システム開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

【2019年最新版】システム依頼の基本と要件定義の流れ!開発力が優れた業者5選もご紹介

失敗しないシステム開発!依頼の基本と開発力が優れた業者5選

更新日:2019年06月12日 | 公開日:2018年05月16日

【この記事でわかること】
・システム開発を依頼するうえで、押さえておくべきポイント
・システム開発会社を選ぶポイント
・実績のあるシステム開発会社とその特徴


PCやスマートフォンが仕事に欠かせないツールとなった今、業種・規模を問わず多くの企業がシステムを導入し、業務効率化に取り組んでいます。また、ネットショップやソーシャルメディアといったwebサービスを起ち上げる際も、その基盤となるのはやはりシステムです。

なかには営業支援システム(SFA)を導入したことで過去最高の売上を記録したり、経理や人事といったバックオフィス系の業務をシステム化し、年間コストを大幅に改善した企業も少なくありません。

ただ、これからシステムを導入する企業の担当者のなかには、「開発することは決まったけど、何から始めればいいのかわからない…」、「具体的にどうやって進めていけばいいのか不安…」という人も多いのではないでしょうか?

実際のところ、アイミツコンシェルジュにも「システム開発に詳しくて気軽に相談できる人が周りにいない…」という方からのご相談が数多く寄せられています。

そこで今回は失敗しないシステム開発のための4つのポイントと、アイミツがおすすめするシステム開発会社5社をご紹介します。システム開発を発注する際はぜひ参考にしてみてください。

また、「急いでいるので、いち早く自分に合うシステム開発会社を見つけたい」という方は、無料で利用できるアイミツの業者紹介サービスをご利用ください。

システム開発会社をすぐに見つける

成否を分ける4つのチェックポイント

システム開発のチェックリスト

結論から言うと、システム開発の成否を分けるのは以下4つのポイントです。

成否を分ける4つのチェックポイント
  • 課題は整理されているか
  • ゴールは明確か
  • 予算は確保できているか
  • 良い業者を選べるか

それでは早速1つひとつ見ていきましょう。

1.課題は整理されているか

何より大切なのは、システムによって解決したい課題をしっかり整理しておくこと。

たとえば勤怠のプロセスを改善するにしても、タイムカードを打刻したり、有給休暇を申請したりする従業員側と、全社員の勤怠データを集計して給与計算まで行なう人事サイドとでは、それぞれ抱えている課題・悩みが異なります。

しっかりと時間を確保したうえで関係者全員にヒアリングを行ない、システムで解決すべき課題とその影響・背景を洗い出しておきましょう。

できれば簡単なExcelシートを用意したうえで、関係者それぞれの回答を集計し、グラフや表にまとめておくのがおすすめです。

たとえば、「有給を取得するまで時間がかかる…」という悩みの声に対しては、決裁者が申請書類を紛失してしまっていたり、決裁フローそのものが整っていなかったりするといった理由・背景が考えられます。また、申請や決裁に時間を要してしまうことで、他の業務が滞っている可能性もあるはずです。

一方、人事サイドの集計や給与計算が上手く回らないのは、メンバーごとにスキルの差があるからで、それによって採用業務などにマイナス影響が出ているかもしれません。

必要に応じて追加ヒアリングも行ない、業務上の課題とその背景、現時点で生じている影響(コスト、工数など)を整理しておきましょう。さらに影響に関してはできるだけ具体的に数値化しておくと、のちのちシステムの機能やUIを決める際も優先順位がつけやすくなります。

2.ゴールは明確か

業務上の課題と背景を洗い出したら、次に着手すべきなのは要望の整理。システム開発によって課題をどう解決し、どういった状態を実現したいのか詰めていきます。

たとえば前述の勤怠管理を例に挙げるなら…

・「勤怠データの入力時間を〇〇%削減する」
・「人事の集計作業の工数シェアを〇〇%以下に抑える」
・「集計の工数の抑えることで毎月〇時間を採用業務に充てられるようにする」

といったように、可能な限り数字に落とし込んでおくのがポイントです。ただ漠然と「勤怠管理を効率化する」のではなく、改善したい要素と目指すべき状態を具体的に数値化しておくことで、開発会社側にも要望が伝わりやすくなり、おのずと開発プロジェクトもスムーズに進みます。

ちなみにこのプロセスは「要件定義」とも呼ばれ、システム開発の工程のなかでもコアとなる部分。要件定義については後ほどあらためて詳しく解説します。

3.予算は確保できているか

システムは決して安い買い物ではありません。

自社専用のシステムを構築するとなれば、最低でも50万円~100万円単位の予算は必須。システムの規模や利用人数によっては1,000万円以上の費用がかかることもあります。さらに開発の途中で新たな課題や要件が出てくることも多く、それらに対応すればさらに費用はかさみます。また納期に余裕がない場合も開発サイドの負担が増し、やはり費用は割高になります。

また、人件費が安く済むとされる海外でのオフショア開発は、仲介役であるブリッジエンジニアが必要になります。ブリッジエンジニアの人件費は通常のエンジニアよりも高いため、最低500万円以上の開発規模がないと、国内での開発より割高になってしまうケースも少なくありません。

もしシステム開発費をどうしても押さえたいという場合は、地方のシステム会社に依頼をするニアショア開発という手段もあります。しかし、一番の方法は「類似のシステムの開発実績がある会社を探すこと」に他なりません。後述しますが、開発実績があれば開発コストをかなり抑えることができるため、そのままシステム開発費の抑制につながります。

システム開発を発注する前に、社内できちんと稟議を通し、余裕を持った予算を確保しておきましょう。システム開発の費用相場についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

また、アイミツの「システム開発費用見積もりシミュレーター」を使えば、システムの種類や必要な機能にあわせて約30秒で必要な予算が提示されます。ぜひご活用ください。

4.良い業者を選べるか

システム開発で失敗しないためには、業者選びも大切なポイントです。各社のホームページに記載された開発実績などを参考にしながら、できれば複数の業者に見積もりを依頼し、要望・予算にマッチする候補を絞り込んでいきましょう。

システム開発を依頼するのが初めての場合、「ホームページを見ても、どこも同じに見える……」という方も多いようですが、決してそんなことはありません。

各社それぞれが強みや得意分野を持ち、それに対する顧客ニーズがあるからこそ、SIerやITベンダーとして事業を継続できているわけです。業者ごとの違いを見極めるポイントについては、後ほど「業者ごとの強み・得意分野」で詳しくご紹介します。

ここで一点気をつけなければならないのは、自社にマッチしたシステム開発会社を選ぶには予想以上に時間がかかるということ。「システム開発がスムーズに進んだ」「システムの導入により業務効率化が叶った!」という企業は、発注先を余裕をもって早めに探しています。発注先を早めに探し始め、慎重に検討していくことがシステム開発成功の鍵なのです。

しかし、「ホームページを確認してみても得意な分野が分からない」「業者を探す時間がない」とお悩みの方もいるでしょう。そんな方におすすめなのが、アイミツコンシェルジュサービスです。あなたの要望にマッチした会社を複数ご紹介し、一括お見積りをいたします。早めに発注先を探し、システム開発を成功させたい方はぜひお問い合わせください。

また、この記事の最後ではアイミツがおすすめする5つのシステム開発会社もご紹介しています。コンシェルジュお問い合わせする前に、どんな会社があるのか見てみたいという方はぜひチェックしてみてください。

そもそもシステム開発とは?

システム開発の基本

ここまでシステム開発の成否を分ける4つのポイントについてご紹介してきましたが、そもそもシステム開発とはどういったものなのでしょうか?(※すでに理解されている方は、この章は飛ばしてしまって構いません)。

システム開発とは、ひとことで言えば、仕事に必要な枠組みを構築すること。業務上の課題にあわせて、サーバーやプログラム、ネットワーク技術などを組み合わせ、業務を効率化・最適化するための仕組みをつくることを指します。

一般的には社外のSIerやITベンダーといったシステム開発会社に発注し、プロジェクトマネージャーの管理のもとプログラミングによって開発を進めていくのが主になります。より広い意味では、ExcelやAccessで簡易的な業務用ツールを作成するのもシステム開発の1つです。

あるいは社内に散らばっていたデータをオンラインストレージに集約し、社員それぞれに権限を与えて共用できるようにしたりするのも、仕事の枠組みづくりという点ではやはりシステム開発の一環と言えるでしょう。

依頼する前に押さえておきたいシステムの種類

システム開発における種類

SIerやITベンダーにシステム開発を依頼する場合、利用するハードウェアや構築環境によってシステムは大きく3つの種類に分けられます。それぞれ簡単にご紹介します。

汎用系システム

IBMや富士通、日立などが提供しているハイスペックなハードウェア(ホストコンピュータ)を使って開発する業務用システムです。身近なところでは、電子マネー「Suica」による自動改札システムも汎用系システムの1つです。

今回取り上げる3種類のなかでは最も歴史が古く、メガバンクや保険会社、証券会社の基幹システム、自治体の住民票管理システムなどの多くがホストコンピュータを使った汎用系システムとして開発されてきました。

ホストコンピュータは市販されているPCと比べて遥かに計算処理能力に優れているため、大量のデータを扱えます。しかしシステム内部のパーツやOS、アプリケーションソフトにいたるまで開発元(=IBM、富士通など)の独自仕様のものになるため、多くの場合、他のシステムと互換性がなく、機能面で連携させたりすることもできません。

汎用系システムの開発には、COBOLやPL/Iといった比較的古いタイプのプログラミング言語が使われることが多いようです。

オープン系システム

特定メーカーのホストコンピュータやOSを使って開発する汎用型システムに対し、広く公開されているOS(Windowsなど)やレンタルサーバー、各種パーツを組み合わせて開発されるのがオープン系システムです。

市販のハードウェアを用いるため、処理速度や扱えるデータ容量では汎用系システムに及ばないものの、ハードウェアの仕様にとらわれることなく、レイアウト変更や機能追加にも柔軟に対応できます。

主にJavaやPHP、C、VBといったプログラミング言語によって構築されることが多く、対象も営業支援システムから顧客管理システム、在庫管理システムまでさまざま。後述するweb系と並び、現在の業務用システムの主流になっています。

web系システム

名前の通りweb上で動作するシステムです。

AWS(Amazon Web Services)をはじめとする廉価なクラウドサーバーを使って構築するため、前述の2種類と比べると初期投資が抑えられるうえ、ネットに接続さえできればスマートフォンやタブレットからも利用できます。

webブラウザ経由で使う勤怠管理システムなどをはじめ、近年多くの企業が利用しているグループウェア、さらにネット通販を裏側から支えるECシステムもweb系システムの一種。技術的にはPHPやRuby on Railsといったwebに特化したプログラミング言語によって構築されます。

スクラッチ開発か?パッケージ利用か?

システム開発の手法はスクラッチ開発かパッケージ利用のどちらか

前の章ではシステムの3つの種類に関して説明をしましたが、ここでは代表的な2つの開発手法に関して説明をいたします。

スクラッチ開発とは、解決したい課題にあわせて文字通りゼロからオリジナルのシステムを構築する手法のこと。100%のオーダーメイドとなるため、1つひとつの機能やもちろんのこと、管理画面のレイアウトやメニューの構成、デザインまですべてに要望を反映させることができ、機能追加やカスタマイズも自由自在に行なえます。

一方のパッケージは、決まったフォーマットに沿って開発・販売されているシステムです。現在ではSaaSと呼ばれるクラウド型を中心に、勤怠管理や名刺管理、社内SNSなど、優に1,000を超えるパッケージ型システムが市販されています。有名どころでは、顧客管理システムとして世界No.1のシェアを誇る「Salesforce」もパッケージ型システムの1つです。

パッケージ型システムの多くは毎月定額の料金で利用でき、サーバー代などの初期費用も大きく抑えられます。その反面、機能面には制限があり、カスタマイズ性でもスクラッチ開発には及びません。

また、稀ではありますが、パッケージの提供元が廃業したり、サービスを停止したりしてしまうと、システムを利用できなくなってしまうこともあります。

どちらを選ぶかは業務上の課題や予算によってそれぞれですが、業務上それほど複雑な課題がなく、パッケージ型の機能で解決できるのであれば、まずはパッケージ型から優先的に検討するのがいいでしょう。コストが安いうえ、パッケージ型は基本的に自動アップデートされるため、稼働後のメンテナンスにも手間がかかりません。

業者ごとの強みや得意分野を把握しよう

システム開発の業者ごとの強みや得意分野

前述の通り、業務用システムは大きく3種類に分けられ、機能やインターフェイスを形にするためのプログラミング言語も種類によってさまざま。システム開発会社も1社1社それぞれが強みや得意分野を持っています。各社のホームページの開発実績などにしっかり目を通し、自社の課題・要件にマッチする業者を選びましょう。

「成否を分ける4つのチェックポイント」でもご紹介した通り、業者選びはシステム開発の肝。ホームページを見て違いが分かりにくくても、実際のところ各社それぞれ明確な得意・不得意分野を持っており、それを見極めることが開発コストの削減にもつながります。

たとえば、過去に似たような機能やシステムを開発したことがある業者なら、その時のプログラムを利用することで開発コストを1/3程度まで抑えることが可能。プログラムを再利用できない場合も、経験があれば開発コストは2/3程度に収まります。

システム開発で実現できること

システムを導入する何より大きなメリットは、仕事の進め方やアウトプットを圧倒的に効率化できること。

たとえばExcelの手作業で伝票や帳票を作成するとなると、文字の大きさや揃え方、全体のレイアントにもばらつきが生じ、当然ながら1枚仕上がるまでのスピードも担当者によってまちまちです。その一方、システムを利用すれば、あらかじめ入力したデータに沿って定型フォーマットの文書を自動生成・出力することが可能になります。

また、大量のデータを全社的に共有できるようになるのも業務用システムの利点の1つ。

たとえば顧客管理システム(CRM)を導入して、取引先のプロフィールや商談履歴といったデータを集約させれば、顧客データを全社的な情報資産として活用できるようになります。個人で管理している名刺やメモを紛失してしまうようなこともなくなり、結果的にペーパーレス化・コスト削減にもつながるはずです。

実際にシステム開発による成功事例は多く、婦人服や雑貨の販売事業を手がけるあるアパレル関連会社では、それまで手作業で行なっていた買掛業務をwebシステム化したことで、印刷費や書類の保管費を含めて年間50%以上のコスト削減に成功しました。

システム開発の流れ

次にシステム開発の流れについて、プロセスごとにご紹介します。

システム開発の流れ

企画・要件定義

まずは解決したい課題にあわせて、発注者側でシステムの概要を企画書にまとめます。記載項目としては、開発の目的・背景、利用人数、稼働開始時期の目安など。システム開発会社との打ち合わせ資料を兼ねて、PowerPointなどで作成するのが一般的です。

サーバー環境やデータ容量など技術的な要件まで盛り込めればベストですが、この段階では無理してそこまでする必要はありません。大切なのは「システムで何を実現したいのか」を明確にすること。課題をきちんと整理し、ゴールを数値に落とし込んで明確化することがシステム開発の成否を分けます。その点に絞ってシンプルな企画書にまとめた方が、開発サイドからの提案も引き出しやすくなります。

RFP(提案依頼書)の作成

企画書の内容をもとに、開発の背景や具体的な数値目標、予算、希望納期などをRFP(提案依頼書)にまとめます。RFPを作成したら、複数のシステム会社を集めてオリエンテーション(RFPの説明会)を開き、コンペ形式で見積もりを依頼し、各社からの回答を待ちます。

システム開発が初めての場合、RFPの作成はハードルが高そうに思われるかもしれませんが、企画書と同様ここでもポイントとなるのは、「システムで何をしたいのか」明確に伝えること。具体的な項目や書き方については、詳しく紹介しているwebサイトを見つけたので、不安な場合はこちらも参考にしてみてください。

契約

各社からの見積もりをもとに依頼先を決め、契約を結びます。

システム開発の場合、契約書は大きく分けて2種類。まずは大枠の予算や開発を発注する旨をまとめた「基本契約書」を作成します。さらに具体的な作業分担や共同作業の内容、最終的な支払金額などを盛り込んだ「個別契約書」を締結、本契約となります。

個別契約書による契約をおろそかにしてしまうと、自社と開発先の役割分担や保守内容、支払いなどに関してのちのちトラブルが生じることもあるので注意しましょう。

設計

ここからは基本的にシステム開発会社側が担当する領域です。

まずはクライアントの企画書・RFPに沿って、システムの構築環境や仕様、機能、プログラミング言語、開発期間、開発人数などをまとめた要件定義書を作成。それをさらに内部設計・外部設計へ落とし込んでいきます。

システムの動作やデータ処理を司る内部設計については、基本的に開発サイドの技術力に委ねられることになります。一方の外部設計(UIやデザインの設計)については、最初に「モック」と呼ばれる試作品を作成し、クライアント側の確認をとりながら開発を進めていくのが一般的です。

システムの使い勝手を大きく左右する部分なので、開発会社から外部設計の確認を求められたらきちんと時間をとって対応し、気になる点や改善要望は余すことなく伝えるようにしましょう。

プログラミング

内部設計・外部設計の仕様書に沿って開発チームを編成し、プログラミングによって必要な機能やUIを実装していきます。大手SIerや代理店など、会社によっては孫請けの会社に外注するケースも多いです。

テスト

プログラミングが完了したら、機能が正常に作動するか、メニューやボタンなど使い勝手の部分に問題はないかテストを行ないます。

最近は多くのシステム開発会社がアジャイル開発(※)を取り入れていることもあり、1つのプログラムが完成したらまずは機能単体でのテスト、それで問題なければ他機能との連携をチェックする結合テスト、さらに最終的なシステムテストといったように、段階を踏んでテストするケースが多くなってきました。

※設計やプログラミングといった各工程を短く区切り、それを反復することでシステム開発を進める手法

納品

最終テストで問題がなければ晴れて納品、初期設定などを経てシステムの稼働スタートです。システム会社によっては納品とあわせてユーザー(従業員)向けの操作説明会や運用セミナーを実施してくれることもあります。

運用・保守

基本契約書・個別契約書沿って、開発元がシステム稼働後の定期メンテナス、必要に応じた改修などを行ないます。

どんなに完成度の高いシステムでも、使い続けていくうちに大量のデータが蓄積されて処理が滞ったり、利用人数が増えてアクセスが集中することで一時的に動作が止まってしまったり、場合によっては他のシステムと連携させる必要が出てくるケースは決して少なくありません。

そういった意味で保守・運用は非常に大切なプロセス。機能改善やカスタマイズのために追加料金が発生することもあるので、万が一の時に慌てないよう、契約時にサポート内容をきちんと詰めておくことが肝要です。

何より大切ことは「要件定義」

システム開発には要件定義が何よりも重要

システム開発の流れについてざっと説明しましたが、このなかで最も大切なのはやはり要件定義。

要件定義があいまいなまま設計やプログラミングの工程に移ってしまうと、手戻り(不備が発覚し、前工程に戻ること)を繰り返し、コストがかさんでしまうことがよく起こります。

また、要件定義が明確でないということは、システムの役割そのものが定まっていないということなので、稼働後の効果測定ができず、具体的な成果をあげるのは難しくなります。

前述の通り、発注者側での要件定義はRFPに落とし込むのが一般的ですが、大切なのはフォーマットより中身。「システムで何を解決したいのか」「どういう状態を実現したいのか」明確であれば、PowerPointやExcelでも問題ありません。以下2点のポイントもふまえつつ、しっかり時間をかけて要件定義を行ないましょう。

具体的な数字に落とし込む

冒頭の「成否を分ける4つのチェックポイント」でも触れた通り、開発サイドに要件を正確に伝えるためには具体的な数字に落とし込むのが第一。データの入力時間や集計工数、リードタイム、売上、決裁プロセスなど改善したい要素を洗い出し、それぞれ「○○%減」、「-〇時間」、「+〇〇万円」といった形で企画書やRFPに盛り込みましょう。

必須要件と希望要件を切り分ける

システム開発では、あらかじめ思い描いた機能をすべて実装できるとは限りません。開発を進めていくなかでデータ容量などの問題から機能を制限せざるをえなかったり、1つの機能が他の機能に干渉して両立が難しくなってしまったりするのは、システムの種類や規模を問わずままあることです。

そうした事態にスムーズに対応するためにも、要件定義の段階で必須要件(必ず実装したい機能やメニュー)と、希望要件(できれば実装したい機能やメニュー)を切り分けておきましょう。

きちんと切り分けさえしておけば、システム稼働後にあらためてサーバーを拡張し、優先順位の高い希望要件から追加するといったことも可能になります。

…ここまででシステム開発の成否を分ける4つのポイントをご紹介しました。最後に業者の選び方について理解を深めていただくため、アイミツおすすめのシステム開発会社5社をご紹介します。

開発力に定評があるシステム開発会社5選

アイミツが各社に独自ヒアリングを行い、かつ発注者からの声も踏まえて

・開発実績
・価格競争力
・企画提案力
・開発力/技術力
・スピード/納期
・サポート体制の充実度

の6個の軸で各社の強みを選定しました。

いずれもアイミツで高評価を得ている会社で、各社インタビュー記事も掲載しています。ぜひ業者選びの参考にしてみてください。

株式会社伸和トータルエンジニアリング

大阪市城東区に本社を置くシステム開発会社です。1987年の設立から30年以上にわたる歴史を持ち、ITコンサルティング、システムの受託開発、自社プロダクトの開発・販売を三本柱に事業を展開しています。
特徴は長年にわたって培ってきた顧客目線のサービス。予算別の3段階の見積もり提案、案件にあわせた同業他社の仲介など、的確かつきめ細やかな提案が多くのクライアントから高評価を得ています。
近年では基幹システムの開発などとあわせて先端技術の活用にも力を入れており、音声認識エンジンを活用した英会話教材システムなどの開発実績があります。

株式会社伸和トータルエンジニアリングの強み

【提案力】
予算別の3段階の見積もり提案など、顧客目線のきめ細やかな提案力

【開発力・技術力】
音声認識エンジンをなど最新技術を活用した開発実績

人イメージ

<従業員300人以上の製造業 担当者様>
要件定義なども依頼ができ、弊社の担当者さながらにベンダーと交渉していただいたこともあり。開発だけでなく、コンサルティングの満足度も非常に高い業者だと感じる。

人イメージ

<従業員100人以上のサービス業 部長様>
機能の種類や数が異なる複数のプランを提案してもらった。優先度の高い機能を改めて精査することができただけでなく、こちらの要望に沿って修正や代替案の提案が受けられたのもよかった。

人イメージ

<従業員50人以下のサービス業 代表者様>
役員の方から丁寧に説明していただき、とても信頼できる企業だなと感じた。開発実績が豊富なので、安心して依頼することができた。

基本情報
設立年 1987年
従業員数 10-29人
住所 大阪府大阪市中央区内本町2-4-16 オフィスポート内本町ビル2階
公開実績 株式会社アクロスコーポレーション / 株式会社イー・ブレイン / 株式会社エイペックスコミュニティ / 株式会社オクテックス / 株式会社駒井ハルテック / サニー技術建設株式会社 / 株式会社綜合技術コンサルタント / ソフトマネジメント株式会社  他多数

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社

東京都江東区に本社を構えるITサービス会社です。3,000名以上にのぼる豊富なリソースを活かし、家電製品のiOSリモコンアプリ、大規模展示場の来場者管理システムなど、年間100件以上の開発プロジェクトを手がけています。
緻密な市場調査に裏打ちされた的確な提案を皮切りに、機能要件定義からプログラミング、テスト、納品までトータルに対応するうえ、パーソルグループ各社と連携しての運用保守、質の高い各種BPOサービスにも定評があります。

パーソルプロセス&テクノロジー株式会社の強み

【提案力】
大手企業ならではの丁寧なヒアリングと安定した品質

【開発実績】
年間100件以上の大型プロジェクトをこなしている

人イメージ

<東証一部上場 人材業 担当者様>
提案から保守運用まで、一貫して任せられるので発注を決めた。フォローもこまめで、多くの案件に対応してきた大手企業ならではの信頼感が持てた

人イメージ

<従業員150人規模の建設業 部長様>
いち早く商談のアポイントメントを取ってくれたので、前向きなイメージが持てた。打ち合わせの際も、こちらの要望にできるだけ即した形で進めてくれたので話がスムーズだった

人イメージ

<従業員50人以上 コンサルテイング会社 マネージャー様>
ヒアリングを重ねるうちに、漠然と持っていた課題感が具体化して、対処のための方策も明確になった。システム開発を任せるつもりで依頼したが、今ではコンサルティングも担ってもらっている

基本情報
設立年 1977年
従業員数 1000人以上
住所 東京都江東区豊洲3-2-20豊洲フロント7F
公開実績 株式会社ぐるなび / コイニー株式会社/ Zabbix Japan LLC / 株式会社セールスフォース・ドットコム / ソフトバンク株式会社 / トレンドマイクロ株式会社 / 日本マイクロソフト株式会社 / freee 株式会社

株式会社コアソフト

株式会社コアソフト

2000年に設立された東京都台東区のITサービス企業です。業務用システムの開発を中心に、web制作、パッケージソフトの販売、サーバーレンタル、コンサルティングなどITにまつわる幅広い事業を展開。取引先には伊藤忠商事やコスモ石油、ブリヂストンといった有力企業が名を連ねています。
設立15年以上にわたって積み重ねてきた提案内容や技術モジュールをスタッフ同士がクラウド上で共有しており、スクラッチ開発の場合も5日間~1週間程度で提案書を提示することが可能。スピードとあわせてエンジニアの技術力にも定評があります。
実績も非常に多く、これまでロボットメーカーの顧客向けのweb予約システム、医療関連企業のスケジュール管理システムなどを手がけてきました。

株式会社コアソフトの強み

【【技術力】
大手企業も依頼する高い技術力

【充実したサポート】
アフターサポートも充実しており、はじめての依頼の際も安心

人イメージ

<不動産系のITベンチャー 代表者様>
対応が迅速なだけでなく、とても丁寧だったのが好印象。担当の方の感じがよく、こちらはあまり専門的な知識を持っていなかったが細かいところまで説明してくれた。

人イメージ

<大手サービス業 部長様>
初アポイントの段階から、詳細で分かりやすい説明資料を制作してきてくださったので、具体的にイメージしやすかった。作ってもらったシステムも現場のオペレーションに適したものだったのでとても満足している

人イメージ

<従業員100人規模 製造業 担当者様>
当初想定していたよりも開発予算は大きくなったが、運用にあたってのメリット・デメリットを明確に伝えてくれたので納得感があった。

基本情報
設立年 2000年
従業員数 30-99人
住所 広島県東広島市西条西本町 23-2 佐々木ビル
公開実績 アイリスオーヤマ株式会社 / 株式会社ISIDアドバンストアウトソーシング / アディダス ジャパン株式会社 / イオングループ / イオン・リートマネジメント株式会社 / 伊藤忠商事株式会社 / 伊藤忠ホームファッション株式会社 / 株式会社エナリス / オリックス自動車株式会社

株式会社スーパーソフトウェア

株式会社スーパーソフトウェア

大阪市北区に本社を置くシステム開発会社です。東京・福岡など国内4ヵ所に拠点を設け、web系を中心としたシステム開発、アプリ開発、パッケージソフトの販売といった事業を行なっています。
特徴は業種・分野を問わない幅広い開発実績。卓越した提案力と技術力を武器に、広告代理店の発注システム、ロボット教室の生徒管理システム、コインパーキングの情報管理システムなど、多岐にわたる案件を手がけてきました。
最近ではAI(人口知能)やAR(拡張現実)の活用にも力を注ぎ、自社開発した一般向けのスマホアプリはアプリストアのダウンロードランキング1位を獲得しています。

株式会社スーパーソフトウエアの強み

【企画提案力】
クライアントが納得するまで、徹底してヒアリングを行う

【技術力】
AiやARの活用実績も豊富。自社開発のスマホ向けアプリがダウンロードランキング1位に

人イメージ

<従業員約30人 運送業 担当者様>
アポイントメントも、その後の商談でも、当社の意図を的確に汲み取った品質の高い提案をしてくれ、見積り提出なども早かったため、対応力の高さがうかがえた。

人イメージ

<東証2部上場 インフラ業 部長様>
実際に弊社まで足を運んでいただき、営業の方とシステム側の方とお話し出来たのが大変助かった。他社と比較した際、一番イメージがつきやすく、機能面と価格面とを総合的に見て満足している。

人イメージ

<従業員500人以上 広告業 課長様>
意欲やスピード感があり、当社業務をよく理解して提案しようと努力されていると感じた。エンジニアも仕事がしやすそうだと好印象をいだいていた。

基本情報
設立年 1983年
従業員数 100-499人
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-2-11 フォーシーズン恵比寿ビル4F
公開実績 本田技研工業株式会社(HONDA) / トレンダーズ株式会社

株式会社ティファナ・ドットコム

株式会社ティファナ・ドットコム

1993年に設立された東京都目黒区のweb制作会社です。webサイトの制作、web系を中心としたシステムの受託開発を中心に、トータル1,000件以上の案件を手がけてきました。
web系システムに先端技術を組み合わせたソリューションを得意としており、2016年にリリースしたAI(人口知能)による自動接客ツール「AIさくらさん」は日本マーケティング機構のAIイメージ調査3部門の1位を獲得。JR東日本や岡三証券など多くの有力企業に導入されています。
カスタマーサポートに力を入れていきたい企業や、人手不足に課題を抱えるネットショップなどにとっては非常に心強い開発パートナーになるのではないでしょうか。

株式会社ティファナ・ドットコムの強み

【提案力】
最先端の技術を組み込んだトータルソリューションが強み

【充実したサポート】
受託開発をメインに1,000件以上の開発実績があり、幅広いサポートに定評があります

人イメージ

<教育系のベンチャー企業 役員様>
多数の大型案件を取り扱ってきた起業ということもあり、スピード感や対応力が抜群によく、他社を比較して頭ひとつふたつ抜けていると感じた。

人イメージ

<大手不動産業 部長様>
他社に類を見ないAI機能を搭載したホームページの提案を受け、オリジナリティがあっていいなと感じた。初回の打ち合わせの際に、先回りして資料を制作いただいていたのもよかった。

人イメージ

<従業員100人以上 アパレル業 担当者様>
ホームページの完成後も定期的に弊社まで訪問していただき、分析結果などのレポートだけでなく、最新情報を教えてくださるので、信頼感がある。今後リニューアルなどの際もぜひお願いしたい。

基本情報
設立年 2000年
従業員数 30-99人
住所 東京都目黒区大橋2-22-7 村田ビル6F
公開実績 株式会社カカクコム / 株式会社ホテルオークラ東京 / ミサワホーム株式会社 / ハワイ州観光局 / ロクシタンジャポン株式会社 / 日本メナード化粧品株式会社 / 株式会社イシバシ / 株式会社ビューティーハブ ジャパン / 柏厚生総合病院 / 合同会社DMM.com / 株式会社インベスコア / セレモアホールディングス株式会社 / 株式会社アイビー・シー・エス / 国立研究開発法人理化学研究所 / トミーバハマ株式会社

システム開発にあたって早めに進めたほうが良いこと

システム開発のおける注意点のまとめ

今回はシステム開発で失敗しないためのポイントと、アイミツがおすすめする5つのシステム開発会社についてご紹介しました。

繰り返しにはなりますが、システム開発で失敗しないために大切なのは以下の4つです。
この成否を分ける4つのチェックポイントを「とにかく早めに着手できるか?」かが重要です。

成否を分ける4つのチェックポイント
  • 課題は整理されているか
  • ゴールは明確か
  • 予算は確保できているか
  • 良い業者を選べるか

「課題を整理し、ゴールを明確にする」ことにお悩みの場合は、「IT担当者でも書ける!とことん優しいRFPの書き方」を参考にしてみてはいかがでしょうか。

「予算を確保したい」がどの程度か、概算の費用が分からない場合はシステム開発の料金シミュレーターをご活用ください。

「良い業者」を探すことに苦戦されている場合は、アイミツがあなたにマッチしたシステム開発会社を無料でお探しします。

この記事が、あなたの課題を解決するシステムの開発に少しでも役立てば幸いです。

“システム開発”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono