ホームページ制作会社をお探しですか? アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

ホームページ制作の発注は初めてですか?
無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月23日

営業の方法を一覧で紹介|注目の営業法についても解説【2023年最新版】

「営業」と言っても、その方法はさまざまです。ビジネスの形態や商品の特徴に適した営業方法をうまく選ぶ必要があります。そこでこの記事では、営業やシステム開発などさまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、営業の方法を一覧にしてまとめてご紹介!新規顧客の獲得や利益の向上につなげる方法についても、詳しく解説します。

営業には大きく2種類ある

営業の種類を、アウトバウンドセールスとインバウンドセールスの2種類にわけて解説していきます。

アウトバウンドセールス

アウトバウンドセールスとは、営業が自らターゲットにアプローチする営業スタイルを指します。まず見込み顧客のリストを作成し、飛び込み営業や電話、メール、DMなどの方法で営業を行うことが一般的です。自ら商品を売り込む手法であることから「プッシュ型営業」と呼ぶ場合もあります。

インバウンドセールス

インバウンドセールスとは、顧客側からの問い合わせで獲得した見込み顧客に対して、商品・サービスを売り込む営業スタイルのことです。例として、自社サイトから見積もり依頼をくれた顧客や、オウンドメディアを閲覧して問い合わせをくれた顧客などにアプローチするといった方法があります。近年は新型コロナウイルスの影響により、インバウンドセールスを使ったビジネスがますます注目されています。実際に、多くの企業が自社の公式サイトやオウンドメディア、SNSなどを運営し、新たな見込み顧客を獲得するようになりました。

アウトバウンドセールスの代表例

アウトバウンドセールスは過去から現在にわたって多くの企業に利用されてきた方法であり、営業の基本となる方法です。ここでは、アウトバウンドセールスの代表例といえる4つの方法を紹介します。

飛び込み(訪問)営業

飛び込み営業とは、企業や店舗などにアポイントのない状態で直接訪問する方法を指します。担当者と直接話ができれば、スピーディーに良好な関係を築くことも可能です。会話の中で、担当者のニーズや困りごとを引き出すこともできるでしょう。どこにでも営業をかけられる反面、受付やセキュリティにより担当者と会えない可能性もあるほか、迷惑行為ととられるリスクもあります。また、自社のブランドイメージに悪影響を受けないために注意が必要です。

訪問営業に強い会社をお探しの方は、こちらから検索可能です。

テレアポ営業

テレアポ営業とは、見込み顧客の一覧リストを作成し、電話で営業を行う手法です。ほとんどの場合、電話でアポイントを取り、後日訪問して契約につなげます。社内やテレワーク先の自宅にいながら営業をかけることができる点や、担当者のニーズをヒアリングしながら営業できる点などのメリットがあります。テレアポ営業は「インサイドセールス」「内勤営業」とも呼ばれ、コロナ禍でも企業に好んで採用されている方法です。

テレアポ営業に強い会社をお探しの方は、こちらから検索可能です。

メール営業

メール営業とは、相手のメールアドレスに直接メールを送り、アプローチをかける方法です。商談のアポイントを獲得するほか、セミナーの案内や会員登録、資料請求など、自社の狙いによって目的とする成果は異なります。メール営業はアウトバウンドセールスでありながらも押し付けがましい印象を与えず、相手にとって都合の良い時間帯に確認してもらえる点に魅力があります。大量の見込み顧客に一気にアプローチしたい場合に利用するといいでしょう。

レター営業

レター営業とは、見込み顧客に手紙を送ることで商談や契約につなげる方法を指します。手紙を書く手間が必要な反面、熱意や気持ちを伝えやすいことがメリットです。また、飛び込み営業や電話営業と異なり、相手が警戒心を抱きにくい点もポイントです。レター営業は、人見知りで見込み顧客とのコミュニケーションに不安がある場合や、文章作成・手書き文字に自信がある場合などに適した方法と言えるでしょう。

インバウンドセールスの代表例

近年は、オンラインを通じたインバウンドセールスも営業方法の主流です。本項では、インバウンドセールスの代表例を3つご紹介します。

コンテンツマーケティング

コンテンツマーケティングとは、ユーザーにとって魅力的なコンテンツを発信することにより、商品の購入につなげる手法です。ターゲットとするユーザーが興味を持ちそうな記事を、オウンドメディアに掲載するといった例が挙げられます。また、SNSやブログ・動画など、自社オリジナルのコンテンツもこれに該当します。購入に直接つながることはもちろん、認知度の拡大やリピーターの囲い込み、企業イメージの向上などにも効果的です。コンテンツを作成してからユーザーに浸透するまでに時間がかかるため、ある程度のリソースを割く必要があることを覚えておきましょう。

コンテンツマーケティングに強い会社をお探しの方は、下記リンクから検索可能です。

イベントやセミナー

企業が開催するイベントやセミナーもインバウンドセールスの一種です。まずイベントに訪れた見込み顧客に有益な情報を提供します。そして見込み顧客の購買意欲が高まった頃に、自社の商品やサービスをアピールする流れが一般的です。イベントやセミナーを使ったインバウンドセールスは、すでに何らかのニーズを持ち、自社に対して好意的である見込み顧客を獲得しやすい傾向にあります。

イベントのコンテンツ制作に強い会社をお探しの方は、下記リンクから検索可能です。

メルマガ配信

メルマガ(メールマガジン)を通じて商品やサービスの魅力を発信することも有効です。メルマガには自社の情報の他に、登録しているユーザーにとって役立つと考えられる情報もあわせて掲載します。一度登録してもらえれば、メルマガの送付により見込み顧客との関係性を維持しやすい点にメリットがあります。信頼できる企業であることをアピールし、購入や契約につなげましょう。

安定的な収益を上げるなら「コンテンツマーケティング」

インバウンドセールスのさまざまな方法の中でも、近年特に注目されている方法がコンテンツマーケティングです。スマートフォンやパソコンなどのデジタル機器の普及によって、消費者は必要な情報を自ら調べ、獲得するようになりました。これは、見込み顧客が自ら自社の情報にアクセスしてくれる可能性があるということを指します。コンテンツマーケティングとしてオンライン上に自社の情報を掲載するのは、時代の流れに適した方法と言えるでしょう。次項からは、コンテンツマーケティングのメリットや期待できる効果について詳しく解説します。

顧客層の拡大が見込める

コンテンツマーケティングは、自社のコンテンツを通じて情報を発信します。現時点では商品やサービス自体に興味がないユーザーにも、コンテンツを通じて自社について知ってもらえるきっかけとなるでしょう。そのため「こんな商品がほしい」といった具体的なニーズを持たないユーザーも、将来的な顧客になる可能性があります。自らのニーズを自覚する「顕在層」はもちろん、自覚していない「潜在層」にとっても有効な手段です。

広告費を縮小できる

検索エンジンやWebサイト、SNSなどに広告を配信すると、配信数やクリック数に応じて広告費の支払いが必要です。それに対してコンテンツマーケティングは、一度作成したコンテンツを継続的に利用できるため、広告費を縮小しやすい傾向にあります。また、TwitterやInstagramなど、基本的に無料で利用できるSNSも存在します。これらの特性を活かせば、限られた予算でも営業活動を行うことができるでしょう。

蓄積したコンテンツは会社の資産に

発信したコンテンツは、自社のオウンドメディアやSNSなどのプラットフォームに蓄積されていきます。特殊な事情がない限り、消えることもないでしょう。蓄積されたコンテンツは企業の資産としてオンライン上に残ることとなります。新たに営業活動をしなくても、継続的に顧客を獲得することが可能です。また、コンテンツを見たユーザーに「継続的にページが更新されている」といった信頼感を与えることもできます。

SNSによる拡散が期待できる

SNSを活用することが当たり前になった今日では、魅力的なコンテンツはすぐにユーザー同士で共有される傾向にあります。質の高いコンテンツを作ることにより、多くのユーザーに拡散され、飛躍的な認知度アップを狙える可能性もあるでしょう。オウンドメディアによる営業を行う場合はSNSのアカウントを作成し、更新情報などを発信することも有効です。オウンドメディアで良質なコンテンツが作成できれば、SNSで拡散され、より多くのユーザーを獲得できるでしょう。

外注が可能

コンテンツマーケティングは、自社で行う方法のほか外注することも可能です。例として、オウンドメディアの制作を依頼したり、SNSに掲載する画像の制作・投稿の代行を依頼したりといったケースが挙げられます。自社で一からコンテンツマーケティングを行うよりも、スピーディーに質の高い成果を得られることでしょう。また、営業にかかる時間を削減し、商談やアフターフォローなど、より重要な部分に時間を割けるようになります。

コンテンツマーケティングに強い会社をお探しの方は、下記リンクから検索可能です。

ホームページ制作の費用相場

オウンドメディアなどのWebサイトやホームページはコンテンツマーケティングに有効です。ここでは、ホームページ制作にかかる費用相場をご紹介します。ホームページ制作の価格は、依頼する内容やページ数、機能により大きく変わります。具体的な費用目安は以下のとおりです。

費用別にみるホームページ作成の特徴
<作成費用> <ホームページの特徴> <どんな企業向きか>
~30万円 ・テンプレートを使用
・WordPressなどのCMSで作成・画像やテキストは依頼者側で用意
・簡易的なコーポレートサイト
・簡易的なオウンドメディア
・10ページ以内の作成
・費用を抑えたい
・短い納期で依頼したい
30万~100万円 ・オリジナル性の高いwebサイト・発注者の要望に沿ったデザイン
・独自コンテンツの充実したwebサイト
・オリジナル性の高いwebサイト
・簡単な撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能
・中小企業
・凝ったWebサイトを作りたい
100万~200万円 ・戦略的で効果の高いwebサイトの作成
・トレンドのコンテンツやデザイン
・撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能
・中小企業~大企業
・規模の大きいWebサイトを作りたい
200万円~ ・完全オリジナルデザインのWebサイト
・SNSとの連動が可能
・多機能なWebサイト
・大企業・複数のブランドサイトを制作したい方
・SNSと連動したWebサイトを作りたい
・機能性の高いWebサイトを作りたい

より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

まとめ|営業方法の見直しは「アイミツ」に相談

この記事では、営業の方法や種類別の特徴を解説してきました。近年は、インターネットの普及により、コンテンツマーケティングが注目を集めています。アウトバウンドセールス中心に営業していたという方は、新しい営業手法を試してみることをおすすめします。

ビジネスマッチングサービスを提供する「アイミツ」は、コンテンツマーケティングなど営業活動をサポートできる会社を「無料」でご紹介可能です。SNS運用や Web広告をはじめ、営業代行やコールセンターなどコンテンツマーケティングについて相談したい方は、お気軽にアイミツまでご相談ください。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧