無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月29日
更新日:2022年3月29日

システム開発の手法5つを解説!特徴・メリット・デメリットで比較【2022年最新版】

システム開発には専門用語が頻出しわかりにくい言葉も多いことから、外注するにあたっても「どの開発手法で依頼すべきかわからない」という方も多いのではないでしょうか。
この記事では、幅広い分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、システム開発の代表的な5つの手法とそれぞれのメリット・デメリットをわかりやすく紹介します。ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
システム開発会社一覧
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

システム開発とは

システム開発とは、コンピューターシステムを駆使して課題解決の仕組みを構築することを指すものです。「既存事業を効率化したい」「事業の幅を広げたい」「バックオフィスの能率を改善したい」「人件費を削減したい」といった課題を解決するために、コンピューターシステムを用いて仕組みを構築していく行為を「システム開発」と呼びます。

システム開発の手法

ここからは、ビジネスの課題を解決する上で用いられているシステム開発の5つの手法と、それぞれの特徴について解説していきます。

ウォーターフォール開発の特徴

ウォーターフォール開発は、システム開発における工程を順番にこなしていく開発手法です。上流工程から下流工程へ流れるように進めていくことから、ウォーターホール(滝)開発という名称がつけられています。
あらかじめ作業手順を決定してから開発を始めるため、スケジュール管理がしやすいのが特徴です。計画どおりに進めることが前提となるうため、仕様変更が起こりにくいシステム開発に採用されることが多いとされています。

アジャイル開発の特徴

アジャイル開発は、「計画〜設計〜実装〜テスト」の工程を繰り返し行う開発手法です。「素早い」「機敏な」といった意味を持つ「Agile」の文字どおり、スピード感を持ちながらも柔軟に開発が進められるという特徴があります。
多数のユーザーに利用される可能性の高いWebサービスやアプリなど、仕様変更が想定されるシステム開発に用いられることが多いようです。

スパイラル開発の特徴

スパイラル開発は、システムに必要な機能(サブシステム)ごとに「計画〜設計〜実装〜テスト」を繰り返す開発手法です。1つの機能の開発が完了したら次の作業を進め……とスパイラルを描くように機能開発を重ね、システムを構築していきます。
納期よりも品質を重視したシステムの開発や、アジャイル開発と同様に仕様変更の可能性があるシステムの開発に向いていると言われています。

プロトタイプ開発の特徴

プロトタイプ開発(プロトタイピング開発)は、ウォーターフォール開発を改良した開発手法です。「試作品」「原型機」という意味を持つプロトタイプの名前どおり、まずは試作品を作成して関係者で修正・改善部分を確認した上で本格的な開発を開始します。
本開発の前に試作品を確認できるため、新規事業や新規サービスの立ち上げ時た、はじめてシステム開発を外注する場合に用いられています。

DevOpsの特徴

DevOps(デブオプス)は、開発チームと運用チームが連携して行うシステム開発手法です。「Development」と「Operations」を組み合わせて作られた造語で、「Development」は開発チーム、「Operations」は運用チームを指します。
まずシステムをリリースし、実際に使用したユーザーの意見を取り入れながら「開発〜実装〜テスト〜再リリース」を繰り返して品質の向上を図るのが特徴。工数削減にもつながることから、効率的かつ高品質な運用が叶いやすいとされています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

手法別でシステム開発のメリット・デメリットを比較

ここからは、それぞれの開発手法のメリット・デメリットを会摂津していきます。特徴だけでなくメリット・デメリットも把握しておくことで、プロジェクトごとにどの開発手法が適しているかが見極めやすくなるでしょう。

ウォーターフォール開発のメリット・デメリット

ウォーターホール開発の最大のメリットは、「スケジュール管理がしやすい」こと。開発前に工程ごとに必要な人員もわかるためリソースも管理しやすく、幅広いシステム開発に利用できる汎用性の高い点もメリットといえます。
デメリットは、あらかじめスケジュールを決定するため「柔軟な対応が難しい」という点。工程を分業化することから逆戻りが困難で、手戻りが生じた際には納期や予算が大幅に膨らんでしまうというリスクがあります。

アジャイル開発のメリット・デメリット

「設計〜開発〜テスト」を細かく繰り返すアジャイル開発は、開発期間内であれば発注者の要望が取り入れやすい柔軟性を備えているのがメリットです。また、チームに分かれて複数の機能を並行して開発していくため、完了までに要する時間が短いというのも魅力的なポイントでしょう。
一方でデメリットとしてあげられるのは、複数のチームが同時に動くことからスケジュール管理が難しいという点です。複数チームによる開発は、統一性のないシステムになってしまう危険性もあるといえます。

スパイラル開発のメリット・デメリット

スパイラル開発は「設計〜開発〜テスト」を機能ごとに進めていくため、アジャイル開発と同様に発注者の要望が取り入れやすいというメリットがあります。1つひとつの工程でしっかりと確認を行うため、高品質なシステムが期待できるでしょう。
デメリットは、各工程に要する時間が予想しづらく、開発が長期化してしまう可能性がある点。開発期間が伸びるのにともない、追加費用が発生する可能性も考えられます。

プロトタイプ開発のメリット・デメリット

プロトタイプ開発はあらかじめ試作品が確認できるため、運用時に生まれうる要望や不具合などが想像しやすく、質の高いシステム開発が叶う可能性が高いというメリットがあります。
一方で「設計〜開発〜テスト」のほかに「試作品開発〜テスト・レビュー」という工程が入ることで開発が長期化し、コストが膨らみがちになるデメリットがあるのも事実です。

DevOpsのメリット・デメリット

DevOpsは、すべての関係者がシステムの基本的な機能を把握でき、より具体的な要望や課題が出しやすいことから開発の効率化が図れるというメリットがあります。開発・改善を繰り返すため、質の高い開発が期待できるのも魅力です。
一方で、開発チームと運用チームの連携や「開発〜テスト〜修正」を繰り返す中でのスケジュール管理が難しいという点がデメリットといえます。

【まとめ】システム開発は外注するのもおすすめ

ここまで、システム開発の5つの手法の特徴とそれぞれのメリット・デメリットについて解説してきました。開発を希望するシステムに適した手法を用いることで、スムーズかつ高品質なシステム開発が実現するでしょう。

また、自社に開発ノウハウやリソースがないという場合には、経験豊富なシステム開発会社への依頼がおすすめです。「アイミツ」ではご要望をうかがった上で、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介可能ですので、会社選びでお困りの方はお気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場|早見表つき【2022保存版】

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!