ホームページ制作会社をお探しですか? アイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

ホームページ制作の発注は初めてですか?
無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

更新日:2023年1月23日

企業が試すべき集客方法7選:集客改善の事例も紹介【2023年最新版】

集客がうまくいっている企業は、より多くの顧客を獲得し、順調に業績を伸ばす傾向にあります。一方で、集客がうまくいかず悩んでいる企業も多いのが実情です。本記事では、集客の重要性や、企業がすぐに実施できる集客方法について紹介します。

集客とはそもそも何?

「集客」とは、字からもわかるように、客を実店舗やWebサイトに集めることをいいます。どれだけ優れた商品やサービスを作ったとしても、客に存在を知ってもらえなければ売れません。そこで、様々な方法を駆使し商品やサービス、ブランドなどを広め、人々に興味を持ってもらう過程が必要です。これが集客です。

集客がうまくいっている企業のショップやWebサイトは多くの人で賑わっており、売上も伸びる傾向があります。業績を伸ばしたければ、集客について正しい対策を図ることが大切です。

企業における集客の重要性とは?

企業にとって集客が重要なのは、売上と集客の間に強い関係性があるからです。例えば、集客がうまくいかず、お客さんが数人しかいなかった場合、商品が売れる可能性はわずかです。一方で集客が好調でお客さんが100人いた場合、より多くの商品が売れる可能性があります。

商品やサービス購入には質や値段なども関連するため、必ずしも集客=売上増ではありません。しかしながら、集客が売上を伸ばすための第一歩であるのも事実です。もしより売上を伸ばしたいのであれば、集客に力を入れるのが成功の秘訣といえます。

集客がうまくいっていない企業とは?

集客がうまくいっていない企業の特徴としては、以下のような点が挙げられます。

・実店舗やWebサイトへの訪問者の数が少ない
・高額の広告費用を払っており、利益を圧迫している
・来場者がすぐに退出してしまう
・SNSで投稿しても反応がほとんどない
・顧客がターゲット層と大きく異なる
・インターネット経由での集客をまったく行っていない
・ネットで検索しても自社情報がなかなか表示されない

もしこれらに当てはまるようならば、集客を見直すことをおすすめします。集客の見直しには、当然費用や時間がかかりますが、うまくいけば売上の改善につながります。

集客の種類

集客の種類は「オンラインでの集客」と「オフラインでの集客」に分けられます。それぞれの特徴や具体的な施策について説明します。

オンラインでの集客

オンラインでの集客には以下のようなものがあります。

・Webサイトでのアプローチ
・SNS発信
・ネット広告
・動画配信

オンラインでの集客は、より多くの人々に少ない費用でアプローチできるという特徴があります。例えばWebサイトは、制作時にはそれなりの労力と費用がかかりますが、機能し始めたらわずかな維持費のみで集客できます。SNSのアカウント運用も、基本は一切費用がかかりません。
昨今では、より多くの人々がインターネットを使うようになったことから、オンラインでの集客が主流となりつつあります。ただし、競合も多くなっているため、他社と差をつけるには知識や経験が求められます。

企業が試すべき集客方法7選

企業が実施できる集客方法を7つ紹介します。これらは比較的すぐに実施できるため、もし実施していないのであればぜひ試してみてください。しかしながら、闇雲に施策を行ってもうまくいきません。自社の現状と課題を正しく分析するとともに具体的な目標を立て、それを達成できる施策を講じるようにしましょう。  

Webサイト制作・リニューアル

Webサイトを所持していない、もしくはうまく活用できていない企業はWebサイトを制作・リニューアルがおすすめ。Webサイトは、オンライン上での企業の看板・パンフレットのような存在です。
インターネットは私たちの日常になくてはならないものとなり、多くの人がネット上で時間を費やしています。Webサイトがない時点で、多くの人々に商品やサービスをアピールできる機会を逃しています。
Webサイトがうまく機能し始めると、ほとんど労力をかけずにオンラインでの集客ができます。ただし、成果につながるWebサイトを制作するには、ある程度の知識や運用経験が必要。もし早期にWebサイトで集客を図りたければ、ホームページ制作会社にサポートを依頼するとよいでしょう。

SNS活用

「SNS運用」は、基本無料で実施できるおすすめの集客方法です。にも関わらず、うまくいった際の成果は群を抜いています。例えば、新商品の告知がバズり、瞬く間に10万人以上に情報が伝わった事例もあります。もしSNS運用を開始していないのであれば、すぐにでも実施するとよいでしょう。

中でもおすすめなのがTwitterです。Twitterは日本人の利用者が多く、文章と画像・動画をバランスよく投稿できます。また、うまくいったときの拡散効果は他のSNSと比較になりません。

ただし、SNS運用で集客成果を得るには、豊富な運用経験や投稿内容の厳選等が必要です。また、管理運用に膨大な時間がかかります。外注依頼もうまく活用しながら、ストレスのない運用を目指すとよいでしょう。

ダイレクトメール

「ダイレクトメール」による集客もおすすめです。ダイレクトメールは、見込み顧客や既存顧客に対してハガキ等を送付するもので、受取手に対して強く訴求できます。
昨今はオンラインによる集客が主流になったことで、ダイレクトメールを活用する企業は減っています。逆にいえば、ダイレクトメールをうまく活用することで、他社と差別化できる可能性があります。特に実店舗を構える企業であれば、店舗周辺の家庭に向けてダイレクトメールを送るのが効果的。また、限定のキャンペーン情報を記載する、正月やクリスマスなどの行事に合わせたダイレクトメールを送るなどの戦略を練ることで、より関心を引き出せるでしょう。もしダイレクトメッセージの実施が自社だけで難しい場合には、DM発送代行にトータルサポートを依頼するのもよいでしょう。

セミナー・イベント

「セミナー・イベント」を開催するのもおすすめです。トレンド性のある内容で人々を集めた後、課題解決を図る方法として商品やサービスを紹介することで、高い集客効果が期待できます。特に商品単価が高い商品やサービスを取り扱う企業にとっては、セミナーやイベントでしっかりと話ができる場を確保するのは重要な戦略です。

もしセミナーやイベントの講師が難しいのならば、例えばセミナーの前半を社員研修会社に依頼し、後半部分を自社で対応するなどの役割分担も可能。もし自由度が高い社員研修会社をお探しでしたら、ぜひアイミツサービスをご利用ください。

テレアポ

ターゲット層に対して電話をかけ、商談の機会を取り付ける「テレアポ」も集客におすすめの方法です。テレアポは1対1の対話の機会を作り出せるため、相手の話をじっくり聞いたり、商品の魅力を丁寧に伝えたりできるという特徴があります。

ただし、テレアポはやり過ぎると顧客に悪い印象を与えかねないのに加え、実施するのに多くの人員と時間が必要です。企業がテレアポのシステムを一から作るのは簡単ではないため、テレアポに精通したコールセンターに依頼するのがおすすめ。豊富な経験を活かし、ターゲット選定やマニュアル作成、テレアポの実施などを総合的にサポートしてくれるでしょう。

動画制作

昨今、集客において大きな成果を挙げているのが「動画制作」です。商品やサービス、ブランドに関連した動画を制作し、YouTubeやTikTokといったSNSに投稿し、短時間で集客を成功させた企業が多くあります。動画は短時間でも多くの情報を共有できることに加え、顧客の購買意欲を高めさせる効果もあります。一度作った動画は様々な機会で利用できるため、動画制作に着手してみるとよいでしょう。
ただし、動画制作をゼロから始めようとすると、撮影機材や動画制作ソフトの購入費がかかります。また、動画撮影や編集にはそれなりの経験が必要です。そのため、集客向けの動画は、動画制作会社に依頼するのがおすすめ。視聴者の関心を惹きつける魅力的な動画制作をサポートしてくれるでしょう。

企業による集客改善の例

集客方法を改善することで、短時間により多くの顧客を集め、売上を伸ばせます。以下は集客改善により大きく売上を伸ばした企業の事例です。ぜひ参考にしてください。

オウンドメディアによる集客改善例

企業Aは、オウンドメディアのリニューアルにより大きく売上を伸ばしました。オウンドメディアにEC機能を組み込み、新商品情報を頻繁にリニューアル。常に変化のあるサイトに訪問するのを楽しみにする顧客も増え、リピーターになっていきました。
さらにコラム欄を充実させ、悩みを抱える人の解決策を記事にしたところ、キーワードの検索経由でのアクセスが増加。検索エンジン経由での集客にも成功したことで、自動での集客が可能となりました。

顧客リスト活用による集客改善例

小規模な警備会社である企業Bは、顧客リストの活用により成功を収めました。企業Bでは社長の交代が実施されましたが、依頼がほとんど入ってこないことに新社長は困っていました。そこで以前の顧客リストを取り出し、新体制になったという挨拶状を片っ端から送ったところ、ものすごい数の問い合わせが。うれしいことに、短時間のうちに抱えきれないほど仕事の依頼が入ってきたといいます。顧客リストを活用したダイレクトメールにも大きな集客効果が見込める例といえるでしょう。

SNS活用による集客改善事例

飲食業を営む企業Cは、ノウハウがないことを理由にSNSを運用していませんでした。しかしながら、時代の波に合わせてSNS運用を開始することに。SNSを開始したことで、投稿をみた客が足を運んでくれたり、利用した客が「おいしかったよ」とコメントを残してくれるようになったといいます。リピーターが確実に増えているのを実感しているとのこと。SNSはどうしてもバズらせないと意味がないと考えてしまいますが、顧客とのコミュニケーションツールとしても大きな役割を果たしてくれるでしょう。

外注する際にはアイミツサービスの利用がおすすめ

集客は企業にとって重要な課題である一方で、軌道に乗せるのは簡単ではありません。自社で実施できる部分と、外注した方が効率が良い部分をしっかりと切り分け、計画的に実施していくのが大切。
適切な外注先探しには、多くの時間と手間がかかります。もし短時間で要望にしっかりとマッチした外注先を見つけたければ、アイミツの相見積もりサービスがおすすめ。無料で利用できるので、ぜひ試してみてください。

ホームページ制作の費用相場

集客にはホームページの立ち上げや運営が効果的です。ここでは、ホームページ制作にかかる費用相場をご紹介します。ホームページ制作の価格は、依頼する内容やページ数、機能により大きく変わります。具体的な費用目安は以下のとおりです。

費用別にみるホームページ作成の特徴
<作成費用> <ホームページの特徴> <どんな企業向きか>
~30万円 ・テンプレートを使用・WordPressなどのCMSで作成・画像やテキストは依頼者側で用意・簡易的なコーポレートサイト・簡易的なオウンドメディア・10ページ以内の作成 ・費用を抑えたい・短い納期で依頼したい
30万~100万円 ・オリジナル性の高いwebサイト・発注者の要望に沿ったデザイン・独自コンテンツの充実したwebサイト・オリジナル性の高いwebサイト・簡単な撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能 ・中小企業・凝ったWebサイトを作りたい
100万~200万円 ・戦略的で効果の高いwebサイトの作成・トレンドのコンテンツやデザイン・撮影やインタビューを含む素材の用意も依頼可能 ・中小企業~大企業・規模の大きいWebサイトを作りたい
200万円~ ・完全オリジナルデザインのWebサイト・SNSとの連動が可能・多機能なWebサイト ・大企業・複数のブランドサイトを制作したい方・SNSと連動したWebサイトを作りたい・機能性の高いWebサイトを作りたい

より正確な費用を知りたい方は料金シミュレーターをご利用ください。

【まとめ】集客で迷ったらアイミツへ

本記事では、集客がうまくいっていない企業がすぐに実施できる集客アイデアについて紹介しました。集客は企業の売上とも直結する部分のため、しっかりと戦略を練って実施していく必要があります。

競合と差をつけるには、質の高い集客方法を取り入れる必要があります。もし自社だけでの対応が難しければ、外注依頼をするのがおすすめ。アイミツでは、あなたの困りごとをしっかりとヒアリングした後、最適な外注先を複数ご紹介。もし集客でお困りでしたら、アイミツまでお気軽にお問い合わせください。

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!

この記事に関連するホームページ制作会社一覧