無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

動画制作・映像制作会社の費用相場が
いますぐわかる!

更新日:2022年7月29日

YouTubeの広告収入の仕組み!条件やポイントも解説【2022年最新版】

YouTubeチャンネルを作成し、広告収入を得たいと考えている方は少なくないはずです。しかし、どうすれば広告収入を得られるのかまでは、あまり把握できていないという方も多いでしょう。
そこで今回は、YouTubeで広告収入を得られる仕組みや条件のほか、収益を上げるためのポイントや、収入を得られるYouTube広告の種類などについて解説していきます。YouTubeで広告収入を得たいという方は、ぜひ参考になさってください。

【関連ページ】
YouTube動画制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別に動画制作会社をお探しいただけます。

YouTubeの広告収入の仕組み

YouTubeにおける広告収入は、広告を配信している広告主によって支払われている広告掲載料金をもとに発生しています。つまり、広告主より広告掲載料金がYouTubeに支払われたのち、YouTubeから動画配信者・投稿者に対して収益が支払われるという仕組みです。もちろん、広告主が支払う広告掲載料はYouTubeと動画投稿者とで分け合う形となるため、丸ごと動画投稿者の利益となるわけではありません。
また、YouTubeで配信される広告は、再生される度に広告費が発生するものがメインです。投稿動画が再生されればされるほど広告も再生されるため、結果的に収入が増えていくという流れです。

YouTubeで広告収入を得る条件

YouTubeに投稿した動画が再生されるだけで収入が増えていくわけではありません。広告収入の仕組みを理解した次は、広告収入を得る条件についても把握しておきましょう。

収益化ポリシーに沿っているか

YouTubeで広告収入を得るためには、収益化ポリシーに沿っていなければなりません。YouTubeのコミュニティガイドラインや利用規約といった基本をはじめ、著作権やGoogle AdSenseプログラムポリシーなどを守っていなければ広告収入は得られません。
また、広告を掲載するコンテンツとして適しているかどうかを判断するガイドラインも定められており、こちらもあわせて遵守する必要があります。

チャンネル登録人数が1,000人以上

YouTubeで広告収入を得るためには、チャンネル登録者数が1,000人を超えている必要があります。YouTubeを視聴する側としては、わざわざチャンネル登録をしなくても再生できますが、配信者としてはチャンネル登録者数が少ないと広告収入を得るためのスタートラインにすら立つことができません。
登録者数が1,000人以上いないと収益化できないため、まずはいかにファンを増やしてチャンネル登録をしてもらうかが重要なポイントとなります。

公開動画の総再生時間が4,000時間以上

YouTubeで広告収入を得るためには、チャンネル登録者数だけでなく、投稿動画の総再生時間に関する条件もクリアしなければなりません。過去の公開動画の総再生時間が4,000時間を超えていなければ、チャンネル登録者数が1,000人を超えていても収益化することは不可能です。
チャンネル登録者数をある程度確保できているだけでなく、きちんと再生されている必要があります。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数ある動画制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

YouTubeで広告収入を得るポイント

それでは、YouTubeで広告収入を得るためにはどのようなポイントを押さえておくべきなのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょう。

高品質な動画を制作する

YouTubeで広告収入を得るには、まず高品質な動画を制作することが大前提です。なぜなら、前述したとおり、YouTubeで広告収益をあげるには、動画を再生してもらうだけでなく、長時間視聴してもらう必要があります。つまり、再生したくなる上、思わず最後まで視聴してしまうような魅力的な動画にする必要があるというわけです。
面白い企画、見やすくストレスのない編集、わかりやすいテロップなどの要素が揃った動画を投稿していけば、自ずとチャンネル登録者数や再生時間が増えていくでしょう。

動画のターゲット層を明確にする

YouTubeで広告収入を得るには、動画のターゲット層を明確にしておくことも非常に重要です。どのような人をターゲットにして動画を投稿するのかを定めておかなければ、コンテンツにブレが生じてしまい、チャンネル登録者数の増加や再生回数アップにストップがかかってしまいます。
1つから3つほどのテーマを掲げておき、具体的にはどのような層を狙ったコンテンツを発信していくのかを決めておきましょう。

動画制作・投稿を継続する

YouTubeで広告収入を得るには、継続して動画制作・投稿を行うことも重要です。更新頻度が少ない、投稿されている動画が少ないという状況では、チャンネル登録者数や再生時間がなかなか増えません。新たな動画を配信し続けなければ、ファンになってくれる人も現れづらいでしょう。
そのため、無理のない範囲で動画制作し、投稿を続けることが大切です。

収入が得られるYouTube広告は5種類

最後に、収入源となるYouTube広告にはどのような種類があるのかも確認しておきましょう。

①インストリーム広告

インストリーム広告は、YouTubeの動画コンテンツ内で配信される動画広告の1つです。5秒間経てばスキップできるスキッパブル広告と、スキップできないノンスキッパブル広告の2つに分けられます。
スキッパブル広告は、30秒以上の広告あるいは動画へのアクションで収益が発生する一方で、ノンスキッパブル広告では表示されるごとに収益が発生するのが特徴です。

②バンパー広告

バンパー広告は6秒以内という非常に短い動画広告で、スキップすることができません。そのため、表示されるごとに収益が発生し、平均して1,000回再生ごとに500円ほどの広告費がかかるとされています。
非常に短い動画広告ではありますが、広告が最後まで再生されるため、ブランド認知度のアップなどに効果的でしょう。

③インフィード動画広告(旧:ディスカバリー広告)

インフィード動画広告(旧:ディスカバリー広告)は、YouTubeの検索結果や関連動画欄の横、YouTubeモバイルにおけるトップページなどに表示される広告です。クリックされるごとに収益が発生します。
視聴や表示ではなく、クリックといったアクションが課金対象となるためハードルが高いですが、その分単価が高いのも特徴です。

④オーバーレイ広告

オーバーレイ広告は、動画再生時の画面下部にあるバナー広告です。動画形式ではありませんが、1,000回の表示ごと、あるいはクリックされるごとに収益が発生される仕組みとなっています。動画に関連する広告が表示されるシステムとなっているため、効果に期待できる一方で、動画の再生中は視聴者が自由に広告を削除する(閉じる)ことも可能です。
また、表示されるのはブラウザ版のYouTubeのみであり、アプリ版のYouTubeでは表示されません。

⑤アウトストリーム広告

アウトストリーム広告は、PCでは表示されないモバイル専用の広告で、YouTubeではなくGoogle動画パートナーのWebサイト、あるはアプリ上などに表示されます。
視認可能と判断された場合のみ課金されるインプレッション課金で、バナーやネイティブ、インフォードなどさまざまな形式で表示される点が特徴です。

動画・映像制作の費用相場

最後に、動画・映像制作を外注した際にかかる費用相場を映像の種類ごとにご紹介します。YouTube動画は、目的や用途によって動画制作の方向性が変わってくるでしょう。自社の目的に合った動画制作の費用相場を参考にしてください。

動画・映像制作費用相場
種類 費用
インタビュー撮影 5万円~
セミナー・イベント撮影 15万円~
Webムービー制作 30万円~
会社紹介PR映像制作 50万円~
テレビCM制作 80万円~

動画・映像制作の費用相場を映像の種類ごとにご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】効果的なYouTube動画を作成したいなら動画制作会社へ

今回は、YouTube広告で収益を得る方法や仕組みについて解説してきました。チャンネル登録者数と再生時間を継続して伸ばすことができれば、YouTubeでも収益をあげることが可能です。しかし、そのためにはクオリティの高い動画コンテンツを制作しなければなりません。

動画制作ソフトなどを使用して自社で動画を制作することもできるかもしれませんが、クオリティにこだわりたいのであればプロの映像・動画制作会社に依頼しましょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合う動画制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。依頼先選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
YouTube動画を依頼できる動画制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
YouTube動画制作の費用・相場

動画制作・映像制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連する動画制作・映像制作会社一覧

YouTube広告動画に関連する記事

YouTube広告動画に関連する記事一覧を見る