無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月23日
更新日:2022年5月23日

記事LPの書き方│作り方から構成、ポイントまで紹介【2022年最新版】

従来のLPと比べて広告色を抑えやすいことから、近年さまざまな分野で記事LPを導入する企業が増えています。そこで今回はホームページ制作会社などさまざまな外注先を比較検討できる「アイミツ」が、記事LPの基礎知識、一般的なLPとの違い、構成の作り方、書き方のポイントなどを分かりやすく解説します。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ランディングページ(LP)に強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用

記事LPとは

まずは記事LPとはどのようなものか、また具体的なメリットなど、基礎的な知識について解説します。

1-1.記事LPとは

そもそもLPは、「購入や申し込みといった特定の成果へ訪問者を誘導することに特化したページ」を指しますが、記事LPとは読み物型のランディングページです。したがって、外見上はブログや読み物タイプの記事と似通ったフォーマットとなっており、記事とLP、両方の要素を掛け合わせた性質を持っています。

そのため、潜在層のユーザーに対して訴求することで商品・サービスへの興味や関心を自然な形で高めたい場合に用いられるケースが多いLPです。

1-2.LPと記事LPの違い

一般的なLPが商品・サービスの画像やイラストを中心に更新される一方で、記事LPはテキストを多く盛り込み、読み物としてユーザーの共感を得ることを狙いに構築されます。テキストが中心となるため、外見上は広告色を抑えられるのが大きな特徴です。

また、一般的なLPと記事LPでは流入元が異なり、記事LPは読み物である傾向が強いことから、記事サイトやニュースといったコンテンツの中に表示される「ネイティブ広告」を流入元とするケースが多い特徴を持ちます。

1-3.記事LPのメリット

記事LPの主なメリットを以下にまとめました。

・広告感が少ないため、ユーザーの抵抗感が少ない
・読み物としてコンテンツを提供するため、ページの滞在時間を延ばしやすい
・商品やサービスにそれほど高い興味・関心がないユーザーにも自然な形で訴求できる


やはり大きなメリットは、一般的な記事と同じような見た目であるため、広告に対するユーザーの抵抗感や嫌悪感を抑えやすい点です。

1-4.記事LPが増えている背景

一般的なLPは、画像やイラスト、装飾などをフルに用いて商品・サービスを全面的に押し出して訴求するタイプの構成となっています。ところが近年では、こうした広告感の強いが氾濫した影響もあり、広告を踏んでLPにアクセスしたユーザーの一定数は「広告だ」と感じ、反射的に避けてしまう傾向が強まっています。

そのため、広告感を抑え、ユーザーに寄り添って悩みの解決や役立つ情報を届けながら自然な形でアピールできる記事LPが増えています。

LPと記事LPの構成の違い

LPと記事LPの違いをより具体的に把握していただくために、構成という観点から両者の違いを解説します。

2-1.LPの構成

一般的なLPは、大きく分けて以下3部の要素を組み合わせて構成されます。

・トップコピー:訪問者が最初に目にする部分であるため、興味や関心を惹き出す商品・サービスのキャッチコピーなどを配置
・ボディコピー:本文にあたる部分で、商品・サービスに関する説明や強み、実績などを配置
・クロージングコピー:購入や申し込みといったCV(成果)につなげる


また、記載する内容は訴求する商品・サービスに関連した情報が大半を占めている点も大きな特徴です。

2-2.記事LPの構成

記事LPは、読み物としてユーザーの悩みや疑問を解決することが大きなテーマであるため、以下4つの順に構成するのが一般的です。

・悩みや疑問
・原因
・解決策
・商品やサービスの紹介


記載内容の大半が商品やサービスに関連した情報である一般的なLPと異なり、記事LPでは構成の最後で紹介するに留まります。まずは読み物として興味・関心を煽った上で、商品やサービスを紹介することにより、自然な形で受け入れられる流れに持っていく構成となっています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

記事LP作成の流れ

先に記事LPの全体的な構成を紹介しましたが、ここから具体的な記事LP作成の流れを解説します。

ステップ1:ペルソナを設定する

ペルソナとは、「自社が取り扱う商品・サービスのターゲットとなる架空のユーザー像やモデル」を示す言葉です。記事LPは読み物としての傾向が強い性質を持っていますが、あくまでLPの目的である「成果に導く」という点は変わらないので、記事LPを作成する際にはまずターゲットを明確化する必要があります。

ペルソナをなるべくくっきりと設定することで、ターゲットに寄り添ったコンテンツを作成しやすくなり、訴求力も高まります。

ステップ2:アピールの方法を考える

ペルソナが決まると、次は「どのようにアピール(アプローチ)するのがベストなのか」を検討しましょう。まずはペルソナで設定したターゲットのよくある悩みや欲求などを分析し、その上で取り扱う商品・サービスと重ね合わせた上で効果的なアピール方法を絞り込みます。

適切なアピール方法は、ターゲットの興味・関心の強さによって異なるため、分析したニーズにマッチしたストーリーやコンテンツを模索することが大切です。

ステップ3:悩みに合わせて見出しを作成する

記事LPにアクセスしたユーザーの多くは見出しを見て、読む・読まないを判断するため、以下の手順で効果的な見出しを作成しましょう。

①ペルソナが抱えるよくある悩みや疑問を整理する
②整理した悩みや疑問への解決策をまとめる
③まとめた情報をもとに、ユーザー目線に立って興味や関心を惹き出す見出しを作成する


大切なのは、見出しの段階でユーザーの感情に訴えかけることですから、「読みたい」「気になる」と感じさせるタイトルを心がけましょう。

記事LPの書き方

記事LPの書き方でまず注意したいのは、「広告感を抑えながら、読み物して自然に受け入れられる内容に仕上げる」ことです。LPである以上、商品・サービスを訴求したい気持ちは分かりますが、訴求する部分が多すぎると、読み物という記事LPの強みが失われてしまいます。

とはいえ、CVにつなげるのも重要ではあるので、「ターゲットの悩みや疑問に寄り添う→原因を説明→解決策を提示→商品・サービスを紹介」といった自然な流れで商品紹介につなげましょう。

記事LPにおける書き方のポイント

記事LPは、テキストが中心となった構成となるため、「見やすさ・分かりやすさ」を心がけて記事を書くことが大切です。以下にポイントをまとめましたので参考にしてください。

・テキストだけでなく画像やイラスト、図などを挿入する
・商品・サービスのアピールよりもユーザーに価値のあるコンテンツを中心に作成する
・太字や装飾などによりテキストを見やすくする
・具体的な数字を入れることでユーザーの興味、関心を惹き出す

【まとめ】LP制作を成功させるには?

記事LPは広告に対する抵抗が高まっている最近の風潮をクリアできる強みを持っているため、自然な形でユーザーの興味・関心を惹き出したい場合に有効な方法です。とはいえ、記事LP制作のポイントを抑えるには専門的なノウハウや経験が求められる場面も少なくありません。アイミツでは、ご要望を伺った上で、条件に合うLPに強いホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ランディングページ(LP)に強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!