無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年3月30日
更新日:2022年3月30日

「ホームページとは何か?」「Webサイトとの違いは?」を解説!【2022年最新版】

ホームページはさまざまな意味で用いられるため、「ホームページとは何か?」という疑問を持っている方も多いのではないでしょうか。この記事では、ホームページ制作会社などのさまざまな分野の発注先を比較検討できる「アイミツ」が、ホームページとは何か、Webサイトとの違いを徹底解説!効果的なホームページを制作するポイントもご紹介します。

【関連ページ】
ホームページ制作にかかる費用・相場感のご紹介。あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。

ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき
サポートに強いホームページ制作会社一覧

ホームページとは何か?

まず、ホームページとは何か、Webサイト・Webページ・TOPページとの違いを解説します。

1-1.ホームページとは

ホームページは、かつてはWebブラウザを立ち上げた際に、最初に表示されるページを指す言葉でした。しかし、現在では、より広い意味で使用されています。WebサイトのTOPページをホームページと呼ぶこともあれば、Webサイト全体を指す場合も。

ホームページが上記3つの内どれを指しているのかは、話し手によって異なるのです。ホームページがどの意味で使用されているのかを理解するには、話の流れや文脈から判断する必要があります。

1-2.Webサイト、Webページ、TOPページとの違い

Webサイト(ウェブサイト)は、Webページで構成されています。Webページは、記事ページや問い合わせページなど、Webサイトを構成する単一のページを指す言葉。Webサイトは、同じドメイン内で階層化されたWebページの集まりです。

Webページのなかでも、もっとも上位の階層にあるページは、TOPページと呼ばれています。TOPページは、本の表紙や目次のような機能を持ったWebページ。ユーザーにどのようなWebサイトなのかを伝える役割があります。

ホームページを制作する意味

ホームページを制作する目的は、運営者によって異なります。代表的なホームページの用途をご紹介しましょう。

2-1.広告、宣伝のため

現在では、多くの企業が何らかのホームページを運営しています。広告や宣伝のためにホームページを制作する企業も多いです。自社の宣伝を目的とするホームページもあれば、特定の商品やサービスのプロモーションに特化しているサイトも。

単に広告や宣伝を目的とするのではなく、宣伝用のページからECサイトへ誘導したり、ホームページに決済機能を持たせたりして商品を販売している場合もあります。

2-2.ニュースリリースを発信するため

広報のために、ホームページを制作する企業も少なくありません。ホームページでニュースリリースを配信するケースも多いです。ニュースリリースがマスコミにとり上げられれば、多くの人に自社を知ってもらうきっかけを作れます。

ニュースリリースをホームページで公開すれば、ネットを通じて自社の状況をより多くの人に知ってもらえるでしょう。定期的に情報を発信すれば、顧客からの信頼獲得にもつながります。

2-3.営業活動のため

営業活動のために、ホームページが制作されるケースも。ホームページに問い合わせページや資料請求フォームを設置すれば、リードの獲得に活用できます。

営業活動を目的にホームページを作成する場合、どのようにリード獲得につなげるのか、導線をしっかり設計することが重要です。最近では、ネット上での営業手法も洗練されてきており、マーケティングツールとホームページを連携させてリードの獲得や顧客育成を一部自動化している企業も増えています。

2-4.ユーザーサポートのため

ユーザーサポート用のホームページを制作すれば、サポート業務を効率化できるでしょう。サービスに関するよくある質問と答えをホームページ上で公開しておけば、ユーザーがサポートに問い合わせる手間を省け、利便性も向上します。

問い合わせの件数を減らせるので、サポートの質の向上やコスト削減が可能に。Q&Aだけではなく、ホームページにサポート用のチャットツールを設置して、ユーザーの利便性向上を図る企業も増えています。

2-5.趣味の情報を発信するため

ホームページは、趣味の情報を発信するために利用される場合もあります。個人で運営しているホームページもあれば、求職者に会社の雰囲気を知ってもらうために企業が本業とは関係のない情報を発信するケースも。

用品やレジャー用品など趣味性の高い商品を扱っている企業であれば、集客にも活用できるでしょう。専門的な立場から趣味の情報を発信することで、ブランディング効果も期待できます。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

アクセス数の多いホームページを制作するコツ

ホームページは情報を発信するために作成されるケースが多いです。より多くの人に情報を届けるには、アクセスを集められるサイトを作成する必要があります。集客効果の高いホームページを制作するコツを解説しましょう。

3-1.ホームページを訪問してほしいユーザー像を明確にする

ホームページを訪問してほしいユーザー像を明確にしておきましょう。ホームページを作成する際は、ターゲットに合わせてデザインや内容を決めなければなりません。ターゲットが不明確な状態では、集客効果の高いホームページの制作は困難です。

自社の商品やサービスに対する関心が高いと考えられるユーザー像を設定しましょう。年齢や家族構成、抱えている課題など可能な限り具体的にユーザー像を設定するのがポイントです。

3-2.見やすくわかりやすいデザインを心がける

ホームページ制作において、デザインの果たす役割は非常に大きく、成果にも影響を与えます。適切なデザインでホームページを作成しなければ、ユーザーがサイトの内容を見ずに離脱する恐れも。ユーザーの使い勝手を考慮して、見やすくわかりやすいデザインを採用する必要があります。

ホームページのデザインを決める際は、ユーザーが商品を購入するか否かを判断するための情報が記載されているか、注文までの動線はわかりやすいかなど利便性をチェックしましょう。

3-3.継続して更新を行う

アクセスを集められるホームページを制作するには、継続的な更新が欠かせません。ホームページの情報が古いと、ユーザーが不信に感じる可能性も。常に最新の情報を発信できれば、ユーザーからの信頼を獲得できます。

加えて、定期的に情報を発信しているホームページは、そうではないサイトと比較して検索エンジンからも評価されやすいです。検索順位が上がれば、多くの検索流入が期待できます。ホームページを公開したあとも、改善を継続しましょう。

ホームページ制作はプロへの依頼がおすすめ

集客効果の高いホームページを制作するには、専門的な知識・スキルが求められます。ホームページ制作では、デザインやコンテンツ、成約までの動線の設計など多くの要素を考慮しなければなりません。ホームページを成果につなげたいのであれば、制作をプロに依頼した方がよいでしょう。

ホームページ制作会社には、制作のノウハウが蓄積されています。自社の業種やホームページの用途に合わせて、成果につながりやすいプランを提案してもらえるでしょう。

【まとめ】ホームページ制作会社選びで迷ったらアイミツへ

「ホームページとは何か?」について解説しました。「アイミツ」では、法人向けの一括見積りサービスを提供しています。専門のコンシェルジュが詳しくお話をうかがった上で、ニーズに合わせたホームページ制作会社を無料でご紹介可能です。 条件に合う会社の見積もりをまとめてお渡しいたします。

「ホームページの発注先を探す時間がない」「希望通りのネット広告会社が見つからない」という方は、お気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
サポートに強いホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!