無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年11月24日

SEO対策に強いLPとは?検索上位を維持する方法も解説【2022年最新版】

「LPを作るからには、検索結果の上位に表示させたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。
この記事ではLPの概要や種類とあわせて、検索エンジンで上位を維持する方法やおすすめの施策などもまとめて解説していきます。LPのSEO対策を行いたいという方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
LP制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用【2022最新】
SEO対策も依頼できるホームページ制作会社一覧

LP(ランディングページ)とは

LP(ランディングページ)とは、商品やサービスに関する詳細やメリット・ベネフィットを伝えた上で成果をあげることを目的としたWebサイトを指すものです。成果の内容は商品・サービスの特性やLPの目的によって異なりますが、代表的な例は資料請求や無料相談、サンプル申し込み、商品・サービス購入などがあげられます。また、リスティング広告をクリックした際の遷移先ページとしての活用されるのが一般的です。
上記は狭義のLPの説明となりますが、広義では「Webサイトでユーザーが最初に訪れるページ」をLPと呼ぶこともあります。

LPの種類

ひとことに「LP」と言っても、その種類は「1ページ完結型」と「サイト一体型」に分けることができます。ここからは、それぞれの種類について解説していきます。

1ページ完結型LP

「1ページ完結型LP」は、文字通り1ページだけで構成されているLPです。1ページにつき1つの商品・サービスを取り上げており、キャッチコピーやユーザーへの課題提示、解決方法としての商品・サービスのアピール、利用者からの口コミなどさまざまな情報を盛り込みながら、コンバージョンへと導きます。
明確な悩みや課題、ニーズのあるユーザー向けのLPなので、化粧品や育毛用品、健康食品、ダイエットグッズなどのジャンルを取り扱うのに適しているでしょう。

サイト一体型LP

1ページ完結型のLPに対して、コーポレートサイトやサービスサイトの下層に開設されたLPを「サイト一体型LP」と呼びます。トップページが一般的なLPの構成でありながら、下層ページに詳細な情報を掲載しているものをサイト一体型LPと称することもあるようです。
サイト一体型LPはページ数が複数にわたるため、1ページ完結型と比較するとコンバージョンを急いでいないのが特徴。情報量が豊富で集客を目的としている点も、1ページ完結型と大きく異なります。

SEO対策に強いLPはどっち?

SEO対策によってLPを検索上位に表示させたいという場合は、1ページ完結型LPよりもサイト一体型LPの方が有利です。サイト一体型LPは複数ページで構成されており、コンテンツ数・文字数も多くなるためおのずとSEO対策向きとなります。
1ページ完結型LPは1ページのみで構成されており、内容もシンプルなため文字数も抑えられています。SEO対策では情報量も評価の要素となるため、1ページで完結しているLPは不利になると言えるのです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

検索上位を継続的に維持する方法2つ

それでは、検索上位を獲得したのちに順位を維持するためにはどうするべきなのでしょうか。

定期的にコンテンツの内容を見直す

自社のLPが検索エンジンの上位表示を獲得したとしても、定期的なコンテンツの見直しは欠かさずに行いましょう。SEOで高い評価を得るためには、常にユーザーニーズを意識する必要があります。ユーザーニーズは時間とともに変化していくため、定期的に最新のニーズを洗い出した上でLPのコンテンツをブラッシュアップすることをおすすめします。最新のニーズに応え続けることによって、情報鮮度が高くユーザーにとって有益なコンテンツだと評価される可能性が高まります。

質の高い被リンクを増加させる

LPの検索順位を保つためには、質の高い被リンクを増やしていくことも大切な要素です。被リンク(外部サイトから自社サイトへのリンク)は、LPに限らずSEO対策を行う上で非常に重要で、良質な被リンクが増加すると高い評価へつなげることができます。
LPにTwitterやInstagramなどへのシェアボタンを設置する、LPにコンテンツを追加してそれをSNSで発信するなど、質の高い被リンクを地道に増やしていきましょう。

LPの改善におすすめの施策2つ

最後に、より成果の出るLPへと改善するのにおすすめの施策を紹介していきます。

ヒートマップによるユーザー行動分析

ヒートマップとはページ内でのユーザーの行動を可視化させるツールのことです。ユーザーの行動が色づけて表示されるので、「ページ内のどこがよく読まれているのか」「どこをクリックしているのか」などをひと目で把握できます。
「読んで欲しいと思っている部分が読まれているのか」「クリックしてほしいボタンがクリックされているのか」などを確認し、課題点が見えてきたら改善に取り組みましょう。

アクセス解析

LPを改善させるためには、アクセス解析もおすすめの施策です。Google Search Consoleを用いれば「どんなキーワードで流入しているのか」はもちろん、デバイスの割合や特定のキーワードでの検索順位、エラーの有無などもまとめて確認することができます。ユーザーの流入経路を把握し、改善へつなげたい場合に役立つでしょう。

LP制作の費用相場

つづいては、LP制作にかかる費用相場をご紹介します。LP制作にかかる費用は、依頼先によって大きく変動します。

依頼先別・LP制作の費用相場
依頼先 費用相場 メリット
フリーランス
小規模制作会社
10万円以下 低価格で制作できる
フリーランス
中規模制作会社
10万〜30万円 オリジナルデザインでの制作も可能
中小規模の制作会社 30万〜50万円 戦略設計、原稿制作も依頼できる
中小・大手制作会社 50万円以上 競合調査や公開後のサポートにも対応可

LP制作の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

まとめ

この記事では、SEO対策に向いているLPの種類や順位を維持するコツ、おすすめの施策などを紹介してきました。一般的なLPはSEO対策に向いておらず、LPでありながらも複数ページで構成されたサイト一体型LPの方がSEO対策には有利です。しかし、成果を出すためには継続してコンテンツを見直していく必要もある点に注意しましょう。
「社内にLPを制作するリソースがない」「内製でのSEO対策が」という場合は、ホームページ制作会社への依頼を検討してみてもいいかもしれません。また、「アイミツ」ではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
SEO対策も依頼できるホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用【2022最新】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧

ランディングページ(LP)に関連する記事

ランディングページ(LP)に関連する記事一覧を見る