無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年6月30日

サイト運用とは?目的や注意したいポイントを解説【2022年最新版】

サイトは制作・公開するだけでは意味がなく、適切に運用してはじめて価値を生み出すものです。しかし、中には「サイト運用のノウハウがなく、公開したままになっている」という会社も多いのではないでしょうか。
そこで本記事では、サイト運用の概要や目的にくわえて、主な業務や外注時に注意すべきポイントについて解説していきます。ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
ホームページ管理にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ホームページ管理費の内訳と運用代行の相場を丁寧に解説【2022年最新版】
サイト運用を依頼できるホームページ制作会社一覧

サイト運用とは

サイト運用とは、自社の保有するWebサイトを通じて目的達成に近づけるための行為を指すものです。サイトはただ公開するだけでは意味がなく、ユーザーからのアクセス獲得やサイト経由での受注、求人への応募、問い合わせなどが生まれてはじめて価値を持つと言えます。
サイト運用ではユーザー向けの「顧客接点施策」と、より安全なWebサイト運用を叶えるための「メンテナンス」が行われるのが一般的です。 

サイト運用を行う目的

Webサイトはインターネット上のパンフレットのようなものです。印刷されたパンフレットが置かれているだけではなんの成果も生み出さないのと同様に、Webサイトもただ制作・公開しただけでは効果は発揮できません。ターゲットとなる顧客向けに最新情報を発信したり、サイト経由で受注が生まれたりした時にはじめて意味を持つのです。
サイト運用はWebサイトの品質向上を図るとともに、顧客との設定という役割も担っています。適切にサイト運用が行われていれば多くのアクセスを集められるのはもちろん、受注や問い合わせといったコンバージョンの増加にも期待ができます。  

サイト運用で行う5つのこと

ここからは、サイト運用で行われている5つの業務について詳しく解説していきます。

コンテンツ制作・更新

Webサイトに掲載するサービス紹介やコラムなどのコンテンツ制作・更新を行います。特にサービス紹介ページには、概要だけでなく品番や価格といった情報を記載することとなるため、変更があった際には速やかに修正しましょう。
検索エンジン経由でのアクセス獲得を目指すなら、新たなコラムの定期的な更新や、過去に公開したコンテンツの刷新を図るとSEO対策につながります。新たなコンテンツを組み込む際には準備に時間を要するため、計画的に進めることが大切です。

Webサイトの分析・改善

Webサイトに関するデータを分析し、その結果をもとに改善を行います。Webサイトの分析に用いられる主な項目は、以下のとおりです。
・アクセス数
・ユーザー数
・直帰率
・滞在時間
・コンバージョン数
・1ユーザーあたりのページ閲覧数

ランディングページ(LP)を運用する場合は、滞在時間だけでなくスクロール率も確認していきます。得られたデータと目標とする数値を照らし合わせながら、目標達成に向けた改善策を検討・実行しましょう。

問い合わせ対応

問い合わせ対応も、サイト運用における重要な要素の1つです。サイトによっては問い合わせの量が膨大になることもあるので、場合によっては増員やマニュアル作成を行うとよいでしょう。
また、商品・サービスの購入に関する問い合わせは、対応の質やスピード感が成約の可否を左右する可能性もあるため、サイトに問い合わせ機能を追加する際や、問い合わせ機能を持つサイトを新たに制作する際には事前に対応フローを整備しておくことが大切です。

トラブル対応

トラブル対応では、サーバーダウンやハッキングによるサイト乗っ取り、情報の書き換えといった「ユーザーが正しい情報にアクセスできない状況」への対処を行います。これらの事象はユーザーに不信感を抱かせてしまうだけでなく、機会損失につながることもあるので慎重な対応が求められます。
トラブル対応は丁寧に対応することで解決できるものもあれば、専門性を要するものもあります。セキュリティや購入に関するトラブルに関しては、ノウハウや経験が豊富な担当者を配置するといった事前対策も重要です。  

サーバーやドメインなどの管理

Webサイト運用には、ドメインとサーバーが必要不可欠です。サーバーは頻繁にアップデートが行われるため、場合によっては手動での作業が必要になることも。また、多くのWebサイト制作に活用されているCMS(コンテンツマネジメントシステム)が更新されれば、都度推奨環境に合わせて設定しなければなりません。
なお、サーバーやドメイン、システム関連の管理・メンテナンスには一定の知識が求められるため、経験者を担当として配置するのが望ましいでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

サイト運用を外注する際に注意すべきポイント

社内でのサイト運用が難しい場合には、ホームページ制作会社への外注もいち手段です。ここからは、外注する際の注意点を解説していきます。

業務内容と頻度を整理する

サイト運用を外注する際には、発注先との間で「どの程度の頻度で・どんな業務を行なうのか」を明確にしておくことが大切です。以下のような項目を取り決めておくことで、確実なサービスを受けられるでしょう。
・新たな記事を週に1本掲載する
・週に3時間リライトを行うとともにレポートを提出する
・問い合わせがあった場合には3時間以内に返信する

詳細は両社間で細かにすり合わせながら、お互いにとって現実的な内容にすることで「こんなはずじゃなかった」といったトラブルも防げるはずです。

相場を把握した上で見積もりを取る

サイト運用を外注する際の費用はサイトの規模や依頼する業務の範囲、内容などによって変動しますが、費用の目安は頭に入れておくべきでしょう。
コンテンツ制作のみ:月額10万円〜
サイトの管理運用・コンテンツ制作・アクセス分析:月額20万〜30万円
戦略立案・運用・分析・メンテナンス対応など:月額50万円〜

しかし、これらはあくまでも目安であるため、実際にサイト運用を外注する場合は複数の会社から見積もりを取り、サービス内容や金額を比較しながら依頼先を選ぶことをおすすめします。

まとめ

本記事では、サイト運用で行われる一般的な業務の概要とあわせて、サイト運用を外注する際のポイントを解説してきました。Webサイトは効果的に運用してはじめて価値を持つ一方で、適切な運用には一定の知識や経験が必要とされるものです。社内にサイト運用の知見・ノウハウやリソースが不足しているという場合は、サイト運用のプロであるホームページ制作会社への外注が得策でしょう。
「アイミツ」ではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
サイト運用を依頼できるホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ管理費の内訳と運用代行の相場を丁寧に解説【2022年最新版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!