スマホアプリに強い
アプリ開発会社を
お探しですか? PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

スマホアプリ発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

レベニューシェア型のアプリ開発でおすすめの会社5選!特徴別に紹介【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

あなたの発注をサポートするアイミツコンシェルジュのアプリ開発専門チームが、レベニューシェア型アプリ開発が得意な会社を、「実績」・「価格(コストパフォーマンス)」・「提案力」・「アンケート・口コミ」などの観点で徹底調査し、本当におすすめ出来る7社をピックアップしました。

レベニューシェア型アプリ開発が得意な会社の紹介だけではなく、「どんな人におすすめか」「失敗しないために、どういう点に注意すべきか」などのポイントもご紹介していきます!

PRONIコンシェルジュ 横島
PRONIコンシェルジュ 横島

アイミツコンシェルジュの横島です。
アプリ開発会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!さらに、アイミツでは完全無料でアプリ開発会社の一括見積もり・比較も可能です!会社探しの手間を減らすお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページについて

このページについて
ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、現在は変更になっている場合があります。また、ご依頼内容や納期等の条件によって案件の難易度が変化するため、当ページで紹介されている企業へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
PRONIパートナーとは
PRONIアイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

格安でレベニューシェア型アプリ開発ができる会社

はじめに、リーズナブルな価格でレベニューシェア型アプリ開発を依頼できる会社をご紹介します。

株式会社ネクサス・アイ

株式会社ネクサス・アイのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ネクサス・アイ http://nexus-i.co.jp/company.html

こんな人におすすめ ・できるだけ費用を抑えてアプリを開発したい方
・技術力の高いアプリ開発会社を探している方
・大規模なアプリを開発したい方

ネクサス・アイは、京都府京都市に拠点を持つ2006年設立の会社です。アプリやwebシステム、メルマガ配信などを行うシステム構築事業をはじめ、webサイト構築、サーバーの保守管理、ITコンサルティング、webコンテンツの運営などを行っています。
アプリ開発では、システム構築において培った経験を活かし、高速処理技術、高負荷分散技術、チューニング技術などを用いて、必要最低限の費用で最大のパフォーマンスと安定性を作り上げることを得意としています。
これまで、アプリ開発とシステム開発双方において60件以上の案件に携わっており、デバイスと問わず様々なジャンルの開発依頼に対応可能です。要件定義から納品まで一貫してサポートを行っていることはもちろん、レベニューシェア型による開発サービスも提供しています。

予算感 要問い合わせ
設立年 2006年
会社所在地 京都府京都市中京区河原町通二条下る二丁目下丸屋町403番地
電話番号 075-354-5305

格安でレベニューシェア型アプリ開発が依頼できる会社をご紹介しました。

一般的に、アプリ開発では「作業人数(人件費)× 期間」によって算出される金額が開発費用となります。
つまり、納品までの工数が増えるほど費用は大きく膨らんでいくと言えるでしょう。

「機能を充実させたいけどなるべく開発費用は抑えたい」
「質も費用も妥協できない」

という方は、自社にぴったりな発注先を探すのに時間がかかってしまうかもしれません。

アプリ開発会社を探す手間を大幅にカットしたい方は、ぜひアイミツにお問い合わせください。多くの料金相場を知り尽くしたコンシェルジュが、最適な発注先をおすすめします。

次に、レベニューシェア型アプリ開発の実績豊富な会社をご紹介します。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

レベニューシェア型アプリ開発の実績豊富な会社2選

ここから、レベニューシェア型アプリ開発の豊富な実績をもつ会社をご紹介します。

株式会社セルバ

株式会社セルバのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社セルバ https://www.selva-i.co.jp/

こんな人におすすめ ・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・技術力の高いアプリ開発会社を探している方
・提案力のあるアプリ開発会社を探している方

セルバは、大阪府大阪市と東京都港区に拠点を持つ会社です。主に、アプリ開発、ホームページ制作、ECサイト構築、SEO対策、リスティング広告、webコンサルティングなどのサービスを提供しています。
アプリ開発では、創業以来数多くのアプリケーションを世の中に配信してきました。レベニューシェア型に絞っても、ソーシャルゲーム、課金型アプリ、求人サイト開発、ECサイトのリニューアルなど、アプリに限らず様々な取り組みを行ってきた実績を持っています。
また、質へのこだわりも大きな魅力の一つです。「どうすれば成果が出るのか」「ユーザーの利益につなげるにはどうすればいいのか」を常に研究しながら、ユーザーはもちろん、クライアントにとって一番必要となるアプリを開発しています。

予算感 要問い合わせ
従業員数 10-29人
会社所在地 大阪府大阪市北区西天満1丁目7番20号 JIN・ORIXビル6階
電話番号 06-6366-7906

株式会社アドシード

株式会社アドシードのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社アドシード http://www.adseed.co.jp/

こんな人におすすめ ・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・ゲームアプリの開発を依頼したい方
・なるべく早くアプリ開発を行いたい方

アドシードは、東京都渋谷区に拠点を持つ2016年設立の会社です。スマートフォンアプリ開発・運営を行うゲーム事業、webシステム開発やコンサルティング、デザイン制作などを行うシステムインテグレーション事業の2つを柱に事業を展開しています。
ゲーム事業は、もともとゲーム好き社員が集まり立ち上がった事業で、主にUnityを活用したスマートフォン向けカジュアルゲームの開発を行っています。1タイトル数週間から数ヵ月の短いスパンで開発できるものを量産しており、数多くのアプリをこれまで開発してきた実績を持っています。
また、受託開発だけでなく、初期費用を抑えられるレベニューシェア型での開発も対応可能です。これまでクラウド型経費精算サービス、レストランweb予約サービス、飲食店向け求人メディアなど、様々な開発を手がけています。

予算感 要問い合わせ
設立年 2016年
会社所在地 東京都渋谷区代々木1丁目30番14 天翔オフィス代々木ANNEX 212

レベニューシェア型の実績豊富なアプリ開発会社をご紹介しました。

アプリ開発の実績を見て依頼先を探すときには、iOS、Androidなどの対応OSはもちろん、これまで手がけたアプリの種類やジャンル、取引先企業の業種にも注目しましょう。

自社と同じ業種や似たようなアプリ開発の実績があれば、ノウハウの蓄積があり、スムーズなやりとりができる可能性が高まります。

アイミツでは、過去5万件以上の実績データから、要望に応じたおすすめのアプリ開発会社を無料で紹介しています。
実績のあるアプリ開発会社をお探しの方は、ぜひ一度お問い合わせください。

それでは最後に、レベニューシェア型で業務用アプリ開発に強い会社をご紹介します。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

レベニューシェア型で業務用アプリ開発に強い会社2選

ここから、レベニューシェア型で業務用アプリ開発を得意とする会社をご紹介します。

bravesoft株式会社

bravesoft株式会社のアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:bravesoft株式会社 https://www.bravesoft.co.jp/

こんな人におすすめ ・業務用アプリの開発を依頼したい方
・実績豊富なアプリ開発会社に依頼したい方
・技術力の高いアプリ開発会社を探している方

ブレイブソフトは、2005年設立の東京都港区に拠点を持つ会社です。アプリ開発を基盤として、受託開発から自社アプリの配信・販売、展示会・イベント用アプリ作成サービスなどを行っています。
これまで数多くのアプリを開発していることはもちろん、常に新しい領域への挑戦を忘れず、最強のものづくり集団として、クライアントのビジネスに貢献しています。サポート力の高さにも定評があり、企画やデザイン、開発までを社内で全て完結することが可能で、サーバーインフラ、web系、DB構築、AI、VRなど幅広い開発技術を用いて、総合的な支援を行います。
新しい技術に積極的に挑戦していくという社風のもと、受託開発だけでなくレベニューシェア型での依頼も請け負っています。経験豊富なエンジニアやデザイナーが在籍しているので、安心してアプリ開発を任せられるでしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 2005年
従業員数 30-99人
会社所在地 東京都港区芝4-13-2 田町フロントビル6F

株式会社リック

株式会社リックのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社リック https://www.life-innovation.com/

こんな人におすすめ ・業務用アプリの開発を依頼したい方
・技術力の高いアプリ開発会社を探している方
・初めてアプリ開発を依頼する方

リックは、東京都荒川区に拠点を持つ2009年設立の会社です。主に、webシステム開発、スマートフォンアプリ開発、ソーシャルメディア関連サービスなどを行っています。
アプリ開発では、プロの視点でクライアントの業務内容に合わせて、最適な開発手法やアプリの内容を提案。これまで人の手で行っていた業務を、より高いレベルのコンピューターが行い、業務の効率化につながるサポートを行っています。
また、高い開発力と企画力を活かして、受託開発だけでなく、レベニューシェア型の契約も可能です。リスクを抑えられることはもちろん、長期的なアプリやシステムの運用を考えている方にとってはおすすめの内容となっています。スマートフォンサイト制作も行っているので、必要に応じてあわせて依頼するのもいいでしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 2009年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都新宿区西新宿2-6-1 新宿住友ビル42階
電話番号 03-6806-6723

レベニューシェア型で業務用アプリ開発に強い会社をご紹介しました。

勤怠や売上の管理にアプリケーションを導入すれば、負担が大幅に減り作業効率も上がります。

しかし、勤怠管理アプリ一つをとっても、開発費用はさまざまです。
複数のアプリ開発会社に相見積もりを取ってみても、料金がバラバラになってしまう可能性も大いにあります。
どの会社が自社の要望に適切なのか、できるだけ早く知りたい方もいるでしょう。

アイミツを利用すれば、アプリ開発を熟知したコンシェルジュが丁寧にヒアリングした上で業者を選定し、ベストプライスの見積もりが無料ですぐに集まります。

今回紹介しきれなかったアプリ開発会社に関する情報も、数多く保有しているので、業者選定でお悩みの方はお気軽にご相談ください。

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

【低予算で作りたい方必見!】アプリ開発に使える補助金・助成金まとめ

アプリ開発の平均費用相場は、約250万円と非常に高額です。少しでも負担を軽減したいときは、補助金の活用を検討しましょう。これから、アプリ開発に活用できる代表的な補助金を3つご紹介します。補助金申請より前に契約していると【対象外】になるケースもあるため、発注先選びと並行して補助金情報を調べるのがおすすめです。

アプリ開発に使える主な補助金の種類と補助額
最大補助額 補助率 申請方法
IT導入補助金 450万円 1/2以内 電子
ものづくり補助金 5,000万円 1/2または2/3 電子
持続化補助金 200万円 1/4 電子または郵送

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

「IT導入補助金」は、ITを活用した中小企業や小規模企業の業務効率化・売り上げの向上を目的とし、ホームページ作成、クラウドツール・業務用ソフトウェアの導入にかかる費用の一部を補助します。最大補助額は450万円・補助率1/2以内です。

出典:IT導入補助金2023 https://www.it-hojo.jp/

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)

「ものづくり補助金」は、中小企業・小規模事業者が制度変更などに対応するための革新的サービス開発、設備投資などを支援する補助金です。「通常枠」「デジタル枠」「グローバル市場開拓型」などが設定されています。最大補助額は5000万円で、補助率は1/2または2/3です。

出典:ものづくり補助金総合サイト https://portal.monodukuri-hojo.jp/

持続化補助金(小規模事業者持続化補助金)

「持続化補助金」は、小規模事業者が制度変更に対応し、持続的な経営を実現するために必要な、ホームページ制作など販路拡大に関わる経費を一部補助するものです。通常枠または特別枠(賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠など)の申請類型いずれか1つの枠のみ申請可能。最大補助額は通常枠で50万、その他の枠で200万円で、ウェブサイト関連費の補助率は1/4です。

出典:小規模事業者 持続化補助金(一般型)https://r3.jizokukahojokin.info/

補助金について、さらに詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

補助金を利用する際は、申請スケジュールや必要書類の準備に注意しましょう!

補助金を利用する上で何より大切なのは、規定に沿ってきちんと申請を行うことです。事業計画書、経費明細書など、必要な書類は各補助金・助成金の公式ホームページに記載されているため、もれなく準備し、不備のないように記載しましょう。

しかし、補助金申請は揃える書類や申請項目も多く、業務が煩雑になりがちです。スケジュールをきちんと把握しておらず、「気がついたら申請期限を過ぎていた」なんてことが起こる場合も。

「アイミツ」は、申請をスムーズに進められる補助金に詳しいホームページ制作会社を厳選し、「無料」でご紹介可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

※補助金については2023年5月時点の情報をもとにご説明しています。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

アプリ開発の会社選びで失敗しないために

アプリ開発の平均相場は250万円ですが、Androidアプリ・iPhoneアプリは150万円から、ソーシャルゲームは3,000万円からと、タイプによって開発費用の総額にはかなりの幅があります。

搭載する機能や構成要素などにより開発規模が異なってきますが、アプリ開発会社のホームページを見ても、具体的な開発費用を記載していないところがほとんどです。

そのため、開発会社に見積もりを依頼するときのポイントとしては、どのような目的でアプリ開発を行うのかなど、しっかり要件定義することが重要になります。

「あの有名アプリみたいなものを開発したい」というように、ざっくりした要望での見積もりでは、希望の開発費用との間に大きな開きが生じて、失敗につながってしまうこともあるでしょう。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがお客様のご要望をうかがって、最適なアプリ開発会社の紹介を行っていますのでお気軽にご利用ください。

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

詳細条件から発注先を探す

スマホアプリに条件を追加して企業を探す

iOSアプリに関連する記事

Androidアプリに関連する記事

スマホアプリに関連する記事

スマホアプリ開発に関連する事例

スマホアプリ開発でこんな効果やメリットが得られています。

課題
医師や弁護士など専門家へチャットにて質問やサポートを受けられる課金型アプリの開発
効果
専門家とコンサルタントのマッチングやアドバイザーへの支払い方法、運営会社の管理の効率化
みんなで作るバリアフリーマップ WheeLog!
  • 官公庁・公社・団体
  • 医療・福祉
  • サービス(その他)
  • コンサルティング・調査
  • 福祉
出典:一般社団法人WheeLog
課題
当初、他社にサンプルアプリの開発を依頼していましたが、完成物は「いかにもツール」といった魅力に欠けるものでした。ユーザーからの情報を集めるためにはユーザーが「能動的に発信したくなる」魅力が必要です。そんな中展示会で、ゲームに熱中する要素をシステムに組み込み、魅力的なサービスを開発するテクニックであるゲーミフィケーションの先駆者である弊社に出会い、既存サービスのリニューアルを依頼されるに至りました。
効果
現在WheeLog!は多くのユーザーに愛されています。 しかしまだまだ目標の途中です。WheeLog!の目標は情報で車いす生活を豊かにし、世界の車いすユーザーのために貢献すること。 その大きな目標達成に向け、ナノコネは織田さんの想いに賛同して集まった多くの仲間やユーザーと共に邁進し続けます。
経済産業省|中小企業向け事例集のウェブアプリ化
  • 官公庁・公社・団体
出典:経済産業省
課題
中小企業庁様では全国の中小企業や小規模事業者による事業の成功事例や、政策支援の効果的な活用事例をまとめ、事例集として定期的に作成し、Webや紙媒体で公開されています。しかし、作成された事例集の多くがPDF形式であったり、公開サイトが統一されておらず、中小企業それぞれのニーズに合う事例を簡易に素早く検索することが難しいといった課題を抱えていました。
効果
★デザインから開発完了まで6ヶ月で実現 ★アジャイルにより、定期的な認識合わせをすることができた