ホームページ制作

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

更新日:2019年07月12日

【2019年最新】旅館・ホテルのサイトデザインに迷ったら参考にしたいサイト30選

ホテルのバスルーム

東京オリンピックを間近に控え、海外からの訪日観光客が増加するとともに、国内旅行を楽しむ日本人の数も増加傾向にあります。そうした状況のなか、旅館・ホテルの運営をされている方は、集客のために宿泊予約サイトなども活用しているのではないでしょうか?

もちろん、手間をかけずに集客してくれる宿泊予約サイトのメリットが大きいのも事実ですが、手数料がかかるというデメリットもあります。旅館・ホテルの公式Webサイトからもっと集客できたら、と考える方も少なくないかもしれません。

しかし、いざ旅館・ホテルのWebサイトをリニューアルしようと考えても、どこから手をつけていいかわからない、どうしたら宿泊客の目を惹くWebサイトになるのかわからない、という場合も多いでしょう。もしかしたら実務に忙殺され、そもそも旅館・ホテルの公式Webサイトが準備できていないという場合もあるかもしれません。

そこで本記事では、旅館・ホテルのWebサイト制作やリニューアルを検討している方に向け、デザインの参考にしたい旅館・ホテルのWebサイトを、宿泊料金のランク別に紹介するとともに、旅館・ホテルのWebサイト制作に定評のある、おすすめの制作会社を厳選して紹介していきます。

旅館・ホテルの集客はデザイン次第!?

旅館・ホテルの集客はデザイン次第!?

それでは、旅館・ホテルの集客に貢献できるWebサイトを制作するには、なにを重視すべきなのでしょうか?
旅館・ホテルのイメージを決定付けるWebサイトのデザインやファーストビューが非常に重要です。美しい写真がセンスよくレイアウトされ、泊まってみたいと思わせるようなデザインが、旅館・ホテルのWebサイトにはなによりも必要でしょう。
なぜなら、ユーザーが旅館・ホテルのWebサイトを閲覧するときに重視しているのは「そこに自分が宿泊しているイメージを膨らませられるか」という疑似体験であり、それが宿泊先選定の決定的要因になり得ます。

もちろん、宿泊客にそう思わせても、そのまま予約できなければWebサイトの意味がありません。適切な予約システムやそこにいたるまでの導線など、旅館・ホテルのWebサイトはユーザビリティに優れている必要もあります。
しかし、デザインに優れたWebサイトを持つ旅館・ホテルであれば「旅行のために宿泊先を決める」から「宿泊するために旅行する」へと、目的と手段を逆転させることさえ可能です。旅館・ホテルの集客という意味においては、Webサイト完成後の施策や運用も重要ですが、制作時にこだわるべきはデザインだといってもしまってもいいかもしれません。

それでは、効果的に集客できる旅館・ホテルのWebサイトを制作するには、どのようにデザインされている必要があるのでしょうか?その参考となる旅館・ホテルのWebサイトを紹介していきましょう。

最高級ランクの旅館・ホテルのサイト5選(料金:1泊5万円~)

まずは宿泊料金が1泊5万円からの、最高級ランク旅館・ホテルです。

1. 強羅花壇

1. 強羅花壇

箱根の最高級旅館「強羅花壇」のWebサイトです。客室、大浴場、日本庭園から箱根の景色まで、静かな時間がゆっくりと流れていくかのような動画がブラウザ全面でループ再生され、そこで過ごせる贅沢なひとときを感じさせてくれます。

シンプルに整理されたメニューバーを備え、自慢の懐石料理や館内施設、周辺の見所やアクティビティも紹介。説明は最小限にとどめ、美しい写真をHTML5で動的に表現し、シンプルなデザインで高級感を演出しています。トップから素早く予約できる仕組みや、英語に切り替えられるのも特徴です。

2. KIZASHI THE SUITE

2. KIZASHI THE SUITE

京都祇園のデザイナーズホテル「KIZASHI THE SUITE」のWebサイトです。和洋折衷のテイストが古都京都に溶け込む様を表現するかのように、客室を中心とした動画をブラウザ全面でゆっくりループ再生。「祇園と目覚め、京都を始める。」のフレーズが印象的なトップページです。

サービス・施設の紹介、アクセス、お問い合わせ、ご予約と、メニューは最小限に整理され、ファーストビューですべてを把握できるシンプルなデザインながら、ユーザビリティも考え抜かれています。イメージを膨らませられるフォトギャラリーも用意、もちろん英語にも切り替え可能です。

3. 東京ステーションホテル

3. 東京ステーションホテル

Classic Luxuryを掲げ、東京駅丸の内改札に直結という特徴を持つ「東京ステーションホテル」のWebサイトです。東京都心の利便性と、ヨーロピアンクラシックの上質なひとときをうまく表現した、ストーリー性を持たせた動画をトップページにデザイン。好みに応じてリプレイできます。

シティホテルならではの豊富な客室タイプ、館内施設の案内は、整理されたメニューからアクセス可能。目的別のサブメニューも用意され、迷うことなく必要な情報を入手できます。9言語に対応する多言語サイトが別途用意されているのも、東京駅直結の同ホテルならではの特徴でしょう。

4. アンダーズ東京

4. アンダーズ東京

東京虎ノ門ヒルズのハイアット傘下シティホテル「アンダーズ東京」のWebサイトです。同ホテルを象徴する、エントランスのイメージ写真をメインにトップページがデザインされています。館内施設、客室、アメニティ、アクセスなど必要な情報が写真とともに1ページで表現されているのも特徴でしょう。

それぞれの詳細へは、ページ途中のリンクからも、メニューからもジャンプでき、アコーディオンタイプのメニューからいつでも予約できるようになっています。統一されたイメージで10言語に切り替え可能なのは、グローバル展開するハイアットならではです。

5. 星野リゾート

5. 星野リゾート

ラグジュアリーホテル「星のや」温泉旅館「界」などを国内外で展開する「星野リゾート」のWebサイトです。コンセプトの異なる施設を他拠点で展開するため、Webマガジンのようなデザインを持っているのが特徴。特徴を表したアイコンで施設を紹介するほか、体験から選ぶ、特集から選ぶなど、多数の選択肢を用意しています。

もちろん、メニューから目的別に詳細ページにジャンプするのも可能。各宿泊施設のページでは、その特徴とともに関連する施設や特集を美しい写真とともに紹介。5言語への切り替えや予約も可能です。

高級旅館・ホテルのサイト10選(料金:1泊1万5,000円~)

続いて、宿泊料金が1泊1万5.000円からの、高級ランク旅館・ホテルのWebサイトを紹介していきます。旅館・ホテルのランクによってWebサイトにどのような傾向の違いが見られるのか?注目して見てみましょう。

6. 変なホテル

6. 変なホテル

H.I.S.グループが展開し、恐竜ロボットなどがフロントで出迎えることで話題なのが「変なホテル」のWebサイトです。同ホテルの特徴であるロゴ、ロボットの写真をトップページに配し、宿泊によってどのような体験が得られるのかを、明確にアピールするデザインだといえるでしょう。

変なホテルならではの先進技術、日本各地の各ホテル、おすすめ宿泊プラン、会員特典が1ページにスッキリとレイアウトされ、スクロールするだけで全体像がつかめるようになっています。サイドメニューから目的の箇所にジャンプするのも可能。いつでも空室検索できるように工夫されています。

7. 竹ふえ

7. 竹ふえ

熊本県の秘境といわれる白川温泉にある旅館「竹ふえ」のWebサイトです。旅館の特徴を書にしたためた画像をメインに据え、上部にメインメニュー、下部に旅館の詳細へのリンク・メニューを配置する、オーソドックスなデザインが採用されています。トップページに写真や動画を配置するWebサイトが多いなか、独特の手法で和を演出しているといえるでしょう。

プランから、日付から予約ができるだけでなく、それぞれに特徴を持つ12室のみの部屋を選んで予約可能、英語・韓国語にも対応しています。フォトギャラリーではトップページとは一転、HTML5を活用し、美しい写真を季節ごとに動的に魅せる工夫もされています。

8. remm ROPPONGI

8. remm ROPPONGI

「もっとよい眠りを」をコンセプトにした、阪急阪神第一ホテルグループのホテルブランド「remm ROPPNGI」のWebサイトです。館内写真のイメージをブラウザ全面に押し出し、直下のメニューからホテル詳細へジャンプできるデザインになっています。オンライン宿泊予約はもちろん、空室確認・予約もできる24時間対応のAIチャットが使えるのが特徴です。

ページをスクロールすると、コンセプトに従った館内施設の紹介、近隣施設などの情報、マップ、おすすめプランが整然と配置されており、4言語に対応した専用サイトも用意されています。

9. サンカラ屋久島 sankara

9. サンカラ屋久島 sankara

屋久島のオーベルジュ型リゾートホテル「サンカラ屋久島 sankara」のWebサイトです。客室、レストラン、スパ、屋久島の自然など、ホテルを象徴する美しい写真をファーストビューに据えるデザインが採用され、詳細ページへのリンクが用意されたメニュー、航空券付プランも検索できる宿泊予約など、ユーザビリティの高いWebサイトに仕上がっています。

料金・空室検索やギャラリーは、固定式のサイドメニューが用意され、どのページにいても宿泊予約が可能。屋久島の歴史やアクティビティへのリンクはもちろん、英語への言語切り替えにも対応、中国語・韓国語の専用サイトも用意されています。

10. あさや

10. あさや

130年の歴史を誇る鬼怒川温泉の温泉ホテル「あさや」のWebサイトです。鬼怒川の大型温泉ホテルならではの写真をブラウザ全面に押し出し、常にメニューと宿泊予約画面が表示されるデザインになっています。スクロールすることで宿泊プランやキャンペーン、ホテルの魅力、会員特典の紹介、PV紹介、フォトギャラリーを表示、盛りだくさんのWebサイトです。

スタイルによる過ごし方、魅力をリンクで詳細に紹介するとともに、団体旅行の受入れもアピール。英語サイトも用意され、あらゆる客層を狙いつつも、きちんと整理されたWebサイトです。

11. 多田屋

11. 多田屋

能登半島の海を臨む、石川県和倉温泉の旅館・ホテル「多田屋」のWebサイトです。多田屋の由来でもある能登湾の風景を中心に、美しい写真をブラウザ全面でループ再生する、旅情を誘うデザインが採用されています。AIを活用したチャットツールが設置されているのも特徴でしょう。

トップページのコンテンツは多田屋の由来、宿泊プランのみとシンプルにまとめる代わり、サイドメニューからは多彩なコンテンツにアクセス可能。複数の方法を選択できる予約ページへのリンクや、能登の魅力を発信する別ページ「のとつづり」へのリンクも設置されています。

12. 天空の船

12. 天空の船

「天空に浮かぶ最上リゾート」をコンセプトにする、熊本県天草のリゾートホテル「天空の船」のWebサイトです。スクロールするタブが用意され、それぞれのリンク「コンセプト」「客室案内」「レストラン」「リラクゼーション」「施設案内」「お客様の声」をイメージした動画がループ再生される、という凝ったデザインを採用、英語への切り替えにも対応しています。

それぞれのタブをクリックすれば、詳細ページに遷移し、美しい写真とともに簡潔にホテルの魅力を解説、周辺の観光案内、フォトギャラリーも要されています。クリックタイプのフルスクリーンメニューも設置され、目的のリンク先に素早く移動できます。

13. 鶴屋

13. 鶴屋

屋久島で昭和34年に創業された民宿、屋久島料理の御宿「鶴屋」のWebサイトです。「空・海・山 五感で味わう屋久島の自然と恵み。」をコンセプトとした4つの写真をループ再生。オーソドックスなデザインながら、屋久島の自然を満喫できる食事、宿泊、観光をシンプルに表現しています。

それぞれのメニューからは、目的に応じた詳細ページへ遷移でき、文字サイズを小・中・大から選べるのもユニークです。モバイルサイトも用意され、QRコードが設置されているのも特徴だといえるでしょう。

14. 由布乃庄

14. 由布乃庄

大分県湯布院に位置する、全室離れの客室を持つ温泉旅館「由布乃床」のWebサイトです。「星空につつまれる高原の隠れ家」をコンセプトにした、バーチャルツアーに近い動画をファーストビューに用意、まるでそこで一日を過ごしたかのような疑似体験が味わえます。旅館の特徴やおすすめ宿泊プラン、見所など、トップページだけですべての概要が把握できるシンプルなデザインです。

もちろん、メニューバーには各詳細ページへのリンクも設置、もっとも気になる宿泊プランとともに、トピックスボタンも設置され、気になるニュースへのショートカットとして利用できます。

15. 清泉寮

15. 清泉寮

もともとは長野県清里で、キャンプ・研修施設としてスタートしたことで知られる「清泉寮」のWebサイトです。牧場や周辺アクティビティを含め、宿泊以外にも多彩な楽しみ方があるためか、Webサイトのデザインはオーソドックスにまとめられており、カラフルに色分けされたリンクボタンで、目的のページへジャンプするように作られています。

ファーストビューのデザインも、季節に応じた旬な写真が利用されており、宿泊のみを目的としていないことがわかります。一方、マップ・イベントカレンダー以外は宿泊予約へのリンクが設置されており、ユーザビリティも考えた工夫がされています。

格安ホテル・旅館のサイト10選(料金:1泊5,000円以下)

次に、宿泊料金が1泊5.000円以下という、格安ホテル・旅館のWebサイトを紹介していきます。高級ランクの旅館・ホテルになると、Webサイトのデザインもバラエティに富んだものが見られるようになりましたが、格安ホテル・旅館のサイトはどうでしょうか?

16. day by day

16. day by day

静岡県浜松市のビジネスホテル「day by day」のWebサイトです。ビジネスでの疲れを癒す「五感でくつろぐホテル」をコンセプトに、同ホテルが考えるくつろぎはなにか?を象徴する写真をファーストビューに据えたデザインになっています。

英語・韓国語・中国語への切り替えも可能ですが、イメージはそのまま、デザインが大きく変更されているのも興味深い特徴だといえるでしょう。客室、プラン、サービス概要へはトップページのリンクから遷移するようになっており、シンプルながら使いやすいWebサイトです。

17. ホテル アクセラ

17. ホテル アクセラ

東京南千住で、3,250円から宿泊できる格安ホテル「ホテル アクセラ」のWebサイトです。格安の宿泊料金、立地条件の良さ、サービスの特徴、ホテルを利用するメリットなどが、ファーストビューに凝縮された、オーソドックスなデザインが採用されています。バナーをうまく使い、過不足なく情報を網羅しつつ、そのまま予約検索までできるのが特徴です。

メニューには宿泊プラン、客室、設備、FAQ、アクセスなどのボタンが用意され、それぞれの詳細ページにジャンプ可能。英語ページへの切り替えも可能です。

18. 庄兵衛

18. 庄兵衛

西伊豆雲見温泉の温泉旅館「庄兵衛」のWebサイトです。富士山をバックに「温泉と海の幸のお宿」のコンセプトを融合させた、インパクトのあるファーストビューを採用。シンプルでオーソドックスなデザインのWebサイトです。

施設、温泉、料理、アクセスという特徴に関しては、メニュー・リンクボタンから詳細ページへジャンプできますが、宿泊予約は電話・FAXのみ、オンラインでの予約は外部サイトのじゃらんからのみとなっているのが特徴です。情報を漏れなく網羅し、宿の魅力を紹介するのに徹したWebサイトだといえるでしょう。

19. 小池荘

19. 小池荘

千葉の南房総岩井海岸で、合宿にも対応できる旅館を営む「小池荘」のWebサイトです。非常にシンプルでオーソドックスなデザインですが、特徴である音楽室や食材へのこだわりなど、ファーストビューに必要な情報が網羅されているのため、目的の情報へ迷わず辿り着けます。

フォトギャラリーも宿泊者の様子をイメージしたものが多く、オーナーのブログへのリンクも設置するなど、親しみを全面に押し出したデザインがされているといえるでしょう。システム化されてはいないものの、予約ページも設置されています。

20. plentyf

20. plentyf

山梨県山中湖畔のペンション「plentyf」のWebサイトです。館内施設や客室、食事を中心にしたバーチャルツアー的な動画に、手書きのイラスト・ロゴを組み合わせ、ポップなデザインで家族連れ、カップルなどが気軽に利用できる雰囲気を演出しています。

サイドメニューからすべての詳細ページへジャンプできるようになっており、お料理、客室案内、館内施設などでは、ポイントとなる箇所に動画を配置し、それぞれを具体的にイメージできるよう工夫されています。外部システムを活用したオンライン予約も可能です。

21. オーベルジュ秋桜

21. オーベルジュ秋桜

山梨県山中湖近くのオーベルジュ「オーベルジュ秋桜」のWebサイトです。オーベルジュらしく、フランス料理を中心にしたストーリー仕立ての動画をファーストビューにし、Webサイト自体はシンプルながら、その特徴をひと目で理解できるようなデザインが採用されています。

リンクも料理、レストラン&バー、館内、アクセスと最小限。それぞれの詳細ページも、写真をふんだんに使った視覚的な仕上がりになっているのが特徴です。トップページのみ、英語への切り替えが可能。外部システムを活用したオンライン予約も可能です。

22. 浜紫

22. 浜紫

千葉県白子温泉の温泉旅館「浜紫」のWebサイトです。宿の外観の写真とともに、歴史や由来を紹介し、トピックスをバナーでまとめたシンプルなファーストビューを持ち、和のテイストでデザインされたサイドメニューで詳細ページにジャンプできる使い勝手のいいWebサイトです。

リンク先の客室紹介では、部屋の間取りを写真とともに紹介、温泉の泉質や注意事項、特徴とする料理など、必要な情報を簡潔にわかりやすくまとめてあります。外部システムを活用した宿泊予約はもちろん、空室もカレンダーで確認できるようになっています。

23. 浜頭

23. 浜頭

福井県小浜市の民宿「浜頭」のWebサイトです。2019年3月にWebサイトをリニューアルし、ユーザビリティが向上しています。若狭ふぐやカニなど、自慢の海の幸などをイメージした親しみを感じさせるデザインが採用されており、トップページだけで主要な情報を把握できるよう、特徴を簡潔にわかりやすく解説しているのが特徴です。

ごあいさつ、料理・宿の案内、おすすめプランなどの詳細ページへのナビゲーションには、アコーディオンメニューを設置。Webサイトからのオンライン予約はできませんが、外部宿泊サイトへのリンクが設置されています。

24. GUESTHOUSE MINTAROHUT

24. GUESTHOUSE MINTAROHUT

山形県山形市のゲストハウス「GUESTHOUSE MINTAROHUT」のWebサイトです。ひと目でどんな宿泊施設なのかがわかる、シンプルなファーストビューになっているWebサイトです。メニューもABOUT、部屋と館内設備、料金と予約、アクセス、お知らせのみとなっており、操作に迷うことのないWebサイトだといえるでしょう。

一方で、空室検索・宿泊予約や、予約確認・キャンセルの専用ページは用意されており、どのページからでも簡単にアクセスできるのも特徴です。山形の魅力を簡潔に紹介するページも含め、利用者の使い勝手を考えた工夫がされています。

25. ホテル ヒカリ

25. ホテル ヒカリ

東京南千住で、1泊3,700円から泊まれる格安ホテル「ホテル ヒカリ」のWebサイトです。館内施設、大浴場などのループ再生とともにサイドメニューが配置された、シンプルなデザインのファーストビューを持つWebサイトです。英語、韓国語などを含む5言語への切り替えも可能。ナビゲーションに迷うこともないでしょう。

カテゴリーに分類されたメニューからは、部屋の写真や注意事項、館内施設などが紹介されており、サービスをわかりやすいアイコンで表示するなどの工夫もされています。独自の宿泊予約システムも設置、スムーズな手続きが可能です。

番外編宿泊施設5選(泊まれる本屋などコンセプトホテル)

最後に、一風変わったコンセプトで宿泊施設を運営しているWebサイトを、番外編として紹介してみましょう。旅館・ホテルをメインとしている方にも、なにか新たなヒントが見つかるかもしれません。

26. Book and bed

26. Book and bed

池袋・新宿・京都などの繁華街で「本を売らない泊まれる本屋」をコンセプトに、宿泊施設を展開する「BOOK AND BED」のWebサイトです。シンプルなロゴのみのファーストビューを採用し、HTML5を多用した、各店舗で共通のデザインが施されているのが特徴のWebサイトで、3カ国語に対応しています。

ホテル概要、施設案内など、メニュー自体は用意されていますが、ページ遷移することなくトップページのみで完結。物販サイト、予約サイトのみ外部ページへとジャンプします。スタイリッシュな写真とともに、イメージカラーの紺とゴールドを多用したデザインになっており、ポップアップメニューを多用して解説するなどの工夫もされています。

27. MANGA ART HOTEL

27. MANGA ART HOTEL

東京神田で「漫泊」をコンセプトに、マンガの世界に浸れながら眠れる宿泊施設を運営する「MANGA ART HOTEL」のWebサイトです。それを象徴するような写真がファーストビューに採用されていますが、HTML5を多用したWebサイトのデザインは、上述のBOOK AND BEDにも似ているといえるでしょう。英語への切り替えに対応するほか、予約は外部宿泊予約サイトで受け付けます。

ABOUT、NEWS、HOTEL、ACCESSなどのメニューは用意されていますが、すべてのコンテンツはスクロールすることで閲覧可能。センスのいい写真やアイコン、ムービーなども多用した、動的なデザインになっているため、飽きることなくスクロール可能です。

28. Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

28. Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE

東京蔵前で、ホステルとカフェ&バーを融合させた宿泊施設を運営する「Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE」のWebページです。その成り立ちである、カフェ&バーの写真を全面に利用したファーストビューのデザインは、宿泊施設ということを感じさせない作りになっています。おそらくそれは「あらゆる境界線を越えて、人々が集まる場所を。」というコンセプトを反映したものなのでしょう。

HTML5を多用した最新のデザインが施されているともいえますが、トップページではあくまでもコンセプト、概要を理解してもらうことに徹し、ページ内のリンク・メニューから詳細へ誘導する導線が張られています。もちろん、専用の宿泊予約ページも準備されています。

29.おふろcafe utatane

29.おふろcafe utatane

埼玉県さいたま市で「すべての人に自由で特別な時間を過ごしていただく」をコンセプトに、多目的宿泊施設を運営する「おふろcafe utatane」のWebサイトです。HTML5を多用したポップなデザインが採用されていますが、運び湯温泉、レストラン、ラウンジ、仕事など、さまざまな要素を盛り込み、さまざまな過ごし方を提案できるため、リンクを駆使してさまざまな角度から全体像をつかんでもらおうという工夫がされています。

アイコンや写真を多用してイメージを喚起すると同時に、クリック式のメニューで必要な情報へ誘導しているほか、イベント情報も充実。英語・中国語にも対応しています。

30. MUJI HOTEL

30. MUJI HOTEL

良品計画が運営する、無印良品のコンセプトホテル「MUJI HOTEL」のWebサイトです。3月に世界3か所目として銀座がオープンしたばかりのMUJI HOTELのトップページは、先行する深圳・北京の風景をバックに、ロゴと各ホテルへのリンク、コンセプトがあるのみというシンプルなデザイン。各ホテルのWebサイトも、写真を多用した動的なデザインが採用されながらも、そのシンプルさは同様です。

コンテンツの内容もニュース、アクセス、客室、施設、お問い合わせ、予約のみとシンプル。解説も最小限にとどめられており、無印良品の「アンチゴージャス、アンチチープ」のコンセプトに則ったデザインだといえます。

旅館やホテルのサイトデザインが得意な制作会社3選

旅館やホテルのサイトデザインが得意な制作会社3選

宿泊料金のランク別に、旅館・ホテルのWebサイトを紹介してきました。ターゲットによって高級感を打ち出すか、親近感を感じさせるかなどの違いはあるものの、ターゲットに適したデザインが、旅館・ホテルのWebサイトに重要なのがおわかりいただけたのではないでしょうか?こうした適切なデザインは、素人ではなかなか難しいのが現実です。

そこで以下からは、旅館・ホテルのWebサイト制作を依頼する際の参考として、業界のデザインを得意とする制作会社を厳選して紹介していきます。

【格安】旅館・ホテル向けのホームページ制作会社

株式会社ビーシャープ

「株式会社ビーシャープ」は、仙台市のWebシステム制作会社です。デザインへの要求が高い旅館・ホテル業界でも通用する、無料ホームページ作成クラウドサービス「まめわざ」の提供で知られています。「まめわざ」は、284種類の雛形と30種類以上のテクスチャーが用意され、美しい写真と文章さえあれば、オリジナリティ溢れるホームページを無料で運営できます。

PCはもちろん、スマートフォンやタブレットでもホームページ制作が可能、クラウドサービスのためソフトウェアをインストールする必要もありません。広告表示をなくし、独自ドメインも取得できる有償のビジネスプランもあり、わずかなランニングコストで「集客できる」Webサイトも実現できます。

もちろん、自分でデザインするのに不安を感じるようであれば、スマートフォンにも対応するWebサイト制作を格安で代行してもらうのも可能。クレジットカード対応の予約フォームも設置できます。

【実績豊富】旅館・ホテル向けのホームページ制作会社

株式会社アビリティコンサルタント

「株式会社アビリティコンサルタント」は、東京と名古屋に本社を持つWeb制作・コンサルティング企業で、国内外に複数の支社も展開しています。特に、強みを発揮するのは宿泊業界であり、予約システム、多言語サイト翻訳、インバウンド集客などの業界向けサービスを展開。加賀屋、マリオット、リッチモンドホテル、ワシントンホテルなど、国内外を問わない有名ホテルのWebサイト制作を担当した豊富な実績も持っています。

こうした旅館・ホテル業界のWebサイト制作のノウハウをもとに、クライアントが自らコンテンツ更新することで、低価格で高品質のWebサイト制作を実現したのが、ウェブ制作パッケージ「Quip」です。初期費用19万8,000円からという低価格で、プロフェッショナルのデザインノウハウが詰まった高品質なWebサイトを制作可能。小規模構成で立ち上げた後の運用も簡単です。

【集客に強い】旅館・ホテル向けのホームページ制作会社

株式会社コレリィアンドアトラクト

「株式会社コレリィアンドアトラクト」は、東京港区に拠点を持つ旅館・ホテル専門のWebコンサルティング企業です。24時間365日集客できるホームページの提案が特徴であり、旅館・ホテルの持つUSP(Unique Selling Propsition)= 独自の強みを分析し、ターゲットを明確にすることを基本としています。そのためのSEO対策、ユーザーが使いやすいユーザビリティ、導線の設計、使いやすい予約システムなど豊富なノウハウも蓄積されています。

本記事でも紹介した東京ステーションホテルをはじめ、舞浜シャラトングランデトーキョーベイホテル、行灯旅館など、制作実績も豊富です。もちろん、スマートフォン対応ページの制作や、Facebookページ制作支援も行っており、ドローンによる動画撮影、ランディングページの作成まで、旅館・ホテルのWebサイトに関することなら、なんでも相談できます。

【まとめ】旅館のサイトデザインを見直して集客アップを狙おう!

【まとめ】旅館のサイトデザインを見直して集客アップを狙おう!

公式サイトを持っていても予約が入らないなど、思ったような効果が得られていない旅館・ホテルは、本文でも解説したように、目的とターゲットを絞った適切なデザインができていないのかもしれません。もちろん、Webサイトの準備ができていない旅館・ホテルでは、公式サイトからの集客は見込めません。

しかし、公式サイトで疑似体験が得られるようなデザインを採用すれば、目的と手段を逆転させるのも可能なのです。24時間365日いつでもアクセスできるWebサイトがそうした魅力を持てば、より多くの集客が期待できるのは当然のことでしょう。

一方、Webサイト制作が本業でなければ、いくら旅館・ホテル業界に詳しくてもノウハウの詰まったWebサイトをデザインするのは困難でしょう。そんなときは、プロフェッショナルの力を借りるしかないのです。

アイミツであれば、今回紹介した制作会社はもちろん、ニーズや予算に応じて豊富な実績を持つ多数の業者からあなたに最適の業者を探せます。Web制作の依頼先に迷うことがあれば、お気軽に相談してみてください。

“ホームページ制作”のことなら
コンシェルジュに無料で相談!

お急ぎの方はこちら

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

Kadono

ホームページ制作業者の
見積もりが最短翌日までにそろう