無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月23日
更新日:2022年5月23日

ランディングページ(LP)のコーディングの流れと費用相場【2022年最新版】

コーディングはランディングページ(LP)を制作する際に欠かせない作業の1つですが、「言葉は聞いたことがあるが、詳しくはよくわからない」という方も多いのではないでしょうか。
そこでこの記事では、ランディングページのコーディングを行う流れや所要時間、費用相場とあわせてコーディングのコツも解説していきます。ランディングページの制作を検討している方はぜひ参考にしてください。

【関連ページ】
ランディングページ(LP)の制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用【2022最新】
ランディングページ(LP)制作を依頼できるホームページ制作会社一覧

ランディングページ(LP)のコーディングとは

ランディングページ(LP)におけるコーディングとは、ランディングページを構築していく作業を指します。デザイナーの作成したLPデザインをベースに、HTMLやCSSを用いてランディングページの骨組みを1つずつ積み上げるような作業です。
プログラミングとコーディングは混同されがちですが、デザインをベースとした構築作業であるコーディングに対して、プログラミングはコンピュータ処理の必要な機能を加えていくもの。両者は似て非なるものと言えるでしょう。

ランディングページ(LP)をコーディングする流れ

ランディングページ(LP)のコーディングは、基本的に3つのステップで進められます。ここからは、コーディングの流れを具体的に説明していきます。

ステップ1:HTMLを書く

HTMLは、Webサイト・ランディングページ制作において使用される言語の1つです。Webページ上のどこに何を配置するのかといった構成要素を記すマークアップ言語に分類され、ランディングページの基本を成す言語といっても過言ではありません。
ランディングページを制作する際には、まずHTMLを用いてページ内のどこに何が配置されるのかを記していきます。

ステップ2:CSSでレイアウトを整える

ランディングページ(LP)のコーディングを行う際、HTMLによる構成要素のマーキングが終わったら、CSSを用いてレイアウトを整えていきましょう。
CSSは、Webサイト・ランディングページ制作において、HTMLとセットで使用される言語の1つ。Webページの構造を組み立てる言語がHTMLで、構造が組み立てられたWebページの見栄えをよくするのがCSSの役割と言えるでしょう。

ステップ3:JavaScriptを書く

ランディングページ(LP)のHTMLやCSSの記述が終わったら、プログラミング言語「JavaScript」を用いて、ランディングページに動きを出していきます。JavaScriptでできることは
・ポップアップウィンドウの表示
・問い合わせフォームや入力フォームでの確認画面の表示
・アニメーションやスライドショーを動かす

など。必須ではありませんが、動きのあるランディングページにしたい場合には使用することをおすすめします。

ランディングページ(LP)のコーディングにかかる時間

厳密な作業時間はどのようなランディングページを制作するのかによって大きく異なりますが、目安としては3〜10日ほどの時間を要すると考えられます。「コンテンツ量が多い」「機能が多い」「動きが多い」といった特徴を持つランディングページを制作する場合は、コーディングの所要時間も比例すると予想しておきましょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

ランディングページ(LP)におけるコーディングの費用相場

ランディングページ(LP)のコーディングにかかる費用は、あくまでも目安ではあるものの10万円以内で収まることが多いようです。小規模なWeb制作会社へ依頼する場合は1万〜2万円、中〜大手に依頼する場合は5万〜10万円が相場とされています。
費用を抑えたいという場合には、フリーランスへ依頼するのもおすすめです。小規模なランディングページなら5,000円ほどで依頼できるケースもあると言われています。

ランディングページ(LP)をコーディングするコツ

ランディングページ(LP)のコーディングを行う際は、シンプルな作業であるがゆえにミスが発生することも少なくありません。中でも起きやすいのは「不要な半角スペースが入っている」「単純なスペルミス」といったものです。そうしたミスを避けるためには、すでに公開されているLPを活用してコーディング模写を重ねてパターンを蓄積していくのも1つの手段かもしれません。
また、「ランディングページは公開したら終わりではない」というのも重要なポイント。運用していく際の「編集のしやすさ」「わかりやすさ」を心がけるのもコーディングのコツの1つです。無駄のないコーディングが叶えば、その後のランディングページ運用・改善も円滑に進められるでしょう。

ランディングページ(LP)をコーディングする方法

ランディングページ(LP)をコーディングする方法は、以下の3つがあげられます。ランディングページを制作する際には、どの方法が合っているのかを慎重に検討しましょう。

自分でコーディングする

ランディングページをコーディングする方法としてまずあげられるのが、自分で(自社で)コーディングするという方法です。HTMLやCSS、JavaScriptなどに関する知識があり、無理なくランディングページを組み立てられるという場合には、自分で対応しても問題ないでしょう。
外注する費用を抑えられるため、ランディングページの制作費用を最小限にしたいという場合にはおすすめです。

ランディングページテンプレートを用いる

ランディングページのテンプレートを活用するのも、コーディングを行う際の1つの手段です。ランディングページのテンプレートをベースにすれば、画像やテキストを差し替えるだけでオリジナルのランディングページを作成できます。
オリジナリティにこだわりがなく、とにかくスピードを重視したいという場合におすすめと言えるでしょう。

ホームページ制作会社に依頼する

ホームページ制作会社へランディングページのコーディングを依頼するというのもおすすめの手段です。ランディングページ制作に強い会社に依頼すれば、コンバージョンにつながるノウハウが盛り込まれたデザインやコーディングが期待できるため、より成果につながりやすいランディングページを手に入れられるでしょう。

まとめ

この記事では、ランディングページ(LP)のコーディングについて解説してきました。テンプレートを活用すればHTMLやCSSの知識がなくてもランディングページのコーディングは可能です。しかし、よりオリジナリティがあり、コンバージョンにつながりやすいLPを手に入れるためには、プロの手を借りるのがベストではないでしょうか。
「アイミツ」ではご要望を伺った上で、条件に合うホームページ制作会社を無料で複数社ご紹介可能です。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ランディングページ(LP)制作を依頼できるホームページ制作会社一覧
【費用感を知りたいという方はこちら】
LP制作(ランディングページ)の料金相場と平均費用【2022最新】

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!