無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月22日
更新日:2022年3月22日

メタバースの市場規模はどこまで成長する?基礎情報も解説【2022年最新版】

ここ数年で急速に注目度を高めているのが、メタバースと呼ばれる技術です。従来のバーチャル空間とは一線を画すコンセプトとして知られているメタバースは、どのような点で評価されているのでしょうか。今回は、そんなメタバースと呼ばれる仮想世界の拡大の背景や、現状の市場規模、そしてどのようなビジネスモデルが期待できるのかについて、最新の事例とともにご紹介します。

【関連ページ】
システム開発にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にシステム開発会社をお探しいただけます。
システム開発の費用・相場
システム開発会社一覧

メタバースとは

メタバースは、デジタル世界に構築された一種のバーチャル空間です。ユーザーは自身の分身となるアバターを作成することで仮想空間に参入。世界中の人々とコミュニケーションをとったり、あるいは経済活動を行ったりできることから、バーチャル世界をまるで第二の現実として暮らせる仕組みづくりが進んでいます。
元々メタバースはSF小説に由来する造語ですが、今や現実のものとして大いに注目を集めています。メタバースの急速な発展を後押ししたのが、新型コロナウイルスの感染拡大です。現実世界での移動を大きく制限された代わりに、ビデオゲームなどを通じて、メタバースの土壌が整えられていきました。また、仮想通貨やNFT(非代替性トークン)など、デジタル世界と現実世界の価値をつなぐ概念が世界に普及したり、グラフィックや通信インフラの技術が大幅に向上していることも、近年のメタバースブームを支えていると考えられるでしょう。

メタバースの市場規模

メタバースは現実世界と同等か、あるいはそれに代わるプラットフォームや生活空間として注目されています。世界中の企業が投資や新しいビジネスチャンスの可能性を覚え、急速にマーケットが拡大。アメリカのニュースメディアであるブルームバーグの発表によると、メタバース市場は2024年に7,833億ドル、日本円にしておよそ88兆円にものぼる市場を形成すると言われています。
メタバースは新しいゲーム体験の場所であるだけでなく、ソーシャルメディア広告や次世代のライブエンターテイメント、そしてハードウェア需要を満たせる分野であるため、メタバースを通じて多くの資金が動くことが予想されます。まだ実験段階のテクノロジー領域であるため、確固たる機能性を持ったプラットフォームやサービスは数が少ないですが、今後参入企業やユーザーが増えていくことになれば、より大きなマーケットを形成することになるでしょう。

メタバースの代表的な事例

メタバースの代表的な事例としては、ゲームプラットフォームの「The Sandbox」が挙げられます。The Sandboxはイーサリアム上に形成されたゲームプラットフォームとして知られており、そこでのゲームプレイングそのものが経済活動に直結するという、非常に先進的な取り組みを実践。
プレイヤーはゲーム内で利用できるNFTトークンを使い、課金アイテムの売買や交換が可能。The Sandboxは日本企業からも大いに注目を集めており、ゲームやアパレル、音楽など複数の領域から参入が決定しています。ゲーム内でライブ配信を楽しめるテーマパークや、実在の商業施設を再現したバーチャル空間など、さらなるエンタメ体験の提供が行われる予定です。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

メタバースのビジネスモデル

メタバースが従来のゲームや仮想空間と一線を画す最大のポイントは、永続性を持っているという点です。これまでの仮想空間は、サービスの運営は運営企業の経営状況に左右されてきました。そのため、彼らが経営不信に陥れば、いきなりサーバーが閉鎖され、その世界が一夜にして失われてしまうリスクもあったのです。しかし今日のメタバース空間は、仮想空間内でリアルな経済活動が行われるだけでなく、圧倒的なユーザー数と多様なサービスが展開され、現実世界のような永続性を秘めています。
無限に広がるバーチャル空間を活用できるメタバースでは、実在の店舗やブランドが自由に仮想空間で自社の世界観を展開できる点も高く評価されています。現実世界では何かと制約が多くて実現し得なかったプロジェクトも、メタバースであれば容易に実現可能。ユーザーは仮想空間を現実の制約にとらわれることなく移動できるため、グローバルマーケットとして広く世界を共有できる点もポイントです。

メタバース開発には専門知識・技術力が不可欠

メタバース空間を形成するプラットフォームの構築、及び運営は莫大なリソースが求められるため、自社で仮想空間を立ち上げるというのは至難の業になってきます。そのため、メタバースをビジネスで活用するためには、既存のプラットフォームに対して、どのように参入していくか、ということを考えることが重要です。また、近年は急速なテクノロジーの進歩もあり、ユーザーニーズに応えられる技術力を自社で用意することは困難になっています。専門のシステム開発会社にメタバース参入をサポートしてもらい、自社では具体的なビジネスプランの検討や、コンテンツの仕組みづくりに力を入れるというのが賢明な選択でしょう。

【まとめ】メタバースの相談ならシステム開発会社へ

メタバースはまだ始まったばかりの新興マーケットですが、すでに多くの日本企業も参入を表明し、今後数年以内に数十兆円というグローバル市場を形成するとされている領域です。現実ではなし得なかったプロジェクトも、バーチャル空間であれば実現し、多くの集客効果を見込むこともできます。ただ、そのためには専門のシステム開発会社のサポートを受けながら、高品質なコンテンツを提供することが必要です。アイミツでは、そんなメタバース参入に強いシステム開発会社をご紹介することができます。メタバース市場への参入をお考えの際には、お気軽にアイミツまでご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
システム開発会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
システム開発の費用・相場

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!