ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

公開日: 更新日:

中国語のおすすめなホームページ制作会社(Web制作会社)3選

中国語のおすすめなホームページ制作会社

経済産業省の発表によると、2018年4月時点の中国人消費者による越境ECの日本商品の購入額は1兆2,978億円。前年と比べると25.2%と大幅な伸びを記録しています。

越境ECを通した中国人による日本商品の購入は、これからさらに伸びると考えられています。中国人客を取り込むためには、webの活用は大きなカギとなります。

とはいえ、自社で中国語ホームページを作成することは容易ではありません。そこでこの記事では、中国語ホームページの制作実績が豊富な制作会社を紹介します。中国語ホームページを作成する時のポイントや注意点も紹介しますので、ぜひ参考にしてください。

目次
このページについて
アイミツ
ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

1.中国語ホームページ制作におすすめの会社3選

1- 1. 株式会社マハナコーポレーション

株式会社マハナコーポレーション
出典:株式会社マハナコーポレーション http://www.mahanacorp.com/

マハナコーポレーションは東京都渋谷区に本社を、大阪府大阪市に支店を置く、ホームページ制作会社です。
中国語ホームページ制作は、メインページを含めた5ページの場合、9万9,000円(税込)という低価格で依頼可能です。設計、コンサルティング、SEO対策等がセットになっていて、追加費用はかかりません。
コンピューターによる自動翻訳ではなく、実績豊富なプロの翻訳家が翻訳し、ネイティブスピーカーがチェックを行います。そのため、中国のニーズや文化に合わせたホームページが制作できます。
発注から納品まで最短2週間と、お急ぎの方にもおすすめできる制作会社です。

予算感
メインページを含めた5ページの場合、9万9,000円(税込)という低価格で依頼可能。
従業員数
1-4人
会社所在地
東京都渋谷区道玄坂2-16-8 坂本ビル3F
電話番号
03-6416-9214

1- 2. アートフレア株式会社 アイミツパートナー

アイミツアワード アートフレア株式会社
出典:アートフレア株式会社 https://www.artflair.co.jp/

アートフレアは、神奈川県横浜市に本社を置くホームページ制作会社です。本社のほか、横浜市に関東営業所、大阪府大阪市に関西営業所、福岡県福岡市に福岡サテライトオフィスを構えています。
これまで1万3,000件を超える制作実績を誇り、中国語ホームページの制作実績も豊富です。
ホームページ制作は、経験豊富なディレクターが企画立案から提案、取材、制作指揮まで一貫して担当してくれます。
また、ホームページと管理画面の言語を分けることができるのも特徴。日本人が管理する場合は管理画面を日本語に、中国人に管理を任せる場合は管理画面を中国語に設定することが可能です。

設立年
2009年
従業員数
30-99人
会社所在地
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1 横浜ランドマークタワー31 階
電話番号
045-226-3840

1- 3. 株式会社コスパ・テクノロジーズ アイミツパートナー

株式会社コスパ・テクノロジーズ
出典:株式会社コスパ・テクノロジーズ https://cospa-tech.com/

主な制作実績

  • 株式会社ニチイ学館

    株式会社ニチイ学館
    東京都千代田区にある医療、介護、教育関連企業

  • 株式会社学研ホールディングス

    株式会社学研ホールディングス
    教育、医療福祉のリーディングカンパニー

  • 日本電産サンキョー株式会社

    日本電産サンキョー株式会社
    電子部品、システム機器を製造する会社

コスパ・テクノロジーズは東京都渋谷区に本店がある、ホームページ制作と広告マーケティングを行う会社です。東京都新宿区には高田馬場オフィスもあります。
中国語を専門としたホームページの制作はもちろん、越境ECサイトの制作、中国のwebマーケティングやSNSマーケティングを得意としています。
中国で10年以上の経験を積んだ中国語ホームページ制作の専門家や中国向けの経営コンサルタント、中国企業で経理や法務を経験したスタッフなど、中国の専門家がチームを組んでホームページを制作。中国事情に詳しくない方でも安心して依頼することができます。

設立年
2016年
従業員数
5-9人
会社所在地
東京都新宿区高田馬場2-14-9 明芳ビル 203
電話番号
03-4405-4545

2.中国のインターネット事情

中国語のおすすめなホームページ制作会社

次に、中国のインターネット事情を解説します。

ご存知の通り、中国は日本やアメリカなどのいわゆる西側諸国とは異なる政治体制を敷いています。インターネットに関しても、中国政府による独自の規制が存在するのです。

中国では、政府がインターネットによる情報統制を行うために海外にサーバーのあるホームページのアクセスに厳しい規制が掛けられています。

その規制対象は幅広く、中国政府に批判的なサイトはもちろん、FacebookやTwitterなどのSNS、You Tubeなどの動画サイトなども該当し、中国国内からアクセスできないサイトはメジャーなものだけで100を超えるとも言われています。

「グレート・ファイアウォール」もしくは「金盾」と呼ばれている中国政府によるインターネット規制システム。規制は以下の4段階に分かれます。

1.DNS機能によるブロック
アクセス自体ができない。
2.監視と遮断
アクセスはできるものの、監視システムにより監視され問題があるIPアドレスからアクセスされた場合は遮断される。
3.特定キーワードのブロック
サイト自体は閲覧できるものの、特定のキーワードを含むページにアクセスすると遮断される。
4.スキャン
1~3で問題がなかった場合でも、ページ全体がスキャンされる。問題がない場合は閲覧可能だが、問題がある場合は遮断される。

3.中国向けのwebデザインとは?

中国語のおすすめなホームページ制作会社

中国語ホームページを作成する際の重要なポイントに、デザインがあります。中国人が、他の国と比べると複雑なデザインを好むことは有名です。より端的に言えば、中国人はゴチャゴチャしたデザインを好みます。

これは、中国の都市の景観を見ても明らかです。中国の街は、至るところに看板があり景観は複雑です。外国人の目から見ると、乱雑に見える都市景観でも、当の中国人からすると「華やか」「賑やか」に映ります。

実際に、中国人消費者にどちらのデザインを好むかのA/Bテストを行ったところ、多くの中国人が、日本や欧米のホームページで主流のフラットデザインより、中国式の複雑なデザインを好んだという結果も出ています。

日本人の感覚でデザインを決定するのではなく、中国人に合わせたデザインを取り入れる必要があるのです。

アイミツ
ホームページ制作会社の見積もりが
最短翌日までにそろう
一括見積もりをする(無料)

4.中国語ホームページ制作での5つのポイント

中国語のおすすめなホームページ制作会社

次に、中国語ホームページを制作するための大切なポイントを5つ紹介します。ポイントを外してしまうとせっかく中国語ホームページを作ってもアクセスされない可能性があります。必ずチェックしてください。

4-1.中国のサーバーを使う

日本のサーバーを使用せず、中国のサーバーを使用してください。

なぜなら、先述のように中国では、海外サーバーの閲覧について厳しい規制が掛けられているからです。規制の結果、アクセスができない、アクセスができても遮断されるケースが考えられます。

さらに、アクセスできた場合でも海外サーバーのものは表示速度が落ちてしまいます。

ただし、中国のサーバーを使用するにはサーバーの使用者が中国人か中国法人に勤務している必要があります。使用者が中国人か中国法人勤務以外の場合、複雑な手続きが必要になるので、注意してください。

4-2.ICPの認証と取得

中国国内でホームページを開設する場合、政府への事前申請手続きが必須です。「ICP(Internet Content Provider)登録」と呼ばれています。さらに、ECサイトを開設する場合は、「ICPライセンス」という許可を得る必要があります。

ICP登録やICPライセンスを得ずにホームページを開設していることが発覚した場合、ホームページの停止、サーバーの没収のほか、罰金が課せられます。

ICP登録を代行している会社がありますので、自ら取得するのが難しい場合は、そういった会社に相談してください。

4-3.言語を選択する

中国でホームページを作る場合は、使用する言語を選択する必要があります。なぜなら、中国では地域によって「簡体字」と「繁体字」の2種類の言語が使われているからです。

簡体字は中国本土で使用され、繁体字は香港や台湾、マカオなどで使用される言語です。

簡体字と繁体字の両方の言語を表示させることも可能です。両方の表示が理想的ですが、難しい場合は、ターゲットがどの地域に多く住んでいるかで使用する言語を選んでください。

4-4.SEO対策

中国では独自のSEO対策を施す必要があります。中国では、日本や欧米で圧倒的なシェアを誇るGoogleが撤退しているからです。日本や欧米であれば、Googleのアルゴリズムに沿ったSEO対策をすればいいわけですが、中国では通用しません。

中国の検索エンジンで約80%のシェアを握るのは、「百度(バイドゥ)」。百度に合わせたSEO対策を講じる必要があります。検索による流入を上げたい方は、百度のSEO対策ができる制作会社から選んでください。

4-5.レスポンシブデザイン

日本語ホームページの制作時にも重要な要素ですが、中国語ホームページにおいて特に重要なのがレスポンシブデザインです。レスポンシブデザインは、パソコンでもスマートフォンでもタブレットでも、見やすく使いやすいデザインのことです。

日本でもパソコンよりスマートフォンなどの携帯端末からの閲覧が多いですが、中国では携帯端末からの閲覧者はインターネット利用者全体の98.3%を占めます。そのため、中国においては、携帯端末で使いやすく見やすいデザインであることは必須なのです。

5.【まとめ】中国語ホームページ制作にはコツがある!

中国語のおすすめなホームページ制作会社

中国語ホームページの制作実績が豊富な会社と中国語ホームページを作成する上で注意しなければならないポイントを紹介しました。

お伝えしたように、中国のインターネット事情は複雑で、取らなければならない対策は多岐に渡ります。端的に言えば、中国語ホームページの制作にはコツがあるのです。そのため、ホームページ制作会社を選ぶ際には、中国語ホームページの制作実績は必ずチェックしたいポイントです。

中国語ホームページの制作に強みがある制作会社や、多言語ホームページの制作実績が豊富な制作会社をもっと知りたい方は、以下の記事をチェックしてください

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない

一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安

相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安

どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら
  • point. 1 専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!
  • point. 2 10万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!
  • point. 3 あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!
アイミツ

著者

imitsu編集部

運営に関するお問い合わせ、取材依頼などはお問い合わせページからお願い致します。

中国語サイトでホームページ制作会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

web・デザイン制作とは、コーポレートサイトやプロモーションサイト、ECサイトなどのwebデザインやページ制作を行うことで、歴史の浅い業界ながらも数多くの会社が存在します。まずは制作したいサイトがどのようなものなのか、企画から依頼するのかデザインだけを依頼するのかなど外注範囲を明確にした上で、会社の得意分野や実績、業務内容、担当者の実績や相性などに注目し、自社に最適な制作会社を選択しましょう。料金が安いからという理由で選んでしまうと、クオリティが低かったり、オプション等で結局高く付く場合がありますので、サイト制作から制作後のアフターフォローまで含めたトータルコストがいくらになるのかを比較するようにしましょう。

ホームページ制作会社が
最短翌日までにそろう