無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月29日
更新日:2022年3月29日

AI画像解析とは?仕組みや活用方法を解説!【2022年最新版】

近年ではIT技術の発展にともない、AI技術も進化を遂げています。AIを活用した画像解析に興味を抱いてる方も多いのではないのでしょうか。
この記事では、さまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、画像解析・画像認識・AI画像解析の具体的な意味や、AI画像解析で実現できることについて詳しく解説していきます。

【関連ページ】
AI画像解析にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。

システム開発の費用・相場
システム開発会社一覧

画像解析とは

画像解析とは、カメラやセンサーなどを活用して画像を取得し、コンピューターで画像から得た情報を収集・分析する技術です。たとえば、スマホの顔認証や航空写真を用いた地震被害分析などが挙げられます。
人間の目では主観によって判断が変わってしまうほか、認識にも時間が必要。そこで、手動で行っていた分析を自動化し、高速で処理できる画像解析が役に立つのです。また、対象によっては人間による分析よりも、画像解析の方が精度が高い場合も少なくありません。

画像認識と画像解析の違い

画像解析における一般物体認識のことを画像認識と呼ぶ場合があります。この点が「画像認識」と「画像解析」の違いだと言えるでしょう。
そもそも物体認識は大きく分けて2種類あり、画像情報から「これは◯◯である」と物体そのものを判断するのが一般物体認識です。一方で、さらに具体的な型番などを特定していくのが特定物体認識。前者の方が「画像認識」と呼ばれる傾向にあるということです。

AI画像解析とは

AI画像解析とは、人工知能(AI)と画像解析を組み合わせたソリューションです。画像解析に人工知能技術を活用することで、効率的かつ正確に処理することが可能。
近年では人工知能技術が発展したことにより、ビジネスシーンだけでなく、一般ユーザーが使用するツールにも搭載されることが増えました。AI画像解析を活用した例としては、倉庫業務の自動化や不良品の検出、入退室の管理、食事メニューの自動カロリー計算などが挙げられます。

AI画像解析の仕組み

AI画像解析の仕組みには機械学習が用いられています。人工知能に大量のデータを学習させ、情報を判別させる手法です。人工知能が画像から抽出したデータを学習することで、継続的にデータを蓄積し、精度を向上させていきます。
ただし、機械学習にもさまざまな種類があるため、タスクに応じて適した方法を選択することが大切です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

AI画像解析でできること

AI画像解析について理解が深まったところで、実際にどのようなことができるのか具体的に確認していきましょう。ここからは、AI画像解析で実現できることについて詳しくご紹介していきます。

分類

分類は、AI画像解析の基本となる機能です。主に物体分類とシーン認識の2種類に分けられます。 物体分類では、「動物」「バイク」などと、画像に写っているものが何かを識別することが可能です。
一方のシーン認識では、画像の背景から全体の状況を識別できます。たとえば「オフィスビル」が写っている画像に対して「街」と解析するのがシーン認識です。

検出

検出とは、画像に写っているものだけでなく、「どこに」写っているのかまでを識別します。物体検出と領域検出の2種類に分類でき、物体検出では画像に写っているものとその位置を識別可能です。顔写真であれば、画像のどこに顔があるのかを判別できます。
一方の領域検出は、画像内にある物体領域の境界線を識別可能です。自動運転の分野で道や壁、ほかの走行車、歩行者を検出するのによく活用されています。

生成

また、AIを活用することでさまざまな画像を生成することも可能です。たとえば、人の顔画像を生成する場合は、GAN(敵対的生成ネットワーク)と呼ばれるニューラルネットワークを活用したアルゴリズムが一般的に使用されます。
また、リアルな画像のほか、アニメのような画像も生成可能です。技術の発達により、フェイク画像の悪用が問題視されていますが、実験や研究で使用する画像データを大量に生成するために活用される場合もあります。

AI画像解析の活用法

AI画像解析を活用することによって、リアルタイムで空席の検知なども可能です。アミューズメント施設やイベント、飲食店などで活用されています。これまでにも空席検知システムはありましたが、各席にセンサーやカメラを設置する必要があり、気軽には導入できませんでした。
しかし、AI画像解析で空席を検知できるサービスでは、席を見渡せる位置にカメラを1台配置するだけで利用できます。従来の空席検知システムよりも導入コストを抑えることも可能です。

システム開発会社選びのポイント

AI画像解析を導入したい場合は、システム開発会社に依頼することが考えられます。まずは、自社の目的や課題を明確化するところからはじめましょう。AI画像解析によってどんな問題を解決したいのか整理できれば、システム会社に依頼する内容も明確になります。
また、実際に依頼先を選定する際は、AI画像解析に関する実績やノウハウが十分にあるのかどうかを確認のも重要なポイントです。事前にシステム開発会社のホームページから事例などを確認し、自社の希望と近い事例がある会社を選定しましょう。

まとめ

AI画像解析サービスを導入することで、売り上げの向上やコスト削減などさまざまなメリットを得られます。依頼先を決める際は、実際の事例を参考に複数社を比較するようにしましょう。

アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の費用・相場

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!