システム開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 9:00~19:00

アイミツ AWARD 2019

システム開発部門 受賞

株式会社スリーエース

株式会社スリーエース

アイミツアワード審査基準

アイミツ AWARD 2019

アイミツに登録している5,000社について下記の2項目それぞれを審査し、上位10%に入った企業から選定しています。

  • ①受注実績 : アイミツ内外で数・質などの観点で十分に実績を積み重ねているか
  • ②発注者評価 : 商談、発注をしたお客様から高い評価を受けているか
株式会社スリーエース
受賞理由

システム部門にてTOPの案件受注数を誇る

受注案件例

  • Accessを用いた顧客理システムの開発(100万円)
  • 物流業における明細の一括発行、搬出サポートを行う受注管理システムの開発(予算200万円)
  • アンケート処理システムの開発(予算300万円)
  • 税理士法人の売上表や顧客情報の一括管理システムの開発(予算300万円)
  • 廃棄物処理関連業における顧客管理システムの開発(予算650万円)

公開実績

株式会社日立ソリューションズ・ビジネス / 株式会社PFU / 株式会社ミロク情報サービス / 京都大学 他多数

他社よりも訪問頻度が多く細かいサポートが発注者から高評価

実際の発注者コメント

  • 弊社のふわっとした要望に対して、真摯に対応していただけたのが好印象。実績も多くあるとのことで、安心して任せられると感じた。
  • こちらの要望を理解するために何度も足を運んでくださった。定期的に案件の経過の報告もしていただき、独りよがりにならないよう配慮されているのもよかった。
  • ヒアリングから開発、運用までをすべて同じ方々が担当してくださるので、案件が進む中で信頼関係を築くことができたと感じている。
受賞企業インタビュー

30年超の豊富な経験で培った柔軟な対応力
「一気通貫体制」で企業をトータルサポート

株式会社スリーエース

アイミツに登録している数多くの企業のなかから、お客様に選ばれ続けているのはなぜなのか。
その大きな理由として、それぞれの企業が持つ固有の「強み」が挙げられます。
本インタビューでは、コンシェルジュが各企業にその強みを具体的にお聞きします。

清水智 様
受注会社

株式会社スリーエース 営業部 部長

清水智 様

SESの開始時期である1998年に株式会社スリーエースに入社。現在は企画部部長を務める。

芝野泰希
インタビュアー

株式会社ユニラボ コンシェルジュ

芝野泰希

大学在学時、株式会社ユニラボで1年半インターンシップを経験後、2017年に同社に新卒で入社。カスタマーサクセス部に配属され、新規営業、既存営業の両方を経験し12ヶ月連続月間営業目標を達成。現在は、コンシェルジュのチームリーダーを務め幅広いカテゴリの案件を対応。

Chapter1/4

営業と技術の2人3脚でお客様に最適なシステムを提案

芝野:アイミツアワード受賞おめでとうございます。御社については、さまざまな要望に応える対応力を評価する声が数多く上がっています。実際にアイミツ内におけるシステム案件の受注数は一番多い状況です。

スリーエース笑顔

清水:ありがとうございます。

芝野:その評価の背景にあるのが「開発から運用までの一気通貫体制」とうかがっていますが、実際にどのような形で対応しているのでしょうか。

清水:弊社では、ヒアリングや要件定義という段階から開発、納品後の保守運用までを、基本的には同じメンバーで行います。

お客様の多くが中小企業で、専任のシステム担当者はほぼいない会社ですので、こういう一気通貫体制だと窓口が一本化でき、安心して使っていただけるということなのではないかと思っています。ある意味、弊社も中小企業で分業体制を取れるほど人がいないということでもあるんですけどね(笑)。

芝野:つまり、開発の一気通貫体制というのが基本にあって、そのチームが入口から出口まで全部やるというイメージですね。1チーム何人くらいの体制なんですか。

清水:チーム編成は案件ごとに変わります。大規模の場合は10人くらいになることもありますが、通常は2~3人が多いですね。

芝野:そうすると、PL(プロジェクトリーダー)的に業務を担当する方が何名かいて、都度チームを作る感じですか。

清水:そうですね。SEのなかにリーダー格のメンバーが何人かおりまして、その下に案件に応じて若手や中堅のSEを付けてチーム編成をしています。

芝野:ヒアリングや要件定義の段階から1つのチームで行うということは、PL格の技術者も最初からお客様のところへうかがうわけですか。

清水:ええ。だいたいは営業と技術者がセットでお客様のところへ話をうかがいに行きます。そこでお客様と営業、技術者が意識共有をして、規模感や金額を決めていく感じですね。

芝野:お客様の要望にそって入口から運用まで一貫してサポートするとなると、コミュニケーションも相当、密に取ることになるんでしょうね。

清水:そうですね。特に新規でシステムを作る場合には、お客様が何もイメージできていないこともありますから、要件定義がかなり重要になります。

それと、イメージができていないと他社の話を聞いてお客様の要望が変わっていくことがあります。そこを確認することも必要なので、訪問回数は必然的に多くなるんですが、それも親身に対応してくれるという評価につながっているのかもしれません。

芝野:実際に過去のお客様から「こちらの要望を理解するため、何べんも足を運んでいただき、途中経過の報告等、独りよがりならないよう対応してくれた」というコメントも見られますね。

清水:何か特別なことをしているつもりはないですが、お客様と頻繁に顔を合わせるという意識は強く持っています。

芝野:お客様もそのほうが安心できるので、結果的に信頼をしていただけるんでしょうね。ところで、御社では営業もSE出身の方が多いと聞いていますが、それでもやっぱり技術者も一緒に訪問したほうがいいんですか。

清水:営業と技術、それぞれの立場の人間が行くことで、その場で臨機応変な対応ができます。例えば、運用についてのイメージをお客様が持てなくて、結局は発注に至らないということがあるのですが、そこを技術者が具体的に説明することで納得していただけるといった具合ですね。

一方で、技術者とお客様だけで話を進めると、いろいろなことを盛り込んでどんどん規模が膨らんでいくことが多いんです。お客様の予算規模の2倍、3倍に膨らんだところから内容を絞り込んでいくと、ガッカリされて発注に至らないこともあるので、そこは営業が手綱を取って、規模感・予算感をしっかり押さえるようにしています。

Chapter2/4

創業以来、中小企業のニーズに応えたシステム開発を続ける

芝野:御社は1981年の創業でかなりの歴史があります。30年以上となると老舗と呼んでも差し支えはないですよね。当時からシステム開発を行っていらしたのですか。

スリーエース真顔

清水:創業当時は中小企業でオフコン(オフィスコンピューター)の導入が始まった時期で、事務機メーカーなどが盛んに売り込みをしていました。

まだパッケージソフトとか、そういう概念がなかったころなので、オフコンで使う販売管理などのシステム開発を行っていたんです。以来、お客様のニーズに応えてシステムを開発するという基本的な形は現在まで変わりありません。

芝野:先ほど、分業体制を取れるほど人がいないという言い方をされていましたが、現在は何人くらいのエンジニアがいるのですか。

清水:SES(システムエンジニアリングサービス。SEの能力を契約の対象とした業務委託契約のこと)を行っていることもあって、現在は50人ほどです。

芝野:PLをやるような方は受託開発専門なんですか。

清水:いえ、そんなことはありません。SESでもPLの役割を求められることがあるので。PLに限らずSEについては、受託とSESという形で固定することはなく流動的に配置しています。

芝野:なるほど。御社は京都の会社ですが、東京の案件もかなり受注されています。京都と東京で違いを感じる部分はありますか。

清水:ありますね。京都の歴史ある会社には、独特の商慣習を守り続けているところが結構あるんです。時には、システム的な合理性だけで押し通すのではなく、慣習のほうに寄せて作らなければならない場合もあります。

芝野:そのあたりは、なんとなく京都という感じがしますね。御社のお客様への対応力というのもそういうところで築かれたのかなと。

清水:確かに、それで鍛えられた部分はありますね。

芝野:ちなみにお客様の多くが中小企業ということでしたが、これはターゲットとして意識して狙っているんですか。

清水:ある程度は意識していますね。大企業から新規開発のお話をいただくこともありますが、規模の割に価格を安く言ってくることが多いんです。加えて、お客様の会社規模が大きくなると、仕事のスピード感が落ちる印象もあります。

3ヵ月程度の交渉で受注が決まるイメージのものが半年、1年かかってしまうとか。予算が3,000万円を超えてくる案件だと、特にそんな感じになりますね。その意味では、300万~400万円、せいぜい1,000万円台くらいまでの規模で、本当に作りたいと思っている判断のスピードが速い中小企業のお客様というのが、弊社には向いているかなと考えています。

芝野:2~3人のチームが一気通貫体制でやれる規模としても、そのあたりが適正ということがあるんでしょうか。

清水:そうですね。社外のリソースを使わざるを得ないような規模の案件を受けると、保守・運用に関して単なる窓口になってしまったり、場合によって完全にノータッチになってしまったりと、いずれにしても弊社にとしてはあまり好ましくない結果になります。

だから、だいたい先ほど話した規模を目安にしているのです。それに、このくらい規模だとシステムが稼働してから大きな問題が発生することは少ないため、少ないチームメンバーでも運用サポートまで手が回るんですよ。

Chapter3/4

ユーザーの”かゆいところに手が届く”システムを実現

芝野:御社は販売管理関連のシステムを作ることが多いとうかがったのですが、そのあたりの実績が多い理由はなんでしょうか。

スリーエース引き

清水:そもそも弊社はオフコンなどのシステム開発から始まっていて、そのメインとなっていたのが販売管理なんです。それに、自社独自の請求方式などもありますので、今でも中小企業がスクラッチで開発するのは販売管理から入ることが多いですね。

芝野:なるほど。ほかにも中小企業に特徴的なことはありますか。

清水:顧客管理が一緒になっているシステムの開発とかも多いですね。例えば、プロパンガス会社の案件では、顧客名簿を検針ルート順で並べてほしいという要望がありました。

今ならGoogleマップを見ながら回り方を考えたりするのかもしれないですけれど、昔は顧客名簿で回るルートを考えていたんですね。なかにはマンションとか同じ場所に顧客がたくさんいるというようなケースがあります。そこで、顧客名簿が販売管理にも結び付くようなシステムが求められました。

芝野:それは顧客のほうがベースで、その顧客データから売り上げ計上していくわけですね。

清水:そうです。かつて帳面に売り上げを記入して作成していた顧客名簿という基本を崩さないほうが使い勝手がいいと。ただ、それが弊社にとってもいちばん速く作れるやり方だったりするんですよ。

顧客が何千人といるわけではないので、お客様に帳面を見せてもらって、それをスプレッドシートにズラーッと並べればいいという感じです。このようにお客様独自の要望にお応えしてきたので、いろいろな状況に対応できるという強みはあります。

芝野:先ほど、京都の歴史ある会社には、独特の商慣習を守り続けているところが結構あるというお話がありました。システムを開発する上で大変とか特殊だった事例があればおうかがいしたいんですが。

清水:悉皆(しっかい)屋という着物のことなら何でもやる商売があるんです。弊社でシステムを作ったところは、反物を売っているお店から依頼を受けると、反物と仕様(採寸)を預かって作るまですべてを請け負っていました。話をうかがうと、反物を洗うところから始まって和服ができあがるまでの工程が、すべて外注の完全分業制になっているんです。

スリーエース対談風景

芝野:へえー。そんな商売があるんですね。初めて聞きました。

清水:何が問題かというと、工程ごとに業者が違うので状況を把握するのがむずかしいんですね。私も話を聞いたときは、そんな工程を全部追いかけて管理するシステムなんてないやろと思いました。

工程管理も大変なんですが、それだけではなく、工程が動くごとに作業代が発生するので、どの工程がいつ行われて、どのくらい費用がかかったというものを追いかけないといけないんです。こういうシステムの開発とかは特徴的ですね。さすがにパッケージでは販売されていませんから。

芝野:もともとは、業者が変わるとは言っても、地域全体で1つの工場のような形になっていて、お互いの顔が見えるから信用で仕事ができていたのかもしれませんね。

清水:そう思います。でも、今や京都の会社でも縫製を海外でやったりしていますからね。それこそ東南アジアの果てのほうまで帯を送って縫ってはるので。和服は、洋服と違ってサイズが採寸でドンピシャに決まるんで、意外と海外に出しやすい分野ではあるんです。実際、お客様からのリクエストも「そこまで追いかけるシステムでけへんか」というものだったんです。

芝野:かゆいところに手が届くというか、パッケージでは対応しきれないシステムですね。もちろん量が出るものではないから、パッケージにならないのでしょうが、必要とするお客様はいるわけですよね。

清水:そうです。そういう方たちのニーズに応えていくのが私たちの仕事だと思っています。

芝野:冒頭でご指摘があったように、中小企業は専任のシステム担当者はいないことのほうが多いですよね。お話をうかがっていると、御社の一気通貫体制は、その役割を担うことを意識しているようにも思えるのですが。

清水:お客様が事業を展開していくなかで、仕事を継続的に一緒にやっていきたいという気持ちは強いですね。システム開発は単発で終わってしまうとあまり意味がありません。一度作ったメンバーが継続的にサポートすることで、お客様が気楽に相談できる雰囲気が生まれると思うんです。漠然とした状態でも、聞くだけ聞いてみようと思ってもらえるようにするのが重要ですね。

芝野:実際にそういうところから話が進んだものもあると。

清水:ええ。保守にうかがったタイミングで「次にこういうことをしたいんだけど」というご相談をいただくことは結構あります。多くのお客様がいくつかのシステムを導入されていますが、そのすべてを把握している方というのが社内にはまずいません。

そういう意味では、お客様もシステム全体を把握したいと考えていることは間違いありません。だから、弊社にシステムを1つ開発させていただいたら、ほかも全部面倒見ますよというのは、たいがいのお客様にとってウェルカムのはずなんです。

芝野:そのなかから、「これとこれは統合できますね」とか「連携ができるように改修したらどうでしょう」といった提案もするのですか。

清水:はい。そういう形でお客様の成長をサポートしていければと思っています。

スリーエース実績

Chapter4/4

アプリとの組み合わせでよりメリットが生まれるシステムを提供

芝野:御社では通常のシステム開発だけでなく、アプリ開発も行っていますよね。

清水:アプリ開発については、リーマンショックの直後にスマホが出てきて、たまたまiOSができるメンバーがいたので、やってみようかということで始めた経緯があります。いわゆるBtoCというサービスを提供するような意味合いで、便利に使えるアプリ開発にトライしてみましたが、なかなかマネタイズに苦労しました。

そこで企業の営業マンが持ち歩いて使うシステムなど、目的がはっきりしている企業のアプリ開発にシフトしていきました。特に最近は、システム開発のなかにモバイル、つまりはアプリが組み込まれることが多くなっています。

芝野:中小企業の場合だと、クラウド+モバイルという使い方は、かなりメリットがありそうに思うのですが。

スリーエース対談風景

清水:何と言ってもクラウドは、サーバー運用の手間がいらないというメリットがあります。弊社としても、壊れないのでトラブルがほとんどありませんから、運用的な手間がかからないので助かります。

メンテナンスも、お客様のところへ行かなくてもできるようになってきているので、その分値段も安くできます。そういうシステムにモバイルを組み合わせると、効率化や働き方という面で中小企業にとってメリットは大きいと思います。

芝野:御社が開発したアプリの具体的な事例を教えていただけますか。

清水:タクシー会社から配車アプリを受注したことがあります。先ほどお話をしたようにそんなにお金をかけずに開発できるところまで来ているので、汎用的なアプリがたくさんあるなかで、タクシー会社が独自で導入するメリットは意外とあるんです。顧客の囲い込みとかですね。

芝野:最後になりますが、今年(2018年)6月にオプテックスグループ(東証一部上場)入りが発表されました。これにより、会社の方向性などに変化はあるんですか。

清水:グループに参画したからといって、基本的には自立していかないとだめなので、大きな変化はないと思います。

一方で、外注と同じレベルの関係性では意味がなく、シナジー効果が求められます。センサーで大変な実績のあるグループですから、弊社がこれまであまり手がけてこなかったIoTなどの領域でもお客様に貢献していけるようになるのではと考えています。

スリーエーストロフィー受賞

インタビュー後記

システム上の合理性を追求するだけでなく、時にはお客様の商習慣などに寄せて開発するというお話がと印象的でした。30年以上、一貫して中小企業向けのシステム開発を行ってきたなかで培ってきた、ニーズとシステムをすり合わせるノウハウ・スキルが、お客様から高評価いただいている柔軟な対応力の源泉であることを実感したインタビューでした。

株式会社スリーエースに関する詳細情報はコチラ