ホームページ制作会社をお探しですか? アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

ホームページ制作の発注は初めてですか?
無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月25日

会社経営に必要なスキルと資質:不足した資質を補う方法6選も紹介【2023年最新版】

会社経営者には様々なスキルや資質が必要とされます。会社経営を順調に行うには、必要な能力を高めるのと同時に、不足した部分をうまく補うことが大切です。本記事では、会社経営者にとって必要な能力と、不足した能力を補う具体策について紹介。もし会社経営でお困りでしたら、本記事を参考にしてください。

会社経営とは

会社経営とは、様々な工夫を行いながら会社を経営していくことをいいます。最終的利益がプラスになる「黒字経営」を目指すのが基本です。一方で、利益がマイナスとなる「赤字経営」となっている会社を黒字化させるのも、重要な会社経営の1つといえます。

企業の目的は利益の追求ですが、昨今では従業員のやりがいや生きがい、社会・地域貢献なども重視されます。それらも含めて会社を組織し、運営するのが会社経営者の役目です。

会社経営者に必要なスキル8選

会社経営者に必要なスキルや資質は多岐にわたります。会社経営者の能力が不足していた場合、順調だった会社経営が一気に崩れる可能性すらあります。
ここからは、会社経営を行うにあたって求められるスキルや資質について一挙紹介します。まずは、会社経営者に必要なスキル8選です。

経営理念やビジョンの設定スキル

経営理念やビジョンの設定は、会社経営者にとって非常に重要なスキルです。会社は経営理念やビジョンに沿って運営されるため、もしこの方向性がずれている場合には、行き着くゴールが想定と変わってしまいます。

ただし、経営理念やビジョンの設定は、主に経営者にのみ求められるスキルであることから、スキルを有していない人のほうが多いのが実情。様々な経営者と話をしたり、経営者向けセミナーに参加したりすることでスキルを高められます。

目標設定スキル

会社経営の目標を設定するスキルです。上記の経営理念やビジョン設定が概念的なものだとするならば、目標設定では、達成すべきより具体的な数値目標を設定します。

会社はこの目標達成に向けて動いていくため、達成可能で現実的な目標を適切に設定する必要があります。もし目標が不適切だったり、明確でなかったりした場合、会社経営の成果が検討できません。理論に基づいた適切な数値目標を設定できる能力や現状把握に関する能力も必要です。

経営戦略スキル

目標を達成するための具体的な道筋を作るのが経営戦略スキルです。特に経営者には、数年単位の長期的な経営戦略スキルが必須といえます。

適切な経営戦略が組まれていれば、従業員はそれに沿って業務を行うことで、企業は自然とよい方向に進みます。一方で、適切な経営戦略が練られていない場合、企業経営はブレ続けることになり、目標達成に近づけないばかりか、様々な不安要素が日々降りかかってくることでしょう。

意思決定スキル

会社経営者が身につけるべき重要なスキルの1つが意思決定スキルです。経営者には日々様々な選択が迫られます。中には会社の将来を大きく左右するような決定が必要になることもあるでしょう。

会社経営者の意思決定は、単に好きな方を選べばよいというわけではありません。現状分析や将来の見通しなどを適切に行いつつ、会社にとって最適な選択をすることが求められます。会社経営に関する知識やノウハウ、経験を拡げつつ、意思決定スキルを高めていく必要があります。

論理的思考スキル

会社員であれば論理的思考スキルが欠かせないと言われますが、経営者であればさらに高度なスキルが求められます。昨今では競合も多く、直感だけの会社経営ではうまくいかない時代となりました。事業の成功可能性を論理的に考察し、論理的に説明し、他社や従業員から理解と信頼を得ていく必要があります。会社の命運を握る経営者であれば、従業員よりも優れた論理的思考力を身につけておきたいところです。

経営データの分析力

経営者は様々なデータを取扱います。例えば、企業の運営資金や余剰資金等を示す「財務会計」もその1つ。ただし、財務会計を理解するにはそれなりの会計知識が必要です。同様に、商品の仕入れ数や販売数などを示す「販売管理」に関するデータの分析も重要。より多くの利益を生み出すために改善できる箇所はないか、データからわかる経営面の不備はないかなどを確認します。

経営者であれば、企業に関する各種データを適切に理解し、改善点を見つけ、提案する必要があります。もし経営データの理解や扱いに弱い場合、経営者としての責任が果たせません。経営データを正しく理解するための知識と活用力について高めておく必要があります。

節税対策の知識

会社を運営する場合、納税に関する知識も欠かせません。特に、ルールに則って納税額を削減する方法、つまり「節税対策」を理解しているかどうかは重要。適切に節税対策が図れれば、運営により多くのお金を使えるため、企業の成長につながります。

節税に関する情報は毎年大きく変化するため、常に最新情報をチェックする必要があります。新しい情報を正しく理解できる力と、柔軟に実行に移せる力も重要になってくるでしょう。

最新の経営ノウハウ

経営者であれば、最新の経営ノウハウに精通している必要があります。例えば、インターネット社会になりつつある今日、従来のオフライン型のマーケティングだけでは通用しません。常に新しいビジネスモデルやマーケティングモデルについて学びを深めるとともに、それを企業内に柔軟に組み入れる力が求められます。経営者は過去の成功体験に縛られてしまう人も多いのが実情。最新情報に敏感になり、常に学び続けるという意識が大切です。

会社経営者に求められる資質4選

会社経営者に必要な資質についても紹介します。資質はスキルと違い、習得するのが容易ではありません。長年の経営経験や様々な人との関わりの中で身につけていく必要がある能力です。

人間関係の構築

会社経営は1人ではできません。会社を共に経営する仲間や従業員、事業を応援してくれる別企業の責任者など、人とのつながりが非常に重要です。しかし、会社経営を応援してくれる仲間を増やすのは重要である一方、心から応援してくれる仲間を見つけるのは簡単ではありません。経営者の人となりや信念なども重要になってくるでしょう。困ったときに助けを求めれる仲間がたくさんいること、つまり「人間関係の構築」は、会社経営者にとってとても重要な資質です。

先見性

会社経営者には先見性も重要です。次にどのようなビジネスが成功するか、どのようなビジネスの波がやってくるかを直感的に察知できる能力ともいえます。優れた経営者はこの先見性に優れています。5年後、10年後にどのようなブームが来るかを予見し、その準備に一足先に取りかかることで、他社よりも先にチャンスを獲得できるのです。特に今は変化の激しい時代です。先見性の重要性はますます高まっていくことでしょう。

人としての魅力

会社経営者には、人としての魅力が大切。この人と一緒に働きたい、この人についていきたいと思わせるようなカリスマ性、この人となら楽しく働けそうと感じさせるコミュニケーション能力、聞き手を惹きつける演出力やプレゼンテーション能力などが当てはまります。

一方で、人としての魅力に乏しい経営者の場合、従業員の仕事は作業的となり、長期的な成功を収められません。簡単に高められるものではないものの、人としての魅力を常に向上させることは経営者にとって非常に大切です。

自己成長

経営者には、会社の誰よりも自己成長が求められます。昨今の会社経営は、決まり切った1つの事業でうまくいくことは稀です。時代の要求に合わせ、常に対応を変えていく必要があります。経営者の学びが不足している場合、時代のブームや最新テクノロジーについていけず、競合他社に差をつけられてしまうことも。また、学びを忘れてしまった経営者には、常に自身を磨き続けたいと考えている優秀な人材はついてきてくれません。学び続けることは会社経営者にとって重要な資質といえます。

会社経営者は完璧であるべき?

会社経営者は、上記で紹介したスキルや資質を身につけているのが理想です。しかし、すべてを網羅するのには膨大な努力と時間を要します。そのため、不足しているものがあれば、人材の採用やツールの導入などによって補うのが現実的です。

例えば、自身にコミュニケーション能力が不足しているのならば、管理職にコミュニケーション力が高い人材を置くことで補えます。また、経営データの取扱いが得意でないのならば、専用のデジタルツールを導入することで一気に解決できることも。

会社経営者が完璧すぎる場合、他の従業員は距離を置いてしまうことも。完璧ではないからこそ、サポートしてくれる人も集まるのです。そのため、会社経営で困ったら、自己の学びを深めると同時に、不足分を補う適切な対応についても検討し、導入していくとよいでしょう。

不足した資質やスキルを補う方法6選

不足した資質やスキルを補う方法について紹介します。これらをうまく活用することで、今抱える経営課題をスムーズかつ効率的に解決できるでしょう。

経営コンサルティングサービスを利用する

経営に関する知識が不足している、もしくは経営ビジョンや目標、戦略立案に自信がない場合には、経営コンサルティングサービスを利用するのがおすすめです。様々な会社の経営に携わってきたコンサルタントが専門的な視点で会社の現状を分析し、適切なアドバイスをしてくれるでしょう。また、人材やリソースが不足している場合には、コンサルティング会社に業務の代行を依頼することも可能です。

ただし、コンサルティング会社への依頼は相性が非常に重要。最適なコンサルティング会社に依頼するためにも複数の会社に問い合わせるのがおすすめです。もし外注先の選定にお困りでしたら、アイミツサービスをご利用ください。

全国のコンサルティング会社一覧

人材紹介・人材派遣サービスを利用する

人手が不足している、もしくは特定の技能や技術を持つ人材が不足している場合には、新規人材の採用で解決できます。ただし、自社で採用をゼロから実施した場合、採用や教育、管理などに多くの時間がかかります。そのため、適切な人数を人材紹介や人材派遣サービスを利用して雇用するのがおすすめ。人材紹介や人材派遣では、登録者のスキルや経験をしっかりと把握しているため、必要な人材がすぐに見つかります。また、採用後の管理や教育も少なくてすむのもメリットです。

業務の一部をアウトソーシングする

アウトソーシングとは、業務の一部を別の会社に代行してもらうことです。昨今では専門性の高いアウトソーシングサービスも多く、自社で実施するより質の高い仕事をしてくれることも。

例えば税理士に依頼することで、決算を含めた経理業務をすべて代行してくれます。集客に関する分野はテレアポの専門家であるコールセンターに依頼するのもよいでしょう。経営者の負担になっていた細かな作業を外注できれば、その分大切な業務に集中でき、会社経営が順調に進められます。

全国の営業代行会社一覧
全国のコールセンターサービス一覧

作業効率化ツール、システムを導入する

戦略立案や経営ノウハウに不安があれば、作業効率化ツールや社内システムの導入・構築がおすすめ。少ない人手でも効率良く働くことができ、人件費削減に役立ちます。また、セキュリティ面の充実したツールやソフトであれば、データ管理の安全性も確保できるため、危機管理にも最適。昨今では簡単に導入でき、費用も安いクラウド型のツールや、自社にぴったり合ったシステムを導入できるSaaSも多くあります。もし自社に適したツールやシステムが知りたければ、アイミツサービスをぜひご活用ください。

士業に節税対策や経理代行を相談する

節税対策は経営者に必要な知識である一方で、なかなか取り組めないのが現状だと思います。その場合、税理士に節税対策全般を依頼することで、必要な書類全般の作成や税務署への提出などを代行してもらえます。

また、新規事業のための補助金・助成金については、社会保険労務士や行政書士に依頼することで、複雑な書類手続きや役所とのやりとりが削減可能。 ただし、士業に依頼する場合には、サービスの内容や質、実績、担当者の人間性などを総合的に評価する必要があります。1つの事務所だけで決めてしまうことがないよう、外注先の選定作業に力を入れてください。 

社員研修により経営者および従業員のスキルアップを図る

経営者自身も含め、企業の力はそこで働く社員の力量次第です。社員が常にスキルアップや最新情報の取得に努めるような会社であれば、会社経営も順調にいくでしょう。そのため、企業が積極的に社員研修の機会を設けるのがおすすめ。経営者や管理職向けの研修に積極的に参加するとともに、自社向けのカスタマイズされた従業員向け研修を定期的に行うとよいでしょう。もし自社によりぴったり合った社員研修を見つけたければ、アイミツサービスをぜひご利用ください。

会社経営においては情報発信も大切

会社経営には情報発信も重要です。特に企業Webサイトは、より多くの人にブランド価値や商品・サービス情報を共有できます。昨今では非常に多くのホームページ制作会社があるため、格安で質の高いWebサイト制作も可能です。

また、情報発信には動画の利用も効果的です。PR動画や商品・サービス紹介動画を制作し、Webサイトに掲載したり、SNSに投稿したりすることで、会社の情報をより多くの人に知ってもらえるでしょう。
 アイミツではおすすめのホームページ制作会社や動画制作会社の情報を豊富に取り扱っています。ぜひ参考にしてください。 

【まとめ】会社経営で迷ったらアイミツへ

本記事では、会社経営者に必要なスキルや資質について紹介すると共に、会社経営を軌道に乗せるための対策について紹介しました。会社経営をする上で、経営者は自身に足りない部分を人材やツールなどを用いて補う必要があります。そのため、依頼先を見極める力も重要です。

もし短時間で自社にぴったり合った外注先を見つけたければ、アイミツにご相談ください。あなたの困りごとをしっかりとヒアリングした後、最適な外注先を複数選定し、ご案内させていただきます。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧