システム開発

あなたの発注コンシェルジュ

登録者数No.1
フリーダイアル

0120-917-819

営業時間 平日 10:00~19:00

文書管理システム開発に強い
システム開発会社9選

更新日:2019年10月23日

本当におすすめ出来る9社をピックアップ
文書管理システムに強いシステム開発会社をアイミツが徹底調査

打ち合わせ中の机の上

業務で使う文書の類をデジタル化することで、効率よく情報を管理・格納できるサービス「文書管理システム」です。個人情報保護といった観点から紙の管理を推進していた企業も、近年はセキュリティシステムが強化されたことも踏まえ、文書の電子化をするところが増えてきました。

しかし、文書管理システムに要求する機能は各社によってさまざま。高いセキュリティを実現しつつも、文書管理システムを開発できる会社はどのように探せば良いのでしょうか。

そこで今回は、アイミツ調べによる「文書管理システム開発で定評のある会社9選」を、それぞれの会社の強みごとに紹介します。

アイミツ
システム開発
専門コンシェルジュが
ご希望に合った会社をご紹介!
利用実績90,000を突破!
会社探しを依頼する(無料)
目次

1.格安で文書管理システム開発ができる会社3選

まずは、格安で文書管理システム開発ができる会社を紹介します。

1-1. JFEシステムズ株式会社

JFEシステムズ株式会社
出典:JFEシステムズ株式会社

JFEシステムズは、東京都港区にあるシステム開発会社です。JFEスチールの情報システム部門が機能分化した会社で、前身から50年、24時間365日連続運転する製鉄業での精密システムノウハウを元に、経営から調達、生産管理、物流から販売、会計、人事とあらゆる領域に発展させてきました。
提供している文書管理システム「DataDelivery」は、データの保存・配信・検索に機能を特化した非常にシンプルなもの。業務データの二次活用も保管年数が決まっており、長期間保存が必要な法廷帳簿や取引データ、税務調査対応といったデータにも有用です。これらのデータは短期間、かつ低価格で構築できるのみならず、運用にかかるランニングコストも低価格で済む点が魅力です。
無駄を削ぎ落とした、シンプル・低コスト系の文書管理システムの開発を検討されている方におすすめの会社です。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて文書管理システムを構築したい方
・比較的シンプルな文書管理システムを開発したい方
・長期保存を前提とした文書管理システムがほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1983年
従業員数
1000人以上
会社所在地
東京都港区芝浦1丁目2-3 シーバンスS館(受付18F)
電話番号
03-5418-2400

1-2. 株式会社サンテック

株式会社サンテック
出典:株式会社サンテック

サンテックは、東京都目黒区にあるシステム開発会社です。webアプリケーション制作やビデオ・テキストチャットアプリケーションのパッケージ販売、オンラインスクールの予約システムなどを作っています。
文書管理システムも提供しており、高いセキュリティ対策を備え、かつシンプルでわかりやすい操作性の業務用システムに定評があります。なおかつ、自動プログラミング生成ツール「Web Performer」を利用した開発も行っており、短納期、高品質、低価格の開発も可能にしています。Web Performerでは、Java100%のwebアプリケーションを属人的なプログラミングなしで自動生成し、Javaの知識に関わらない業務・設計ノウハウを活用できます。
システム要件によっては、Web Performerを利用した短納期、高品質、低価格のシステムも作成可能です。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて文書管理システムを構築したい方
・自動プログラミング生成ツールを利用したい方
・なるべく早く文書管理システムを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1995年
会社所在地
東京都目黒区中目黒3-6-2 FSビル7F
電話番号
03-5721-3101

1-3. 日本レコードマネジメント株式会社

日本レコードマネジメント株式会社
出典:日本レコードマネジメント株式会社

日本レコードマネジメントは、東京都千代田区にある記録情報コンサルタント会社です。文書管理システムからAIを活用した記録情報管理、アウトソーシング事業まで、幅広いIoTソリューションを提供しています。
自社開発した文書管理システム「RM-5Win」は、クライアントのニーズに合わせて設定を変更し、各会社ごとの予算などの要望に対応できるシステム。充実した検索機能と3段階のリレーショナルデータベース、Windows上の他のアプリケーションとの連携や、ネット枠標準対応、webベースのイントラシステムへの発展など高い拡張性を備えた高機能性は、記録情報コンサルタントのパイオニアならではの充実ぶりです。
各種サーバーサイドのwebアプリケーションとの連携や、既存のDBMSとの連携処理もできるため、カスタマイズで文書管理システムを開発したい方にも適しています。

こんな人におすすめ
・費用を抑えて文書管理システムを構築したい方
・Windowsをメインで文書管理システムを使いたい方
・高い拡張性を備えた文書管理システムを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1976年
会社所在地
東京都千代田区鍛冶町二丁目9番12号 神田徳力ビル5F
電話番号
03-3258-8671

ここまで、格安で文書管理システム開発ができる会社を紹介しました。

格安と言っても、開発したい文書管理システムの要件によって必要なノウハウや工数が大きく異なるため、一概にどの会社がリーズナブルとは言い切れません。しかしながら、各社が用意するツールや、カスタマイズを利用することによって、割安でシステム開発が依頼できるところもあります。

それが可能かどうかを分かるようにするためにも、開発したい文書管理システムの仕様は、これでもかというほど自社で事前に固めておきましょう。

それでは次に、文書管理システム開発の実績豊富な会社を紹介します。

アイミツ
システム開発
専門コンシェルジュが
ご希望に合った会社をご紹介!
利用実績90,000を突破!
会社探しを依頼する(無料)

2.文書管理システム開発の実績豊富な会社3選

実績の豊富な会社は、各社独自の専門性を持っているほか、様々なオプションを提供してくれるため、システム開発の発注に慣れていない会社にとっても心強いです。ここから、文書管理システム開発の実績豊富な会社を紹介します。

2-1. 株式会社デジタルマトリックス

株式会社デジタルマトリックス
出典:株式会社デジタルマトリックス

デジタルマトリックスは、文書管理システムをはじめ、webアプリケーションにネットワークの構築、サーバホスティング、ハウジング、クラウド・サービスなどを行うインターネットSIerです。愛知県に本社と事業所を置き、エディオンやキヤノンマーケティングジャパン、KDDIなどとの取引実績があります。
自社で「ASTRUX2.0」という文書管理システムを開発しており、デジタル文書の運用・管理をパッケージにして販売しています。企業における一般文書やISO文書、記録などの運用・管理をwebベースで一元管理できるもので、PDF・DWの持出制限や細かなアクセス権設定も可能です。
また、webに強みを持っており、有料・無料を問わずさまざまなwebサービスを利用したシステムの開発も行っています。

こんな人におすすめ
・文書管理システムの開発・導入実績豊富な会社に依頼したい方
・企画からワンストップで開発まで任せられる会社に依頼したい方
・web分野に強いシステム開発会社に依頼したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1996年
会社所在地
愛知県名古屋市中区上前津1-3-17 DMX bldg.1•2F
電話番号
052-324-7800

2-2. 株式会社システムディ

株式会社システムディ
出典:株式会社システムディ

システムディは、京都府京都市に本社を構え、東京都港区にも支社を置くソフトウェア開発会社です。学園向けのパッケージソフトの開発に端を発した1984年以降、30年以上にわたり各種管理システムをメインにシステムのリリースを続けています。
主要取引先には、NTT東日本・西日本、NEC、ソフトバンクモバイルといった通信事業者が名を連ねているほか、永谷園やTOHO CHINEMAS、HISといった一般企業の他に、立教大学や法政大学、明治学院大学などの学校法人、金融機関に独立行政法人など、全国300以上の幅広い業界団体に導入されています。
文書管理システムは、Microsoft Office系文書、一般文書に対応しており、利用頻度の高いこれらのアプリを利用したドキュメントをフォルダごとに分類・一元管理できます。

こんな人におすすめ
・文書管理システムの開発・導入実績豊富な会社に依頼したい方
・大手企業と取引しているシステム開発会社に依頼したい方
・Microsoft Officeユーザー向けの文書管理システムを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1984年
従業員数
100-499人
会社所在地
京都府京都市中京区烏丸通り三条上る
電話番号
075-256-7777

2-3. リアルシス株式会社

リアルシス株式会社
出典:リアルシス株式会社

リアルシスは、東京都台東区に本社を置き、業務システムを中心にシステム開発を行っている会社です。AIシステム、C#、Javaといったものから、PHPやRubyといったweb向けのものまで、3拠点・100名以上の多国籍の技術者メンバーで多種多様な開発を行っています。
システム開発は受託開発、オフショア開発、ハイレベルなITエンジニアの派遣まで対応しており、費用を安く抑えたい、自社のリソースを保管したいといったニーズにも応えています。
オフィス向けのパッケージソフトウェア「TRUST Viewer」という文書管理システムの開発実績も持っています。他にも、アプリケーションに組み込める秘密分散型ライブラリも開発しており、金融や医療など、個人情報や機密情報を扱う分野での利用に定評があります。

こんな人におすすめ
・文書管理システムの開発・導入実績豊富な会社に依頼したい方
・費用を抑えて文書管理システムを構築したい方
・セキュリティに強い文書管理システムを開発したい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2002年
会社所在地
東京都台東区上野1-20-1 上野東相ビル4階
電話番号
03-6803-2525

ここまで、文書管理システム開発の実績豊富な会社を紹介しました。

紹介した会社のなかには、一般的な業務に使う文書管理のみならず、ドキュメントの種類によって特化したシステムを開発していたり、そこから派生してセキュリティの強いシステムを開発しているなどしている会社もありました。

このように、開発したい文書管理システムの仕様が自社で定まっていれば、業者選定が比較的スムーズに進みます。開発会社の情報を調べることも大切ですが、まずは開発したいソフトのビジョンを固めておくことが肝要だということは頭の片隅に入れておきましょう。

それでは次に、パッケージ型文書管理システムを開発している会社を紹介します。

アイミツ
システム開発
専門コンシェルジュが
ご希望に合った会社をご紹介!
利用実績90,000を突破!
会社探しを依頼する(無料)

3.パッケージ型文書管理システムを開発している会社3選

パッケージが人気な理由には、UX・UIが良い、セキュリティがしっかりしているなどの理由があります。ユーザーに優しいシステムを開発したいなら、人気のパッケージを提供している会社に依頼するのもおすすめです。ここから、パッケージ型文書管理システムを開発している会社を紹介します。

3-1. 住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システム株式会社
出典:住友電工情報システム株式会社

住友電工情報システムは、住友電気工業と住友電装が株式を保有する住友グループのSIerです。本社を大阪府大阪市に置き、東京、愛知、福岡など、全国に事業所を構えます。
文書管理システム・情報共有システムとして「楽々DocumentPlus」を開発しており、本ソフトは2018年のITトレンド年間ランキングでも文書管理部門で1位を獲得。導入実績は500社以上に上ります。高性能で楽な検索、高速ビューワによる素早い表示、分かりやすい操作性など嬉しい機能が盛りだくさんで、ユーザーのツボを抑えている点が非常に好評です。
さらに、超高速開発にも対応しており、設計情報からノンプラグラミングでプログラミングを自動生成するツール「楽々Framework3」も扱っています。

こんな人におすすめ
・パッケージ型の文書管理システムを利用したい方
・なるべく早く文書管理システムを開発したい方
・ユーザーが使いやすい文書管理システムがほしい方

予算感
要問い合わせ
設立年
1998年
従業員数
100-499人
会社所在地
大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル5階
電話番号
06-6394-6751

3-2. 株式会社鉄飛テクノロジー

株式会社鉄飛テクノロジー
出典:株式会社鉄飛テクノロジー

鉄飛テクノロジーは、東京都目黒区にあるシステム開発会社です。本当に使えるファイル共有システム『FileBlog 』を武器に、小規模から数千ユーザー、数千万文書といった大規模なデータまで、約300社の導入実績とそのノウハウを持ちます。
2007年にローンチされたFileBlogは、年に数度のバージョンアップを重ねており、Active Directory連携やWindows統合認証、Solr Cloud対応など、かゆいところに手が届く機能が盛りだくさん。ペーパレス化だけでなく、ファイルサーバの検索や共有文書ポータルとしても利用でき、BtoB営業やフィールドサービスを行なっている方に大変便利な機能が揃っています。
実用的なファイルサーバ検索システムが軽くて速いことで人気ですが、具体的に文書100万件、1000万件の環境も突破してきた実績があります。

こんな人におすすめ
・パッケージ型の文書管理システムを利用したい方
・大規模な文書管理システムを構築したい方
・とにかく動きが早い文書管理システムにしたい方

予算感
要問い合わせ
設立年
2000年
会社所在地
東京都目黒区下目黒1-4-6 ロイヤル目黒101号
電話番号
03-3491-1812

3-3. ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1st株式会社
出典:ウイングアーク1st株式会社

ウイングアーク1stは、東京都港区にオフィスを構える大手システム開発会社です。帳票基盤から集計・分析プラットフォーム、情報買うようダッシュボードなど、企業向けの業務効率化ツールをいくつも開発しています。
自社開発した文書管理システム「SPA」は、OCRと文書管理が1つにまとまったもので、タイムスタンプ、マスク機能、検索性に優れています。紙の書類をスキャンするだけでデータ化・整理が同時に済む上に、自動でフォルダに振り分けてくれるため、管理における作業工数を削減、業務をスピードアップさせます。
普段の業務全般のみならず、データエントリー作業を自動化したいシーンや、請求書をweb公開するといったシーンでも活用が期待できます。30日間の無償トライアルつきなので、機能をじっくり試せて、機能を見ながら自社での開発要件を洗い出すこともできます。

こんな人におすすめ
・パッケージ型の文書管理システムを利用したい方
・OCR機能のついた文書管理システムを利用したい方
・初めて文書管理システムの導入を検討している方

予算感
要問い合わせ
設立年
2004年
従業員数
100-499人
会社所在地
東京都港区六本木三丁目2番1号 六本木グランドタワー
電話番号
03-5962-7300
アイミツ
システム開発
専門コンシェルジュが
ご希望に合った会社をご紹介!
利用実績90,000を突破!
会社探しを依頼する(無料)

4.文書管理システムを開発する際の注意点3つ

文書管理システムに限りませんが、システム開発をする際の注意点を頭に入れておくべきです。ここでは注意点を3つお伝えします。

開発したいシステムの仕様はとことん練っておく


開発したい文書管理システムはどんなものか。ワークフローやアクセス権限の設定はどうするか。ドキュメントの閲覧や編集権限はどのように設定するか。編集履歴はどこまで残すかなど。

システム開発を依頼する前に、細かい仕様を練っておく必要があります。もし発注前にこれらの事項が説明できないと、プロジェクトが失敗する可能性はグンと上がります。

技術の専門知識自体は不要ですが、どういうものを作って欲しいのかということは、事前に自社でとことん練り開発会社にも説明できるようにしておきましょう。

運用や保守に必要な予算も想定しておく


システムを開発する以上、リリース後には必ず運用や保守に費用がかかります。具体的には、サーバー費用や機能追加・修正などに対する費用です。

特にリリース後に機能の追加や修正をするとなると、少なからず費用が発生しますが、これはシステムの開発にはつきものといっても過言ではありません。「うちは大丈夫」と思っても大抵、後から気になる事項が上役やクライアントから降ってくるので、こうした運用や保守にかかる費用はあらかじめ予算に組み入れておきましょう。

依頼会社に開発を丸投げしない


システム開発を依頼会社に丸投げしてしまいがちですが、開発が始まってからもあくまでも丸投げは禁物です。

もちろん、技術的な内容をすべて理解するのは無理がありますが、それでもできるだけ理解するように、担当者が勉強していればコミュニケーションも取りやすくなります。普段からプロジェクトに片足でも入れておけば、開発会社側にも緊張感が生まれ、トラブルがあった際も軌道修正がしやすくなります。

【まとめ】システム開発会社選びで迷ったらアイミツ


今回紹介した文書管理システムを開発する会社は、どこも料金表を公開しておらず、都度個別見積もりをするというところばかりでした。しかし裏を返せば、各社で予算に合わせた機能を提案し、柔軟に対応してくれるということでもあります。

紹介したシステム開発会社はほんの一部ですが、弊社アイミツでは専門のコンシェルジュがあなたのご要望を丁寧にヒアリングし、開発したい文書管理システム要件に合った開発会社を紹介します。

国内トップクラスのシステム開発会社登録数の強みを活かし、会社案内には載っていない本当の強み・弱みを把握し、あなたの開発したいシステムにマッチする会社を最大3~4社紹介いたします。

もし文書管理システムの開発にお悩みでしたら、お気軽にお問い合わせください

利用料0円

簡単 !ステップ

優良会社の”価格”も比べられる!

  1. step1

    コンシェルジュに
    無料相談

  2. step2

    あなたにピッタリの
    会社を提案

  3. step3

    手間なく見積もりが
    集まります

文書管理 システム 開発のシステム開発会社のページを見た人はこんなランキングも見ています

文書管理 システム 開発でシステム開発会社をお探しの方向け | ワンポイントアドバイス

システム開発会社は大企業~中小企業、フリーランスまで様々な規模が存在し、得意分野や実績などは会社によって様々です。得意分野や実績が自社に適しているということがまず重要になりますが、良いシステムができるかどうかは会社ではなく大きく人に依存するということも忘れてはいけません。中心的に関わるエンジニアと事前に面談を行い、コミュニケーション能力や知識に問題はないかを確認するようにしましょう。また、低コストで期待した効果の高いシステム構築を行うためには、「元請け、自社開発」が多い会社を選択することも重要なポイントになります。

ご希望に合った
システム開発会社をご紹介!