アプリ開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

アプリ開発の費用と料金相場

大手開発会社から小規模の格安開発会社まで”一括見積もり”

安くて品質の良い

アプリができる!

無料

実際の費用はいくら?

作りたいアプリの料金を一括見積もりで調べる

  • 平均相場
    250万円〜
  • Android アプリ
    150万円〜
  • iPhone アプリ
    150万円〜
  • ソーシャルゲーム
    3,000万円〜

1. 価格帯の分布

アイミツでは毎月3,000枚以上の見積書の確認・分析を行っております。毎月集まる見積書を参考にアプリ開発の料金相場を算出しております。

平均相場

250万円

グラフ

2. 実際の発注と見積書

アイミツが収集している“実際に行われている”発注の相談と、その見積書を開示しております。アイミツではコンシェルジュが発注の相談に対してアドバイスを行い、適正な見積もりの取得、失敗しない発注を実現しています。

3. アイミツのコンシェルジュが教えるアプリ外注費用の仕組み

人イメージ

見積書を毎月3,000枚以上確認し、外注制作の料金相場を知り尽くしたコンシェルジュがわかりやすくアプリ開発の費用の仕組みを教えます。分からないことがございましたら、気兼ねなくお問い合わせください。
コンシェルジュへの相談はこちら

スマートフォンの所有率が7割を超えている今、コーポレートサイトのモバイル対応はもちろんのこと、自社のビジネスをiOSアプリ(iPhoneアプリ/iPadアプリ)やAndroidアプリ化して新たな客層を開拓したいと考える企業が増えています。
十分な機能を持ち、ユーザーが使いやすいスマホアプリを開発したいのであれば、その道のプロである開発会社に依頼するのが一番です。

アプリの開発にかかる費用は、内容や要素によって千差万別なので、ある程度正確な価格を知るためには、見積もりを取るのが一番の早道です。

とは言え、盛り込む機能などを決めるためには、あらかじめアプリ開発にかかる料金の相場を知っておくことも必要です。

このページではアプリ開発の費用相場を解説するとともに、費用を構成する主な内容と要素についても取り上げます。

4. アプリ開発を行う場合の費用相場

アプリのタイプ別開発費用の相場
アプリのタイプ 開発費用の相場
ショッピングカート系 100万~300万円
カタログ・フリーペーパー系 50万~100万円
通話・メッセージアプリ系 100万~500万円
ツール系 50万~300万円
ゲーム系 300万~1,000万円
SNS位置情報系 500万~1,000万円
アプリ内課金/多言語/マップ対応 各10万~20万円
SNS連携/アクセス解析 各5万円

上の表はタイプ別のアプリ開発費用の相場をまとめたものです。搭載する機能や構成要素などにより開発規模が大きく異なってくるため、同じタイプでも外注制作による費用の総額にはかなりの幅があります。

実際、開発会社のホームページを見ても具体的な機能や金額を記載していないところがほとんどです。

この項目ではアプリ開発を行う際にかかる費用について具体的に説明します。

アプリ開発費用の算出方法

アプリ開発では「人月」という作業量を表す単位を用いるのが一般的であり、「作業人数(人件費)× 期間」によって算出される金額が開発費用のベースとなります。

その理由はアプリ開発の工程を見てみると理解できます。
アプリ開発の工程は、iOSアプリ(iPhoneアプリ/iPadアプリ)かAndroidアプリかを問わず、次のようになっています。

アプリ開発の工程

設計(要件定義・設計)→ プログラミング → テスト(システムテスト・運用テスト)→ リリース申請・納品 → 運用・保守

アプリ開発に携わる技術者はSE(システム・エンジニア)とPG(プログラマー)です。SEはプログラミングはしないものの管理をしますから実質的には全工程に携わることになります。これに対してPGが担当するのはプログラミングだけです。

こうした役割分担の違いが、それぞれの月額単価にも反映されています。

アプリ開発のエンジニア単価

SEの単価相場は初級が60万円から100万円、中級が80万円から120万円、上級が100万円から160万円程度とされています。PGの場合はスキルによる違いはあまりなく、大手企業が50万円から100万円、下請企業や個人事業主だと40万円から60万円程度です。

工数が増えればその分作業日数がかかり、作業にあたる技術者の人件費もかさんで料金に反映されます。
つまり、開発するアプリに必要な機能や制作する要素が多ければ多いほど工数が膨らみ、比例して費用も高い料金になるというわけです。

アプリ開発における3つのアプリ種類

また、アプリには「ネイティブアプリ」「webアプリ」「ハイブリッドアプリ」という3つの種類が存在し、「App Store」「Google Play」からダウンロードして使うアプリの多くは「ネイティブアプリ」に該当します。
「webアプリ」はその名の通りwebブラウザにアクセスすることで使えるもので、「ハイブリッドアプリ」はデバイスの機能が使える、マルチプラットフォームに対応できるなど、双方の特性を有しています。

デバイスごとに開発環境や言語が異なり、必然的に工数が多くなる「ネイティブアプリ」に比べ、ワンソースでマルチデバイスに制作できる「webアプリ」は比較的低価格で開発することができます。
販促目的や期間限定でそれほど高度な機能を要しないアプリの場合には、あえて「webアプリ」を選択し、価格のローコスト化を図るというのも1つの方法です。

見落としがちな費用にも要注意

アプリ開発に掛かる費用の見落としをチェックする

アプリは一見するとリリースしたらそれで終わりだと思いがちですが、他のシステム同様「運用・保守」の工程があります。

開発段階では発見できなかったバグや不具合を修正し、ユーザーにとって使いやすい環境に整えたり、機能の向上やOSのバージョンアップに対応したりと、リリース後に必要となる作業はさまざまです。
アプリの内容によっては定期的に情報を更新しなければならないものもありますし、更新する必要がないものでも利便性が悪いままでは次第に使われなくなってしまう恐れがあります

そうした事態に陥らないためにも「運用・保守」は欠かせない工程ですが、開発費に含まれていないケースが多く、うっかり見落としていると予算オーバーになる可能性があります。
場合によっては毎月数百万円程度という高い金額がかかることもあるので、リリース後のサポート体制とその料金はどうなっているのかをあらかじめ開発会社に確認し、予算化しておくことをおすすめします。

なお、開発したアプリを一般ユーザーに向けて公開するにはリリース申請が必要で、OSごとに費用がかかります。

iOSアプリ(iPhoneアプリ/iPadアプリ)の場合は「Apple Developer Program」で開発者登録を行い、アプリを公開している限りおよそ1万円(99US$)の年間費が必要です。
Androidアプリの場合は「Googleディベロッパーアカウント」の作成が必須となり、およそ2,700円(25US$)の登録料がかかります。

これらの費用についても料金を明確にして、開発費に含んでいる開発会社もありますが、アプリはこのようなランニングコストが発生することも念頭に置いておきましょう。

5. 主な機能の内容と費用の目安

タブレット端末でアプリを操作する

「アプリ開発費用の算出方法」で説明したように、「人月計算」が開発費用算出のベースとなりますが、よく使われる機能や要素については目安となる金額が明らかになっています。

この項目では一般的なアプリで多数採用されている主な要素を取り上げ、その内容と相場について説明します。

OS(iOS / Android)

アプリ開発の2つのOS「iOS」と「Android」

iPhoneiPad用なら「iOS」XperiaGALAXY用なら「Android」に対応したアプリを開発しなければなりません。

外注による制作を依頼した場合の相場は1アプリにつき、100万円から200万円程度ですが、2つのOSはそれぞれ開発環境や言語が異なるため、双方に対応したアプリを作る場合には倍の費用を見込んでおくことが必要です。

また、旧バージョンのOSに対応するには別途費用がかかることもあり、対応バージョンを増やせば開発コストが膨らみ、料金に反映される可能性もあります。

特に対応機種が多く、最新以前のバージョンも幅広く使用されているAndroidアプリ開発ではテスト工数によっては相場よりも費用が高くなる可能性もあり、注意が必要です。

データ利用

アプリでユーザの情報を利用する

ユーザーの個人情報を扱うアプリの場合に必須となる機能です。
自社サービスなどですでに取得済みのデータと連携するのであれば10万円から20万円程度、新規で取得するのであればデータベースやインフラの整備が必要となるため、50万円から70万円程度が相場になります。

ログイン連携(SNS/メールアドレス)

「Facebook」「Twitter」などのSNSアカウントでログインするか、メールアドレスとパスワードを使ってログインするか、2通りの導入方法があります。

SNSアカウントを使用する場合は大体10万円から20万円が相場です。
対してメールアドレスの場合は自社で個人データを管理するためのシステムを構築する必要があり、相場は20万円から40万円程度となっています。

決済システムの有無

アプリに決済システムを組み込む

自社サイトなどですでに使用している決済システムと連携する機能だけであれば、20万円程度で導入できます。
アプリのために新たに開発する際の相場は、システム構築を含めて30万円から50万円程度です。

デザインの作成

デザインをするのに必要な資料を自前で用意するか、企画段階から開発会社に依頼するかによって相場は大きく異なります。
前者は10万円から30万円程度、後者は100万円前後が目安です。

スマホアプリは、一見すると画面が小さいためにデザインは容易であるように思われます。iOSアプリ(iPhoneアプリ/iPadアプリ)やAndroidアプリともに、端末の新旧や、スマートフォン/タブレットなどのデバイスにより様々な画面サイズが存在しています。それらの違いを吸収しつつ、統一された使いやすいインターフェースを持つデザインを作ることには、一定の知見と経験とが必要となっています。

企画段階から作成する場合は開発するアプリをコンセプトから考える必要があり、エンジニアだけでなくデザイナーによる工程も発生するため、双方の相場の差は大きくなっています。

他社ツールの実装

アプリに他社ツールを実装する

「Google Map」をはじめ、「Facebook」「Twitter」などのSNSといった他社のツールをアプリに実装することも可能です。

相場に関しては、店舗情報を多数扱うアプリに欠かせない「Google Map」の導入が10万円から20万円程度SNSとの連携が5万円程度になります。

ちなみに、カメラ音声通知機能の相場は大体10万円から20万円ですが、近年注目を集めている動画の実装になると倍以上の費用がかかると考えていいでしょう。

6. 実際にアプリ開発会社のサイトにある料金表を調べてみた

これまでにアプリ開発を外注する場合の費用を算出する方法や機能ごとの料金を説明してきましたが、実際のところはどうなるか? は気になるところだと思います。

そこで、実際にGoogle検索でひたすらアプリ開発会社のホームページを確認し、料金が公開されていないかを調べてみました。
その結果、9割以上の会社がサイトでは料金表や費用例を公開することはなく、見積もりを出すタイプでした。
これまで説明したとおり希望する機能やページ数、開発の規模によってかかる費用は大きく変わってしまうため、料金設定をすることが難しいことが原因です。

その中でも一部ですが、料金表や費用例を開示している会社がありましたので、スマホアプリ開発の相場を知る参考としてここで紹介いたします。

カメラ/GPS連動系アプリの開発費用相場
出典株式会社インビリティー

グラフィック系カメラ/GPS連動系Androidアプリを作成する場合の費用事例 83万円~

 電子書籍/カタログ系Androidアプリの開発費用相場
出典株式会社インビリティー

電子書籍/カタログ系Androidアプリを作成する場合の費用事例 126万円~ (100ページ)

 ラーニング系Androidアプリの開発費用相場
出典株式会社インビリティー

ラーニング系Androidアプリを作成する場合の費用事例 80万円~

 ゲーム系Androidアプリの開発費用相場
出典株式会社インビリティー

ゲーム系Androidアプリを作成する場合の費用事例 107万円~

沖縄クーポンアプリの開発費用相場
出典ピセ株式会社

クーポンアプリをiOSアプリ・Androidアプリの両方で開発した場合の費用 200万円~

施工現場写真管理アプリの開発費用相場
出典ピセ株式会社

施工現場写真管理アプリを開発した場合の費用 400万円~

営業マン向け手帳アプリの開発費用相場
出典ピセ株式会社

営業マン向け手帳アプリをiOSアプリとして開発した場合の費用 200万円~

株式会社ベネスのアプリ開発の費用
出典株式会社ベネス

アプリ開発の料金 30万円~

株式会社woodsmallのアプリ開発の費用
出典株式会社woodsmall

株式会社woodsmallのアプリ開発の費用は1OS(iOSアプリ or Androidアプリ)につき 30万円~

株式会社山城デザインのARアプリ開発の費用
出典株式会社山城デザイン

フルオーダーのARアプリ開発の費用 80万円~

各社のホームページに公開されている金額はそのほとんどが最低価格に近いものです。
相場の参考として今回はご紹介をしましたが、これらの料金をそのまま鵜呑みにしてはいけません。
いくつかのアプリ開発会社に見積もりを依頼し、自身の希望に合ったアプリの開発費用を知ることが大切です。

7. 失敗しないアプリ開発のためには…

アプリの内容を明確にしてから開発を依頼する

アプリの内容によって費用は大きく異なり、iOSアプリ(iPhoneアプリ/iPadアプリ)とAndroidアプリというOSによる対応の幅があるものの、実際にいくつかの開発会社に見積もりを依頼することで、開発したいアプリのおおよその相場は分かります。

ただし、「あの有名なアプリみたいなものを開発したい」というようにざっくりとした要望での見積もりでは、実際の開発費用との間に大きな開きが生じる可能性が高く、失敗につながってしまいます。
誤差の少ない見積金額を算出してもらうには、どのような目的でアプリを開発するのかなどしっかり要件定義をすることが重要になります。

その上でどのアプリ開発会社を選択すべきかお悩みの際は、日本最大級の業者比較サイト「アイミツ」までお気軽にご相談ください。

専門のコンシェルジュがあなたのご要望にぴったりのアプリ開発会社を無料でご紹介するほか、アプリ開発に関するさまざまなお悩みを解決します。

利用料0円

簡単!3ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積りが
    集まります