ホームページの制作でリースは危険?分割支払いができる制作会社を選ぶのがおススメ

更新日:2017年04月10日 | 公開日:2017年04月10日

分割支払いができる制作会社を選ぶ

「夢が叶って起業したのでホームページを開設したい!」「新しいビジネス展開のためにホームページをリニューアルさせたい!」。そう考えている人は多いようです。しかし、起業したばかり、新しいビジネス展開をスタートさせたところだと、なにかにつけて資金が必要となります。「ホームページが重要なのはわかっている。けれど、そこに割ける資金があまりない。でも、安いだけで見劣りのするホームページなんかは作りたくない!」あなたもそう考えているのではないでしょうか?

数十万もかかるホームページ制作の費用を一括で支払うのは厳しいけれど、毎月、数万円単位でなら支払いは可能ということはあります。そんなとき、「初期制作費は無料。月々のリース代のみ」という謳い文句のホームページ制作会社が気になるところです。しかし、リースでホームページを制作することにはリスクが伴います。それよりも正規料金を分割で支払う方法がオススメです。

1. ホームページではリース契約はできません

ホームページをリース契約で制作する、というのは、制作費を一括で支払うのではなく、例えば3万円といった、安価なリース代を毎月、決められた期間支払って制作することです。一括で巨額な制作費を支払うことが難しくとも、この方法だと希望通りのホームページを制作することができます。

ただし、リース契約とは目的物を賃貸するものなので、無形のホームページではリース契約はできません。そのため、制作会社はホームページの制作ソフトなどをリース契約するように提案してきます。このとき、悪徳業者だとリース契約を結んだのに肝心のホームページの制作を行わない、というホームページリース商法が問題となっています。

2. リースは解約できません

悪徳業者に対抗するためにクーリングオフ制度というものがあります。しかし、このクーリングオフ制度は個人でないと適用されません。事業者間(個人事業主を含む)の取引では、クーリングオフ制度は有効とはならないのです。そのため一旦、5年なりのリース契約を結ぶと途中解約はできません。

また、リースの契約はホームページ制作会社とではなくリース会社と結ぶことになります。そして、そのリース物件=ホームページの所有権はリース会社が持つことになります。リース契約期間中はもちろん、リース契約が終了してもです。つまり、せっかく作ったホームページであっても他人のモノなのです。

3. 制作費用0円でも、リース月3万円だと5年後には180万円に

リース契約を5年で結ぶと、月に3万円だとして1年で36万円。55年後には180万円になってしまいます。180万円も投資する価値のあるホームページならよいのですが、そうではないことが多く、トラブルも後を絶たないようです。

また、価値のあるホームページであったとしても、5年もその価値は維持できません。いつかは古くなってしまいます。さらに、リニューアルしようとしても、ホームページの所有者はリース会社にあるため、リニューアルできない、という事態となってしまうこともあります。

4. 悪徳業者の被害にあわずに別の方法で安く抑える

もちろん、リースでホームページを制作している会社の総てが悪徳業者だというわけではありません。純粋に一括払いではなく、分割払いにする手段としてクレジットを活用しているホームページ制作会社もあります。

大切なのは、たくさんのホームページ制作会社を検討し、契約の内容を吟味することです。そうすれば、悪徳業者と良心的な業者の判断はできます。

4-1. 分割プラン

分割とは、制作費を数回に分けて支払うことです。たとえば、36万円の制作費なら、月3万、12回払いする、といった支払い方法です。会社独自の分割方法を設定しているところと、クレジット会社を間に入れて契約するところがあります。

また、1回目の支払いがあってから制作をスタートするシステムや、納品してから支払いがスタートするシステムなど、さまざまです。いずれにせよ、所有権や総額、支払い回数、それと利息なども確かめてから契約するのがよいでしょう。

有限会社ステップワン

埼玉を拠点に、中小企業向けにホームページの制作を行っています。支払いは分割が可能です。ただし、 埼玉県内の企業、または紹介であること。 保証人がいること。 会社の謄本を提出すること、などの条件があります。

株式会社アフラット

神奈川に本社が、東京にオフィスがあるホームページ制作会社です。全国から依頼を受けています。支払いは分割が可能です。契約を締結した時点で初月の支払いをすると作業に入ります。それ以後、定期的に支払っていくシステムです。

株式会社チームデルタ

「失敗ばかりのホームページ制作を終わりにする」がポリシーのホームページ制作会社です。支払いは分割が可能です。納品完了後、提携のクレジット会社を介して費用を分割で支払います。支払い回数は、12回、24回、36回、48回、60回が選べます。ただし、分割払いの利用は3か月以内での制作、納品が条件となります。

4-2. クレジット払い

ホームページの制作会社ではありませんが、ホームページやアプリの制作に特化したクレジット会社もあります。ホームページ制作会社も加盟しなければいけないのですが、独自の分割方法やクレジット払いに対応していないけれど、「どうしても、この制作会社に依頼したい」という場合には、このようなクレジット会社を利用することをホームページ制作会社に相談するのがよいかもしれません。

ビズパレットクレジット


ビズパレットクレジットは、ホームページやアプリの制作費用の支払い方法に「分割払い」を実現する、ビジネスクレジットの取り扱いパートナー制度です。つまり、ホームページを作りたい会社とホームページ制作会社の間に入り、制作会社には一括で支払い、ホームページを制作したい会社には分割での支払いを可能としています。

しかも、GMOインターネット株式会社が運営しているので安心です。この、ビズパレットクレジットを活用している制作会社から選んで依頼することも検討してみてはいかがでしょうか?

【まとめ】ホームページ制作会社とは契約内容を確認すること

希望通りのホームページを制作するには、どうしてもそれなりの費用がかかってしまいます。リースにして安く制作したいという気持ちはとてもよく分かりますが、そこにはデメリットもあり、悪徳業者もいることは理解しておきましょう。しかし、だからといってホームページ制作会社がすべて、悪徳業者ではありません。分割支払いに対応してくれるホームページ制作会社もあります。希望に叶ったホームページを制作するには、制作会社と契約内容を確認しておくことが重要となります。

ホームページの制作会社はさまざまあります。「月々の支払いで制作したい。けれど、希望する内容にマッチする制作会社がわからない」といった場合はぜひ、日本最大級の業者比較サイト 「アイミツ」にご相談ください。 「アイミツ」ではご希望のサービス内容に応じて、もっとも適したホームページリニューアル会社を無料でご紹介させていただきます。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ