CMS構築に強いシステム開発会社を
無料で選定します

優良パートナー2500社から最大5〜6社に絞り込み
CMS構築発注は初めてですか?
システム開発
無料で一括見積もり
0120-917-819 平日10:00-19:00

CMS開発におすすめのシステム開発会社5選【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

CMSでWebサイトを構築すれば、更新作業の内製化やコスト削減効果を期待できるでしょう。この記事では、CMS開発におすすめのシステム開発会社やCMSの種類、導入のメリットなどをご紹介します。

このページについて

このページについて
ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、現在は変更になっている場合があります。また、ご依頼内容や納期等の条件によって案件の難易度が変化するため、当ページで紹介されている企業へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
PRONIパートナーとは
PRONIアイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

こんなシステム開発会社探していませんか?

CMSとは

CMS(コンテンツ管理システム)とは、専門知識がないユーザーでもWebサイトを構築できるシステムです。CMSを使用せずにWebサイトを構築する場合、HTMLやCSS、JavaScriptなどの知識やスキルを求められます。
そこでCMSを利用すれば、コードを一切書かずにクリックや文字入力などの簡単な操作だけでWebサイトの更新が可能。最近では、CMSでサイトを構築する企業も少なくありません。制作コストの削減や制作期間の短縮にも繋がることから、多くのサイトでCMSが活用されています。

CMSの種類

CMSの種類によってサポートや運用コストに違いがあります。種類ごとに特徴を解説しましょう。

オープンソース型

オープンソース型CMSとは、プログラムのソースコードが公開されているCMSです。無料で利用できるため、サーバーやドメインを用意すれば低コストで導入できます。一方でサポートは提供されていないため、トラブルが発生した場合は基本的に自社で対処しなければなりません。

商用パッケージ型

商用パッケージ型CMSとは、システム開発会社が企業向けに開発するCMSのこと。企業での利用を前提としており、大規模なサイトの構築も可能です。さらに、開発会社が導入やアップデートをサポートしてくれるのもメリット。但し初期費用やライセンス料が必要となるため、オープンソース型と比べて運用にコストがかかります。

フルスクラッチ型

フルスクラッチ型CMSとは、一から開発された独自のCMSです。オープンソース型や商用パッケージ型よりも柔軟性が高く、既存のCMSでは対応できないオリジナルの機能を備えたシステムも開発できます。一方でフルスクラッチ型の開発には手間がかかるため、他タイプのCMSより開発費用が高くなる傾向にあります。

CMSを導入するメリット

CMSの導入には、SEOの強化やコスト削減などのメリットがあります。企業目線でのメリットを3つご紹介しましょう。

専門知識がなくてもWebサイトを更新・運用できる

CMSを導入するメリットとして、専門知識を持たずにWebサイトを運用できる点が挙げられます。CMSは、HTMLやCSSなどWebサイトの専門知識を持たないユーザーが利用することを前提に開発されたシステムです。
コードを書かずにページを作成し更新できるため、エンジニアが在籍していない企業でもWebサイトの運営を内製化できるでしょう。

SEO対策にも役立つ

SEO対策とは、検索エンジンでWebサイトを上位表示させて集客するマーケティング手法です。Webページを上位表示させるには、検索エンジンに内容や構造が伝わりやすいサイトを構築する必要があります。
SEOを意識して開発されたCMSを導入すれば、専門的な知識がなくてもSEO対策を施したサイトを構築できるのがメリット。簡単にページを作成できるため、ユーザーに役立つページで集客するコンテンツマーケティングも実現します。

Webサイト運用の外注費を削減できる

Web制作のスキルを持った人材が社内に在籍していない場合、CMSを使用せずに構築したWebサイトを更新するには、制作会社に作業を依頼する必要があります。更新の頻度が高ければコストも増加することに。
CMSで構築したサイトであれば、大幅なサイトの改修以外は自社で対応できるので、外注費を削減できます。頻繁に情報を更新しなければならないWebサイトほど、コスト削減効果も高まるでしょう。

「自社にあった会社が見つからない」「会社選びに時間を割けない」とお悩みの方は、お気軽に「アイミツ」までお問い合わせください。数あるシステム開発会社からあなたの要望にあった会社をピックアップして無料でご紹介いたします。

こんなシステム開発会社探していませんか?

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

CMS構築の実績が豊富なシステム開発会社3選

CMS構築を発注する際は、依頼したい内容や規模に近い実績がある会社がおすすめ。発注前にシステム開発会社の実績を確認しましょう。CMS構築の実績が豊富なシステム開発会社をご紹介します。

株式会社ミツエーリンクス

株式会社ミツエーリンクスのシステム開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ミツエーリンクス http://www.mitsue.co.jp/

こんな人におすすめ ・大手企業と取引実績のあるシステム開発会社をお探しの方
・CMS構築を初めて依頼する方

ミツエーリンクスは、Webインテグレーション事業やシステム開発事業を展開している会社です。大手企業をはじめ、多くのホームページ制作を手がけた実績を誇ります。
CMS構築から導入や運用、保守までをワンストップで対応。フィット&ギャップ分析を用いてクライアントの目的達成に求められるサイトの要件を定義し、CMSの種類や構成を提案します。またCMSの選定から依頼できるため、初めての方でも安心でしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 1990年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都新宿区西新宿8丁目17番1号 住友不動産新宿グランドタワー33階
電話番号 03-5937-2891

株式会社トモガラ

株式会社トモガラのシステム開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社トモガラ https://tomogara-inc.co.jp/

こんな人におすすめ ・CMSで会員制サイトを構築したい方
・コーポレートサイトの制作実績が豊富なシステム開発会社をご希望の方

トモガラは、Webサイト制作やシステム開発、動画制作などのサービスを提供している会社です。コーポレートサイトの制作実績が豊富で、業種を問わず幅広い企業のWebサイトを作成しています。
CMS構築にも対応し、会員制CMSに特化したサービスも提供。官公庁に求められる強固なセキュリティ対策にも対応できるため、情報流出のリスクも抑えられるでしょう。CMSに決済機能を追加するなど、ニーズに合わせたカスタマイズも可能です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2020年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都豊島区東池袋2-22-1 信越ビル2F-B1
電話番号 03-5962-0575

株式会社ジークス

株式会社ジークスのシステム開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ジークス http://www.zyyx.jp/

こんな人におすすめ ・大規模なシステム開発の実績がある会社をお探しの方
・複数の部署で運用できるCMS構築をご希望の方

ジークスでは、スマホアプリ開発及びWebアプリ・システムの開発事業を展開しています。1,000件以上の実績があり、大規模なシステム開発も可能。
世界中の大企業や政府機関などで採用されているCMSのDrupalを用いたWebサイトの構築も得意で、サイトの多言語化も依頼できます。複数の部署で運用を予定している方や、ページ数が多い大規模サイトの作成を検討している方におすすめです。

予算感 要問い合わせ
設立年 1994年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都千代田区神田小川町3-9-2 BIZCORE神保町4F
電話番号 03-6261-5941

フルスクラッチのCMS開発を依頼できる会社2選

既存のCMSの機能でニーズに対応できない場合は、フルスクラッチ開発を依頼できる会社を選ぶとよいでしょう。フルスクラッチのCMS開発を依頼できるシステム開発会社をご紹介します。

株式会社エスエムティ

株式会社エスエムティのシステム開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社エスエムティ

こんな人におすすめ ・機能がシンプルなCMSをフルスクラッチで開発したい方
・CMSの操作に慣れていない方

エスエムティは、ホームページ制作やCMS構築などのサービスを提供しているシステム開発会社です。フルスクラッチでのCMS構築に対応しており、要望に合わせたCMSの開発を行っています。
余分な機能を省いたシンプルなCMS構築を得意としているのが特徴。既存のCMSよりもシンプルな操作でWebサイトを更新できるので、慣れていない方でも扱いやすいでしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 2002年
従業員数 10-29人
会社所在地 宮城県仙台市青葉区本町1丁目11-2SK仙台ビル301
電話番号 022-217-1232

株式会社システムプロシード

株式会社システムプロシードのシステム開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社システムプロシード https://www.systemproceed.com/

こんな人におすすめ ・既存のWebサイトの一部にCMSを導入したい方
・外部システムと連携できるCMSをフルスクラッチで開発したい方

システムプロシードは、システム開発やメンテナンス・管理などのサービスを提供している会社です。ショッピングカートやフルスクラッチでのCMS構築、WordPressのカスタマイズなどを依頼できます。
フルスクラッチ開発では、コーポレートサイトのトップページだけをCMS化するなど限定的なCMS導入にも対応。外部システムとCMSを連携させることもできます。更新頻度が高いコンテンツのみ自社で管理したい方におすすめです。

予算感 要問い合わせ
設立年 1990年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第七葉山ビル3階
電話番号 03-5534-9595

こんなシステム開発会社探していませんか?

システム開発会社の選び方

システム開発会社を選ぶポイントを3つご紹介します。
・開発実績
開発実績は必ずチェックしましょう。自社の求めるシステムに近い開発実績がある会社を選ぶことで、よりイメージしたものに近いシステム開発を期待できます。
・専門性
専門的な領域でのシステム開発は専門性も重視すべきです。専門資格保有者の有無をチェックしておくと安心でしょう。
・短納期への対応
システム開発にかかる時間は案件によってさまざまです。スピード感を求める場合は、短納期対応に強い会社を選びましょう。

さまざまな特徴を持つシステム開発会社が増えており、前述したポイントだけでは会社を決められない場合もあるでしょう。会社選びでお悩みの際は、ぜひアイミツへご相談ください。

システム開発の費用相場

システム開発にかかる費用は、どのようなシステムの開発を依頼するかによって異なります。例えば簡易顧客システムは20万円~、webシステムは130万円~、業務システムは400万円~と、システムが複雑であればあるほど費用は高くなる傾向にあります。

「発注前にシステム開発の費用相場についてもっと詳しく知りたい!」とお考えの方は、以下の記事をチェックしてください。

【低予算で作りたい方必見!】システム開発に使える補助金・助成金まとめ

システム開発には、それなりの費用がかかります。そこで、少しでも費用を抑えたいときに役立つのが国や地方自治体の補助金です。以下にシステム開発に活用できる補助金を3つ厳選してご紹介します。原則、契約前に申請が必要なので、発注先選びと並行して補助金情報を調べるのがおすすめです。

システム開発に使える主な補助金の種類と補助額
最大補助額 補助率 申請方法
IT導入補助金 450万円 1/2以内 電子
ものづくり補助金 5,000万円 1/2または2/3 電子
持続化補助金 200万円 1/4 電子または郵送

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

「IT導入補助金」は、ITを活用した中小企業や小規模企業の業務効率化・売り上げの向上を目的とし、ホームページ作成、クラウドツール・業務用ソフトウェアの導入にかかる費用の一部を補助します。補助額は最大450万円・補助率1/2以内です。

出典:IT導入補助金2023 https://www.it-hojo.jp/  

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)

「ものづくり補助金」は、中小企業・小規模事業者が制度変更などに対応するための革新的サービス開発、設備投資などを支援する補助金です。「通常枠」「デジタル枠」「グローバル市場開拓型」などが設定されています。最大補助額は5000万円で、補助率は1/2または2/3です。

出典:ものづくり補助金総合サイト https://portal.monodukuri-hojo.jp/

持続化補助金(小規模事業者持続化補助金)

「持続化補助金」は、小規模事業者が制度変更に対応し、持続的な経営を実現するために必要な販路拡大に関わる経費を一部補助するものです。通常枠または特別枠(賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠など)の申請類型いずれか1つの枠のみ申請可能。最大補助額は通常枠で50万、その他の枠で200万円で、ウェブサイト関連費の補助率は1/4です。

出典:小規模事業者 持続化補助金(一般型)https://r3.jizokukahojokin.info/

補助金について、さらに詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

補助金を利用する際は、申請スケジュールや必要書類の準備に注意しましょう!

補助金を利用する上で何より大切なのは、規定に沿ってきちんと申請を行うことです。事業計画書、経費明細書など、必要な書類は各補助金・助成金の公式ホームページに記載されているため、もれなく準備し、不備のないように記載しましょう。

しかし、補助金申請は揃える書類や申請項目も多く、業務が煩雑になりがちです。スケジュールをきちんと把握しておらず、「気がついたら申請期限を過ぎていた」なんてことが起こる場合も。

「アイミツ」は、申請をスムーズに進められる補助金に詳しいホームページ制作会社を厳選し、「無料」でご紹介可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

※補助金については2023年5月時点の情報をもとにご説明しています。

こんなシステム開発会社探していませんか?

【まとめ】システム開発会社選びで迷ったらアイミツへ

自社にノウハウがなくとも、CMS開発におすすめのシステム開発会社であれば、安心して依頼できるでしょう。アイミツではご要望を伺った上で、条件に合うシステム開発会社を無料で複数社ご紹介します。会社選びでお困りの方は、お気軽にご相談ください。

こんなシステム開発会社探していませんか?

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

システム開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するシステム開発会社一覧

詳細条件から発注先を探す

CMS構築に条件を追加して企業を探す