無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年6月23日

SNS広告費用の目安は?5大SNSの特徴や料金相場を比較【2022年最新版】

日本でのSNSの利用者数は、2022年末には8,000万人を超えると予想されています。つまり、SNS広告を利用すれば8,000万人もの人々に訴求可能ということ。SNS広告を効果的に活用して売り上げを伸ばしている企業も多くあります。しかし、使い方がわからない、広告費用が不明で怖いと利用に踏み切れない企業も多いようです。
そこで本記事では、日本で人気の5大SNS(Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TikTok)の特徴や広告料金相場を徹底比較します。

【関連ページ】
あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
SNSに強いホームページ制作会社一覧

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

SNS広告・ソーシャルメディア広告とは

SNS広告やソーシャルメディア広告とは、TwitterやFacebook、LINEをはじめとしたSNSの利用画面に表示される広告です。例えば、FacebookやTwitterのフィード欄にはフォローした人々の投稿が表示されますが、そのなかに混ざって広告が表示されます。
SNS広告の魅力は、より多くの人々に広告を届けられること。日本では最大約8,000万人の人々に広告表示できる可能性を秘めています。また、テキストに加え画像や動画が利用できるため、訴求力が強いのも魅力。
広告の表示箇所はニュースフィード、メッセージ管理画面、ストーリー、アプリ起動時などがあり、利用するSNSによって大きく異なります。掲載箇所によって期待できる成果や課金の仕組みなども異なるため、しっかりと理解した上で自社に合ったSNSと広告掲載方法を選ぶとよいでしょう。

Twitter 画像広告
出典: Twitter広告ヘルプセンター https://business.twitter.com/ja/help/campaign-setup/creative-ad-specifications.html

SNS広告費の種類と費用相場

SNS広告で必要な費用は、SNSの種類や課金タイプによって異なります。まずは課金タイプによる違いを見ていきましょう。SNS広告の代表的な課金タイプは以下の6つです。

・クリック課金
・インプレッション課金
・インストール課金
・エンゲージメント課金
・動画再生時間課金
・フォロー課金

■SNS広告における課金種類と詳細

SNS広告における課金種類と詳細

2-1.クリック課金

クリック課金広告は、広告がクリックされた際に課金が発生する広告です。広告が1回クリックされるごとに課金が発生します。一方で、広告は表示されたがクリックはされなかった場合、費用は発生しません。
クリック課金広告はSNS広告で広く利用されており、今回紹介する5大SNSのすべてで採用されています。1クリックごとの費用はSNSや広告媒体によって異なりますが、24~200円程度です。
クリック課金は単価が比較的高くなるものの、ユーザーを確実にサイトやLPページに引き込めるため、影響力の強い広告として人気です。短期間で売り上げを伸ばしたいとき、新規ユーザーへの訴求を行いたいときなどに利用します。

2-2.インプレッション課金

インプレッション課金広告は、広告が表示された回数に応じて料金が発生する広告です。例えば、SNS上で広告が1,000回表示された際に課金が発生します。一方で、ユーザーが広告をクリックしたとしても追加の費用は発生しません。
クリック課金と同様、インプレッション課金は5大SNSの広告すべてに採用されています。課金金額やシステムはSNSによって異なるものの、1,000クリック毎に500円程度の費用が発生します。
インプレッション課金ではより多くの人々に訴求できるため、新商品や企業ブランドなどをより多くの人に広めたい場合などに利用されます。

2-3.インストール課金

インスト-ル課金は、アプリなどがインストールされた際に課金されます。広告が表示されただけ、もしくはクリックされただけでは課金されません。
1インストール毎に100~250円と少し高めの料金設定ですが、インストールが実施された際、つまりコンバージョンが獲得された際にのみ課金されるため、高い成果が期待できる課金方式といえます。アプリのインストール数を増やしたいと考えている企業にはおすすめの方法です。

2-4.エンゲージメント課金

エンゲージメント課金は、ユーザーが何らかの行動(エンゲージメント)を行った際に課金される方式です。現在エンゲージメント課金を正式に採用している広告はTwitter広告だけで、「いいね」や「リツイート」を獲得した際に料金が発生します。
1エンゲージメントあたり40~100円程度が相場です。特にリツイートではより多くの人々に情報が届けられるため、高めの料金設定になっています。エンゲージメントは何か行動を起こしたことを指すため、クリック課金やインストール課金をエンゲージメント課金に含める場合もあります。

2-5.動画再生時間課金

動画再生時間課金は、動画が視聴された時間に応じて課金が発生します。つまり、短時間の動画の視聴では課金金額が低く、長時間の動画視聴では課金金額が高くなります。
例えば、Facebookの動画再生時間課金では、15秒経過毎に課金が行われます。動画1再生ごとに5~20円ほど課金され、動画が長時間視聴されると追加の費用がかかります。より多くの人に動画を紹介しつつも、関心がある人には強く訴求したい案件がある場合などにおすすめです。

2-6.フォロー課金

フォロー課金型は、Twitterで利用できるシステムで、フォロワーを獲得した際に課金されます。企業アカウントとしてフォロワー数を急いで伸ばしたい場合や、特定の属性を持つユーザーからのフォローを獲得したい場合などに効果的です。
フォローを促す投稿で利用でき、広告経由でユーザーがフォローを行った場合に課金されます。1フォローあたり40~100円程度が相場です。

5大SNSの特徴と費用の目安比較

SNS広告を効果的に運用したいのであれば、日本で人気の5大SNSの特徴を理解するとともに、それぞれのSNSで利用できる広告を理解する必要があります。そこで今回は、Facebook、Instagram、Twitter、LINE、TikTokの特徴とそれぞれの広告事情について紹介します。

■5大SNSの特徴と広告の詳細

5大SNSの特徴と広告の詳細

3-1.Facebook広告

Facebookは世界で最も多くの利用者数を獲得しているSNSです。テキストや画像、動画などを個人で投稿できるとともに、企業向けアカウントの「Facebookページ」機能も有しています。日本では2,600万人の利用者がおり、特に30代、40代に人気があります。
Facebook広告は配信場所を細かく設定でき、フィード、ストーリーズ、インストリーム、検索、インスタント記事などに表示できます。訴求したい内容に合わせてテキストや画像、動画などを効果的に組み込めるのも魅力です。

■Facebook広告の課金方式
Facebook広告はインプレッション型、クリック型をはじめとした幅広い課金方式が採用されているため、広告の目的に合わせて使い分けられるのがうれしいところ。また予算に合わせた広告出稿ができるのが強みで、1日の広告予算が数百円であっても大きな成果が期待できます。まずは1日あたり300~500円、月に1万~1.5万円ほどで試してみるとよいでしょう。

■おすすめのターゲット層
日本では30代、40代の利用者が多いため、それらの世代にターゲットを当てたビジネスでの成果が期待できます。Facebook広告ではターゲットを細かく設定した広告を運用できるため、特定の属性を持つユーザーに訴求したい場合にも効果的です。

また、低価格からの広告出稿が可能であることやお任せ機能などにより初心者であっても安心して利用できるのもうれしいところ。SNS広告をとりあえず開始したい企業から、詳細なターゲティングによって確実な成果につなげたい企業まで幅広く利用できます。

3-2.Instagram広告

Instagramは画像の投稿に特化したSNSです。日本では3,400万人の利用者がおり、特に20代、30代の女性に人気。ビジネスアカウントによる運用も活発で、特に写真映えするレストランや観光地、ファッション分野などで高い成果が報告されています。
Instagram広告ではフィード、ストーリーズ、発見タブ、リールへの広告表示が可能です。Instagramには購買意欲の高い顧客も多いため、商品購入につながりやすいSNSといわれています。

■Instagram広告の課金方式
Instagram広告では、インプレッション型、クリック型課金が中心です。これらに加え、インストール課金や動画再生時間課金なども利用できます。
広告費用についてはターゲットや広告の掲載方法などを決定したあと、金額を入れることでどれだけのユーザーに訴求可能かが表示されます。Facebook広告と同様に、まずは1日あたり300~500円、月に1万~1.5万円ほどで試してみるとよいでしょう。

■おすすめのターゲット層
Instagramの利用者層は20~30代が多く、さらに女性の利用者が多いという特徴があります。そのため、若い女性にターゲットを当てたビジネスを展開しているのであれば、Instagram広告の運用が最適です。また、画像で魅力が伝えられるビジネスをしている企業にもおすすめできます。

3-3.Twitter広告

日本で人気のSNSがTwitterです。Twitterは140字までの短い文章を投稿できるSNSで、情報や個人の主張を共有するのに適しています。日本では4,500万人以上が利用。Twitterの魅力は高い拡散力。ほかのユーザーがリツイートすることで投稿が新たなユーザーに届くことから、短期間で数万人へのアプローチできる可能性を秘めています。
Twitter広告はフィードへのテキスト、画像、動画広告のほか、枠で囲まれたカルーセル広告やモーメント広告が利用できます。また、広告が画面から独立して表示されるオーディエンスプラットフォームも選べます。多様な広告クリエイティブが利用できるため、さまざまな方法を試してみたい企業におすすめです。

■Twitter広告の課金方式
Twitterは上記で紹介した6つの課金スタイルがすべて選べます。そのため、目的に応じた課金方法を選択することで、より少ない費用で高い効果が期待できます。

広告費用は比較的安く設定されており、クリック課金では1クリック36円ほど、インプレッション課金で1,000回表示された際に400~650円程度が相場です。初めてSNS広告を利用する企業でも安心して利用できる料金設定のため、SNS広告が初めての方であっても安心して始められます。

■おすすめのターゲット層
Twitterは日本で人気のSNSで、世代を問わず広く利用されています。また、ビジネス目的から個人利用まで使い方もさまざまです。ビジネス目的の利用も積極的にされています。

Twitterの最大の魅力は高い拡散力。ユーザーが興味を持つ内容や動画を投稿できれば、1つの投稿がきっかけで数万人もの人々にアプローチできる可能性があります。ただし、炎上の可能性が最も高いSNSでもあるため、投稿内容の吟味は慎重に行うとよいでしょう。特に企業ブランドの低評価につながる投稿は避けるようにしてください。

3-4.LINE広告

LINEは日本で最も多くの利用者がいるSNSで、8,900万人を超える利用者がいます。LINEは個人間でのメッセージが主な機能ですが、グループチャットやタイムラインでは不特定多数の人々と交流できるため、SNSの1つに分類されます。LINEでは、トークリスト上部やLINE VOOM・LINEニュース画面で通常の情報に混ざって広告が表示されます。特にLINEニュースは利用者も多く、より多くの人々に訴求できるという特徴があります。

■LINE広告の課金方式
LINEでは、クリック課金とインプレッション課金が採用されています。クリック課金では24~200円ほど、インプレッション課金では1,000インプレッションで400~650円ほどが相場です。
以前はある程度の予算がないとスタートできなかったLINE広告ですが、現在では100円や1,000円という予算であっても金額に応じた広告運用が可能となりました。

■おすすめのターゲット層
LINEは日本で最も利用されているSNSで、幅広い層の利用者がいます。例えば、ほかのSNSを利用していない人であっても、LINEであれば利用しています。つまり50代~のSNSを積極的に利用していない世代にも効果的な広告といえます。
ただし、LINEをメッセージ交換アプリとしてしか利用しない層には、LINE VOOMやLINEニュースへの広告掲載では訴求できない可能性もあるため、トークリスト上部の広告枠を効果的に活用するとよいでしょう。

3-5.TikTok広告

TikTokは短編動画投稿に特化したSNSです。15秒間までの動画しか投稿できないというルールにより短くも質の高い動画が大量に投稿され、一躍ブームとなりました。元々は余暇目的で利用されていたものの、その影響力の高さからインフルエンサーと企業が組み、商品やサービスのPRを積極的に行っています(現在は投稿時間も3分までと大幅に延長されました)。
TikTok広告は現在、アプリ起動時に表示される起動画面広告とおすすめに表示されるインフィード広告があります。また、TikTokでは企業がテーマを準備し、ユーザーが関連動画を投稿するという独自の広告(チャレンジ広告)も提供しています。

■TikTok広告の課金方式
起動画面広告はインプレッション課金になっており、1,000インプレッション毎に770円程度課金されます。
一方でインフィード広告は独自にシステムを採用しており、42万円以上からの運用が可能。インフィード広告は広告表示がない状態で再生されるため、ユーザーの関心を集めやすい一方で高い費用が発生します。

■おすすめのターゲット層
TikTokは10~20代に人気のSNSです。そのため、若年層向けの商品やサービス、ブランド認知を進めたい企業にはTikTok広告が選択肢の1つです。ただし、TikTok広告は比較的新しい広告で、運用には一定のまとまったお金が必要になることから、中・上級者向けのSNS広告といえるかもしれません。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

SNSマーケティングの費用対効果を高める方法

SNS広告はうまく運用することで費用対効果を高められます。しかし、多くの企業は「運用するだけ」で手一杯となっており、SNS広告の機能を効果的に活かせていません。SNSマーケティングで費用対効果を高めるにはさまざまな方法がありますが、今回は以下の3つについて紹介します。

・ターゲットとSNSの利用者層を合わせる
・ゴール設定を必ず行う
・SNS広告運用代行会社に依頼する

4-1.ターゲットとSNSの利用者層を合わせる

SNSの利用者層とサービスのターゲット層が合致したSNS広告を選択してください。ただ流行っているSNSだからという理由だけで選んでしまうと、利用者層とターゲット層が合わず、広告を掲載しても関心を持ってもらえない可能性があります。
例えばTikTokは若年層に人気のSNSです。そのため、若年層向けの広告であれば高い成果が期待できる一方で、高齢者向けの広告はスルーされるのが容易にイメージできます。SNSの利用者とターゲットをマッチさせたい場合は以下の例を参考にしてください。

■SNS利用者とターゲットのマッチング例
Instagram、TikTok・・・10代、20代
Twitter、Facebook・・・20代、30代、40代(Facebookは50代~の利用者も多い)
LINE・・・幅広い世代に利用されている

4-2.ゴール設定を必ず行う

ゴール設定を正しく行うことで、収益よりも広告費が高額になってしまう事態を避けられるのに加え、費用対効果の分析も容易になります。
ゴール設定とは、広告運用での最終ゴールを正しく設定することです。売上増が目的であれば商品購入がゴールとなり、認知度拡大であればサイト回覧やLPページ到達がゴールとなります。まずはゴール設定を正しく行い、広告運用の目的を明確化しましょう。
また、CPAを正しく算出し、追跡することで広告が本当に効果的であったかどうかが確認できます。CPA(Cost Per Acquisition)とは1ゴールを達成するのにかかった費用のこと。もしCPAが予定額よりも大きい場合には、広告運用が利益につながらない可能性もあるので適宜見直すようにしましょう。

4-3.SNS広告運用代行会社に依頼する

SNS広告の運用は、期待できる効果が高い反面、さまざまな設定を行う必要があるため、専門性と運用コストがかかります。もし自社の従業員で成果を出すのが難しい場合には、SNS広告の運用代行会社に依頼するのもよいでしょう。
SNS広告の代理店では、専門的な知識を有したスタッフが広告運用に当たるため、高い費用対効果が期待できるとともに、他企業との差別化が図れます。また、最新のSNS広告事情にも精通しているため、SNS広告に新機能が追加された場合にはすぐに適応することで、ほかの企業が気づいていない広告施策を試すことも可能です。
SNS広告によって確実に成果を上げたい場合は、広告運用のプロフェッショナルに助けを依頼するのもよいでしょう。

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

SNS広告運用代行会社の料金相場

SNS広告の運用を代理店に依頼する場合、料金タイプはテーブル制と固定手数料制の2種類があります。テーブル制は運用する金額に応じて料金が決まる場合です。例えば、SNS広告の運用金額が50万円であれば、その20%ほどの10万円が運用費用としてかかります。運用手数料は10~25%程度が相場です。
固定手数料制では運用金額にかかわらず、一定額の運用代行費用がかかります。10万円以下の場合には運用のサポートがメインで、10万~20万円では広告クリエイティブの制作を含めたサポートが受けられます。20万~50万円になるとマーケティング全般に関するコンサルティングやマーケティング戦略立案に関するサポートも受けられるため、確実な成果を上げたい企業は依頼してみるとよいでしょう。

SNS広告の運用相場(固定手数料制)と依頼できる内容
相場 依頼できる内容 おすすめの企業
月額10万円以下 広告の出稿、レポート まずはSNS広告の運用を開始してみたい
月額20万円以下 広告クリエイティブの制作、広告の出稿、レポート 成果につながる質の高いSNS広告を運用したい
月額50万円以下 広告運用全般とコンサルティング、マーケティング全般の企画・改善など SNS広告で確実な成果につなげたい

【料金シミュレーター】あなたのしたいホームページ制作の相場感がわかります

もしあなたのしたいSNS広告の相場を知りたければ、こちらのシミュレーターをご利用ください。SNS広告の外注に必要な費用が簡単に試算できます。

【まとめ】SNS広告の外注相談ならホームページ制作会社へ

本記事では、日本で人気の5大SNSの特徴と、それぞれのSNS広告を出稿するための料金相場について紹介しました。もしSNS広告で高い成果を出したければ、SNS広告運用で実績のあるホームページ制作会社に依頼するのも1つの方法です。高い専門性と確かな経験により、適切にSNS広告を運用してくれます。費用対効果を高めたい企業にとっては頼りになる存在です。
もしどの会社に依頼するべきかでお悩みでしたら、アイミツまでお気軽にご相談ください。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SNSに強いホームページ制作会社一覧

こんなホームページ制作会社を探していませんか?

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧