無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月24日
更新日:2022年5月19日

ホワイトペーパーの作り方と効果を上げるコツを紹介【2022年最新版】

通常のWebコンテンツよりも高い専門性・独自性を持つホワイトペーパーは、新規の見込み客獲得やWeb集客に効果的な手段の1つです。
この記事では、ホワイトペーパーの作り方や効果を得るための運用のコツをまとめて解説していきます。ホワイトペーパーの作成・活用を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき【2022年保存版】
ホームページ制作会社一覧

ホワイトペーパーとは

ホワイトペーパーは、ユーザーに役立つ情報をまとめたコンテンツを指すものです。目的に応じていくつかのカテゴリに分類されますが、いずれも通常のコンテンツと比較すると高い独自性・専門性を備えています。ここからは、ホワイトペーパーの概要やそれぞれの違いについて解説します。

ホワイトペーパーとは何か

ホワイトペーパーはWebコンテンツの一種で、基本的には問い合わせや申し込みのあった見込み顧客にのみ配信されるものです。コーポレートサイトやサービスサイトなどでは公開されていない情報が多く盛り込まれているのが特徴で、主にBtoBマーケティングの分野で活用されています。内容は商品・サービスの効果的な運用方法や成功事例、市場調査の結果などが紹介されているようです。

ホワイトペーパーの種類

ホワイトペーパーは、大きく3種類に分かれます。
①課題解決型
ユーザーの抱えている課題の解決につながる情報を提供するものです。「どんな解決策が有効で、商品・サービスがどう貢献できるか」を具体的に紹介します。
②事例紹介型
商品・サービスを実際に導入した企業の事例紹介を通じて、導入イメージを固めてもらうことができます。
③レポート型
独自に行った調査の結果や、トレンド動向をまとめた情報を提供するホワイトペーパーです。

ホワイトペーパーの基本構成

ホワイトペーパーは、プレゼン資料に近い構成で作成されるケースが多いとされています。内容は目的によって異なりますが、
・表紙
・要旨
・目次
・本編(課題解決策、成功事例、調査結果など)
・サービス、製品紹介
・会社情報

といった構成が基本。コーポレートサイトやサービスサイト、オウンドメディアなどの記事とは異なり、表紙や目次を用意した上で主題を解説するというのが一般的な流れです。企業向けに配布するレポート資料をイメージするとわかりやすいかもしれません。
また、ホワイトペーパーはあくまでも新規見込み客獲得のための施策であるため、商品・サービスの紹介を盛り込むのも大切なポイントです。

ホワイトペーパーの作り方と流れ

ここからは、ホワイトペーパーの作り方を手順にそって紹介します。ホワイトペーパーの制作は、基本的に以下の4つのステップで進めます。

ステップ1:目的とターゲットを明確にする

ホワイトペーパーを制作する際は、「どんな情報を伝えたいのか」「どんな成果を得たいのか」「読み手はどんな情報を求めているのか」を明確にする必要があります。まずは商品・サービスのターゲットとなる人物像を設計することで伝えるべき情報の洗い出しができ、ホワイトペーパーのコンテンツの方向性も定められるでしょう。

ステップ2:テーマを決める

ホワイトペーパーの制作目的・ターゲットが明確になったら、次はテーマを決定します。その際に意識したいのは「ホワイトペーパーを通じてどんな情報を提供できるのか」「読み手がどんな状態になるのか」という点です。テーマにそってホワイトペーパーを作成すれば、読み手にとって満足度の高いコンテンツに仕上げられるのではないでしょうか。

ステップ3:ボリューム・レギュレーションを決める

ホワイトペーパーの制作作業に取りかかる前に、全体のボリュームを決定しておきます。必要な文章量や画像、イラストの有無などを事前に明確にしておけば、ホワイトペーパーの作成に必要な期間や収集すべき資料なども自ずと見えてくるため、スケジュール設計もスムーズです。
また「文章は『ですます調』で統一する」といったレギュレーションを設けておくことで、複数人が制作に携わる場合であっても一体感が保てます。

ステップ4:ホワイトペーパーを制作していく

構成やボリューム、レギュレーションなどが確定し、必要な資料が収集できたらいよいよホワイトペーパーの作成作業です。事前準備がしっかりとできていれば、あとは形にしていくのみとなるためスムーズに作業を進められます。
なお、ホワイトペーパーの情報量が膨大な場合には、外部の会社に作成を委託するのも1つの手段です。ホワイトペーパー制作を得意とする会社に依頼することで、時間や負担を抑えながらも質の高い成果物を手に入れられるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ホワイトペーパー制作のコツ

ここからは、ホワイトペーパーを作成する際のコツについて解説していきます。

ダウンロードに繋がるタイトルにする

最初のコツは、ユーザーが「フォームへの入力が必要でもダウンロードしたい」と感じるようなタイトルを設定することです。どんなに内容の充実したホワイトペーパーであっても、ターゲットに読まれなければ意味がありません。ホワイトペーパーを読むにはダウンロードが必要となるため、公開情報よりもタイトルの作成に注力することが重要です。
「どうすれば相手の興味関心をひけるのか」を考慮し、他社のホワイトペーパーを参考にしながら作成を進めましょう。

既存の資料を活用する

既存資料を有効活用するのも、ホワイトペーパー制作のコツの1つです。ホワイトペーパーに掲載する情報は必ずしも最新である必要はなく、既存の資料の内容をアップデートしたものであっても十分に効果が期待できます。
過去の調査結果や動画投稿をベースに、新たな切り口でそれらの情報を分析・紹介することで、見込み顧客にとって有益な情報の提供につなげられます。数値のみのデータが手元にある場合は、グラフ化してみるのもおすすめです。

まとめ

この記事では、ホワイトペーパーの概要や役割から具体的な作り方、制作時のコツまでをまとめて解説してきました。商品・サービスの専門性や魅力を効率的にアピールできるホワイトペーパーは、積極的に活用すべきコンテンツだと言えます。しかし、質の高いホワイトペーパーを作成するには時間と労力を要するのも事実です。「業務が多忙でホワイトペーパー作成に手が回らない」という場合には、ホワイトペーパー制作を得意とする会社への依頼を検討してみてもいいかもしれません。
「アイミツ」ではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ作成費用と相場|料金早見表つき【2022年保存版】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!