無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年1月4日
更新日:2022年1月4日

ネット広告にかかる期間・スケジュール【2022最新版】

ネット広告を配信しようと検討中であるものの自社対応は難しいという場合、広告代理店やWebマーケティング会社に外注する必要があります。しかし、ネット広告運用の外注を本格的に検討する前に、外注するのに必要な期間、スケジュール感について把握しておきたいという方も多いのではないでしょうか。

そこでこの記事では、ネット広告を依頼するのに必要な期間やスケジュールについて紹介していきます。ネット広告を外注する際に成功につなげるためのコツや、外注先選びのポイントについても簡単に解説していくので、ぜひ参考になさってください。

ネット広告を依頼するのに必要な期間とは

はじめに、ネット広告を依頼するのに必要な期間について解説していきます。何にどのくらいの期間が必要となるのか、おおよそを確認しておきましょう。

要件整理にかかる期間

ネット広告を配信すると一口に言っても、その種類はさまざまであること忘れてはなりません。検索結果に表示されるリスティング広告、かご落ちしたユーザーや過去にサイト訪問履歴のあるユーザーに対し再度アプローチできる李ターゲティング広告、YouTube動画を再生するたびに流れる動画広告など、数ある中からどの広告を展開するのか選ぶ必要があります。

もちろん、ネット広告を網羅的に展開していきたいという要望でも問題ありませんが、若年層向けの商材であればTwitter広告、年代問わずアプローチしたいならLINE広告、動画でなけれな訴求が難しいならYouTube動画広告など、商材によって選ぶべき広告も変わってくるため注意しましょう。

どのくらいの期間をかけるかはそれぞれの会社の状況やスケジュールによっても変動しますが、複数回ミーティングを重ねて決めていくと安心です。

外注先の選定にかかる期間

ネット広告の中でもどの広告を展開していくのかを決めたら、その内容に沿って外注先の選定を進めましょう。
会社によって、リスティング広告の運用が得意な会社もあれば、YouTube広告に強い会社もあるなど、特徴はさまざまです。自社のニーズと代理店の強みがマッチするように注意しながら、外注先を選んでください。

外注先の選定に迷ってしまうと1ヶ月以上かかってしまうことも少なくないと考えられますが、アイミツのような発注業者を比較・一括見積もりできるサービスを利用すれば、よりスピーディに外注先を決められるでしょう。

広告配信までにかかる期間

外注先が決まりお問い合わせや契約を済ませたら、いよいよ広告配信準備へと移りましょう。
広告配信までにかかる期間は、広告媒体やコンテンツによって異なります。例えば、動画広告を配信する際にコンテンツが用意できていなければ、動画制作から依頼しなければなりません。その分数週間〜1ヶ月ほど時間がかかってしまうこともあるでしょう。

その他にも、Twitter広告やLINE広告のように広告アカウントの開設時に審査のある媒体や、リスティング広告のように出稿時に審査のある媒体などさまざま。審査は数時間〜数日以内で終わることが多いですが、審査がより長引いてしまうこともあるため、どうしても◯日から広告を配信したいという希望がある場合には余裕を持って依頼しておくと安心です。

ネット広告依頼のスケジュール

ここからは、ネット広告を依頼する際にどのようなスケジュールで進んでいくのかを確認しておきましょう。
ネット広告には、リスティング広告やディスプレイ広告、動画広告、SNS広告などさまざまな種類がありますが、広告配信までの大まかな流れはあまり変わりません。以下で紹介するスケジュールを大方おさえておきましょう。

①どのネット広告を活用するか決める

先にも述べた通り、いくつも種類のあるネット広告の中からどれを配信するのか決めなければなりません。
ネット広告には、検索結果と同じページに表示されるため顕在ニーズにアプローチしやすいリスティング広告、使用方法や効果などを動き・音をもってわかりやすく伝えられる動画広告、普通の投稿のような広告を発信できるSNS広告など、それぞれによって特徴があります。
自社の商材とターゲット、さらには現状課題を考慮し、もっともマッチしていると思われるものから挑戦してみましょう。

②予算を決める

どのような広告を展開するのか決めたら、続いてはどのくらいの予算が用意できるのかを決めなければなりません。ちなみに、リスティング広告やYouTube動画広告などの運用手数料は、広告費の20%ほどである場合がほとんど。仮に30万円の広告費がかかったとすると、プラスで6万円の運用手数料を外注先に支払うこととなります。

リスティング広告の相場は10〜数千円/クリック、動画広告の場合10〜数百円/再生、SNS広告の場合は10〜数百円/アクションなど費用相場がそれぞれでバラバラであることも覚えておきましょう。

③外注先を決める

依頼したい内容と予算が固まったら、その情報をベースに外注先を決めましょう。ネット広告の運用代行を依頼できる会社は数パターン存在するため、ニーズや予算にあわせて選んでください。

依頼できる会社のパターンとしては、ネット広告以外にも幅広く広告出稿をサポートしている広告代理店、あるいはリスティングやYouTube広告などそれぞれに特化したタイプの代理店、SEO対策やランディングページ制作などもあわせて依頼できるWebマーケティング会社などがあげられるでしょう。

④外注先に問い合わせる

外注先が決まり次第、お問い合わせをしてみましょう。どのネット広告を配信しようと検討しているのか、予算はいくらか、配信期間はどれくらいか、目標は何か、現状抱えている課題は何かなどのヒアリング時間が設けられるので、社内できちんと依頼内容や課題、目標などを説明できるように整理しておくと安心でしょう。

もしもどの広告を配信するのか決められていないという場合には、その点に関してもあわせて伝え、自社にはどの広告がマッチしているのかを提案してもらうと安心です。

⑤広告運用方法を提案してもらう

ヒアリングが完了したら、代理店・マーケティング会社側から広告運用の方法について提案を受けます。
プロモーション立案や媒体のプランニング、見積もりなどに問題がないかどうかを確認しましょう。この際、提案を受けた際にわからない言葉や難しい部分があれば、必ず質問することを忘れないでください。広告主から質問が来た場合に、専門用語などは使わずわかりやすく説明してくれるのかどうかも外注先選びで非常に重要なポイントです。

ネット広告の運用代行を頼む会社は、自社にとっての伴走者とも言える存在。密にコミュニケーションを取り合いながら、連携して広告運用を進めていくこととなるため、最初の段階で「あまりわかりやすく説明してくれない」「こちらの質問に対して丁寧に答えてくれない」という違和感を抱いたら、契約は控えることをおすすめします。

⑥契約

外注先からの提案について何も問題がなければ、そのまま契約へと進みます。ここで注意しておきたいのが、1社からしか提案を受けずにそのまま契約してしまうということ。ネット広告に限った話ではありませんが、外注する際には複数の提案や見積もりを確認してから最終決定を行うと、失敗するリスクを抑えることができます。

複数社に話を聞いてみて、「A社の担当者の方が誠実に対応してくれた」、「B社はほぼ同じサービス内容でも手数料が高い」などといった発見があるかもしれないため、1社だけに話を聞いて決めるのではなく、複数社から絞る形で外注先を決めましょう。

⑦諸々の初期設定を行う

外注先との契約が完了したら、ネット広告の配信に向けた初期設定や準備の段階に入ります。広告アカウントの登録やキャンペーンの設定、ターゲティングなどいった諸々の作業を、外注先にまとめて任せることが可能です。このタイミングで、ディスプレイ広告に使うバナーや動画広告に使う動画などの制作が必要となる場合も少なくありませんが、クリエイティブについても一括で依頼しておくとスムーズでしょう。

また、Twitter広告とLINE広告を配信する場合、広告アカウントの開設時に審査があるので注意が必要です。
Twitter広告の場合には2〜5営業日、LINE広告の場合は3〜5営業日ほど審査にかかる場合が多いようですが、場合によってはこの日数以上にかかることもあれば、審査に落ちてしまうこともあります。

⑧広告配信開始

広告配信の準備が整ったら、実際に広告を配信し運用を始めましょう。

ちなみに、Twitter広告以外のネット広告のほとんどが、広告の出稿時に審査が必要となります。リスティング広告はGoogle・Yahoo!ともに数時間〜1営業日以内、ディスプレイ広告の場合は1〜2営業日以内、その他YouTubeやInstagram、Facebook広告は数時間〜1営業日以内、LINE広告は1〜2営業日以内が審査にかかる平均時間で、場合によってはこれ以上の日数がかかってしまうこともあるようです。

⑨データ分析・改善

広告代理店やWebマーケティング会社に運用代行を依頼したら、配信作業のみならずデータ分析や改善も依頼可能です。A/Bテストなども行いながら日々の成果を確認し、より成果を出すためのチューニングを進めていきます。

とくにリスティング広告においてチューニング作業は、非常に重要であり、適切な入札単価への調整や、ユーザーニーズの分析によるコンバージョンにつながらないキーワードの排除などを、毎日コツコツと行っていかなければなりません。外注すればそういった細かな作業も任せることができるため、はじめてネット広告を運用する場合でも問題ないでしょう。

⑩レポーティング

外注先とは細かにコミュニケーションを取り合いながら運用を進めていきますが、月に1回ペースでレポーティングも行われます。

普段コミュニケーションを取っている担当者だけでなく、広告運用のチームメンバーや決裁権のある上司などいろいろな人が見てもわかりやすいように、サマリーやキャンペーン別のレポート、クリエイティブ別のレポート、キーワード別のレポートなどを作成してもらうことが可能です。1ヶ月の成果だけでなく、今後どのように動いていくのかといった新たな施策についてもまとめられているため、何か他にも要望がある場合にはきちんと伝えましょう。

ネット広告のスケジュールを組むときのポイント

ここからは、ネット広告を外注する際にスケジュールを組むときのポイントを紹介していきます。以下の3つのポイントに注意しておくと安心でしょう。

外注先選びにかかる期間を考慮する

ネット広告の運用代行は、どの会社に依頼するのかによって成果に大きく差が出てしまうかもしれません。そのため、外注先選びは慎重に行いたいもの。1社ずつ提案や料金を確認していけば、自ずと時間はかかってしまいます。
もしもなるべく早く外注先を決めたいという場合には、会社を複数社ピックアップし比較・検討できるようなサービスを利用すると、よりスピーディに選定することができるでしょう。

クリエイティブ制作にかかる期間を考慮する

ネット広告を外注する際にスケジュールを立てる場合には、ネット広告に用いるバナーを制作する、動画を制作するなどといった作業にかかる期間も考慮しなければなりません。
作るものによっては1ヶ月ほどかかる場合もあるため、急いでいる場合にはすでにあるコンテンツを活用するなど工夫を凝らしましょう。

審査にかかる期間を考慮する

先にも簡単に説明しましたが、それぞれの広告に審査期間が設けられています。一般的に数時間〜数日間で審査は完了しますが、場合によっては数週間かかってしまうこともあるため注意が必要です。

また、申請内容によっては申請が通らないこともあります。例えばYouTube動画広告の場合、誘導先のランディングページに問題がある場合や、根拠となるデータのない「業界トップ」、「絶対に痩せる」などといった誇大広告の場合には、審査に落ちてしまいます。再申請となればその分時間もかかってしまうため注意しましょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるネット広告会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ネット広告を外注するときの成功のコツ・失敗例

ネット広告を外注するときの成功のコツ・失敗例を知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

ネット広告の外注先の選び方・ポイント

ネット広告における外注先の選び方・ポイントを知りたい方はこちらの記事をぜひチェックしてみてください。

まとめ

今回は、ネット広告を外注する際に必要となる期間や、大まかなスケジュールについて紹介してきました。
外注先に任せることによって、配信だけでなく効果分析や改善、レポーティングまで依頼することができるため、人員不足で広告運用が難しい場合や、ネット広告に詳しい人材がいないという場合には非常に心強いのではないでしょうか。

しかし、自社のニーズに応えてくれる1社を見つけるには、多くの時間がかかってしまうでしょう。もしも「忙しいので外注先を探している時間がない……」という場合には、ぜひアイミツにお問い合わせください。どのような会社をお探しか、予算はいくらほどかなどをヒアリングした上で、おすすめの会社を複数提案し、一括見積もりを取ることも可能です。外注先選びでお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

Web広告代理店探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!