無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年3月22日

LP(ランディングページ)のメリットやポイント【2022年最新版】

リスティング広告の配信、ソーシャルメディア広告の出稿といったデジタルマーケティングに取り組む上で欠かせないのがLP(ランディングページ)です。

今回はさまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、ランディングページの役割を整理しつつ、通常のWebページと比べた際のメリットやLP制作の際の注意点をご紹介します。オンラインでの売り上げをアップさせたい方、デジタルマーケティングに取り組んでいる企業の担当者の方は、ぜひご一読ください。

【関連ページ】
LP制作にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。

LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用
LP制作(ランディングページ)を依頼できるホームページ制作会社一覧

LP(ランディングページ)とは?

LP(ランディングページ)は、リスティング広告やディスプレイ広告、ソーシャルメディア広告のリンク先となるWebページです。広告をクリックしたユーザーの受け皿として、商品やサービスにまつわる具体的な情報を示し、コンバージョン(購入、予約、問い合わせなど)へ誘導するために制作されます。

一般的に消費者が商品を買ったり、サービスを利用したりするまでには、「認知」→「興味関心」→「比較検討」→「購買」という4段階がありますが、これら4つのなかでLPが担うのは、3つめの「比較検討」のフェーズ。

広告を見て商品・サービスの存在を知り、「もっと知りたい」と感じたユーザーに対し、商材の魅力や優位性を伝え、アクションを喚起するのがLPの役割です。ECサイトでは、個別の商品ページがLPと呼ばれることもあります。

Web上でモノを売ったり、新規顧客を獲得したりするためには欠かせないページであり、Web制作会社の多くが、WebサイトとあわせてLP制作を請け負っています。

1-1.LPとWebサイトはどう違う?

コーポレートサイトやリクルートサイトといったWebサイトとLPの最も大きな違いは、ディレクトリ(階層)があるかどうか。

たとえば一般的なコーポレートサイトの場合、トップページの上部(もしくは左右いずれか)にメインメニューとしてタブ型のリンクが設置され、サイトを訪れたユーザーはそれらのタブをクリックすることで下層ページへと遷移。会社概要や事業内容を閲覧できます。

さらにそれらの下層には、沿革やIR情報、製品紹介といったページが設けられることも少なくなく、こうしたディレクトリ型の構造は、募集要項や社員インタビューといったコンテンツを含むリクルートサイトなどでも基本的に変わりません。

一方のLPは、基本的に1ページのみで構成されます。前述のとおり、ページを訪れたユーザーに具体的な検討材料を提供し、アクションを引き起こすのがLPの役割なのでCTAボタン(購入ステップや問い合わせフォームへリンクするボタン)以外のリンクが設けられることもほぼありません。

おのずとWebページとしてのボリュームも小さくなり、小規模なLPはA4用紙2~3枚ほど。大規模なものでもA410枚程度までにとどまります。

LPのメリット

続いてはLPのメリットについて、大きく2つに分けてまとめてみました。

2-1.低コストで制作できる

1つめは低コストで制作できること。前述のとおり基本的に1ページで構成されるLPは、Webサイトに比べるとコーディングの手間やデザインの手間がかからず10万円程度で制作をアウトソーシングすることも可能です。

また、掲載するコンテンツや構成の見直しが必要になったときに修正費が抑えられ、短期間のうちにリニューアルできるのも見逃せないメリットでしょう。

2-2.リードタイムを短縮できる

2つめは商品の購入やサービスの予約といったコンバージョンにいたるまでのリードタイムを短縮できること。

たとえば、サービスサイトなどの場合、個別の製品ページにショッピングカートを設置してコンバージョン獲得を図ることはできますが、サイトの構造やページ数によってはユーザーが製品ページに辿り着くまでに時間がかかってしまったり、カートの存在自体に気づかなかったりする可能性があります。

一方LPの場合、基本的にディレクトリがなく、CTAボタン以外のリンクが設けられないため、ユーザーを迷わせることなく、より短時間でコンバージョンを導くことが可能です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

LPの制作方法

次にLPの制作方法についてご紹介します。

3-1.Web制作会社に外注する

LPを制作するにあたって最も一般的なのは、Web制作会社へのアウトソーシング。繰り返しご紹介してきたとおり、LP制作を請け負うWeb制作会社は非常に多く、低額予算・短納期の発注に受けつけているところも少なくありません。

たとえば株式会社ディーズでは、テンプレートを使った制作費10万円のプランを用意。最短1週間のスピード納品に対応しています。

参照元:https://d-z.co.jp/10manlp/

3-2.ツールを使って自社で制作する

さらにコストを抑えたい場合は、LP専用のツールを使って自社で制作するのも1つ。たとえば「ペライチ」は、2,459円からの月額料金+料率3.5%の売上マージンと引き換えに利用可能。プログラミングの知識は必要なく、デザインテンプレートを選び、ブログ感覚でテキストを作成するだけで、手軽にLPを形にできます。

参照元:https://peraichi.com/

LPを制作する際の注意点

最後はLPを制作する際の注意点をご紹介して締めくくりたいと思います。

4-1.情報を盛り込み過ぎない

1つは、情報を盛り込み過ぎないこと。もちろんユーザーの比較検討を促すために、商品やサービスの価格や特典、競合との優位性などをもれなく訴求する必要がありますが、バナーの数や文字数をあまりに増やし過ぎると、その分だけCTAボタンが埋もれやすく、コンバージョンを阻害する原因になります。

4-2.場合によってはほかの施策と組み合わせる必要も

冒頭で消費者が購買にいたるまでの4ステップを簡単にご紹介しましたが、近年ではスマホアプリや動画メディアの普及によってネットユーザーの行動様式、購買プロセスが多様化しています。

たとえば、広告をクリックしてLPを訪れたあとブックマークして一度離脱し、Instagramのハッシュタグ検索などで情報を集めた上で再度LPを訪れ、購入したりするユーザーも少なくありません。LP単体で思うようなコンバージョンを得られない場合は、ソーシャルメディアのアカウント運用など、ほかの施策も組み合わせて対応する必要があるでしょう。

LPのデメリット

ここまで繰り返しご紹介してきたように、LPはあくまでコンバージョンを獲得するためのページです。ユーザーの多くは購入の検討材料となる情報を求めて訪れるため、ノウハウ系やメソッド系記事の配信先としては向いていません。

またこちらはデメリットというより、運用する側の問題ではありますが、広告とLPの情報に齟齬(価格・販売期間の食い違い、リンク先の設定ミスなど)があると、「広告で釣ろうとしている」、「騙そうとしている」という不信感を招き、ユーザー離れにつながります。

LPで効果を出すためのポイント

ユーザのニーズにあわせてコンテンツを最適化し、前述のようなミス・トラブルを防ぎながらLPを効率的に運用したいのなら、やはり制作の段階からプロに任せるのがおすすめです。

LPの制作を請け負うWeb制作会社の多くはデザインやWebマーケティングのノウハウに強みを持ち、クライアントの売り上げを大きく伸ばした実績のあるところも少なくありません。

まずは自社の業種や顧客層、ビジネスモデルを念頭に置き、LPが担うべき役割をきちんと整理すること。その上で制作会社各社のポートフォリオを参考にしながら、自社にマッチする委託先を絞り込んでいきましょう。

ホームページ制作の費用相場

つづいては、ホームページ制作を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。ホームページ制作の価格は、依頼する内容やページ数、機能により大きく変わります。具体的な費用目安は以下の通りです。

費用別にみるホームページ作成の特徴
作成費用 ホームページの特徴 どんな企業向きか
~30万   ・テンプレートを使用
・WordPressなどのCMSで作成
・画像やテキストは依頼者側で用意
・簡易的なコーポレートサイト
・簡易的なオウンドメディア
・10ページ以内の作成  
  ・費用を抑えたい
・短い納期で依頼したい  
30万~100万   ・オリジナル性の高いwebサイト 
・発注者の要望に沿ったデザイン
・独自コンテンツの充実したwebサイト
・オリジナル性の高いwebサイト
・簡単な撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能  
  ・中小企業
・凝ったWebサイトを作りたい  
100万~200万   ・戦略的で効果の高いwebサイトの作成
・トレンドのコンテンツやデザイン
・撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能  
  ・中小企業~大企業
・規模の大きいWebサイトを作りたい   
200万~   ・完全オリジナルデザインのWebサイト
・SNSとの連動が可能
・多機能なWebサイト  
  ・大企業
・複数のブランドサイトを制作したい方
・SNSと連動したWebサイトを作りたい
・機能性の高いWebサイトを作りたい  

ホームページ制作の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】LP制作を依頼するならホームページ制作会社へ

今回はLPのメリットや制作の際のポイントをご紹介しました。自社にノウハウがなくとも、LP制作を依頼できる会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)を依頼できるホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧

ランディングページ(LP)に関連する記事

ランディングページ(LP)に関連する記事一覧を見る