無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

システム開発会社の見積もりが
最短翌日までにそろう

一括見積もりをする(無料)
更新日:2022年11月25日

AR動画とは?企業がAR動画を活用するメリットとデメリットを紹介【2022年最新版】

ゲームアプリやイベント、キャンペーンなどの販促において、AR動画を活用することがあります。AR動画の制作には専門知識が必要であるため、システム開発会社に依頼するのがおすすめです。
そこでこの記事では、動画・映像制作やバックオフィスなど、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、AR動画のメリット・デメリットや、企業による活用例なども解説するため、気になる人は参考にしてください。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。
ARシステム開発の費用と相場
AR開発に強いシステム開発会社一覧

AR動画とは?

AR(拡張現実)とは、現実の風景にデジタルコンテンツを組み合わせる技術です。なお、スマートフォンやタブレットなどのカメラとあらかじめインストールした専用アプリを使い、再生される動画をAR動画といいます。
AR動画を再生するには、専用アプリでARマーカーと呼ばれる特定の風景や物などを読み取る必要があります。

AR動画でできることとは?

AR動画は現実にデジタルを組み合わせることで、今までにない新しい体験や、より精緻なシミュレーションを可能にします。例えば、ARゲームアプリでは現実の風景にゲームキャラを登場させることで、ユーザー自身がゲームの世界にいるような世界観を体験できるでしょう。
また、建築業の現場においてもAR動画は活用可能です。具体的には、施工主とお客様が設計段階において、施工後の建築物のイメージを共有する際に活用できます。

AR動画のメリット

AR動画はさまざまなシーンで活用できる技術です。ここでは特に販促活動におけるAR動画のメリットを3つご紹介します。

エンターテインメント性が高まる

AR動画のメリットの1つは、エンターテインメント性が高まることが挙げられるでしょう。見慣れた風景にゲームのキャラクターなどのデジタル技術が登場する仕掛けは、一般的な動画では得られない新鮮な驚きをユーザーに与えられます。
また、専用アプリでARマーカーに設定された特定の場所や物を読み取ることがAR動画を見られる条件になっている場合、希少性のある体験ができるでしょう。

話題性の高さにより拡散されやすい

AR動画は話題性が高く、拡散されやすいこともメリットです。高度な技術であることから、導入している企業も少なく、希少性が高いといえるでしょう。
また、AR動画を体験したユーザーの多くが自分の驚きや楽しさをほかの人に伝えようと口コミで拡散してくれることも期待できます。AR動画をイベントやキャンペーンなどの販促手法と組み合わせると、商品やサービスの認知拡大を狙えるでしょう。

情報を知覚的に伝えられる

AR動画では、音楽や動きを伴った情報提供ができます。そのため知覚に訴えかけやすく、文字や写真と比べて視聴者の印象に残りやすいでしょう。
例えば、観光パンフレットにAR動画を連携させることで、ユーザーは実際に観光地にいるかのような体験を得られます。文章や写真だけでも魅力は伝えられますが、AR動画を使うことで風景の美しさをより強く印象付けられるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

AR動画のデメリット

新しい技術であるAR動画には、デメリットもあります。ここからは、AR動画を活用する際に注意したい3つのデメリットを紹介するため、導入を検討している人は事前に把握してきましょう。

体験した人にしか魅力が伝わらない

AR動画のデメリットは、実際に体験したユーザーにしか魅力が伝わらないことです。AR動画を見るには、専用アプリを使ってARマーカーを読み取る作業が必要です。そこで、実際に体験してもらうには、イベントやキャンペーンの存在、参加方法を知ってもらう必要があります。
なお、特定の場所に訪れたり、風景をカメラで写したりすることが必要なAR動画は、物理的な制約から見られる人が限られるでしょう。

設備やシステムなど独自の環境設備が必要

現在の技術では、専用アプリをインストールしたスマートフォンやタブレット、インターネットの通信状況などの設備環境が揃わなければ、AR動画を視聴できません。日本におけるスマートフォンの普及率は高いとはいえ、どこにいても気軽に利用できないことがAR動画のデメリットといえるでしょう。
また、スマートフォンやタブレットを所有していたとしても、OSやスペックなどによってはAR動画を視聴できない場合があります。

制作には一定のコストがかかる

AR動画の制作を制作会社に依頼する場合には、コストがかかります。一口にAR動画といっても、要望や取り入れたい技術によって金額は変動するでしょう。少なくとも数万円ほどの費用が発生すると考えておくとよいです。また、作成したいAR動画のイメージが固まっていない場合は、ディレクション費用として、さらに数万円が追加されることもあります。

企業によるAR動画活用の事例

AR動画は、さまざまなメリットを得られるため、自社のマーケティングに導入することを検討している人も多いのではないでしょうか。しかし、明確な目的がないまま導入すると、高い効果を得ることは難しいでしょう。そこで、ここからは実際にAR動画が活用されている事例をご紹介します。

レシピ本『mogoo パパッと作る! おいしい 今日のレシピ』

月間1,000万人以上が楽しむ料理動画サービス「mogoo(もぐー)」。初心者でも完成までのイメージがしやすく、料理が楽しくなるとして人気です。サービス内で特に人気のレシピを書籍化しています。
書籍内では、紹介されているレシピ写真を専用のアプリで読み取ることで、料理の手順をAR動画で確認できるしくみが採用。AR動画を活用することで、動画による説明のわかりやすさと書籍の見やすさを実現しました。

・出典:PR TIMES 株式会社東西社 「★★料理写真が動き出す!?★★月間1000万人以上が楽しむ料理動画サイトがAR(拡張現実)付きで書籍に! 動画を確認、パパッと料理! しかも手早く作れて、美味しいレシピが満載です。」 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000029007.html

NTT西日本 営業用パンフレット

大手通信会社NTT西日本では、ICTソリューション営業用のパンフレットにARマーカーを組み込み、アプリをかざすとサービスの紹介動画などを視聴できるようにしています。
以前からICTソリューションの説明のために動画を活用していましたが、営業担当者が訪問時に見せることが前提だったため、動画を見返せないのが課題でした。しかし、パンフレットから顧客自身がAR動画にアクセスできるようになったことで、営業活動後のフォローアップにも効果を発揮しています。

・出典:Cloud CIRCUS 「AR動画付きのパンフレットで紙とデジタルのいいとこどりを目指す。AR導入後の社内外での評判は上々!|NTT西日本様」 https://www.coco-ar.jp/media/cases/nttwest

システム開発の費用相場

つづいては、システム開発を外注した際にかかる費用相場をご紹介します。

システム開発の平均相場
システム開発の平均相場 233万円~
システム開発の種類別平均相場
システム開発の種類 費用相場
簡易顧客システム 20万円~
Webシステム 130万円~
業務システム 400万円~

システム開発の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】AR動画の相談はシステム開発会社へ

AR動画は、現実とデジタルコンテンツを組み合わせることで、ユーザーが画期的な体験ができる技術です。エンターテインメント性が高く、話題になりやすいため拡散されやすいという特徴があります。
制作するには専門技術が必要であるため、専門会社に外注することがおすすめです。アイミツではご要望を伺ったうえで、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介できます。システム開発会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
AR開発に強いシステム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ARシステム開発の平均費用と料金相場

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するシステム開発会社一覧