ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

ホームページ管理費の内訳と運用代行の相場を丁寧に解説【2021年最新版】

「ホームページを作ったはいいが、なかなか更新する時間も取れず、作ったままで放置してしまっている」という会社は意外にも少なくありません。

「社内にwebに詳しい人間がいないため、下手に更新することができない」、「CMSなので簡単に更新はできるものの、本業が忙しく定期的な運用が難しい」という場合もあるでしょう。

そんな時に便利なのが、ホームページの運用代行サービスです。

ホームページの運用代行サービスを依頼しておけば、定期的な更新はプロに任せることができ、本業に集中することが可能です。集客のために作ったホームページを、きちんと有効活用できるでしょう。

しかしどうしても気になってしまうのが、運用代行費用にどれくらいかかるのかという点です。

そこで今回は、10万件以上の利用実績をもつ発注業者比較サービス「アイミツ」が、ホームページ運用代行を依頼した際にかかる費用の相場をご紹介。費用を抑えるためのポイントなどもあわせて解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

目次

1.ホームページ管理費の内訳と相場

まずはじめに、ホームページ管理費の内訳と相場を紹介します。
基本的にホームページ運用代行会社は、人件費・維持経費・利益分などをもとに運用代行費用を算出しており、そのなかでも人件費が多くの割合を占めています。

それでは、ホームページの運用管理に発生する費用それぞれの内訳について解説していきます。

費目 相場(月額)
サーバー代 ~3,000円
ドメイン代 ~1,000円
SSL代 ~5,000円
コンテンツ修正代 1,000円~
アクセス解析、レポート作成代 ~3万円

サーバー代

サーバー代は、ホームページを運用するにおいて必ずかかる料金です。「エックスサーバー」や「CPI(シーピーアイ)」、「カゴヤジャパン」、「さくらのレンタルサーバ」などといったレンタルサーバーサービスを用いれば、低価格で抑えることも可能です。

ドメイン代

インターネット上の住所にあたるドメインは、サーバーと同じくホームページの運用に必要不可欠のものです。

ドメインには、世界中の誰でも取得することのできる「.com」や、日本でしか取得することのできない「.jp」、日本国内に登記のある企業が企業につき1つだけ取得できる「co.jp」をはじめ、様々な種類があり、それぞれのドメインによって費用は異なります

基本的には年払いで、高くても数千円。月々の支払いに換算すると、数百円で済むものも多いでしょう。

SSL代

SSLとはインターネット上でやり取りされる情報・データを、暗号化する仕組みをいいます。データを暗号化することによって、ハッカーなどによるデータ改ざん、盗聴などを未然に防ぐことが可能です。

SSLを導入していない場合、Google Chromeでサイトを開かれると「保護されていない通信」と表示されてしまうので、データの暗号化がされてないことがすぐに見抜かれてしまいます。ユーザーにサイトの信頼性を伝えるためにも必須といえるので、必ず導入するようにしましょう

相場としては月額~5,000円ほど。有料のものと無料のものがあり、どちらもセキュリティ面の強度は変わらないとされています。しかし、有料SSLは無料SSLのように自動で発行できるものではなく、厳密な審査の上で証明書が発行されます。サイトの安全性を高めることを考慮し、コーポレートサイトや個人情報を扱うサイトなどは有料SSLを導入するといいでしょう。

コンテンツ修正代

ホームページに公開していたテキストの一部分を修正したい、画像を差し替えたいなどといったコンテンツ修正にかかる費用です。相場としては、テキスト修正1箇所で1,000円~。もちろん、作業が複雑になるにつれて費用は高くなっていきます。

それぞれのホームページ制作会社によって料金体系はバラバラで、1ページにつき◯円、画像1枚につき◯円という料金プランや、月に◯回までであれば△円といった料金プランなどさまざま。時間単位で課金されるプランもあります。

しかし、月に◯回までであれば△円という料金プランの場合、何をどこまでやってくれるかが曖昧になってしまいがち。コンテンツ修正を定期的に依頼する場合には、対応範囲やどこから費用がかかるのかなどをきちんと確認しておきましょう

アクセス解析・レポート作成代

「今月のサイト訪問者数は◯人」、「ユーザーに多く閲覧されているのは◯◯のページ」、「◯◯というキーワードで流入が多い」などといったサイトのアクセス状況に関するレポートを作成してもらう際にかかる費用です。

ホームページを集客目的で作成していない、社内にGoogle AnalyticsやSearch Consoleなどを使いこなせる人材がいるという場合などであれば不要ですが、もしもいない場合にはあわせて依頼してみてもいいかもしれません。コンサルティング的要素を含むことも多く、費用は~3万円ほどです。

監視・障害対応費用

ホームページを運用していると、予想だにしないトラブルが発生する場合も少なくありません。たとえば、「昨日までは問題なく表示できていたのに、突如ホームページが見られなくなってしまった」、「こんなページを作った記憶はないのに、新たなページが追加されている」、「勝手にコンテンツが改変されている」などとといったトラブルがあげられるでしょう。

このようなトラブルを未然に防ぐためには、サイトやサーバーに外部から侵入されていないか、何者かに不正アクセスされていないか、サーバーに問題が起こっていないかなどを監視しておかなければなりません。

トラブルに対処するため、社内にITインフラやwebサイトの運用・監視をカバーできるリソースがあるなら問題ありませんが、リソースを割けないという場合には外注する必要があります。そのアウトソーシング費用としてかかるのが、監視・障害対応費用です。毎月数千円から依頼できる場合が多いでしょう。

更新・メンテナンス費用

WordPressや自社独自のCMSなどを使用してホームページを運用している場合、定期的に行う必要のあるCMSのバージョンアップや、それにあわせたメンテナンスを行わなければなりません。しかし、ホームページの監視・障害対応の場合と同様に、リソースが割けなければweb制作会社に外注する必要があります。

定期的な更新作業も月額数千円〜で依頼できる場合が多いですが、そこまでハードルの高い作業ではないため、できる限り自社で対応することによりコストダウンできるでしょう。


使用しているCMSによっては、突如としてセキュリティに関する問題が表出することもないとは言い切れないため、そういった場合にすぐさまバージョンアップできるように体制を整えておくと安心です。

コンサルティング費用

ホームページは作っただけでは意味がありません。ホームページを集客に活かしたい場合には、SEO対策を行い、サイトを上位に表示させる必要があります。

もしもSEO対策やコンテンツマーケティングに関するコンサルティングを依頼したいという場合、毎月数万円ほどで依頼できるプランが少なくありません。しかし、依頼内容や頻度によっては数十万円かかってしまうこともめずらしくないため、SEO対策やマーケティングに関するコンサルティングを依頼する場合には、それなりにまとまった予算が必要となるということだけ押さえておきましょう。

なるべく費用を抑えたいという場合には、毎月のコンサルティングを依頼するのではなく、ここぞという時にスポットで依頼してみるのも1つの手段です。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • サーバー代はレンタルサーバーを用いればコストダウンが可能
  • ドメインにはさまざまな種類があるが、
    基本的には年払いで高くても数千円程度
  • SSLは有料のものと無料のものでセキュリティ面の強度は変わらないが、
    法人サイト、個人情報を扱うサイトなどの場合には有料SSLが無難
  • コンテンツ修正を定期的に依頼する場合には、
    対応範囲やどこから費用がかかるのかをきちんと確認するべき
  • ホームページを集客目的で活用していきたい場合には、
    アクセス解析やレポート作成もあわせて依頼する

※ホームページ管理費の勘定科目について

ホームページの管理にかかる諸費用は、どの勘定項目が割り当てられるのでしょうか。

ホームページの制作費に割り当てられる勘定項目は、広告宣伝費。集客やプロモーションに用いるため、カテゴリーとしては広告となるのです。しかし何かしらのプログラムが組み込まれてしまっている場合には、ソフトウェアに分類される場合も。その場合、10万円以上の費用がかかっているならば減価償却費の対象となります。

また、ホームページの管理を外注する場合であっても、アウトソーシングにかかる料金は同じく広告宣伝費で問題ありません。一方ドメイン料金は支払手数料もしくは雑費、サーバー代は賃借料もしくは雑費として計上するといいでしょう。しかし、こちらも同様に広告宣伝費としてしまっても間違いではありません。

2.実際のホームページ運用代行でよくある料金プラン4つ

ホームページの管理・運用にどのような費用がかかっているのかを頭に入れたところで、実際によくある運用料金プランをチェックしていきましょう。

プラン 相場
最低限の運用管理のみ ~5,000円
簡単なコンテンツ修正も可能 ~2万円
基本的な更新作業すべて可能 ~5万円
より集客支援に近い運用が可能 5万円~

【〜5,000円】最低限の管理のみ

サーバーやドメイン、SSLの管理のみを任せるタイプの料金プランです。この場合、基本的には毎月5,000円以下で依頼することができます。サーバーやドメインといった最低限の範囲のみ任せるため、ホームページを更新したい、テキストを修正したいといった場合には自社で行わなければなりません。

また、ホームページの制作からホームページの運用まで1社に任せる場合、なかにはホームページ制作会社が管理しているサーバーを活用する場合があります。この場合、この制作会社への運用代行を打ち切ってしまうと(支払いを止めてしまうと)サーバーの契約が切れ、ホームページが見れなくなってしまうという事態が起こりかねません。

サーバーやドメインの契約は、自社とそれらの会社とで直契約を行っておくべきでしょう。

※サーバーやドメイン管理のみのプランをあまりおすすめできない理由

サーバーやドメインなどといった最低限の部分の管理のみを代行し、コンテンツ修正を含んでいない運用・管理代行プランは、実はあまりおすすめできません。

先にも述べたように、サーバーやドメインはホームページ制作会社のものを利用せず直で契約するべきであり、サーバーはレンタルサーバーサービスを用いてしまえば非常にリーズナブルに契約することができます。

そしてレンタルサーバーサービスを活用する場合、サーバーを管理しているのはサーバーを提供している会社です。たとえばエックスサーバーを利用する場合には、エックスサーバー株式会社がサーバーの管理を行っています。

また、ドメインなどにも同じことが言えます。ドメインを管理しているのは、ホームページ制作会社ではありません。サーバーやドメインの管理については、料金の支払い漏れなどさえなければ個人でも簡単に行うことができるのです。つまり、なんとなく払っている数千円が無駄になってしまう可能性が高いかもしれません。

「なんだかよく分からないが、保守管理と言われると必要そうに思えるので契約した」という曖昧な理由で依頼すると失敗につながってしまうので、本当にその保守管理プランを依頼するべきなのか内容を整理しきちんと理解したうえで契約しましょう

【~2万円】簡単なコンテンツ修正まで対応

先ほど説明したサーバーやドメインの管理のみにとどまらず、簡単なコンテンツの修正まで行ってもらえるプランです。

月に◯時間分の作業までで△円、あるいは月に◯回までで△円などといった制限が設けられている場合が多く、ホームページに新しいコンテンツを追加するなどといった少し手間のかかる作業は該当しません。そのような作業を依頼する場合には、別途料金が発生すると予想しておきましょう。

制作会社や修正回数などにもよりますが、月額1~2万円ほどが相場です。

【~5万円】基本的な管理をまとめて対応

ひと月あたりの更新回数が多い場合や、アクセスなどに関するレポート作成も依頼したい場合などに、まとめて任せることのできるプランです。修正可能範囲や修正回数の上限、障害対応まで行ってくれるのかどうか、簡単な集客コンサルティングは付くのかどうかなど、細かなプラン内容は制作会社によってバラバラなので、運用を依頼する前にきちんと内容を把握しておきましょう。

内容によって費用にばらつきが生じますが、相場は月額2~5万円ほど。毎月支払うとなるとそれなりの値段になるため、本当にサブスクリプションサービスを利用する必要があるのか、社内で念入りに話し合うことをおすすめします。

【5万円〜】集客支援を中心とした運用

これまでの基本的な管理・運用とは異なり、ホームページを使った集客に力を入れたいため、より発展的な運用代行を任せることのできるプランです。単なる運用管理だけでなく、ホームページへの流入状況、コンバージョン率、離脱率などをもとにコンサルティングを依頼することができます。

ホームページ制作会社に依頼する場合には、5万円~が相場。より専門的な意見を取り入れるためにSEOコンサルタントに依頼する場合には、20万円以上かかる場合も多いでしょう。

【これだけは押さえておきたいポイント】
  • 最低限な運用管理だけのプランは、コストの無駄はないか、自社で本当に管理できないのか要チェック
  • コンテンツ修正はどこまでを範囲としているのか確認しておく
  • 本当に毎月支払っていく意味があるのかきちんと社内で整理する
  • より本格的なweb集客コンサルティングの場合には
    20万円以上かかるので注意

3.ホームページ運用代行費を抑えるポイント

ここまでサイト運用代行にかかる費用を紹介してきましたが、なるべく費用を抑えたいのが本音ではないでしょうか。
どうすれば運用代行にかかる費用を抑えられるのか、効果的なポイントを紹介していきます。

スポット依頼を活用する

サイト運用代行にかかる費用をなるべく抑えるためには、なるべくスポット依頼を活用してみましょう。

・毎月多くの写真や動画を更新していく
・毎月数多くのコンテンツを公開していく

こういった状況でない限り、毎月の更新を外注して任せるのは費用の無駄となってしまうかもしれません。数ヶ月に1回程度の更新であれば十分という場合や、細かな更新作業があるだけという場合、毎月の定額プランではなくスポット依頼を利用することをおすすめします。

更新頻度や内容は多くはないが、セキュリティ面は気になるという場合、更新プランではなく監視・障害対応などだけに限って任せてみるのも1つの手段でしょう。

制作と管理の依頼を一緒に検討する

サイト運用代行にかかる費用をなるべく抑えたいという場合には、サイト制作を依頼する会社と、サイト運用を依頼する会社とを統一しておくといいでしょう。

ホームページ制作会社のなかには、「自社にホームページ制作を依頼してくれたお客様は運用プランがリーズナブルになる」というサービスを用意している会社や、「他社で制作されたホームページの場合、運用プランの利用には別途初期費用がかかる」という会社も少なくありません。

本来であればよりリーズナブルに済むところで予想外の出費が生まれてしまうため、制作と運用はなるべく同じ会社に相談するといいでしょう。

管理費は内訳まで確認する

サイト運用代行にかかる費用をなるべく抑えるためには、管理費用の内訳まできちんと確認しておきましょう。

ホームページの管理と言ってもその内容はさまざま。会社やプランによってどこまで対応してくれるのかはまったく異なります。そのため、場合によっては「それは外注する必要がないかも……」ということまで請け負ってくれることもあるかもしれません。

しかし費用を抑えたい場合には、自社で対応できる部分はできる限り自社でまかなうのが重要なポイント。内訳に何が含まれているのかをきちんと確認し、その中に自社でカバーできる部分があるならば省いてもらうとコストダウンにつながります。

4.実際のホームページ管理費について調べてみた

実際のホームページ制作会社が公開している料金表をチェックしてみましょう。

株式会社MixtureScape
プラン名 料金 備考
ホームページ担当代行サービス 初期費用:9,800円
月額:4,980円
簡単なテキスト修正や画像差し替えなど3回まで
株式会社アビリブ
プラン名 料金(月額) 備考
Sライト 1万円 月2回、3ヶ所まで
ライト 3万円 月2回、10ヶ所まで
スタンダード 5万円 月4回、10ヶ所まで
ビジネス 8万円 月4回、20ヶ所まで

5.ホームページ制作・運用の費用で迷ったらアイミツへ

ホームページ管理費の内訳と相場、費用を抑えるためのポイントなどをご紹介してきました。

料金相場は、
最低限の運用管理のみ:~5,000円程度
簡単なコンテンツ修正も可能:~2万円程度
基本的な更新作業すべて可能 :~5万円程度
より集客支援に近い運用が可能:約5万円~

です。

ホームページ運用代行会社を利用する場合は、どこまで任せる必要があるのかを明確にしておくと、見積もりをもらう際にもスムーズでしょう。

今すぐに「ホームページの管理を任せられる会社を見つけたい」「自社にあうホームページ運用代行会社を見つけたいけれど相見積もりをとる時間がない」などホームページ制作会社選びでお困りの方は、「アイミツ」のコンシェルジュへお気軽にお問い合わせください。あなたのご要望をヒアリングし、おすすめの会社を複数提案いたします。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

このテーマに関連する優良会社