無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年4月1日
更新日:2022年4月1日

ランディングページとは?意味やメリットを解説【2022年最新版】

ランディングページ(LP)という言葉を聞いたことはあるけれど、詳細や導入の仕方まではわからないという方も多いのではないでしょうか。
本記事では、ランディングページに興味のあるに方に向けて、概要からメリットや制作方法まで詳しく解説していきます。ぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
ランディングページにかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。

LP制作(ランディングページ)の費用・相場
ランディングページを依頼できる会社一覧

ランディングページとは?

ランディングページに対して漠然としたイメージはあっても、正確にはよくわからないという方も多いでしょう。まずはじめに、ランディングページの意味について詳しく解説します。

広義のランディングページ

ランディングページ(Landing Page)は、広義の意味ではユーザーがはじめに閲覧するページのことを指します。ユーザーが最初に到着(=Land)したぺージという意味です。たとえば、Web広告や検索エンジンから会社概要のページに直接アクセスした場合は、そのページがランディングページとなります。
Webサイト運営では、ランディングページとなるページを増やすことが大切で、数が多いほどコンバージョンにも有効です。多くのユーザーにランディングページにアクセスしてもらうには、SEO対策を講じて検索上位化を目指す必要があります。

狭義のランディングページ

ランディングページは、狭義では購入や資料請求などを目的に、ユーザーに行動を促すような導線設計となっているページ(LP)のことを指します。一般的にランディングページは狭義の意味で使われることが多く、実際にイメージされるのも縦長の商品購入ページではないでしょうか。
狭義でのランディングページは、1ページでコンバージョンにいたるよう設計されている点に特徴があり、アクションを直接的に促すことから、「Web上の営業マン」だとも呼ばれています。実際、1度ページを構築すれば24時間集客することが可能なため、戦略が成功すれば大きな利益を得られるでしょう。

ランディングページとホームページの違いとは?

ランディングページとホームページは混同されやすいものですが、両者には明確な違いがあります。ホームページは複数のページによって構成されており、ユーザーに情報を提供することを目的としています。会社や商品、サービスについて詳しく情報提供するためのものです。
一方のランディングページは、基本的に1ページ構成で、最終的にはユーザーに「購入」や「問い合わせ」「資料請求」などの行動をとってもらうことを目的に設計されています。ランディングページはターゲットがあらかじめ定められており、コンバージョンを強く意識しているものです。不特定多数に情報提供するためのホームページとはまったくの別物だと言えるでしょう。

ランディングページの基本構成

ここからはランディングページの基本構成について解説します。ランディングページを構成する「ファーストビュー」「ボディ」「クロージング」の3つについて詳しく確認していきましょう。

ファーストビュー

ファーストビューとは、ユーザーが最初に目にするエリアです。ユーザーはサイトの印象をはじめの数秒ほどで判断するため、そのわずかな間に興味を持ってもらわなければなりません。ファーストビューエリアでは、ユーザーにとってのメリットやベネフィットを訴えるような内容にしましょう。人目を惹くデザインにすることも重要です。

ボディ

ボディでは、ファーストビューで提示した内容に対して信頼性を担保しなければなりません。ページのメイン部分だとも言えます。説得力のある根拠を示すことが大事で、データや実績などで裏付けを行いながら、ユーザーが納得できるようアピールしましょう。

クロージング

ボディのあとはクロージングエリアです。ユーザーに納得感を与えたあとは、購入などにつながるアクションを促しましょう。「今行動しないと損をする」という気持ちにさせるのがポイント。「期間限定」「先着10名様」「本日20%オフ」など、すぐに行動したくなるようなきっかけを作り、「購入はこちら」と、成約への導線もしっかりと設計しましょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ランディングページの主な特徴

ランディングページにはいくつかの特徴があり、設計の際はポイントを押さえておくことが大切です。ここからは、ランディングページの主な特徴について解説します。

レイアウトが縦長

ランディングページでは商品やサービス購入を目的としているため、さまざまな情報をユーザーにわかりやすく伝える必要があります。興味関心を惹き、信頼を得た上でアクションを起こしてもらうには、必然的にコンテンツ量が多くなるでしょう。
情報量が多い場合、一般的にはページを分けますが、ページを分けると離脱率が高くなるため、コンバージョン重視のランディンページでは1ページ構成になっているというわけです。縦長にすることで流れるように読んでもらえるため、成約までスムーズにつなげられます。

CTA以外のリンクが少ない

CTAとは「Call To Action」の略語で、日本語では行動喚起と訳されます。CTAの具体的な文言としては「資料請求はこちら」「購入する」「申し込みをする」などで、実際にランディングページでこうした文言が書かれたリンクボタンを見たことのある人も多いでしょう。
ランディングページに設置されるリンクは、基本的にCTA以外にはありません。ユーザーに商品やサービスを購入してもらうことを目的としているため、その他のページへ移動する可能性をなくすことが重要です。ユーザーが狙った行動をとるよう、確実にコンバージョンにいたる導線を作る必要があります。

自由にデザイン設計ができる

ランディングページは、自由にデザイン設計できるのもポイントです。これまで述べてきたように、ランディングページの目的は商品やサービスの購入につなげること。通常、Webサイトではサイト回遊率を上げるために、ページとページをつなぐ設計が必要です。必要な情報にアクセスできるよう、サイドメニューやグローバルメニューなどを設置する必要もあります。
しかし、ランディングページでは回遊させないことが重要であるため、メニューバーなどは不要です。それだけスペースも増えるため、自由にデザインができるのです。一般的なWebサイトでは難しいインパクトのあるデザインも採用できます。

ランディングページを制作するメリットとは

ランディングページには、Webサイトにはないメリットがあります。実際に導入したらどのような変化があるのかを、ここからは説明していきましょう。

訴求力が高くコンバージョンにつながりやすい

ランディングページは一般的なサイトに比べて、訴求力が高くコンバージョンにつながりやすいです。デザインの自由度も高いため、写真や動画のレイアウトも柔軟。写真や動画のあるサイトは、一般的に文字だけのサイトよりも記憶に残りやすいと言われています。ランディングページは自由かつ大胆なデザインが可能なため、工夫次第で高い効果を出すことが可能です。
また、Webサイトで成果を上げるには、ユーザーの行動を促すために情報を網羅することも大切。ランディングページは縦長で読みやすく、情報量も豊富に盛り込めるため、ユーザーのアクションにつながりやすいと言えるでしょう。

ユーザーの離脱率が低い

ユーザーの離脱率が低い点も、ランディングページのメリットです。一般的なWebページではサイト回遊率を上げるために、わざわざ情報をあちこちのぺージにちりばめます。サイト全体の評価を高めるために、できるだけほかのページにも行くよう誘導しなければならないからです。
しかし、ほかのページへ移動する際には、約30%のユーザーがサイトから離脱すると言われています。ランディングページはコンバージョンにいたることを目的としているため、CTA以外のリンクは基本的に入れません。ほかのページに遷移する余地を作らないため、必然的に離脱率は低くなります。流れるようにCTAまで誘導できるのは大きな利点でしょう。

情報を適切な順序で伝えられる

ユーザーが商品を購入する行動モデルの1つに「AIDMA(アイドマ)」があります。AIDMAはAttention(認知・注意)、Interest(興味・関心)、Desire(欲求)、Memory(記憶)、Action(行動)の略語ですが、ランディングページは設計の自由度が高いため、AIDMAどおりのサイト設計をしやすい点もメリット。
一般的なホームページでは、AIDMAの様な行動モデルを適用するのは難しく、狙った順番で情報を読んでもらえる可能性は低いです。それに比べ、ランディングページは縦長のレイアウトで掲載できる情報量も多いため、読んでほしい順序で情報を入れることができます。

ランディングページを制作するデメリットとは

ランディングページには多くのメリットがありますが、いくつかのデメリットもあります。事前にデメリットも含めて理解しておきましょう。

制作自体に手間や費用がかかる

ランディングページは制作自体に手間や費用がかかります。そもそもWebページを作るには、コーディングの知識やデザインソフトを扱う技術が必要。加えて、効果を出すにはマーケティングの知見も求められます。
また、たとえ経験や知識・技術があっても、制作には時間も労力もかかるため、場合によっては本業に支障が出ることもあるかもしれません。
外注するとなると当然費用がかかりますが、ランディングページの内容や規模によって金額は変わってきます。一般的な相場としては10万円以上です。制作期間については1ヵ月以上かかることもあるため、外注する際は予算と時間の両方を確保しなければなりません。

ユーザーの直帰率が高い

ランディングページはCTA以外のリンクがないため、ユーザーの直帰率が高いです。最初に見たページからほかのページに遷移することなく、サイトそのものを離脱します。
CTA以外のリンクがないのは、商品やサービス購入につなげるためですが、必然的にユーザーの直帰率が高くなってしまうのはデメリットだと言えるでしょう。コンバージョンを効率よく得るためには仕方がないことですが、直帰率が高いとユーザー満足度が低いサイトとして検索エンジンに評価される恐れがあります。上位化が難しい場合は、広告出稿も検討してみましょう。

SEO対策の面で弱い

ランディングページは、SEO対策には弱いというデメリットもあります。SEO対策とは、検索エンジンで上位表示されるためにサイトを最適化すること。検索エンジンの評価基準にはコンテンツ量も含まれていますが、ランディングページでは訴求力を高めるために画像を多く、文字数を少なくするという傾向があります。そのため、検索エンジンからの評価は受けにくいと言えるでしょう。
ランディングページでは強いインパクトを演出できますが、検索エンジンに評価されないとなると、上位表示は難しくターゲットまで届かない可能性もあります。少ないコンテンツ量でもページ上部に表示させるには、リスティング広告など別の手法を採用する必要もあるでしょう。

ランディングページ制作に力を入れるべき理由とは?

ランディングページ制作にはメリットもデメリットもありますが、ユーザーの購買意欲を高めることにかけては一般のサイトとは比較にならないほど優位性があります。そのため、ECで売り上げを向上させたい場合は、基本的に制作に力を入れるべきです。以下では、ランディングページの構成について解説します。

STEP1.ランディングページを制作する目的やペルソナの設定

ランディングページ制作でまず取り組むべきは、制作の目的を明確にした上で、ペルソナを設定することです。制作目的がはっきりすれば、ユーザーに対して促したい行動も明確になります。サイト設計のベースとなる部分でもあるため、よく検討しましょう。
また、ペルソナはできる限り細かく設定するのがポイントです。どんな悩みがあるのか、何を求めてランディングページを訪問するのかなど、属性以外の内的な動機についても考えましょう。キャッチコピーやデザイン決めでも重要なポイントとなります。

STEP2.ランディングページの構成を決定する

目的とペルソナが定まったら、次はランディングページの構成を決めていきます。構成を決める際は「どのように伝えればユーザーがアクションを起こしてくれるのか」という視点を軸にしましょう。
一般的にランディングページを作る際は、「キャッチコピー領域」「共感」「サービス提示」「中間CV」「導入実績」「アクション」という7つのワイヤーフレームを活用します。この順番でランディングページを構成をすると、訴求力の高いページを作成することが可能です。

STEP3.デザインを制作する

ランディングページの構成が決まった次は、デザイン制作です。デザインはランディングページの重要な要素であり、決める際にはペルソナの立場になって考える必要があります。なぜなら、年齢や性別、属性などによってデザインの好みが変わるからです。ペルソナを念頭に置きながらフォントや文字色、文字サイズなどを決めていきます。
写真や動画、背景なども工夫するようにしましょう。常に「情報は伝わりやすいか」「デザインは魅力的か」と客観的な視点をもとにデザインを考案するように意識してください。

STEP4.開発・コーディングをする

ランディングページのデザインが決まったらいよいよ開発・コーディングです。HTML、CSS、JavaScriptなどのプログラミング知識がない場合はエンジニアやコーダーに外注しましょう。
また、ページができたらすぐには公開せず、誤作動しないか、表示スピードは適しているのかなどをしっかりと確認します。問題があれば修正し、効果が正しく発揮されることが分かった段階で公開するようにしましょう。

ランディングページ制作の費用目安

ランディングページは、自社で制作する方法と外注する方法の2通りあります。もし社内にリソースがない場合は、無理せず外注するのが得策でしょう。以下では自社制作と外注それぞれの費用相場について解説します。

自社で制作する場合

ランディングページを自社で制作するのは不可能ではありません。しかし、訴求力の高いランディングページを作るには膨大な専門知識や技術だけでなく、制作時間も必要です。これらをいちから学んだ上で制作を進めるのは現実的ではありません。仮にできたとしても、競合に勝るほどのクオリティまで仕上げるのは難しいでしょう。
ただしコスト面から見ると、余力があればもっとも低コストでランディングページを制作できるのはやはり自社制作。無料で活用できるツールも数多くあるため、コストをかける余裕がない場合は利用してみるのもよいでしょう。

フリーランスのデザイナーに依頼する場合

ランディングページの外注費用は内容によって金額が変わりますが、制作費用を抑えたい場合は、フリーランスへの依頼もおすすめです。フリーランスのデザイナーに依頼する場合、相場は簡単なものなら10万円以下、多少凝ったデザインや構成案まで依頼する場合は10~30万円程度となります。
クラウドソーシングサービスなら登録者も多いため、予算の範囲でマッチする人材を見つけやすいでしょう。しかし、フリーランスに依頼する場合は、戦略設定や公開後のサポートには期待できないケースが大半です。

ランディングページ制作会社に依頼する場合

ランディングページの質にこだわりたい場合は、やはり専門の制作会社に依頼するのがベストです。ランディングページ制作を専門とする会社に依頼すれば、商品やサービスに沿った最適なデザインを実現することができます。高い効果にも期待できるでしょう。
費用は、制作会社の規模によって相場が変わります。中小規模の制作会社に依頼する場合は30万円~60万円、大手に依頼するなら60万円以上は想定しておきましょう。
また、依頼範囲によっても費用は変わります。見積もりがアバウトだと、あとになって別の費用が発生する恐れもあるため要注意です。外注する際はどこまで依頼するのか、業務範囲を明確にした上で、合計費用がどの程度かかるのかを事前に確認するようにしましょう。

ランディングページの費用対効果を高めるために必要なこととは

ランディングページを外注する際に気にかかるのが費用面ですが、大切なのは費用対効果を高めることです。以下ではランディングページの費用対効果を高めるために必要なことについて解説します。

スマートフォンでの閲覧に対応したランディングページを制作する

ランディングページの費用対効果を高めるには、スマートフォンでの閲覧に対応したデザインにすることが必要。とくに若年層はパソコンよりもスマートフォンを利用するため、若年層向けの商品やサービスを訴求したい場合にはスマホ対応が欠かせません。流入数が増えるほどコンバージョン率も上がるため、必ず対策を行うようにしましょう。
また、SEO対策の一環としても、スマートフォン対応は重要です。なぜなら、Googleはユーザー満足度の高いサイトを評価するため。近年増加しているスマホユーザーの満足度を高める対策を行うことで、サイトの評価も上がります。

ユーザー視点を意識する

ランディングページではユーザー視点を意識することも大切です。商品やサービスを宣伝する際、自社が伝えたい内容ばかりを盛り込んでしまうと、ユーザーニーズからは離れてしまいます。そのため、ランディングページでは自社が伝えたい内容と同時に、ユーザーが求めている情報も掲載しなければなりません。
冒頭のキャッチコピーでユーザーを惹き付けたあとは、ユーザーにとってのベネフィットについて伝えましょう。自分の役に立つことは、購入への強い動機付けとなるため、商品の訴求よりもベネフィットを強調するのがポイントです。
また、入力フォームの最適化も重要。郵便番号から住所検索をサポートする、必須項目と任意項目を作るなど、ユーザーに面倒くささを感じさせない工夫をしましょう。手間を省くことはコンバージョンにもつながります。

ツールを活用しながら都度改善を行う

ランディングページは制作して終わりではなく、公開後からが本番です。継続的に成果を上げ続けるにはツールを活用して都度改善を行うことが大切です。ぺージ改善に活用できるものとしては、「Google Analytics」や「ヒートマップ」などがあります。
Google Analyticsは、Googleが提供する無料のアクセス解析ツールで、ヒートマップはWebサイト上でのユーザーの動きを色で視覚的に表示できるツールです。ヒートマップでは、マウスの動きやクリック箇所、離脱箇所などがわかります。これらのツールを活用しながらユーザーの行動を解析し、問題個所については改善を行いましょう。ただし、更新頻度が多いとリスクも高くなるため要注意です。更新の際には分析を重ね、確度の高い仮説を得てから、適切なタイミングで行うようにしてください。

ランディングページを制作する際に注意すべきこと

最後に、ランディングページ制作の注意点についてお伝えします。これまでの内容を踏まえながら、制作の参考になさってください。

外注する場合は自社で更新できる仕様にしてもらう

前述したように、ランディングページで成果を出すには改善を重ねることが重要です。そのため、ランディングページの制作を外注する場合も、公開後の運用方法について考慮する必要があります。自社で運用する場合は、社内で更新できるような仕様にしてもらいましょう。
また、自力で運用するなら専門知識は欠かせません。ランディングページの運用に関する情報は簡単に得られますが、知識を身に付けた上で的確に用いるにはやはり本腰を入れて取り組む必要があるでしょう。公開後の運用リソースについて検討した上で、手が回らない場合は制作から運用までワンストップで依頼できる制作会社に外注することをおすすめします。

法律を順守する

ランディングページ制作では、法律の遵守にも気をつけなければなりません。とくに健康や美容などに関するコンテンツでは、表現によって景品表示法や薬機法に抵触するリスクがあるため要注意。企業のコーポレートサイトなどでは気を付けていても、ランディングページはクローズドページとして運用されることが多く、規制への認識が甘くなってしまうことがあります。
自社対応する場合は、法律面を再確認するよう注意してください。これらの注意点について理解が深い専門家の力をなるべく借りた方が良いでしょう。実績が豊富なランディングページ制作会社なら、ノウハウもしっかりしているため安心です。

まとめ:ランディングページとは何かを把握して制作・運用を検討しよう

ランディングページに関する特集は以上です。ECで成果を上げたい場合は、購入に直結するランディングページにも力を入れるべきでしょう。とはいえ、ランディングページを作るには知見が必要で、専門家不在で内製化するのは簡単ではありません。

その点、プロに外注すれば訴求力の高いランディングページを制作してもらえます。法律遵守の面から考えても、専門会社への依頼が安心です。アイミツでは実績豊富なホームーページ制作会社を多数ご紹介できるため、ランディングページ制作にお悩みの方は、ぜひお気軽にアイミツまでお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ランディングページを依頼できる会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)の費用・相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!