開発方針を明確にしているシステム開発会社5社!ビジネスを支える本当にいい業者とは

更新日:2017年06月02日 | 公開日:2016年07月15日

それは強い信念と姿勢の証。「開発方針」はステートメントなり!

自社のホームページなどで具体的な開発方針などを明示していれば、そのシステム開発会社がどんな姿勢で業務を遂行しているのかがある程度認識することができます。
それはその会社のステートメント、すなわち声明であり、開発に取り組む強い信念と姿勢の証といってもいいのではないでしょうか。

そんな「開発方針」が見ることのできる会社を5社厳選しましたのでぜひチェックしてみてください。

1.株式会社アイエスアール

各種業務システムのコンサルティング及び受託開発、 パッケージソフトウェアやERPソフトウェアの導入及びカスタマイズを通して、 システム構築事業を中心とする独立系のIT企業です。
ホームページ内に開発方針を記したページを設けるなど企業姿勢を明確にし、さまざまなクライアントニーズに対応しています。

株式会社アイエスアール紹介ページはコチラ

2.株式会社ウィズテクノロジー

システムはお客様のビジネスを支えるものですので、ただ動けば良いわけではありません。
業務の改善やコストダウンなど、より良いシステムのご提案から、お客様のシステム運用の事を考えた設計・開発を行っております」というポリシーのもと、「人に優しく易しいシステム」、「安心なシステム」、「安全なシステム」という3つの柱でシステム開発の方針を打ち出すなど、品質へのこだわりが伝わってきます。

株式会社ウィズテクノロジー紹介ページはコチラ

3.株式会社フルマークス

システムの構築からコンサルティングサービスまでを行っている企業です。
ホームページ内では開発方針を3つに分けて具体的な取り組みをわかりやすく説明しています。
「私たちは優れた「アイディア」、「技術力」、「行動力」をもってクライアントに接し心から満足できる結果を与えます。そして常に「満点」の評価を頂く為に努力します」という経営理念を掲げ、クライアントの絶対的な優位性を実現するための、画期的なビジネス・モデルの提案・提供を行っています。

4.株式会社サイバースペーステクノロジー

企業理念は「共生を旨とし 誠実を以って社会に接し 技術を以って社会に貢献し 社員の幸福を願う」

開発方針をわかりやすく項目立てにして前面に打ち出しています。
お客様のあらゆる要望に応えながら、IT技術を通して社会へ貢献できるよう躍進し続けています。

5.メディアミックス株式会社

業務用ソフトウェア設計・開発から紙媒体の企画・デザインまで幅広く手掛けている企業です。
システム開発方針はお客様のことを第一に考えたもので、「何が本当に必要なのか?」を着眼点とし、どうすれば最大のベストマッチなシステムを提供できるかを常に考えながら作業を進めるといった、開発技術力でお客様をサポートするという意気込みを感じます。

【まとめ】目標を達成するための「方針」には、会社のやる気が垣間見える!

以上のように、システム開発で「方針」を立てている会社にはある意味「やる気」を感じることもあります。
「方針=やる気」と、決して言い切ることはできませんが、執筆者には同義語のように思えます。

日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』には100万件の口コミを元に構築した7万社の企業・個人事業主様のデータベースがあり、こうした「方針」を打ち出している会社が登録されています。

システム開発のための会社選びでお悩みの際は、お気軽にお問い合わせを!
専門コンシェルジュが完全無料にてご紹介していますので、ぜひご利用ください。

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください