無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年4月13日
更新日:2022年4月13日

メタバースとは?|メリット・デメリットと今後の可能性【2022年最新版】

近年、大きな話題を集めているメタバースですが、単語を聞いたことはあっても、どういうものかはよく分からないという方も多いでしょう。メタバースを理解することは、今後普及していくメタバースを活用したビジネスチャンスを逃さないためにも重要です。この記事を読むことで、メタバースの概要やVRとの違い、メリットとデメリットを理解できるでしょう。メタバースのビジネス活用を考えている方はぜひご覧ください。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。

システム開発の平均費用と料金相場
システム開発会社一覧

メタバースとは

はじめに、メタバースとは何か、VRとの違いについて紹介します。

1-1.メタバーストは何か

メタバースは「超越した」という意味の「メタ」と、「ユニバース」から取った「バース」から作られた用語です。メタバースはインターネット上に作られた仮想空間で、アバターという自分の分身で仮想空間に入り、ほかのユーザーとコミュニケーションできます。

メタバース内でショッピングできるようにサービスを展開している企業もあり、さまざまな新しい活用方法が誕生していることが特徴です。すでにイベントやゲームなどが仮想空間内で実施される場合もあり、バーチャル会議などビジネスでも活用されています。

例えばMeta社はVR空間内にてアバター姿でミーティングできるサービスや、マイクロソフト社が仮想空間へ拡張する新サービス「Mesh for Teams」を提供すると発表しています。

1-2.メタバースとVRの違い

メタバースとVRには明確な違いがあります。VRは1人で仮想の情景や映像などを体験するのが目的です。一方でメタバースは、インターネット上で、ほかの利用者とアバターを介してコミュニケーションする「空間」で、コミュニティ形成を重視しています。

メタバースはゲームやブログなどの世界で昔から利用されており、例えばアメブロの「アメーバピグ」は自身のアバターを作ってほかのユーザーとコミュニケーションする機能を利用可能です。メタバースが最近になって注目されている理由は、大きく3点あります。

1点目は、現実では実現できない状況を共有できる点です。例えば、研究としてさまざまなシミュレーションをメタバース内で実現できます。2点目は距離による物理的な制約を緩和できる点です。例えば現地見学などでお客様に移動してもらう行為が不要になり、多くの情報量を持つ仮想空間上で、共通の体験ができます。

3点目は感染症対策で、既存のWeb会議ツールよりも多くの情報をやりとりできるため、顔を合わせなくてもビジネスをスムーズに進められるでしょう。

メタバースでできること

続いて、メタバースでできることを3つ紹介していきます。

1つ目はより現実に近いWeb会議です。メタバースを活用すると、アバターが直接対面しているかのように会議が進められ、さまざまなモノを共有し、より活発な議論を進められるでしょう。

2つ目は高度なバーチャルイベントです。現在のWebセミナーと比較して大幅にできることが増え、非現実的な世界をより臨場感を持ってお客様に提供できます。エンターテインメントでの活用だけでなく、新商品や新サービスの発表時により質の高いコンテンツや顧客体験を提供できるでしょう。

3点目は社員研修の仮想化です。現在はWeb会議ツールで実施されていますが、社員のモチベーションが上がりにくいという課題がありました。メタバースを活用すれば、多くの社員が集合しているような状況で、臨場感のある社員研修が実現できます。仮想上で作成した研修コンテンツで、より効果的な研修ができるでしょう。

メタバースのメリット

メタバースが普及すると、私たちの生活やビジネスにはどのようなメリットがあるのでしょうか。メタバースを活用するメリットは以下の3つです。

・現実世界では実現できない物や環境も作れる
・自由度が高く活用方法が無限大
・感染症流行時も安全

それぞれ詳しく解説していきます。

3-1.現実世界では実現できない物や環境も作れる

メタバースを利用すると、現実の世界では実現できないモノや環境を実現できるため、非現実的な体験が可能です。

例えば、メタバースをゲームで活用した場合、シューティングゲームのように、まるでプレイヤーが実際の戦場で銃撃戦をしているような体験ができます。現実の世界で実際に銃撃戦を体験することは非常に難しいですが、メタバースであればそのような体験ができるでしょう。

また、現実とは異なる形でファッションを自由に楽しむことも可能です。メタバースのメリットは非日常の体験を気軽に楽しめる点だと言えるでしょう。

3-2.自由度が高く活用方法が無限大

自由度が高く活用方法が無限大にある点もメタバースのメリットです。メタバース上では自由な発想で仮想の建築物などを作成できるため、例えば仮想空間に用意した非現実的なイベント会場やコンサート会場を構築すれば、リアルな会場では実現できない魅力的なイベントを開催できます。

これまではコストや時間などさまざまな制約で実現できなかったイベントも、メタバースによる仮想空間上で実施できるでしょう。メタバースはまだまだ発展途上の世界ですが、日進月歩の技術のため、日々新しいサービスや機能が誕生しています。

3-3.感染症流行時も安全

感染症が流行しているときでも安全にコミュニケーションできる点もメタバースのメリットです。現在多くの企業では対面でのコミュニケーションを可能な限り減らす努力をしており、リモート環境であってもビジネスをよりスムーズに進める方法を模索しています。

特に、メタバースは有効な手段として注目され、直接顔を合わせなくても、より現実と近い環境でビジネスのやり取りをスムーズに進められるでしょう。メタバース上で実現可能なことが増加ほど直接接触する機会を減らせるため、多くの業界や企業がメタバース活用の可能性を模索しています。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

メタバースのデメリット

紹介してきたように、メタバースにはさまざまなメリットがあり、私たちの生活やビジネスを豊かにしてくれますが、デメリットもいくつか存在します。メタバースで考えられるデメリットは以下の2つです。

・依存しやすい
・現実世界でのコミュニケーション不足

それぞれ詳しく解説していきましょう。

4-1.依存しやすい

メタバースで考えられるデメリットの1つ目は、依存しやすい点が挙げられます。依存症はオンラインゲームなどでも挙げられるデメリットですが、メタバースでも同じように注意が必要です。

特に、子どもの場合は自分自身の行動をコントロールするのが難しいため、周囲の人間が使用時間や使い方などをうまくサポートしていく必要があります。また、一度依存症になってしまうと抜け出すのが難しくなり、勉強や仕事など日常生活にも支障が出るなども大きなリスクです。子どもだけではなく、大人であっても注意しながら利用する必要があるでしょう。

4-2.現実世界でのコミュニケーション不足

メタバースが普及することで、現実世界でのコミュニケーション機会が大幅に減少するリスクがあることもデメリットと考えられています。学校の友達や会社の同僚とメタバース上で集合しコミュニケーションをとる機会も今後は珍しくなくなるでしょう。

しかし、メタバースの世界に没頭する時間が長くなれば、現実でのコミュニケーション機会が減ってしまう可能性が増加してしまいます。そのため、メタバースのような仮想空間でのコミュニケーションに偏るのでなく、現実世界でも適切にコミュニケーションをとれるようなバランスが重要です。

メタバースの今後の可能性

メタバースが今後、普及していく可能性は高いと考えられており、メタバースの市場規模予測は2028年まで年平均成長率43%前後で推移していくとされています。

現時点では、日本の企業ではなく海外の企業が中心となってメタバース事業を進めていますが、今後は日本でも大手企業を中心により注目が集まる可能性があるでしょう。例えば、NTTやKDDIなどの通信キャリア会社でもメタバースへの参入が開始されており、ソーシャルゲームのGREE社は、今後バーチャルライブ配信アプリ事業をメタバース事業として進めていくと表明しています。

また、人材サービス大手のパソナグループがメタバース事業への参入を計画しているため、メタバースで作成した仮想空間で職業体験を受けられるスペースを作ることを予定しています。さらに、日産が仮想空間上に展示場を構築するなど、さまざまな業界でメタバースへの参入が始まっています。今後は世界だけでなく、国内のメタバース事業にも期待が高まるでしょう。

参照元:https://www.emergenresearch.com/industry-report/metaverse-market

メタバースの課題

メタバースにも課題があり、例えばメタバースを没入して利用するためにはヘッドセットを着ける必要があるなど、否定的な意見や利用者の負担が問題視されています。また、現在でもWeb上のヘイトスピーチやニセ情報、いじめなどの問題をコントロールできていない状況で、自由度の高まるメタバースの世界が普及すると、問題への対応がより困難になるとも言われています。

さらに法律の整備も大きな問題です。例えば、日本の民法は基本的に「物理的なモノ」がその対象範囲となっているため、メタバース上では所有権が認められません。そのため、仮にメタバース上でデジタルデータが盗まれてしまった場合、法律で罰すること困難になってしまします。

【まとめ】システム開発会社選びで迷ったらアイミツへ

この記事では、メタバースの概要やVRとの違い、メリットとデメリットを紹介してきました。今後急速に普及していくであろうメタバースを理解していないと、ビジネス機会を失うリスクも考えられます。メタバースのビジネス活用を考えている方は、メタバースをさらに深く理解するために、実際にメタバースを体験してみましょう。

また、メタバースを活用した開発依頼を検討中の方は外注できる開発会社を探してみることをおすすめします。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の平均費用と料金相場

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!