無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年4月5日
更新日:2022年4月5日

LP(ランディングページ)とは?制作するメリットや広告の作り方を解説【2022年最新版】

「LP(ランディングページ)制作を依頼できる会社を探し中だが、実はその他のWebサイトと何が違うのがわからない」「LPを制作するかどうか検討中だが、そもそもLPとはどのようなものなのかイマイチわかっていない」という方も多いのではないでしょうか。そこでこの記事では、LPを制作することの目的や制作方法、作ることによって生じるメリット・デメリットなどをまとめて解説していきます。LP制作でお悩み中の方はぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
LP制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にLP制作に強いホームページ制作会社をお探しいただけます。
LP制作の費用・相場
LP制作を依頼できるホームページ制作会社一覧

LPとは?意味と目的

はじめに、LPとは何なのか意味や目的を確認していきましょう。本記事のタイトルや冒頭でも触れている通り、LPとはランディングページのこと。広義では、Webサイトにユーザーが訪問する際に一番最初に着地する(閲覧する)ページのことを指しており、Google Analyticsにあるランディングページはこの意味を表しています。
しかし、LPにはより狭い使われ方も。ユーザーからの購買や問い合わせ、申し込みなどのアクションを誘導することを目的に、商品やサービスについて1ページにまとめてアピールしているものも同じくLP(ランディングページ)と呼びます。本記事では、後者のユーザーからのCVを誘導することを目的としたLPについて解説していきます。

LPの特徴

それでは、LPはどのような特徴のあるWebページなのかを改めて確認していきましょう。

・縦長1ページ
先にも軽く触れている通り、LPは1ページに情報がまとめられています。多くの情報を1ページにまとめていることから、縦長なWebページとなっていることが特徴の1つです。縦長のデザインにすることにより、下へスクロールしていくことでセールストークに近い強い訴求力を持たせることができます。
・目を引くデザインでCVを誘導
思わずお問い合わせや申し込みなどといったアクションをとってしまうように、わかりやすいキャッチコピーを目立つように配置。また、CVパーツも大きく目に入りやすいようにするなど、目を引くデザインが施されている点も特徴の1つです。
・商品やサービスの紹介がメイン
LPは商品やサービスの紹介とそれらへのお問い合わせや購買、申し込みなどを誘導することを目的としたWebページです。自社サイトや関連商品などのリンクも設置せず、商品やサービスへのCVパーツのみ設置し、ユーザーが迷うことなくアクションするよう設計されています。

ランディングページとホームページの違い

「商品やサービスについて宣伝するのが目的なら、ホームページとあまり変わらないのでは?」と思う人もいるかもしれません。しかし、LP(ランディングページ)とホームページとではその特徴が大きく異なります。そもそもホームページは、商品やサービスについて紹介することがあっても、それだけのコンテンツにはなり得ません。より幅広い情報をユーザーに提供することが目的としてあるため、商品やサービスに関連するリンクや他のページメニューも用意されています。
しかしLPは、幅広い情報を提供することではなく、商品やサービスについての情報を提供して買ってもらうこと・問い合わせてもらうことなどといった具体的なアクションに重きを置いています。内容としては商品やサービスに関する説明に特化していると言っていいでしょう。

LP広告のメリットと必要性

LPがどのような目的・役割を持ったWebページなのかわかったところで、LPを制作するメリットを確認していきましょう。LPを制作するべきなのかどうか迷っているという場合は、以下の3つのメリットを参考にしてみてください。

リスティング広告と相性が良い

リスティング広告とは、検索サイトでキーワードを検索した際に、そのキーワードに連動して表示される広告のことを言います。検索連動型広告とも呼ばれ検索サイトの上部などに表示され、検索キーワードに関心のあるユーザーにアプローチが可能です。
LPは、このリスティング広告と非常に相性のいいWebページとして活用されています。リスティング広告がユーザーにクリックされた際、遷移先として多く活用されているのがLP。LPは、商品やサービスについて1ページにまとめて伝えているため、必要な情報をわざわざ探すことなく、すぐに商品やサービスの情報に到達可能。Webページ遷移後の離脱も防ぐことができるからです。
加えて、LPは他のWebページよりもスピーディかつ低価格で制作することができます。複数のLPを用意し、リスティング広告ごとに運用したり、どのLPがCVRが高いのかといったテストを行うこともできるでしょう。

伝えたい順番で情報を伝えられる

伝えたい順番で情報を伝えられるということも、LPの他にはないメリットです。ホームページでも商品やサービスについて情報を掲載することはできますが、ユーザーはこちらが思い描いている通りにページ内を移動してくれるとは限りません。そもそもどのページから流入するのかもわからず、どのページへと移動していくのかも完全にユーザーの自由です。ユーザーはWebページ内を自由に移動するため、本当は1→2→3という順番で読んでもらいたいコンテンツも、流入したページや移動するページによって2→1→3になることも3→1→2になることもあり得ます。その場合、こちらが設計している通りのシナリオではないため、「知りたい情報が載っていなかった」とCVに至らない可能性もあるでしょう。
しかしLPの場合、縦長の1ページにユーザーの知りたいであろう情報がまとまっているため、ユーザーは下へとスクロールするしかありません。そのため、情報を伝えたい流れのまま伝えることが可能で、CVへとスムーズにつなげることができます。

無駄なページ移動がない

CVRを下げてしまうような無駄なページ移動がないという点もLPの大きなメリットです。一般的なホームページの場合、幅広い情報を提供することが目的とされているため、ホームページ内にはさまざまな内部リンクやサイドバーメニュー、バナーボタンなどが設置されています。ユーザーは、Webページを閲覧しながらさまざまな違うページへ移動していくことが求められているのです。
しかし、ユーザーはこちらが思い描く通りに読み進め、着地(CV)してくれるわけではありません。思っていない無駄なページ移動を繰り返していく中で、結局離脱してしまう可能性も低くないでしょう。基本的には、1回のページ移動のうち3割は離脱してしまうと言われています。しかしLPであれば、縦長1ページしかないためページ移動も起こり得ません。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

LP広告のデメリット

ここまでLPを制作するメリットについて紹介してきましたが、LP制作にはメリットだけでなくデメリットも存在します。ここからは、LPを制作することによってどのようなデメリットがあるのか紹介していくので、LP制作を検討中の方は以下の3点に注意しておきましょう。

SEO(検索エンジン最適化)対策には不向き

LPは、そのページの構成上リスティング広告やその他Web広告との相性はいい一方で、SEO対策に強いわけではありません。LPは、ユーザーにとって思わず目を引くデザインに設計するために、一般的なWebページと比べてテキストよりも画像やイラストなどの割合が高くなっています。また、リンク先も商品やサービスの申し込み・購買につながるリンクしか設置されていません。そのためSEO的観点から見ると、コンテンツが不十分で内部リンクも少ない低レベルのWebページと見なされてしまうのです。「LPには自社商品に関する情報がまとめて掲載されているから、このページを検索エンジンで上位に表示させればCV数もアップするだろう」と考える方は少なくないかもしれませんが、LPで上位表示化を狙うのはなかなか厳しいと把握しておきましょう。

直帰率が高くなる

直帰率とは、ユーザーがはじめにアクセスしたWebページしか見ないで離脱してしまった割合を指すもの。直帰率が高いということは、ユーザーのニーズを捉え切れていない、満足させることができていないことを表します。LPは、商品やサービスのお問い合わせ・申し込みなどにつながるリンク以外は極力設置されていないため、Webページ内で回遊することができません。つまり、コンバージョンに至るか、下へとスクロールしていく途中で離脱してしまうかの2択です。LPは縦長1ページしか用意されていないため、コンバージョンに至らなければ自ずと直帰率は上がっていってしまいます。直帰率を下げるためには、ファーストビューで訴求する、思わず下までスクロールしてしまうようなシナリオ設計を心がけるなどの対応が必要でしょう。

制作コストがかかる

自社でLP用の画像作成やWebページ作成を行えるリソースが揃っていないという場合には、LP制作に強い会社に外注するしかありません。LPは、一般的なホームページやECサイトなどに比べれば制作コストを抑えることはできますが、プロの制作会社に依頼するとなると料金はさまざま。数万円で制作できることもあれば、依頼する会社や内容によっては50万円以上かかってもおかしくありません。また、LPを制作した際の費用だけでなく、継続した運用や効果測定、結果に基づく改善にも費用がかります。もしもこれらもホームページ制作会社に外注した場合には、定期的にランニングコストも発生することをふまえておきましょう。

LPの主な構成要素

LPは縦長1ページにまとめられたCVへの誘導を目的としているWebページであることはわかりましたが、それではLPはどのような構成要素で成り立っているのでしょうか。
ファーストビュー・ボディ・クロージングの3つの要素に注目して、その内容をチェックしていきましょう。

LP ランディングページ 構成要素

ファーストビュー

ファーストビューとは、LPの最上部に位置し、スクロールせずとも一番初めに目に入る部分のこと。ファーストビューを見てからたったの3秒で止まるか離脱するかは判断されていると言われているため、第一印象で「このページは有益である」とわかる内容にしなければなりません。
ファーストビューには、ユーザーの求めている情報がここにあることを伝えるために、わかりやすい画像やイラスト、目を引くキャッチコピーなどを配置します。例えば育毛剤に関するお問い合わせや注文を目的としたLPである場合には、まずファーストビューで育毛に成功した人の写真やイラストなどを目立つ位置に配置しましょう。そのサイドに効果を端的に伝えたキャッチコピーを添えることによって、思わずそそのまま読み進めてしまうような作りになるはずです。

ボディ

ボディは、ファーストビューでユーザーに伝えたことを、より深掘りして伝えていくような説明のための要素です。ここで重要なのが、ただ単に商品やサービスについて細かく説明するわけではないということ。まずはユーザーの悩みに共感し、その悩みを解決するためにはこの商品・サービスが必要だという流れにすることが大切です。
例えば育毛剤のLPの場合、髪の毛に関するよくあるお悩みをイラストや画像などとともに紹介し、その後にこの商品を使えばそのお悩みも解決できるという流れに持っていきます。その際、ただ効果があるとアピールするのではなく、その効果が得られる具体的な理由・根拠、その効果を得られる確率などといったより具体的で信頼性をプラスする内容を必ず挿入しましょう。

クロージング

最終的にコンバージョンを促す要素として用意する必要があるのが、クロージングです。LPの仕上がりやユーザーによって心境は異なるものですが、ファーストビューやボディを通して商品・サービスに関する説明を行なってきても、ユーザーはまだ「問い合わせするかしないか迷う」、「購入するべきか悩む」と決断に至っていないことが少なくありません。そのため、どうしようか判断しかねているユーザーに対し、今ここで問い合わせる・購入するメリットを紹介する必要があります。例えば今だけの期間限定割引キャンペーンについて紹介する、今なら資料請求で無料のサンプルまでついてくるなど、具体的なメリットを提示しましょう。
また、お問い合わせフォームや購入フォームなどが複雑だと「面倒だからやめよう」と離脱してしまう可能性も生じるため、入力フォームはシンプルでわかりやすく設計することも忘れないでください。

LP広告の作り方

ここからは、LPを制作する方法について紹介していきます。LP制作は、基本的に
1.ペルソナの設計
2.構成決め
3.コンテンツ・デザイン作成
4.開発・コーディング
5.公開・効果測定

上記の5つのステップで進められていくことをふまえた上で、それぞれのステップで何を行うのか確認していきましょう。

①ペルソナの設計

LP制作では、はじめにペルソナ設計から行なっていきます。ターゲットをより深掘りしたペルソナを設計することによって、どのようなLPを制作するべきなのか固めていきましょう。
ペルソナは細かく設計していくことによって効果が見られるため、居住地や年齢、性別のほか、社会人なのか学生なのか、社会人の場合職業は何か、年収はいくら程度か、趣味は何でどのような家族構成かなど、できる限りターゲットを深掘りしておくことをおすすめします。基本的なデータだけでなく、「どのような悩みを抱えているのか」「どのような出来事をきっかけにLPにたどり着くのか」などまで考えましょう。

②構成決め

ペルソナを具体的に設計していくフローが完了したら、LPをどのような構成で設計していくのかを整理しましょう。基本的にLPは、先に述べた通りファーストビュー・ボディ・クロージングの3つの要素で成り立っています。思わず心に刺さるキャッチコピー、ユーザーの悩みに寄り添う共感部分、商品について深掘りする紹介文、さらにはユーザーにとってのメリットを提示するベネフィット部分や、信頼を裏付ける導入実績や口コミ、最終的なコンバージョンを促すアクション部分などが構成としてあげられるでしょう。細かな構成要素に分けて、ユーザーにどのように行動してもらいたいのか、どのような思考の流れでコンバージョンに至ってほしいのかを設計します。

③コンテンツ・デザイン作成

構成要素を決めるところまで完了したら、あらかじめ定めておいたペルソナや構成要素に沿って、どのような画像・イラストを挿入するのか、どのようなテキストを挿入するのかなどといったコンテンツやデザインの作成に入ります。コンテンツやデザインを作成する際には、「自分たちがアピールしたい部分」を盛り込むよりも、「ユーザーのコンバージョンにつながりやすいもの」、「ユーザーが求めているもの」、「ユーザーのメリットとして提示できるもの」などを目立つように盛り込むことが重要でしょう。

④開発・コーディング

LPに掲載するコンテンツやデザインの作成が完了したら、コーディングを進めてWebページとして機能するよう実装していきます。LPのURLを設定するほか、アップロードするサーバーの設定、問い合わせ窓口となるメールアドレスの設定などを行うほか、表示速度に遅延は見られないか、誤作動やページの崩れなどはないか確認が必要です。また、問い合わせに対する返信メールの内容は問題ないかなどまで細かくチェックし、コンバージョンにつながるLPとなっているのかを確認しましょう。

⑤公開・効果測定

さまざまなテストが完了次第LPを公開し、実際に運用をはじめましょう。LPは作って終わりではなく、日々の効果測定、そして結果に基づいた改善が必要です。2パターンのデザインを用意してA/Bテストを行うことも効果的でしょう。ちなみに、このようなLPの改善を目的としたさまざまな業務をLPO(Landing Page Optimization:ランディングページ最適化)と呼びます。もしもLPOを自社で行うリソースがないという場合は、LP制作や運用に強い会社に外注するのもおすすめです。

LP制作時の注意点

ここからは、LPを制作する際にどのようなポイントに注意するべきなのかを確認していきましょう。LP制作時の注意点はいくつかありますが、今回は以下の3点について解説していきます。
・必ずスマホ表示にも対応する
・定期更新できる内容にする
・ユーザー視点にこだわる

LP制作を検討しているという方は要チェックです。

必ずスマホ表示にも対応する

LPを制作する際には、必ずスマートフォンによる表示にも対応させましょう。検索エンジンから流入してくるユーザーのうち、6〜7割はスマートフォンユーザーというデータもあることから、LPを制作する際にはスマホ対応は必須です。もしもPCの表示にしか対応していないデザインの場合、スマートフォンからアクセスがあってもデザインが崩れてしまい、すぐに離脱されてしまいます。流入のうち7割ほどがすぐに離脱してしまったら、CV数・CVRが上がるはずがありません。PCユーザー、スマートフォンユーザーのどちらにも対応し、より多くのコンバージョンを得るためにも、必ずスマホ対応のデザイン(レスポンシブデザイン)でLPを制作しましょう。

定期更新できる内容にする

LPを制作する際には、定期的に更新できるような内容にしておくことも非常に重要です。先にも説明している通り、LPは作って終わりではなく、長期にわたって継続して運用していくもの。そのため、定期的に内容を更新しやすいものにしておかなければ、のちのち運用が難しくなってしまいます。
例えば、商品やサービスの料金に関する説明部分を画像で用意してしまうと、もしも料金の改正があった場合にわざわざ画像ごと差し替えなければなりません。しかしテキストで提示していれば、その部分だけ修正すれば問題ないでしょう。定期的なデザインの改善(LPO)も行いやすいように、デザイナーが更新しやすいページにしておくことが重要です。

ユーザー視点にこだわる

LPを制作する際には、ユーザー視点にこだわることも非常に重要です。LP制作の手順を説明した際にも言及しましたが、LP制作においてはじめに重要となるのがペルソナ設計。どのような人物でどこに住んでいて趣味は何でどんな悩みをどのように解決したいのか……などといったポイントを1つずつ設計していき、どのようなユーザーがこのLPに訪れるのかを固めていかなければなりません。ペルソナ設計が完了したら、どのようなキャッチコピーであれば惹かれるのか、どのようなお問い合わせフォームなら面倒なくお問い合わせできるかなど、そのユーザーの視点に沿ってLPを制作していきましょう。

LPデザイン参考サイトの一例

ここからは、LPを制作する際に参考となるであろうWebサイトを紹介していきます。LPをどのようにデザインするべきかお悩みの際には、以下のWebサイトをチェックしてみましょう。

ランディングページ集めました。

「ランディングページ集めました。」は、その名前の通りさまざまな種類のランディングページが集められているデザイン集サイトです。育毛やパーソナルジム、ファッション・アパレルや健康食品、美容や脱毛、BtoBなどまで幅広いカテゴリーのLPがまとめて掲載されており、自分の見たいカテゴリーだけ確認することもできるのがうれしいポイント。どのようなデザインにすればいいのか迷った際には、非常に参考になるでしょう。

「ランディングページ集めました。」http://lp-web.com/

ランディングページ集めました。のトップ画面
出典: ランディングページ集めました。 http://lp-web.com/

LPの最新デザインまとめ参考サイト|LP アーカイブ

「LPの最新デザインまとめ参考サイト|LP アーカイブ」は、2万9,065件(2022年3月現在)ものLPデザインがまとめて公開されているWebサイトです。LPの基調となっているカラーから探すことができるほか、「かっこいい」、「清潔」、「オーガニック」、「信頼・安心」などといったLPのイメージ、あるいはファッションや健康、美容、インテリアや食品などのカテゴリー別でもLPを検索することができます。すでにどのようなLPにしたいというイメージがある場合には、特に参考になるデザイン集でしょう。

「LPの最新デザインまとめ参考サイト|LP アーカイブ」https://rdlp.jp/lp-archive/

LPの最新デザインまとめ参考サイト|LP アーカイブのトップ画面
出典: LPの最新デザインまとめ参考サイト|LP アーカイブ https://rdlp.jp/lp-archive/

【まとめ】LP制作の相談はホームページ制作会社へ

今回は、LPとは何なのかといった基本的な説明にはじまり、LP制作のメリット・デメリットや制作する方法、LPを制作する際の注意点などをまとめて紹介してきました。LP制作は、リスティング広告をはじめとするWeb広告を展開する場合、特に欠かせないWebページです。訴求力の高いLPを広告からの遷移先に設定することによって、スムーズな流れでコンバージョンへとつなげることができるでしょう。もしもLP制作を依頼するホームページ制作会社選びでお悩みなら、ぜひアイミツにご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
LP制作を依頼できるホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作の費用・相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!