無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月24日

中国ECサイト市場の急成長の理由│売上ランキングも紹介【2022年最新版】

EC事業に取り組む会社の中には、越境ECで成功を納めている会社も増えています。中でも14億人を超える人口を擁する中国市場は魅力的なことから、「興味がある」という方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、中国のECサイト市場の急成長の背景や代表的な中国ECサイト、越境ECの注意点などをまとめて紹介します。越境ECを検討している方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
ECサイト制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】
ECサイト制作を依頼できるホームページ制作会社一覧

日本企業が注目する中国のEC市場

拡大を続ける中国EC市場は2021年に前年比21%もの成長が予測されており、今後もさらに規模が増していくと考えられます。 独立行政法人日本貿易振興機構(JETRO)の調査によると、日本企業における越境ECの販売先は中国がトップで、販売戦略上で重要な位置付けとなっていることがうかがい知れます。
2020年からの新型コロナウイルスの感染拡大によって、消費活動に変化が生まれたことも中国EC市場の成長に拍車をかけたと言えるでしょう。

中国EC市場が爆発的成長を続けている理由

中国のEC市場が拡大を続けているのには、どんな背景があるのでしょうか。ここからは、その理由を解説していきます。

キャッシュレス化・インターネットの普及

中国EC市場の成長の要因としてまずあげられるのは、キャッシュレス化の推進とインターネットの普及です。2020年12月時点の中国のインターネット利用者は9億8,000万人以上と、総人口の70%以上を占めています。
そのうちEC利用者は約7億8,200万人で、インターネット利用者のおよそ80%にのぼります。中国ではキャッシュレス決済も急速に浸透しており、今や消費者にとって欠かせない存在です。

中流階級および富裕層の増加

中流階級・富裕層の増加も、中国EC市場の急成長に拍車をかけている理由の1つです。中流階級の資産は2015年時点でアメリカ、日本に注ぐ世界第3位で、その額は7兆米ドル以上。富裕層も増加を続けており、2015年時点で約133万人、超富裕層は1万人に達しています。
中流階級以上の層が増えたことで消費行動にも変化が生まれ、高品質な製品が好まれるようになりました。消費ニーズの多様化に応えられるというのも成長の理由と言えるでしょう。

物流の仕組みの強化

中国EC市場の急成長の裏には、物流の仕組み強化があります。中国のEC大手による物流・配送サービスが発展を遂げており、中には入庫からロケーション管理、出荷、配送まですべて無人化したシステムを構築している会社もあるほどです。
各社の物流ネットワークは中国全土に展開されており、この充実した物流の仕組みが拡大を続けるEC市場のインフラとして機能しています。

大規模なオンラインセール

中国の大手ECサイトは、大規模なオンラインセールの実施によってユーザーの購買意欲の醸成にも成功しています。特に独身の日(11月11日)には大規模なセールが行われるのが恒例となっており、2021年にはアリババと京東(ジンドン)の2社合計の取引額が15兆円以上に。最初にオンラインセールを行ったのはアリババグループで、予想を上回る売上高を記録したことから各社がこぞって大規模な販促イベントを実施するようになりました。

中国ECサイトのランキング

中国には独自の大手ECサイトが複数あり、上位3位が市場を独占しているといっても過言ではない状況です。2019年にはAmazonも中国からの撤退を表明したことから、今後も独自に市場拡大を続けると予想されます。
ここからは、中国の代表的なECサイトを取引額のランキング形式で紹介していきます。

1位:天猫(Tmall)

天猫(Tmall)は、アリババグループが運営するECサイトです。取引額のシェアは55.9%と半数以上を占めており、中国No.1のECサイトと言えます。2019年に越境ECサイト「網易考拉海購(Kaola.com)」を買収し、累計流通額は84兆円にものぼります。
独自の消費者解析サービスを提供しているのが特徴で、マーケティング活動に対するサポートにも定評があります。

2位:京東(JD.com)

京東(JD.com)はAmazon型の仕入れ販売方式のECサイトで、取引額のシェアは16.7%。大規模な物流ネットワークを構築しており、ロジスティクスの無人化・自動化を実現しているのが大きな特徴です。中国全土に展開し、セール期間中であっても90%の直販オーダーを24時間以内に届けられるシステムを完備。物流の強さでは群を抜いた存在で、世界的にも広く知られています。

3位:拼多多(Pinduoduo)

拼多多(Pinduoduo)は、近年急成長を遂げている中国のソーシャルECプラットフォームです。中国国内での取引額のシェアは7.3%で、グルーポンのようなシステムを採用しているのが特徴。食料品から家電製品まで幅広い商品を取り扱っており、ユーザーは共同購入によって低価格で商品を購入することができます。
また、2020年には多数の長期投資家から11億米ドルを調達したことでも注目を集め、今後もさらなる成長が期待されています。

4位:蘇寧易購(Suning)

蘇寧易購(Suning)は、家電量販店を前進とする蘇寧電器が運営するECサイトです。家電分野を強みとしているのが特徴で、中国国内の取引額シェアは2.5%を獲得しています。オンラインと実店舗を融合させたビジネスモデルを展開しており、中国全土に行き渡る物流のスピード感や配送能力の高さも支持を集める要因のようです。

5位:国美在線(Gome)

国美在線(Gome)は国美電気が運営するECサイトで、取引額のシェアは1.3%です。テレビやエアコンなど家電製品に強く、家電製品に限ればシェアはトップクラス。化粧品やアパレルなど家電製品以外の製品も充実しており、リーズナブルな価格帯も支持を受けています。
日本の家電量販店・ビックカメラとの提携によって、日本製品の販売ルートを確立しているのも特徴的なポイントです。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

越境ECを行う際のポイント

越境ECを行うには、ECサイトを多言語にしてユーザビリティの向上に取り組む必要があります。中国には他民族が生活しているため、中国語だけでなくさまざまな言語への対応が求められます。
また、中国のターゲットのニーズを深掘りすることも重要です。中国向けにEC事業を展開するのなら、現地での事前調査をしっかりと行いましょう。現地で普及している決済方法を調査した上で導入するなど、中国のユーザーが安心して商品を購入できる環境を構築することも大切です。

まとめ

インターネットの普及や中流階級・富裕層の増加などさまざまな要因により、中国のEC市場は今後も拡大を続けると予想されています。中国向けに越境ECを行うなら中国のECサイトを活用するのが1番ですが、人脈やノウハウのないゼロの段階からはじめるには大きな負担が生まれるのも事実です。
「アイミツ」ではご要望を伺った上で、越境ECに関する知見・ノウハウを持つホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ECサイト制作を依頼できるホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ECサイト制作の平均費用と料金相場|注意点も解説【2022年最新版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!