《福祉》Webデザインを考える際に参考にするべき福祉施設のサイト3つ

更新日:2017年04月14日 | 公開日:2016年04月08日

1.介護付有料老人ホーム 百々花(ももか)

年配の方でも分かるように、丁寧に料金の説明をしています。背景が白色で清潔なデザインになっています。気になる「入居の流れ」もわかりやすく説明されていて、ユーザーが迷わずに、お問い合わせができる設計になっています。

▼入居の流れ▼

2.介護施設「ハートフル とむ」

年配の方が見ても分かるように、とにかく大きな文字で短い文章で説明されています。デザインもポップで安心感があります。文字サイズは「小・中・大」で大きさを変えることができます。ちなみに、文字サイズが変わるのは、メニュー以下の本文のみです。

▼文字サイズ中▼

▼文字サイズ大▼

3.さかもと助産所

子供を産む場所を決めるのは、女性にとって重大な判断になります。そのため、ホームページの印象が問い合わせをするかどうかの決め手になります。その点、このサイトは女性が親しみやすい、ポップで可愛らしいデザインを施していて、配慮が感じられます。

【まとめ】福祉施設のホームページでWebデザインに困ったら?

と、ここまでWebデザインの参考になる福祉施設のホームページを紹介しました。

実際、「いくらくらいになるの?」「デザインに強い業者に頼むと高いんじゃ…?」と疑問が湧いたかもしれません。日本最大級の発注業者比較サイト『アイミツ』では、ホームページ制作に関する専門知識を持った弊社コンシェルジュが、信頼できる「福祉施設のホームページを制作できる業者」を完全無料でご紹介しています。アイミツには、100万件の口コミを元に構築した7万社の企業・個人事業主様のデータベースがあります。

福祉施設のホームページ制作を依頼する業者を選ぶのに迷っている場合は、まずはお気軽にお問い合わせください。我々コンシェルジュが、あなたの会社に合った業者を全力で探します。

ご利用は完全無料。見積もりのご依頼だけでなく、「業者についてもうちょっと詳しく教えてほしい!」なんてご相談も大歓迎です。ぜひお気軽にお問い合わせください!

見積もり、取ってますか?

発注をする際に最も大切なことは適正価格を知ることです。
3~4社から見積もりを取ることで、
発注への納得度を高めることができます。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください