業者探しで迷わない。一括見積もりならアイミツ

お急ぎの方は
電話で即日相談

フリーダイアル

0120-917-819

通話無料 営業時間 10:00~19:00 土・日・祝休

ASP(レンタルカート)型の優良業者

ECサイト構築

最適業者がスグに見つかる

ECサイトや通販システムを構築するにあたってまず最初に目的を明確にしましょう。大量の商品を扱う場合、自社でECサイトを構築すれば初期にまとまった費用がかかるものの、長期で考えれば売上を伸ばし利益を拡大させることができます。最初は小さく始めたいという場合には、ASP(レンタルカート)型やスマートフォン専用のECサイトからはじめるのもよいでしょう。ただ、ASP型は、いちいち自社でサービスを構築する必要はありませんが、他の企業が提供しているサービスを利用する形なので、自社の機能に合うようなカスタマイズを行う事が不可能ですし、制限も色々あります。ECサイトを構築する際、様々な機能があれば、ユーザーの属性やニーズに合わせた販売ができたり、独自にキャンペーンやセールを開催する事ができます。費用は構築するECサイトのジャンルによって異なりますが、月額1,000円から初期導入だけで100万円を超えることもあります。売上とのバランスを考え検討しましょう。また、不正アクセスや個人情報の漏えいが起こる事がないように、セキュリティ対策はしっかりとしておきたいところです。他にも、トラブルが発生した際にも手厚いサポートが受けられれば、安心してECサイトを運営できます。ユーザーのいろいろなニーズや要求に対応できるECサイトを構築することが重要となります。

お急ぎの方はこちら!

完全無料

優良企業で一括見積もり

ASP(レンタルカート)型の優良業者 ECサイト構築・通販システム業者一覧

15件中110件の業者を比較中

会社名
株式会社アイフラッグ
会社サイト
http://www.hpmeister.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
5,000~
詳細を見る
  • 初期費用無料からご導入頂けます
  • 20,000社超の導入実績で安心です
  • サイト制作から運営サポートまで、初心者の方でも簡単に始める事ができます
会社名
株式会社Eストアー
会社サイト
https://sps.estore.jp/
得意とする案件規模
中規模(月商100~1,000万円)
実績数
5,000~
詳細を見る
  • 効率化を追求した管理画面で、大量受注や発送、商品登録をすばやく処理でき、日々の運営負荷を軽減します。
  • クレジットカード決済をはじめネット通販に必携の最大13種類の決済方法を導入できます。
  • ECサイトの生命線と言えるサーバー稼働率は稼働率99.99%。高速性も国内最大レベルです。
会社名
株式会社Eストアー
会社サイト
https://sps.estore.jp/
得意とする案件規模
中規模(月商100~1,000万円) 大規模(月商1,000万円~)
実績数
5,000~
詳細を見る
  • 売れるECサイトに必要な機能など蓄積したデータに基づく”売れる”ための観点で設計しています。
  • 15年間の実績を元に、効率を追求した管理画面で運営負荷を最小限に。浮いた時間で販売企画に集中できます
  • 管理画面の使い方や売上アップ施策も相談できるサポートも充実。専門家による代行サービスもご用意。
会社名
株式会社Refine
会社サイト
http://www.re-fine.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
200~500
詳細を見る
  • 契約期間中は、スカイプでリアルタイムでサポートが可能。
  • 制作進行中は、プロジェクト管理画面でいつもでも進行のチェックが可能。
  • 月商100万〜月商1億円までの運用と管理が可能です!
会社名
株式会社シンタックス
会社サイト
http://www.syntax.co.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円) 大規模(月商1,000万円~)
実績数
5,000~
詳細を見る
  • 1996年当時から業界最長の営業継続で、豊富な実績と総合力が特長です。
  • あらゆる業種、B to BからB toCまで、特殊なケースでもお気軽にご相談下さい。
  • お客様の満足のいく高い品質を心がけて個別に見積対応しています。
会社名
株式会社ティファナ・ドットコム
会社サイト
http://www.tifana.com/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円) 大規模(月商1,000万円~)
実績例
株式会社カカクコム / 株式会社ホテルオークラ東京 / ミサワホーム株式会社 / ハワイ州観光局
詳細を見る
会社名
スタークス株式会社
会社サイト
http://tamago.temonalab.com/
得意とする案件規模
中規模(月商100~1,000万円) 大規模(月商1,000万円~)
実績数
500~1,000
詳細を見る

SRIクラウド  

会社名
ソフィア総合研究所株式会社
会社サイト
http://sri.jp/solution/sricloud/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円)
実績数
~200
詳細を見る
会社名
GMOメイクショップ株式会社
会社サイト
http://www.makeshop.jp/
得意とする案件規模
小規模(~月商100万円) 中規模(月商100~1,000万円) 大規模(月商1,000万円~)
実績数
5,000~
詳細を見る
  • 高機能 ネットショップの小売から会員専用販売、卸売まで対応でき、定期購入や予約販売もできます
  • 低価格 初期費用1万円、月額1万円で本格的なショップ構築が可能です
  • サポート 無料にてお電話、メール、掲示板、デザインのサポートまで対応しており、夜間・休日の窓口も

人気のキーワード

関連するカテゴリ

アイミツのコンシェルジュサービス

業者選び
にお困りですか?

簡単3ステップ

優良業者からの見積もりが集まります

提案表・見積もり書
  1. ヒアリング

    ヒアリング

    ご要望がまとまっていない、相場がわからない場合でも、業界のプロが適切にリードいたします。

  2. 優良業者を提案

    優良業者を提案

    基本的な比較情報はもちろん、推薦の理由、どんな評価を受けているかもご説明します。

    提案表
  3. 見積もり

    見積もり

    各社の見積もりが簡単に集まり、スムーズに業者選定を進めることが可能です。

    見積もり書

完全無料!一括見積もりはこちらから

サポートブックイメージ
お問い合わせで無料進呈中、完全保存版、見積もり・発注サポートブック

ASP(レンタルカート)型のECサイト構築・通販システム会社の選び方ガイド・比較のポイント

  • POINT 1 デザインのカスタマイズはどこまで可能か確認する

    手軽さゆえに制限が多いことも、カスタマイズの範囲はしっかりと確認を!
    手軽に導入でき、業務革新を可能にすることが売りの「レンタルカート」ですが、その分デザインのカスタマイズに制限がかけられている場合があります。例えば、格安または無料で利用できるレンタルカート… 続きを見る

  • POINT 2 管理画面は使いやすいか、自社に必要な機能が揃っているか確認する

    デモなどを使用して、実際の使用感を試してみることは非常に重要。
    注文処理の管理画面は、日々の業務で使う部分なので、使いやすさや、必要な機能が揃っているかどうかなどはしっかり確認しましょう。多くのサービスで管理画面のデモが公開されているので、実際に操作感… 続きを見る

  • POINT 3 サイト全体の保守運用はどうするか決めておく

    メンテナンスを始めどこまで依頼できるのか、範囲を明確にしておくこと。
    レンタルカートを含めてサイト構築を一から行う場合には、サーバーや独自ドメイン、顧客対応メールアドレスの準備など、自社側でやらなくてはならない事がたくさんあります。カート自体のプログラムのメ… 続きを見る

  • POINT 4 携帯電話、スマートフォン対応がされているか確認する

    スマホ対応はもはや必須、念のための確認を。
    最近ではパソコンの他にスマートフォンやタブレットからも決済対応可能なレンタルカートがほとんどですが、導入したいレンタルカートが対応しているかどうか、念のため確認しましょう。また、従来の携帯… 続きを見る

ASP(レンタルカート)型のECサイト構築・通販システム会社への発注にあたっての基礎用語

  • SSL証明書

    SSLとはSecure Socket Layerの略で、インターネット上で情報を暗号して送受信できるプラットフォームツールのことです。個人情報・クレジットカードの情報など大切なデータを安全にやりとりすることを可能にします。SSL証明書・サーバー証明書とは、ウェブサイト所有者の情報・送信情報の暗号化に必要な鍵・証明書発行者の署名データで、ネット上の実印のようなものと捉えることができます。

  • かご落ち

    かご落ちとは、お客様が商品を選択して、実際にショッピングカートに入れたにもかかわらず、途中で買い物を中断してしまうことを指す言葉です。UIが悪かったり、決済完了までの手順が分かりにくかったりすると、こうした問題が出てきます。

  • EFO(エントリー・フォーム・オプティマイゼーション)

    「ボタンの見やすさや」「エラーメッセージの分かりやすさ」など、フォーム入力を快適に行えるように決済部分を改善することを言います。

    レンタルカートの場合には、こうした改善には制限がかかっている場合もありますので、初期のエントリーフォームで充足か、改善はどこまで可能なのかを確認しておきましょう。

  • 「ASP」「SaaS」「クラウド」

    「ASP」「SaaS」「クラウド」いずれもインターネット経由で提供されるソフトウェアで、サーバーでサービスを管理します。「ASP」はユーザーごとにサービス環境を割り当てるのでコストが割高でした。

    「SaaS」は必要な機能のみを必要に応じて利用することができ、環境を複数ユーザーでシェアするため、比較的低コストであるというメリットがあります。

    「クラウド」とは、ソフトウェア的なサービスだけでなく、インターネット経由で提供されるサービス全般を指し、「SaaS」はこれに含まれます。

    レンタルカートは「ASP型」「SaaS型」「クラウド型」のどれもありますが、ユーザーとしては技術的な背景にそれ程こだわらなくても良かもしれません。しかし、ネットワーク障害の際には利用不可となる点や、カスタマイズの制限など理解しておく必要があります。