最低数十万円~数百万円と高額であることが多いもの。その点、リスティング広告はかなりハードルが低い広告であると言えるでしょう。

即効性がある

「SEOとリスティング広告の違い」でもお伝えした通り、リスティング広告には即効性があるという点が大きなメリットだと言えます。
リスティング広告は、条件次第で配信開始後すぐに検索結果上位に表示させることも可能な広告です。そのため、配信開始から比較的すぐに、Webサイトへのアクセス数増加や問い合わせ増加などの効果を実感できる可能性が高いでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

リスティング広告を導入するデメリット

複数のメリットがあるリスティング広告ですが、一方でデメリットも存在します。リスティング広告が持つデメリットをひとつずつ確認していきましょう。

掲載費用が必要

メリット部分で「低予算で広告出稿できる」とお伝えしましたが、そうは言っても掲載費用が必要な点をデメリットに感じる方も多いでしょう。また、最低出稿金額はないものの、キーワードによっては低予算だとほとんど配信されないまま予算を使い切ってしまう可能性も。
配信量(PV数)やクリック数が少ないと分析がしづらく、必然的に広告内容やターゲットキーワードの変更・改善もしづらくなってしまうため、配信状況によってはある程度の予算が必要になることを覚悟しておくべきでしょう。

以下の記事では、リスティング広告に必要な費用や料金相場を詳しく解説しています。こちらもぜひ参考にしてください。
リスティング広告の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

広告出稿・運用に手間がかかる

広告出稿・運用にある程度の手間や知識が必要という点も、デメリットに感じられるかもしれません。出稿前にはアカウント・ターゲット設定や配信する広告内容の作成などが必要になりますし、配信後は結果を分析した上での改善が必要です。
取り扱っているサービスや商品の分野にもよりますが、ターゲティングや広告内容に関しては一定のセオリーも存在するため、効果的な分析・改善には専門知識が必要になるという点もデメリットと言えるかもしれません。

ユーザーに避けられる可能性がある

リスティング広告は、ユーザーに配信される際に「広告」という文字が合わせて表示されます。そのため、Web広告を嫌うユーザーは最初から広告を避けて検索結果を見る可能性も。
検索に使用したキーワードに興味・関心を持つユーザーだったとしても、広告を避けるユーザーは存在します。余裕があれば並行してSEO対策を行い、広告以外でも上位表示を狙うことで、そのようなユーザーからのアクセスも得ることができるでしょう。

リスティング広告を効果的に運用する方法とは

リスティング広告を効果的に運用するためには、キーワードの選定と広告文の改善に力を入れることが大切だと言えます。現在、リスティング広告は「自動入札(広告を配信する目的や広告の種類によってかける費用を調整する機能)」の利用が主流。そのため、広告主ができることは「配信結果を分析して、配信すべきキーワードを見極め、効果的な広告文を作成すること」だと言えます。
キーワードごとに入札価格は調整されるものの、配信設定をしている限り完全にゼロにはならないため、商品やサービスと方向性が異なるキーワードはこまめに除外しておくことが大切です。また、クリック率やコンバージョン率が高い広告文を参考に、広告文にさまざまなバリエーションを持たせることも意識しておくとよいでしょう。

【まとめ】ネット広告会社選びで迷ったらアイミツへ

ここまで、リスティング広告のメリット・デメリット、SEOとの違いなどについてお伝えしてきました。

運用経験やノウハウなしでのリスティング広告の効果的な運用は難しいと言えます。そのため、ネット広告会社に運用を外注することもおすすめです。また、気になる会社を複数比較し見積もりを取ることができるサービスを無料で提供している「アイミツ」では、上記以外にも多くのネット広告会社の情報を保有しています。ぜひお気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ネット広告会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
SEO対策の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!