アプリ開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

アプリ開発の要件定義書作成の流れ・書き方をわかりやすく解説!

要件定義は、アプリ開発の成否を左右する重要な工程です。開発に取り掛かる前にクライアントと開発会社の間で、どのようなアプリを開発するのか認識を共有しておかなければ、開発費が無駄になる恐れもあります。しかし、「どのように要件定義書の書き方が分からない」という方も多いのではないでしょうか。

本記事では、要件定義書作成の流れや書き方について詳しく解説します。アプリ開発の要件定義でお困りの方は、ぜひご覧ください。

目次
アイミツ
アプリ開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

アプリ開発の要件定義とは

要件定義とは、クライアントの要求をどのようにアプリに落とし込んでいくのかを決める工程です。要件定義にはアプリ開発の目的を明確にし、クライアントとアプリの完成イメージを共有する役割があります。要件定義と似ている言葉で要求定義と呼ばれるものがありますが、要求定義はクライアントが求めているものを定義することで、要件定義とは意味合いが異なるので混同しないよう注意しましょう。

要件定義では、アプリの概要や機能を記載した要件定義書を作成します。要件定義書に不備があれば、以降の工程にも影響するため、アプリに求められる要件を過不足なく記載しなければなりません。しかし、アプリ開発を依頼する際、詳細な機能が明確になっていないクライアントも多いです。

クライアントのニーズを十分に把握できていない状態でアプリ開発を進めてしまうと、開発がやり直しになってしまう恐れもあります。時間やコストを無駄にしないためにも、事前にヒアリングを実施してクライアントのニーズを明確にしておくことが大切です。

アプリ開発の成果物

アプリ開発における成果物はアプリそのものです。しかし、アプリ開発にはさまざまな工程があり、アプリだけを成果物として開発を進めると、クライアントの希望にそぐわないシステムになる恐れがあります。

アプリ開発で失敗しないためには、各工程の状況をチェックできるように、開発段階ごとに成果物を決めておくことが大切です。例えば、要件定義の成果物を要件定義書として定めておけば、クライアントの要求が開発に反映されているかをチェックできます。工程ごとに成果物を検品して次のステップへ移るようにすれば、問題が発生してもその都度軌道修正が可能です。

成果物にはそれぞれの工程の品質を管理する目的もあり、成果物を定めることは各工程に求められるアウトプットの水準を明確にすることでもあります。成果物をチェックしておけば、一定以上の品質を保ちながらアプリ開発を進められるため、クライアントの要望にそぐわないアプリになってしまう心配もなくなるでしょう。

アプリ開発の要件定義書の書き方

どのようにアプリ開発の要件定義書を作成すればよいのか、具体的な方法をご紹介します。

業務概要をまとめる

どのようなアプリを開発するのか分かるように、概要をまとめましょう。要件定義書へ記載する項目は、業務要件とシステム要件の2種類に分けられます。業務要件には、アプリ開発の背景や目的のほか、アプリの概要や必要な機能などを記載。一方、システム要件には、アプリ求められる技術的な要件を記載します。

上記の要件に加えて、操作説明などの教育要件や引継ぎ要件、保守要件なども必要に応じて定義するのが一般的です。要件定義書は、単にアプリに求められる要件を記載するだけの書類ではありません。クライアントが抱えている課題を、アプリでどのように解決できるのかについて記載する必要があります。アプリの導入によって、業務フローがどのように変化するのかを解説した図を載せておけば、クライアントの理解を得られやすいでしょう。

要件定義書はクライアントも目にするため、専門的な知識がない人でも内容を理解できるように、分かりやすい表現を使用する必要があります。

機能の優先順位を明確にする

要件定義書を作成する際は、アプリに実装する機能の優先順位を明確にしておきましょう。アプリ開発では、クラアントが希望する機能すべてを実装できないケースもあります。アプリ開発の目的と照らし合わせて、優先順位の低い機能は削らなければなりません。また、予算や納期などの理由からユーザーの要求に応えられないケースもあるでしょう。

優先順位を決める際によく用いられるのが、MoSCoWメソッドです。MoSCoWメソッドでは、Most(必ず必要)、Should(あると良い)、Could(あっても良い)、Won’t(見送る)の4段階に分けて優先順位を考えます。クライアントが希望する機能を上記4つに分類して、Mostの機能を優先的に実装。予算や納期に合わせて、Shouldの機能も実装するといったふうに、優先順位を決めると良いでしょう。
アプリ開発では単に必要な機能を共有するのではなく、なぜ必要なのかも理解しておくことが大切です。

操作手順を決める

要件定義の段階で、アプリの操作手順も決めておきましょう。要件定義書に、ユーザーが実際にアプリを使用する際の流れを記載します。SNSアプリであれば、ユーザー登録からログイン、投稿といったサービスの利用に必要な操作を記述しましょう。

操作手順が決まったら、ホーム画面や投稿画面など、具体的なアプリの操作画面について記載します。操作画面に表示するテキストや配色などの細かな部分は、要件定義の段階では省略しましょう。
要件定義で重要なのは、クライアントの課題をいかにしてアプリで解決するのかを明確にすることです。不要な情報を載せてしまうと、重要な部分が伝わらずに混乱を招く恐れもあります。

アプリの操作画面は、ユーザーの使い勝手を考慮して決定されます。類似するアプリがあれば、アプリ開発の前に実際に触れて使い勝手を確認しておくと良いでしょう。既存のアプリを見せながら説明すれば、イメージを掴みやすく、打ち合わせをスムーズに進められます。

ワイヤフレームなどを用いて全体像を的確に伝える

文章だけで、アプリの全体像や機能を的確に伝えるのは困難です。要件定義書では文章だけではなく、ワイヤーフレームも活用すると良いでしょう。特に操作画面について説明する場合は、文章よりも図を使った方が分かりやすいです。

ワイヤーフレームは、アプリの操作画面のレイアウトを決める設計図で、画面上のどこに情報やボタンを配置するのかを、シンプルな線や枠、テキストで記述します。アプリ用のワイヤーフレームを作成するには、操作画面をリンクする方法やそれぞれの画面に表示可能な要素を理解しておかなければなりません。

ワイヤーフレームの数が多い場合は、画面がどのように変遷するのかが分かるように、マップを作成しておくと内容が伝わりやすいです。ワイヤーフレームはあくまでも、操作画面のレイアウトを決めるものなので、細かなデザインは省略しておきましょう。

アイミツ
アプリ開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

要件定義書のフォーマットの種類

要件定義で使用されるフォーマットは、「機能仕様書」「ユーザーストーリー」「ワイヤーフレーム」の3種類に分けられます。

機能仕様書(FSD)

機能仕様書(FSD)は、ソフトウェアの開発において広く用いられている標準的なフォーマットです。アプリ開発に必要な要件をまとめたフォーマットで、アプリの機能やできることを記載します。

機能仕様書では、作成者による記述漏れや読み手の見落としがあると、開発に支障をきたすため、要件を構造的に記述することが重要です。見落としや漏れを防ぐために、機能仕様書は文同士の主従関係が分かりやすい箇条書きで記述すると良いでしょう。主文で仕様を明確にして、補足文で必要な情報を追加すると、簡潔で読みやすい機能仕様書を作成できます。

ただし、機能仕様書の作成には、デバイスやプラットホームに関する知識が必要なほか、ソフトウェア開発の経験が求められるケースも珍しくありません。加えて機能仕様書は、かなり詳細な部分まで記述しなければならないため、作成に時間が掛かることもあります。

ユーザーストーリー

ユーザーストーリーは、アプリ開発における要件をユーザー目線で記述するフォーマットです。ユーザーストーリーは、アジャイル開発が一般的になるにつれて普及しました。アジャイル開発とは、プロジェクトを小さく区切って、短期間で実装とテストを繰り返す開発スタイルで、頻繁な仕様変更に対応できる柔軟性の高さが特徴です。

一方で、アジャイル開発にはプロジェクトの全体像が掴みにくくなるデメリットもあります。ユーザーストーリーを設定しておけば、仕様変更を繰り返しても、プロジェクトの方向性がぶれる心配もありません。

例えば、ファッション系のアプリを開発する場合、「プロのスタイリストによるコーディネートをチェックして、気に入った服はアプリで注文できる」というユーザーストーリーを設定できます。さらに「旬のコーディネートを取り入れられる」「お店に行かなくても服を購入できる」といったストーリーのマッピングを実施すれば、より具体的な要件を定義できるでしょう。

ワイヤーフレーム

ワイヤーフレームは先にご紹介したように、アプリの画面上のレイアウトを記載した図です。ワイヤーフレームは、どこに何を配置して、どのように動作させるのかを明確にする目的で作成されます。 ワイヤーフレームを作成する際には、ユーザーの動線を意識しながらレイアウトを考えることが大切です。

画面のデザインは、アプリ開発の目的に合わせて決定しなければなりません。表示すべき情報やボタン、ロゴなどをピックアップして、優先順位を決めておきましょう。表示するパーツを選んだら、アプリ画面上でのレイアウトを考えていきます。

さまざまワイヤーフレーム作成ツールが存在しますが、もっとも手軽な方法は紙とペンによる手書きです。誰でもすぐに利用できるうえ、ツールの使い方を新たに覚える必要もありません。ただし、ワイヤーフレームの数が多いアプリ開発には不向きなので、規模の大きなプロジェクトでは専用のツールを使用した方が良いでしょう。

アプリの要件定義の進め方

アプリ開発の要件定義をスムーズに進める方法について解説します。

打ち合わせ

アプリ開発において、打ち合わせは非常に重要です。アプリ開発の目的をクライアントと共有しておかなければ、開発に失敗してしまう恐れがあります。しかし、アプリ開発を依頼する時点では、クライアント側のイメージが漠然としていることも珍しくありません。

開発者は専門的な観点から、アプリに必要な機能を分析して整理する必要があります。また、開発がスタートした後での仕様変更を避けるためにも、クライアントが希望している機能だけではなく、「どのような課題を抱えているのか」「どの業務に時間をかけているのか」など、潜在的なニーズを事前に洗い出しておくことも大切です。打ち合わせは、要件定義書を作成するための情報収集の場なので、疑問点を残さないようにしっかりヒアリングしておきましょう。

要件定義書の作成

打ち合わせの後は、要件定義書を作成します。ヒアリングの結果をもとに、アプリの仕様を決めていきますが、クライアントの要求をすべて反映させるわけではありません。機能を増やし過ぎると、アプリの使い勝手を損なってしまう可能性があるほか、機能が多くなるほど開発費も増加するため、予算をオーバーしてしまう恐れもあります。

打ち合わせの時点で、実装する機能の優先順位もヒアリングしておくと良いでしょう。要件定義では、クライアントにとって本当に必要な機能をピックアップすることが重要です。要件定義書の作成では、機能に加えてシステム要件や運用要件なども決めていきます。集めた情報を整理して、クライアントの要求と要件定義に矛盾が生じないように注意しましょう。必要な場合は、再度クライアントへのヒアリングを実施することもあります。

要件定義書とシステム設計のすり合わせ

要件定義書を作成したら、システム設計とすり合わせていきます。ユーザーのニーズを正確に反映した要件定義書を作成したとしても、技術的に実現可能かどうかは別の問題です。開発に取り掛かる前に、要件定義に設計上の問題がないかチェックしておかなければなりません。定義した要件のうち、実装できる要件とできないものを事前に明確にしておきましょう。

要件定義書は、アプリ開発の方針を決める重要な資料です。要件定義に漏れや不備があれば、アプリ開発全体に影響を及ぼすため、慎重に作成しなければなりません。実際、要件定義の質が以降の工程の品質を左右することも多いです。必要であれば、ヒアリングや修正を複数回実施して、要件定義書をブラッシュアップしていきましょう。

アイミツ
アプリ開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
利用実績100,000を突破!
一括見積もりをする(無料)

アプリ開発で要件定義をする際のポイント

アプリ開発の要件定義を行う際は、「緊密なコミュニケーション」「事業内容の共有」「完成イメージの共有」を意識しましょう。アプリ開発を成功させるには、緊密なコミュニケーションが不可欠です。クライアントとの間に認識のずれが生じないように、こまめにコミュニケーションをとりましょう。

また、事業内容を共有することも大切です。アプリの用途や必要な機能だけではなく、クライアントの事業内容やマーケティング戦略についても共有しておきましょう。クライアントの意図が伝わりやすくなり、開発会社側も効果的なプランを提案できます。

完成したアプリのイメージを共有するために、モックアップを用意するのも効果的です。開発会社が要件定義の中でモックアップを作成すれば、完成したアプリのイメージを共有できるため、手戻りのリスクを抑えられます。反対に、クライアント側でモックアップを用意すれば、希望するアプリのイメージを文章よりもスムーズに伝えられるでしょう。

まとめ

アプリ開発の要件定義書作成の流れや書き方にいて解説しました。要件定義書のクオリティによって以降の工程の品質も変わるので、認識のずれが生じないようにこまめなコミュニケーションを心掛けましょう。アプリ開発を依頼する際は費用だけではなく、担当者のレスポンスの速さもチェックしておくと安心です。

アイミツでは、ご要望に合わせたアプリ開発会社をご紹介しています。アプリ開発の発注先をお探しの方は、お気軽にご相談ください。

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

アプリ開発会社が
最短翌日までにそろう