無料で一括見積もり
電話で相談する

0120-917-819 営業時間 平日10~19時

公開日:2022年5月16日
更新日:2022年5月16日

Webサイト制作の工程や相場を徹底解説【2022年最新版】

自社の目的達成に役立つWebサイトを制作するには、必要な工程を正しい流れに沿って、ポイントを押さえながら進めることが大切です。そこで今回は、ホームページ制作会社などさまざまな外注先を比較検討できる「アイミツ」が、Webサイト制作の工程に関する解説に加え、費用相場や制作時の注意点などをわかりやすく解説します。

【関連ページ】
ホームページ制作にかかる費用・相場感や、あなたの目的別にホームページ制作会社をお探しいただけます。

Webサイト制作の工程|基本の5ステップ

Webサイト制作の工程を5つのステップに分けて解説しますので、順番にチェックしていきましょう。

Webサイト制作の目的や企画内容を明確化する

Webサイト制作の最初のステップとなるのが「Webサイト制作の目的および企画の明確化」です。目的とは、「Webサイトを通じて何を伝えたいか、どのような成果を得たいか」といったゴールのようなもの。
集客やブランディング、信頼性向上など、Webサイトにいくつも目的を持たせるなど、欲張りすぎると全体のテーマがぶれてしまうため要注意です。メッセージをスムーズに伝えるためには、ある程度目的を絞り込むことが必要。こうしたWebサイト制作の目的を立てた上で、コンセプトや方向性といった具体的な企画を固めていくと良いでしょう。

ページ構造やシステムの設計を行う

サイト全体の骨組みを組み立てていく工程が、この「ページ構造やシステムの設計」です。設計の段階では、サイトの全体的な構成を階層別にまとめた「サイトマップ」と呼ばれるものが用いられます。
サイトマップは建物の設計図のような役割を果たすため、企画内容に沿って掲載する情報を整理し、どの情報をどのページに掲載するかをサイトマップ上に落とし込んでいきます。設計の段階では、ユーザー目線に立った上で使いやすく、見やすいサイトとなるよう、同カテゴリのコンテンツをまとめて配置する、コンテンツの関連性を明確化するといった工夫が求められます。

デザインを制作する

Webサイトの骨組みである設計が完了すると、次はデザイン制作です。デザイン制作はWebサイトの顔となるTOPページからはじめるのが一般的で、その後に主要ページから下層ページへと進みます。デザインの制作時に大切なのは、当初立てたWebサイト制作の目的や自社ブランドのイメージに合ったデザインを制作すること。
また、客観的に見やすい・使いやすいWebサイトとなるよう、利用者の視点を持ちながらデザインすることも重要です。Webサイトの目的にマッチしたデザインを制作するには専門的なノウハウが求められるため、必要に応じてプロの手を借りると良いでしょう。

フロントエンド・バックエンドをそれぞれ構築する

Webサイトを公開し、正しく機能させるにはフロントエンド・バックエンドと呼ばれる作業が必要となります。フロントエンドとは、ユーザーに見えるビジュアル的な部分を調整する作業で、HTMLやJavaScriptなどのソースコード(言語)を記述することにより、デザインやテキストといった目に見える部分を構築していきます。
もうひとつのバックエンドは、ユーザーからは見えない裏側のシステム開発のことで、Webサイトに不可欠な通信のやりとりや管理画面の構築などを行う作業です。

正常に作動するかテストして公開する

フロントエンド・バックエンドの構築が完了した後は、制作されたWebサイトに問題がないかを以下のようなポイントに則りチェックします。

・正しい情報が表示されているか
・誤字脱字の有無
・表示崩れの有無(スマホでの表示も合わせて確認)
・システムが仕様どおりに動作するか
・複数のOSやブラウザでも正常に動作するか


こうしたチェックやテストを経て、問題が見つかった場合はもちろん修正を行います。問題ない場合はWebサイトを公開しますが、想定外のエラーが発生する可能性も踏まえて、エンジニアなどの技術者を待機させておくと良いでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間が割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」にお問い合わせください。数あるホームページ制作会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

Webサイト制作の費用相場

Webサイト制作の費用相場を目的・種類別にまとめましたので参考にしてください。

・ランディングページ(LP):10万~35万円
・コーポレートサイト(テンプレート):20万~50万円
・コーポレートサイト(テンプレート・カスタマイズあり):20万円~70万円
・コーポレートサイト(オリジナルデザイン):50万~100万円
・ECサイト:60万~200万円
・採用サイト:60万~200万円

Webサイト制作の費用相場は最低でも20万円からですが、サイトの規模や種類、デザインなどによって料金には大きな差が出ます。

Webサイト制作の工程・流れでもっとも重要なのはどれ?

前述のとおり、Webサイト制作にはさまざまな工程がありますが、中でもとくに重要な工程について解説します。

ページ構造やシステムの設計を行うフローが最重要

ページ構造やシステム設計の工程は、Webサイトのベースである骨組みを形成する部分であるため、数ある工程の中でも最重要だと言えます。デザインやフロントエンド・バックエンドの構築といったあとの作業は、この骨組みに肉付けを行うようなものです。
そのため、制作後にやり直すようなことになると、工数・コストともに大幅な無駄が発生してしまいます。したがって、ページ構造およびシステム設計の段階はなるべく慎重に進めるだけでなく、不明点・疑問点などがある場合は専門家のアドバイスを受けることも視野に入れましょう。

外注する場合は外注先選びも非常に重要

制作会社ごとに料金や得意分野、経験などには大きな差があるため、Webサイト制作を外注する場合は外注先選びが非常に重要となります。そもそもプロに依頼したからと言って、必ずしもイメージどおりの仕上がりになるとは限りません。
外注先選びに失敗したため、改めて別の会社に依頼しなければいけないようなことになれば、当然ながら時間・費用両方の面で損を被ってしまいます。自社のニーズにマッチした外注先を選ぶには、費用、実績、特徴などを確認しながら複数の制作会社を比較することが大切です。

【まとめ】Webサイト制作を成功させるには?

Webサイト制作には複数の工程が存在しており、専門的な知識やノウハウ、経験が求められる場面も多いため、無理せず外注するのがおすすめです。外注先選びで失敗しないためには、複数の制作会社の費用はもちろん、提供サービスの内容や実績などを比較しながら、自社とマッチした会社を探すと良いでしょう。

アイミツでは、外注先選びに便利な一括見積り・一括資料請求にも対応しています。興味がある方はいつでもお気軽にお問い合わせください。

【相談前にまずは会社一覧を見たいという方はこちら】
ホームページ制作会社一覧

【費用感を知りたいという方はこちら】
ホームページ制作の費用・相場

ホームページ制作会社探しで、こんなお悩みありませんか?

電話が鳴り止まない
一括見積もりサイトだと
多数の会社から電話が・・・

見積もりを取っても不安
相場がわからないから
見積もりを取っても不安・・・

情報だけを信じるのは不安
どの企業が優れているのか
判断できない・・・

アイミツなら

  • point.1

    専門コンシェルジュがあなたの要件をヒアリング!

  • point.2

    17万件の利用実績から業界・相場情報をご提供!

  • point.3

    あなたの要件にマッチした優良企業のみご紹介!