Word Pressと無料ブログサービスを徹底比較!初心者にオススメはどっち?

ガッツポーズする2人の女性

更新日:2017年09月28日 | 公開日:2017年09月08日

最近ブログを見ていて、余計な広告が表示されていないブログが多くなったと感じませんか?
その理由のひとつとして、WordPressを活用して作成されたブログが増えていることが挙げられます。

なぜならWordPressは世界中で圧倒的な採用率を誇るサイト作成ツールであり、広告が表示されないブログを作成できるツールとして、多くのブロガーに使用されているからです。

国内外問わず多くのサイトやブログがWord Pressで作成されているとなれば、これからブログを始めようと考えている人はもちろん、すでに無料のブログサービスを利用している人も興味を覚えるのではないでしょうか。

そこで、この記事ではWordPressと無料ブログサービスの基本的な違いを確認した上で、初心者でもWordPressでブログを開設できる方法を説明したいと思います。

1. WordPressと無料ブログサービス6つの違い

無料ブログサービスを利用したことがある方もそうでない方も、WordPressと無料ブログサービスとでは一体どのような違いがあるのか、気になるところかと思います。
ここでは双方の特徴を比較することで見えてくる、6つの違いについて解説します。

キーボードとコーヒー

違い1. コスト面

「アメーバブログ(アメブロ)」や「FC2ブログ」「Livedoor Blog」などといった各種ブログサービス会社が提供している無料ブログは、その名の通りゼロ円でブログを始めることができ、これは大きなメリットと言えるでしょう。
一方、WordPressの場合には基本「独自ドメイン」の取得や「サーバー」の有償レンタルをするための費用がかかりますが、双方合わせて最低で年間4,000円以内、高くても5万円以内でコストが抑えられます。

違い2. 手間と時間

手間と時間を考えた場合、無料ブログサービスは、まったく知識のない初心者でも今すぐブログが開設できます。
一方、WordPressは前節でも触れたように「独自ドメイン」と「サーバー」の用意に加え、WordPressのインストールなどがあり、どうしても手間と時間がかかってしまいます。

ただし、一度ブログを開設してしまえば記事更新にかかる手間と時間は、基本的にWordPressも無料ブログサービスも変わりません。

違い3. デザインと機能のカスタム性

あらかじめ用意されたテンプレートやデザインしか使用できない無料ブログサービスと違い、何と言ってもWordPressではいろいろな機能を追加してブログ全体の仕様をカスタマイズできるプラグインというツールがあります。
プラグインについては後述しますが、WordPressでは自身のブログに適切なプラグインをインストールすることで、デザインの独自性や見やすさが格段とアップするので、非常にメリットが大きいと言えるでしょう。

違い4. SEO

WordPressはSEOに強い」と言われていますが、短期的には無料ブログサービスの方がSEO的にメリットがあると言えます。
なぜなら、無料ブログサービス会社のドメイン(URL)の下に、あなたのブログアドレスが割り当てられていて、当初より検索エンジンの評価をすでに得ている状態だからです。

しかし、ある程度の期間が経過すると、新規で始めたWordPressでも検索エンジンでの評価が得られるようになります。ですから、長期的に見た場合には、独自にSEO対策が施せるWordPressの方がメリットが高いといえるでしょう。
ただし、無料ブログサービスにも独自のドメインを使用できるものもありますので、そういう意味では実質的なSEOの観点から見た優劣はないと言えるのかもしれません。

違い5. モバイル対応

2015年にGoogleがモバイル(スマートフォン・タブレットなど)に対応しているサイトを評価基準に加えるというアルゴリズムを導入したことで、モバイル対応は今や必須となっています。
その点においては、無料ブログサービスもWordPressもそれぞれ、モバイル対応の機能を追加することができます。

しかし、無料ブログサービスの場合は、ブログ内に広告が表示されるケースが多く、スマホの小さい画面で見ることを考えると、広告が表示されないWordPressの方がモバイル対応ではメリットが高いと言えるかもしれません。

出典元:Google ウェブマスター向け公式ブログ

違い6. 収益性

ブログでのビジネスを考えた場合、重要なポイントになってくるのが収益性です。
前節でも取り上げましたが、無料ブログサービスでは多くの場合、ブログサービス側が用意した広告が表示されます。
これは、あなたの店先で別のお店が異なる商品やサービスを売り始めるようなものです。仮に広告表示に魅力的な商品やサービスがあった場合、あなたの元に入るはずだった収益が奪われる可能性も否定できません。
中には、無料ブログサービスでも広告を非表示にできるものもありますが、モバイルには対応していない場合もあるので、利用前にしっかりと確認する必要があります。
ですが、WordPressでは広告が一切表示されることがないので、安心してビジネスを展開することができるでしょう。

2.ビジネスでも使える無料ブログサービス

ここまでWordPressと無料ブログサービスの違いを6つのポイントに絞り比較してきましたが、無料ブログサービスの中にもビジネスに十分使えそうなハイクオリティなブログを作れるものがあります。
ここではそんな無料ブログサービスを紹介していきます。

Ameba Ownd

Amebaブログを管理しているサイバーエージェントが提供している、無料ブログサービスです。

ブログと書きましたが、イメージは簡易ホームページに近いと言えるでしょうか。
市川海老蔵さんをはじめ多くの有名人やスターバックスやadidas neoなどの有名企業もオフィシャルブログを作成しています。

主な特徴は以下の通りです。

・オシャレでスタイリッシュなテンプレート(100種類以上)
・独自ドメインを使うことができる
・商用利用が認められている(ネットショップも簡単に作れる)
・複数のメンバーで編集・管理ができる
・独自アクセス解析だけでなく、Google Analyticsとの連携も可能
・ソーシャルメディア連携表示
・アプリでも更新が可能

livedoor Blog

2015年5月よりすべての有料版を廃止し、最上級プランだった「PREMIUM」(月額1,890円)の機能・サービスを無料開放しました。
そのため、それまで有料版でしか味わえなかった優れた機能性や快適さを誰でも体験できるようになりました。
主な特徴は以下の通りです。

・PC版広告の非表示
・livedoorロゴの非表示
・独自ドメイン設定
・ブログデータ容量(無制限)
・スマートフォン版のユーザー独自の広告の掲載
・Amazon・楽天アフィリエイトID自動設定
・記事のバックアップ(エクスポート)
・EPUB書き出し機能(電子書籍作成)

参考にまで、Livedoor Blogの公式ブロガーさんのブログトップ画面を紹介しておきます。

Tumblr

Tumblrトップ
出典Tumblr公式

Tumblrとは、アメリカのDavidville.incが提供する、無料ブログサービスです。

2007年3月のリリース以降、世界中で10億人以上が利用しています。
おしゃれなテンプレートも多く、画像や動画はもちろん音楽データまでも投稿できることから、クリエーターやファッション業界で利用されることが多く、有名企業の利用も少なくありません。

主な特徴は以下の通りです。

・デザインがオシャレでカスタマイズの自由度が高い
・独自ドメイン設定
・CMS機能により近いサービスを無料で使うことができる
・広告の非表示
・Tumblrアプリから簡単に投稿ができる
・Googleアナリティクスで解析することも可能
・Google AdSenseなどの広告やアフィリエイトリンクが貼れる
・Facebook、Twitterとの連携
・容量は無制限

Blogger

Blogger公式トップ
出典Blogger公式

Google社が運営する無料ブログサービスです。

最大の魅力は広告が一切入らいないというところでしょう。
海外からのアクセスが多く、海外向けの情報発信に最適です。
主な特徴は以下の通りです。

・広告非表示
・容量・転送量無制限
・独自ドメイン設定
・自由にアフィリエイト広告を載せることができる
・iPhoneやAndroidのアプリから簡単に投稿することができる
・Google+, YouTube, などのGoogleのサービスとの連携
・Google Adsenseを簡単に利用する仕組みが備わっている
・一つのGoogle/Bloggerアカウントで複数のブログを運営できる
・Widgetによる機能拡張が簡単にできる
・テンプレートのカスタマイズも可能

いかがでしょうか。
無料ブログサービスでも、無料とは思えないくらいの機能とクオリティを兼ね備え、集客ブログとしても十分に活躍できるものがあります。
その最大の魅力は、何と言っても「手軽さ」でしょう。
手軽におしゃれで高機能なブログを作れるとなると、ブログ初心者には大きな魅力となるのではないでしょうか。

3. 初心者でも始められる! WordPressでブログを制作する方法

コーヒーカップと手帳

3‐1.WordPressの無料版と有料版3つの違い

無料ブログにプランがあるように、WordPressでブログを始めるにも2通りの使い方があります。
通常版はブログを始める際に独自ドメインとサーバーの用意が必要なのに対し、無料版は「WordPress.com」というブログサービスを利用します。
ここでは通常版と無料版の違いについて、簡単に説明します。

違い1. 運営コスト

どちらもインストール自体は無料ですが、既出の通り、通常版では独自ドメインとサーバーを用意する必要があり、コストはかかります。
その点、無料版はあくまでもブログサービスであるため、他の無料ブログと同じように使用することができます。

違い2. 利用制限

WordPressの無料版と有料版とでは、基本的なブログ機能に違いがあります。
たとえば、無料版ではさまざまな機能が追加できるプラグインが、標準搭載してあるものしか使えないので、基本的なデザイン部分しかカスタマイズできないといった点が挙げられます。

違い3. SEO

前章でも説明したように、SEO的にブログのドメインは重要です。有料版では個人が所有する独自ドメインを使用しますが、無料版ではWordPressが用意したサブドメイン(△△△.wordpress.com)を使用することになります。
したがって、同じサブドメインを使用しているすべてのブログが競合相手になるため、検索エンジンに表示されるまでの道のりは必然的に長くなってしまいます。

また、利用制限のある無料版では、標準搭載されているSEO対策のプラグインしか使用できないというデメリットがあります。
通常版に比べると機能に制限のある無料版「wordpress.com」ですが、一般の無料ブログサービスと同じく、はじめから検索エンジンに対して最適化されているので、個人ブログなどとして使用する場合には選択肢のひとつになるでしょう。

しかし、商用でのブログの使用を検討しているのであれば、デザイン性やSEO対策などの自由度が高く、そこまで高額な費用もかからない通常版を利用する方が、長期的に収益が見込めるという点でメリットがあるでしょう。

3-2.WordPressを始めるにあたって必要な3つの用意

キーボードとメモ帳とスマホ

すでに何度も説明していますが、通常WordPressでブログを始めるには「サーバー」と「独自ドメイン」、そしてWordPressのインストールが必要になります。
そうは言われてもサーバーやドメインがどういうものであるか、初心者にはピンとこないかもしれません。ここでは基本的なサーバーとドメインについての説明をしていこうと思います。

その1. サーバー

サーバーとは分かりやすく説明すると、ネット上の「土地」です。土地がなければ家が建てられないように、ネットでもサーバーがなければブログを作ることはできません。
サーバーはレンタルサーバー会社から借りるのが一般的で、会社によってネット回線の速度や容量、料金などは異なります。
なかにはWordPressの自動インストール機能が付いているレンタルサーバーもあるので、初心者の場合にはこうしたものを選ぶと良いかもしれません。

ただし、ブログを運営していくうえで、サーバーの安定性セキュリティ対策は基盤となるものなので、安いからという理由だけで選ぶのは避けた方が賢明です。

その2. ドメイン

ドメインはネット上でいうところの「住所」です。
この住所を独自の名前で取得したものが「独自ドメイン」であり、一度取得した独自ドメインは権利を放棄しない限り、サーバーを変えてもそのまま利用し続けることができます。

その3. WordPress

サーバーとドメインが用意できたら、あとは「家」となるブログを作るために、日本語版のサイトからWordPressをダウンロードするだけです。

WordPress公式サイト

無料ブログサービスではサーバーもドメインもブログサービス側が提供してくれますが、WordPressでは上記の3つを用意する必要があります。
それはすなわち、ブログのすべてが財産になることを意味しています。
そういう意味では、WordPressは無料ブログサービスよりも手間やコストがかかる分、ブログとしての価値は大きいものとなるでしょう。

3-3.ブログ制作で最低限設定しておきたい3つのこと

パソコン画面

WordPressで必要な3つの用意を済ませれば、あとはブログを開設するだけです。WordPressの管理画面にはブログの機能を設定する多数のメニューが設けられていますが、初心者の場合でも心配する必要はありません。

ここではいろいろあるメニューのなかで、「この部分だけ設定しておけば大丈夫」という3項目を取り上げます。

その1.初期設定

WordPressの基本情報を決める際に使用するのが、「設定」メニューです。
いろいろと項目はありますが、初期設定としては

・一般(サイト情報管理)
・表示設定(表示に関する設定)
・メディア(投稿画像の管理)
・パーマリンク設定(投稿時のURL設定)

この4つの設定を押さえておけば問題ありません。
なお、「サイト名(ブログ名)」と「メールアドレス」はWordPressのインストール時に入力することになりますが、後からでも「一般」項目から変更することができます。

また、「メールアドレス」はブログにコメントやリンクがついた場合の通知先になるため、普段利用しているメールアドレスを設定しておくことをおすすめします。

その2.テーマ(テンプレート)をインストールする

WordPressでは「テーマ」と呼ばれるテンプレートを使って、ブログの外観デザインを決めます。「テーマ」は有料・無料問わずネット上で配布されていますが、初心者の場合はWordPressにあらかじめインストールされている「テーマ」を使うのがおすすめです。

豊富なデザインが無料で使えるのはもちろん、WordPressが公式で配布している「テーマ」なので、機能とセキュリティの面においても安心して使えます。
また、それらはSEO的に考慮して作られているため、はじめから検索エンジンの評価に効果のあるブログを作ることができます。

その3.プラグインをインストールする

はじめからいろいろな機能が備わっているWordPressですが、「プラグイン」と呼ばれるツールをインストールすることでより便利な機能が追加できます。
たとえば、記事投稿が楽になる機能や人気の記事をランキングで表示してくれる機能、SNSに役立つ機能などがあります。

どの「プラグイン」をインストールするかは、ブログの方向性や用途によって選ぶと良いでしょう。ちなみに「プラグイン」も「テーマ」同様WordPressに標準搭載されていて、有効化するだけで使用できます。

普通にブログを始めるだけであれば、「初期設定」「テーマ」「プラグイン」という3つの項目を押さえておけばそれなりのブログが完成します。
ただし、「もっと多くのユーザーに見てもらいたい」という場合には、記事投稿の仕方や検索エンジンに表示させるSEO対策についてしっかりと学ぶ必要があります。

まずは始めてみて、WordPressの扱いに慣れてきたらブログ本体にいろいろと手を加えて行くと良いでしょう。

3-4. WordPressでビジネスに最適な集客ブログを作る

輝く地球

もともとSEOに強いWordPressはさらにSEOを意識したブログ作りをすることで、ビジネスに必要な集客効果を最大化することができます。そのためにはユーザーにとって有益なコンテンツの用意やSNSとの連携、Google検索のアルゴリズムに適したSEO対策を導入する必要などがあります。

こう聞くと大変そうに思われるかもしれませんが、WordPressではプラグインをインストールすることで、集客に最適な機能を簡単に設定することができます。
なかでもWordPressに標準搭載されている「All in One SEO Pack」は集客に欠かせない設定を個別に設定できる優秀なプラグインなので、必ず有効化しておくべきです。

さらに集客ブログで重要になるアクセス数については、以下のツールがおすすめです。


・「Google Analytics」
・「Google Search Console」

どちらもGoogleが無料で提供しているもので、「Google Analytics」はブログの訪問者数だけでなく、ページビュー数や平均滞在時間など、ブログ内におけるユーザーの動向を把握することができます。
「Google Search Console」はブログのURLを登録することで、Googleがブログ内の情報をしっかりと収集してくれるようになります。

以上のツールを利用し、ユーザーの動向を把握することで、ユーザビリティの高いブログへと改善できますし、改善したブログの情報をGoogleが収集してくれれば、検索順位の評価につながります。検索順位があがれば当然アクセス数も上昇し、収益の面でも一定の効果が期待できるでしょう。

WordPressは集客ブログの運営上、デメリットとなる広告表示がなく、同じドメインを使用する競合相手もいません。
このようにブログの商用運用に数々のストロングポイントを持つWordPressだからこそ、多くの企業や事業主が採用しているというわけです。

【まとめ】

パソコンを見ている女性

この記事では、無料ブログサービスとWordPressの特徴を比較して、その違いを明らかにしてきましたが、どちらを選ぶかとなると、結論的には「どのようなサイトを作りたいか」によると言えるでしょう。

以上に見てきたように、無料ブログサービスでも非常にクオリティーの高いブログを作れるものもあるので、WordPressにかかる「手間やコスト」に一定の価値を見出せないならば、無理をせず無料ブログサービスを利用するのも1つの選択肢です。

ただ、各無料ブログサービスには機能的な違いがありますので、どのようなブログを作りたいかを明確にし、しっかりとそれぞれの機能等を確認した上で選ぶ必要があるでしょう。

ブログ初心者ならば、とりあえず無料ブログサービスを利用してみて、そこに限界を感じたならば、WordPressに移行することもできます。

一方、WordPressは、ここで紹介したように一度制作方法を覚えてしまえばブログ初心者でも簡単にクオリティの高いブログを運用できるのはWordPressならではの強みです。

そして、長期的に作りこんでいくことで、自分好みのこの世にたったひとつしかないブログを作れるる「自由度」はWordPressの大きな魅力と言えるでしょう。

また、WordPressではブログだけでなくビジネスに特化したサイトを自作することができますが、「なんとかWordPressでサイトを構築したいが、自分にはハードルが高すぎる…」と思った場合には、そういったノウハウを持った制作業者に依頼するというのもひとつの方法です。
ある程度のコストはかかりますが、素人には到底作れないハイクオリティーなサイトを、最も手軽に運営することができます。

その業者選びの際にはぜひ、日本最大級の業者比較サイト「アイミツ」までご相談ください。
「アイミツ」ではあなたのご希望やご要望に応じて、最適な制作業者を無料でご紹介させていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください