ホームページ作成ソフトとは?購入前に知っておくべき特徴と種類

パソコンを操作する女性

更新日:2017年09月22日 | 公開日:2017年06月28日

初めてホームページを作ろうとしたときに、多くの人が考えるのは「どのような方法でホームページを作成したらいいのか」ということでしょう。

ホームページの作成方法は大きく自作と外注に分けられ、自作にしてもさまざまな方法があります。
自作と言うと、かつてはホームページ作成用のソフトを利用するのが一般的でした。
今では無料で使えるものも多いことから、インターネット上で提供されるホームページ作成ツールが主流になっていますが、有料であることを別にすれば作成ソフトを利用するメリットが全くなくなったわけではありません。

この記事では、ホームページ作成ソフトの特徴を整理するとともに、現在販売されている主要な製品についてご紹介します。

1.ホームページ作成ソフトとは

パソコンと鉛筆とクリップ

ホームページ作成ソフトはその名の通り、ホームページを作成することができるソフトウェアのことです。

デザインのテンプレートや写真素材などもソフトに収録されており、自由に組み合わせてホームページの作成からアップロードまで行うことができます。

ホームページ作成ソフトは基本的に有償であるため、パッケージ版かダウンロード版を購入する必要があります。
さらに、購入したソフトを使うためにはパソコン(PC)にインストールする必要があります。
無料でブラウザを立ち上げればすぐに使える作成ツールが数あるなかで、有償で購入し自分でインストールもしなければならないことに抵抗感を持つ人もいるかもしれません。
ですが、これらは決してデメリットとは言えないのです。

無料作成ツールでは、事業者の事情によって突然サービスが停止される可能性があります。
何らかの形で定期的にバックアップを取っていないと、作成したホームページのデータも使えなくなってしまいます。
自分のPCにインストールして使う作成ソフトの場合、データのバックアップソフトと組み合わせておけば、仮にPCが故障しても確実に手元にデータを残しておくことができます。
また、インターネット上で提供される作成ツールは当然のことながらインターネットに接続していなければ使うことはできません。
「ホームページを作るのだからネットに接続して使うのが当たり前だろう」と思うかもしれませんが、接続環境や作業内容によっては応答に時間がかかり、ストレスを感じることもあります。
その点、制作ソフトはインターネットの接続と関係なく作業ができますので、使っているPCの性能に左右される面があるとは言え、基本的にそうした問題はありません。

2.ホームページ作成ソフトの特徴と注意点

パソコンと眼鏡とペン

ホームページ作成ソフトの特徴は、まずは種類が豊富なことです。
Webの専門知識がなくても簡単に作成することができる初心者でも安心のソフトから、HTMLやCSSといったプログラミング言語を使い、自由にページをカスタマイズできる上級者向けの機能を搭載したソフトまで種類は幅広くあります。
このため価格も数千円のものから数万円するものまでありますので、自分の目的・用途に合わせて最適なソフトを選ぶことが重要です。

同じ初心者向けでも、機能を絞り込んで使い勝手と軽快な動作に重点をおいたものもあれば、画像や動画の加工など一通りの機能をすべて組み込んだものもあります。
例えば、普段から使い慣れた画像加工ツールなどがあるならば、わざわざ制作ソフトで画像を加工することは考えなくていいでしょう。
機能が豊富になれば、その分価格も高くなっていくので、必要な機能とコストのバランスを見極める必要があります。

ソフトによっては、体験版のダウンロードができるものもあります。
体験版では、すべての機能を使えないこともありますが、ホームページを作成するための基本的な機能や操作性は確認することができます。
気になる点があれば体験版で機能や操作性などを確認してから、自分のスキルや作りたいホームページに応じて購入の判断をするようにしましょう。

次の項目ではさらに具体的にホームページ作成ソフトについて説明していきます。

3.ホームページ作成ソフトのタイプと代表的な製品

3-1. 初心者向け軽量ソフト「ホームページV4」

初心者向け軽量ソフトは、機能を絞り込みシンプルで簡単な操作性を特徴とするもので、マウスを操作するだけでサイトを構築していくことができます。
数あるレイアウトから好みのものを選択し、簡単操作でデザイン豊かなホームページを作成することができます。

ここでは、「ホームページV4」をご紹介します。

ソースネクストが販売を行っているホームページV4は、ホームページ制作の知識がない人でも、満足のいくホームページが作成できたという声が多数上がるほど、簡単に作成を行うことができます。
また他のソフトと比べて、価格も安く初心者の人にも購入しやすいソフトです。

ホームページV4
  • パッケージの種類:ダウンロード版
  • 価格:4,980円
  • 対応OS:Windowsのみ対応
  • 体験版:なし

3-2. 初心者向け統合ソフト「ホームページ・ビルダー21」

初心者向け統合ソフトは、「1本あれば初心者には十分!」という多彩な機能を搭載しているソフトです。
基本的にはパーツを選んでマウスでクリックし、配置していくだけでホームページを作成することができ、必要に応じてプログラミング言語を使った編集を行えるものもあります。

初心者向け統合ソフトの代表例と言えるのが「ホームページ・ビルダー21」です。

現在、ホームページ・ビルダーはジャストシステムが開発・販売を行っていますが、もともと日本IBMが開発したもので、発売されたのは20年以上前の1996年にまで遡ります。
その後、バージョンアップを重ね初心者向け定番ソフトという地位を確固たるものにしています。
現在のバージョン「21」が発売されたのは2016年10月です。

ホームページ・ビルダー21
  • パッケージの種類:「ビジネスパック」「バリューパック」「書籍セット」「スタンダード」の4種類。
    「通常版」「アカデミック版」「バージョンアップ版」と3つのバージョンあり(ビジネスパックは通常版のみ)
  • 価格:例 スタンダード・通常版 14,100円(パッケージ製品/税抜)
         ビジネスパック・通常版 26,500円(パッケージ製品/税抜)
  • 対応OS:Windowsのみ対応
  • 体験版:ジャストシステムのホームページよりダウンロードして30日間利用可能

3-3. 高機能型作成ソフト「BiND for WebLiFE*9」

基本的なホームページを作成するだけでなく、SNSやGoogleマップ、フォーム、サイト内検索といったwebサービスとの連携などの機能を追加できる制作ソフトです。
これらの機能を取り込むとユーザーとのインタラクティブ性の高いホームページなどを作ることができます。

高機能型作成ソフトの例は「BiND for WebLiFE*9」です。

デジタルステージのBiND for WebLiFE*は、あらかじめ用意されているテンプレートを選択し、パーツを組み合わせることでホームページを完成させることができます。
おしゃれなテンプレートも用意されているので、整ったデザインのホームページを手早く作成したい人にはおすすめです。
最新版のバージョン「9」では、インターネット上で提供される制作ツールと同様にソフトをインストールしていないPCからでも操作できるブラウザ編集機能やスマートフォンでの閲覧を意識したレスポンシブ対応のテンプレートなどが搭載されています。
なお、テンプレートを利用するため、基本的にHTMLを使って直接編集することはできないので注意してください。

BiND for WebLiFE*9
  • パッケージの種類:「スタンダード版」「プロフェッショナル版」「クロスプラットフォーム版」の3種類それぞれパッケージ版とダウンロード版
  • 価格:例 スタンダード版(パッケージ版)公式ガイドブック付 19,800円
         プロフェッショナル版(パッケージ版)公式ガイドブック付 29,800円
  • 対応OS:Windows、Macともに対応
  • 体験版:デジタルステージのホームページより14日間利用可能

3-4. 上級者向けソフト「Dreamweaver」

上級者向けのソフトは、これまで紹介してきた、主にマウス操作でホームページを作成するものではなく、HTMLやCSSといったソースを使い、直接入力して編集を行うものです。
もちろんソフトによっては、マウスを使ってパーツを組み込んでいく部分もあります。
しかし、ベースはソースを直接編集して作成する方法になるので、ホームページ制作の知識や経験がない人にとっては、使うのが難しいソフトになります。

上級者向けソフトの代表例は「Dreamweaver」です。

AdobeのDreamweaverは、プロのデザイナーも仕事で使用するソフトなので、高度な機能がたくさんあり、使いこなすことができれば、質の高いホームページを作成することができます。

「Dreamweaver」の公式サイト
出典Dreamweaver
Dreamweaver
  • パッケージの種類:パッケージ版の販売はなく、Creative Cloudというサービスに加入し、ソフトを利用
  • 価格:例 単体プラン 月額2,180円
         コンプリートプラン 月額4,980円(他のソフトも利用可能)
  • 対応OS:Windows、Macともに対応
  • 体験版:Adobeのホームページより7日間利用可能(Adobe IDが必要)

【まとめ】納得のいくホームページを作成したいのであれば、制作方法選びは慎重に

パソコンを操作する女性

いかがでしたでしょうか?
ホームページ作成ソフトとひとことで言っても、このようなにさまざまな種類のソフトがあるため、多くの方がソフト選びに悩む気持ちがわかります。

今回の記事を読んで、「このソフトを購入してみよう!」という前向きな気持ちになった方は、ぜひソフトを購入しホームページ作成に挑戦していただければと思います。

また記事のなかでも触れたようにホームページを作成する方法は、ソフトを購入して作成する以外にもさまざまな方法があります。
制作ソフトだけでなく、他の制作方法についても詳しく知って比較したいと考えた方は、次の記事なども参考にしてみてください。

その上で「自分の会社にとって一番良いホームページの制作方法は結局、どれなんだろう」とお迷いでしたら、ぜひ「アイミツ」にご相談ください。
経験豊富なコンシェルジュがお客様のお悩みに合わせて、最適なアドバイスをさせていただきます。

いま知りたいこと
コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュサービスは
3万社以上が利用している無料の相談サービスです。

コンシェルジュ

発注は時間も手間もかかりますよね?

コンシェルジュが解決します!

コンシェルジュに相談、あなたにあった業者を提案、発注の手間を削減!

完全無料

まずはお気軽にご相談ください