ホームページ制作会社をお探しですか? アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

ホームページ制作の発注は初めてですか?
無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月17日

ブランディングとは|目的やメリットを知ってブランディングに取り組む価値を知る【2023年最新版】

ブランドとは、商品やサービスに感情移入を伴った付加価値を与えるもの。そしてブランディングとはブランドの在り方、見せ方を決める取り組みですが、ブランドというもののイメージ自体が抽象的であるため、ブランディングと言っても具体的にどのようなものか掴みにくいのではないでしょうか。
そこで今回は、ブランディングに取り組みたい方に向けて、ブランディングが企業に与えるメリットと価値について詳しく解説します。

【関連ページ】
ホームページ制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
ホームページ制作の費用・相場
ブランディングに強いホームページ制作会社一覧

ブランディングとは

ブランドとは、商品が提供する価値やロゴやパッケージを始めとするブランド要素や、ブランド体験など複合的な要素により消費者の中で作り上げられる「心象」のこと。そしてブランディングとは、独自ブランドの確立により、消費者から信頼や共感を得て、自社の価値向上や差別化を目指すマーケティング戦略のことを意味します。企業が提供したい価値(ブランドアイデンティティ)と、消費者の心の中で作り上げられる「心象」をできるだけ近づける作業です。

ブランディングの目的

ブランディングは、価格競争に巻き込まれることなく、少しでも多くの商品やサービスを購入してもらうことで企業の利益を伸ばし、長期的に経営を安定させるためのもの。そのためには、企業の独自性を認知させることが必要です。ブランディングの目的を2つに要約すると「利益率の向上」と「社会的価値の向上」と言えるでしょう。以下、ブランディングの目的について詳しく解説します。

利益率の向上

ブランディングの目的の1つは「利益率の向上」です。ブランディングにより自社の商品やサービスが認知され、他社との差別化ができると、マーケティングに於いて優位性を保てます。「この商品なら〇〇」という領域まで認知度を高められれば、消費者から選ばれやすくなり競争力が高まるでしょう。愛着や信頼を醸成できればリピーターが育成され、価格競争からも脱却できるため、安定経営のためには欠かせない要素です。ブランディングとは、将来にわたって消費者から選ばれ続けるための仕組みづくりとも言えます。

企業の社会的価値の向上

ブランディングのもう1つの目的は「社会的価値の向上」です。ブランディングを通じて「どのような企業でありたいか」をブランドメッセージとして世間に発信できます。ブランディングに成功すれば商品やサービスに付加価値を与えるだけでなく、企業理念や経営方針が社内外に分かりやすく浸透し、取引先や消費者に信頼感を与えられるでしょう。信頼感の醸成はリピーターの獲得や株価の安定につながり、安定経営の基礎となり企業価値を確実に向上させます。
また、企業価値の高まりにより発信力・影響力の向上が期待でき、その結果、企業は更に注目を集め消費が伸びる好循環を生むことができるでしょう。

ブランディングの種類

ブランディングはもっぱら消費者に向けた取り組みと認識されていますが、実はブランディングには「エクスターナルブランディング」と「インターナルブランディング」の2種類があります。これはブランディングを「誰に対して行うか」という視点による分類です。以下、それぞれの内容について詳しく解説します。

エクスターナルブランディング

エクスターナルブランディングとは、消費者や顧客のような自社の外側に位置する人達を対象にしたブランディングです。一般的にブランディングと言えばエクスターナルブランディングを指しています。
エクスターナルブランディングの効果は商品やサービスの「品質保証」と「特別な購入体験」にあり、ブランディングによって消費者は「この商品やサービスは高品質である」という安心感を得られ、実質的な品質保証の役割を果たしています。また、ブランド品を身に着けることで、自身がランクアップした感覚を得られる効果も。これが特別な購入体験に当たります。

インターナルブランディング

インターナルブランディングとは主に従業員を対象とするブランディングのことです。一般的にブランディングと言えば専ら消費者を対象としたものと理解されがちですが、社内向けにもブランディングは重要なポイント。インターナルブランディングにより、社員に社会的使命、目指す姿、企業価値を浸透させることができます。社内向けのブランディングに成功すると、広報、営業、マーケティング、商品開発などあらゆる場面で求心力が生まれ、その結果、社員が一丸となってエクスターナルブランディングに取り組むことができるようになるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ブランディングに取り組むメリット

ここまで、ブランディングの内容について解説しました。ブランディングは安定経営のために欠かせないマーケティング戦略ですが、ブンディングに取り組むと以下の3つのメリットが期待できます。

・価格競争からの脱却
・人材確保
・新しい市場の開拓


以降、各メリットについて詳しく解説します。

価格競争からの脱却

ブランディングに成功することで、認知度が上がり社会的価値が向上すれば商品やサービスに「ブランド力」という付加価値が付きます。近年は低価格競争によるデフレ状態にありますが、ブランド力があれば低価格競争に参戦することなく、消費者からの支持を集められるようになるでしょう。
他社と差別化して低価格競争から脱却できれば、従業員も企業も疲弊することなく健全な企業活動を展開することができます。 経営の持続可能性という点でもブランド力を高めていくことは必要です。

人材確保

ブランディングの実現により企業の魅力や価値を発信できれば、多くの人が自社のことを知るようになります。好印象を抱く機会が増えるほど、それだけ優秀な人材を獲得しやすくなるでしょう。
また、インターナルブランディングにより企業の価値観や社会的使命が社内に浸透するほど、求職中の人にはその企業が魅力的に映るもの。会社の理念や価値観に共感した人が入社する確率も高くなることから、離職率を下げることにもつながります。

新しい市場の開拓

一般的に新たな市場に参入する際には莫大なコストがかかると言われています。しかし、ブランディングによって企業の社会的価値が高まれば、消費者の中に信頼や愛着が形成され、新たな市場を開拓しやすくなるでしょう。
近年、社会的価値と経済価値を同時に追求する企業は増えており、その様な経営姿勢は社会的にも広く支持されます。ネームバリューのない企業に比べれば格段に優位にあり、ビジネスの成功確率は高くなるはずです。

ブランディングの流れ

ブランディングにはさまざまなメリットがあることを解説しました。ここからは、ブランディングを行う際の流れについて説明します。実際に取り組む際は以下の4つのステップで進めてください。

1.現状分析
2.自社ブランドのコンセプトを設定
3.ホームページなどを活用してアウトプットの実施
4.ブランディング実績の分析・改善

以下、それぞれの内容について詳しく解説します。

1.現状分析

ブランディングの行う際、最初に取り組むのは「現状分析」です。状況判断するには以下の3つの手法が有効です。

・3C分析
3Cとは顧客(Customer)、競合(Competitor)、自社(Company)の頭文字です。それぞれの環境を分析してビジネスの成功要因を導き出します。

・PEST分析
PESTとは政治(Politics)、経済(Economy)、社会(Society)、技術(Technology)の頭文字をとったものです。会社を取り巻く外的要因を分析し、中長期のトレンドを分析します。

・SWOT分析
SWOTとは強み(Strength)、弱み(Weakness)機会(Opportunity)、脅威(Threat)の4つの頭文字で、内部・外部環境を把握する際に用います。

2.自社ブランドのコンセプトを設定

現状分析から導き出された結果を基に、自社ブランドのコンセプトを設定します。具体的に、ブランドのターゲットは誰なのか、如何に他社と差別化するか、どのような価値を創造して、何を与えたいのかということを1つずつ明確にします。
注意点しておきたいのが、ターゲットが漠然としていると、誰にも刺さらないものになりがち。対象や提供する価値をできるだけ具体化することで、ブランドコンセプトも鮮明になるでしょう。

3.ホームページなどを活用してアウトプットの実施

ブランドのコンセプトが確立したら、ホームページなどを活用してアウトプットを実施します。ブランドのシンボルとなるロゴ、キャッチコピー、デザインを決定しましょう。これらはブランドイメージを決定づける要素となるため、ブランドコンセプトを体現するものでなければなりません。アウトプットする内容が決定したら、広告手法と媒体を選んで、情報を発信していきます。
SNSを上手く活用すれば拡散が期待でき、オンラインだけでなく、紙媒体やCMなどオフライン広告の活用も視野に入れましょう。

4.ブランディング実績の分析・改善

ブランディング施策を行ったら必ず効果検証を実施しましょう。効果検証の手法はさまざまですが、アンケート調査、Webのアクセス解析、プロモーションの効果分析などが挙げられます。アンケートは認知度やイメージ変化など消費者の生の声を集め、数値化することが目的で、近年はブランドに対する愛着を測る顧客推奨度調査も盛んです。数値化できるものはなるべく数字にすることで、より正確な分析が行えるようになり、ブランディング強化が図れます。

ブランディングを成功に導くコツ

最後に、ブランディングを成功に導くコツをお伝えします。ブランディングを実施する際は、以下の2つの点に気をつけてください。

・客観的にわかる自社の強みを活かす
・コンセプトはできるだけ明確化する


以下、各注意点について詳しく解説します。

客観的にわかる自社の強みを活かす

ブランディングは消費者・顧客の目線に立つことが重要なポイントです。費者・顧客がどのような価値を自社のブランドに求めるのかといった客観的な視点は必要で、ブランディング施策の過程では多面的・客観的な分析が欠かせません。ブランディングで成功するには、客観的な視点でわかる自社の強みを活かしていくことが重要なので、ブランドが確立した後も強みを強調していく戦略が必要です。

コンセプトはできるだけ明確化する

ブランドコンセプトは、競合ブランドとの差別化を図るために重要なもの。そのため、ブランドコンセプトの確立は時間をかけて入念に行うようにしてください。ブランドコンセプトが明確化するほどロゴやキャッチコピー、パッケージデザインなど1つひとつのアイテムが企業理念を象徴するものとなるでしょう。また、商品開発、宣伝、キャンペーンまで、一貫性もって事業展開してくことができます。
ぶれのないメッセージは消費者の印象に残りやすく、他社との差別化にも一役買うもの。ブランドのロゴなどは一度決定すると簡単に変更できないため、コンセプトに照らし合わせて慎重に決めましょう。

ホームページ制作の費用相場

つづいては、ホームページ制作にかかる費用相場をご紹介します。ホームページ制作の価格は、依頼する内容やページ数、機能により大きく変わります。具体的な費用目安は以下の通りです。

費用別にみるホームページ作成の特徴
作成費用 ホームページの特徴 どんな企業向きか
~30万円 ・テンプレートを使用
・WordPressなどのCMSで作成
・画像やテキストは依頼者側で用意
・簡易的なコーポレートサイト
・簡易的なオウンドメディア
・10ページ以内の作成
・費用を抑えたい
・短い納期で依頼したい
30万~100万円 ・オリジナル性の高いwebサイト
・発注者の要望に沿ったデザイン
・独自コンテンツの充実したwebサイト
・オリジナル性の高いwebサイト
・簡単な撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能
・中小企業
・凝ったWebサイトを作りたい
100万~200万円 ・戦略的で効果の高いwebサイトの作成
・トレンドのコンテンツやデザイン
・撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能
・中小企業~大企業
・規模の大きいWebサイトを作りたい
200万円~ ・完全オリジナルデザインのWebサイト
・SNSとの連動が可能
・多機能なWebサイト
・大企業・複数のブランドサイトを制作したい方
・SNSと連動したWebサイトを作りたい
・機能性の高いWebサイトを作りたい

ホームページ制作の費用相場をご紹介しました。より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】ホームページ制作でお悩みならアイミツへ

ブランディングとは、消費者の信頼や共感を得て、自社の価値向上や差別化を目指す企業のマーケティング戦略です。ブランディングに成功すれば価格競争からの脱却、人材確保、新しい市場の開拓などさまざまなメリットがありますが、ブランディングを行う際は自社の強みを活かし、コンセプトをできるだけ明確化するよう注意しましょう。
また、もしもブランディングについて何かお困りのことがあればアイミツまでお問い合わせください。ご要望を丁寧にお伺いした上で、最適の解決策・おすすめの会社をご提案いたします。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ブランディングに強いホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ制作の費用・相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧