スマホアプリに強い
アプリ開発会社を
お探しですか? PRONIアイミツを使って手間なく最良の会社と出会いましょう

スマホアプリ発注は初めてですか?

PRONIアイミツは最適な出会える
ビジネスマッチングサービス
です

無料で一括見積もり
電話で相談する

フリーダイアル 0120-917-819 営業時間 平日10~19時

MRアプリ開発におすすめのアプリ開発会社12選!費用や選び方も解説【2024年最新版】

更新日:2024.01.24

日本最大級の発注プラットフォーム「アイミツ」が、MRアプリ開発におすすめのアプリ開発会社を厳選!
MRを活用した空間技術に定評ある会社や、MRアプリ開発の実績が豊富な会社をピックアップしました。

アプリ開発会社の選び方や相場についても解説しています。MRアプリ開発の依頼先にお悩みの方はぜひ参考にしてください!

PRONIコンシェルジュ 横島
PRONIコンシェルジュ 横島

アイミツコンシェルジュの横島です。
アプリ開発会社をお探しの方に、私たちコンシェルジュがアドバイスします!さらに、アイミツでは完全無料でアプリ開発会社の一括見積もり・比較も可能です!会社探しの手間を減らすお手伝いをしますので、ぜひお気軽にお問い合わせください。

このページについて

このページについて
ページに掲載されている内容は記事作成時の情報であり、現在は変更になっている場合があります。また、ご依頼内容や納期等の条件によって案件の難易度が変化するため、当ページで紹介されている企業へご依頼される場合は自己責任にてお願いいたします。
PRONIパートナーとは
PRONIアイミツと記事掲載契約を締結している企業です。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

MRとは

MRアプリ開発におすすめなアプリ開発会社を紹介していく前に、MRとはそもそもどのような技術なのかを確認しておきましょう。

MRとは、Mixed Realityの略語であり、現実空間と仮想空間とが融合した新たな空間、ならびにその技術全般を指します。よりわかりやすく言えば、VRとARとが合わさった技術であり、MR対応のレンズを用いたゴーグルを装着して現実世界を見ると、3Dホログラムが融合した世界を体験できます。ホログラムは現実世界にある物体や空間そのものを考慮しながら投影されるほか、MR上の映像を手でタップすればさまざまな操作も行えるのも特徴です。

加えて、現実世界と仮想世界のそれぞれの情報を、複数人でシェアしながら体験できるのもMRならでは。MRでは仮想世界上に現実世界の情報を固定することも可能なので、同じMR空間にいれば同時に仮想空間を体験できます。

MR技術の活用例

それでは、MR技術はどのようなシーンで活用されているのでしょうか。

MR技術が多く活用されている業界としてはじめにあげられるのが、医療業界です。医療現場では、手術を行う際にMR技術を用いて患者の臓器を確認し、手術の流れやどのような手術が最適なのかを把握・シミュレーションしています。

また、建設業界もMR技術を役立てている業界の1つです。工事には、建設会社をはじめその下請けや施工主など多くの人々が携わります。そのため、何度も工事現場へ足を運ぶ、何度も集まりミーティングを行うなどといった手間がどうしても避けられませんでした。しかし、MR技術の活用によって、ゴーグルを装着しさえすれば簡単に情報共有が可能に。工事の設計図もデータとして取り込んでおけば、ゴーグルですぐに確認できます。

このように、MR技術はさまざまなシーンでその効果を発揮しているようです。

MRによる空間活用に定評あるアプリ開発会社3選

MRによる空間活用に定評あるアプリ開発会社を紹介します。MRは画面に仮想空間を演出するARやVRとは異なり、レンズ越しに実際のモノや動きも認識することができる技術です。MR技術を用いた空間活用により、家具レイアウトや作図などにも活用できるでしょう。

株式会社マイスター・ギルド

株式会社マイスター・ギルドのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社マイスター・ギルド https://www.m-gild.com/

こんな人におすすめ ・MRを使った空間活用が得意なアプリ開発会社をお探しの方
・最先端技術を積極的に取り入れたい方

<主なMR開発実績>
・大阪大学大学院薬学研究科 情報・計量薬学分野/有機低分子化合物可視化・編集ソフトウェア
・自社/HoloLens向けキャリブレーションシステム
・自社/HoloLens向け家具配置システム

マイスター・ギルドは、スマートフォンアプリ開発やAR・VR・MR開発などの事業を展開している会社です。アプリ開発はiOS・Androidの両OSに対応しているほか、Webアプリの開発も依頼可能。エンタメ系のアプリから業務アプリまで幅広いアプリ開発を行ってきました。
また、過去にはMR技術を活用した家具レイアウトシステム開発なども担当。最先端技術に精通した会社にアプリ開発を依頼したいという方におすすめの会社です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2004年
従業員数 30-99人
会社所在地 大阪府大阪市北区西天満5丁目2-18 三共ビル東館3階
電話番号 06-6809-6644

株式会社エイブリッジ

株式会社エイブリッジのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社エイブリッジ https://abridge-co.jp/

こんな人におすすめ ・業務での空間活用にMRアプリを取り入れたい方
・MR事業の内容を相談してから導入を決めたい方

エイブリッジは、iOS・Androidアプリ開発やAR・VR・MRアプリ開発、AI画像認識開発などの事業を手がける会社です。Microsoft HoloLensが登場した当時からMRアプリ開発を行なっており、これまでにオフィス空間作成MRアプリや作図MRアプリなどを担当してきました。
AR・VR・MRに関するセミナーや勉強会も定期的に開催しているため、「MRに興味はあるが、活用方法がわからない」といった場合でも安心です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2012年
会社所在地 沖縄県那覇市おもろまち4-6-6 前原ビル2F
電話番号 098-943-6596

株式会社ハニカムラボ

株式会社ハニカムラボのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ハニカムラボ https://www.honeycomb-lab.co.jp/

こんな人におすすめ ・MRを使った空間活用が得意な会社をお探しの方
・VR技術やAR技術にも強い会社をお探しの方

<主なMR開発実績>
・會澤高圧コンクリート株式会社/建設現場管理アプリ
・會澤高圧コンクリート株式会社/ドローン自立航行システムのインタラクティブ展示システム
・株式会社明電舎/技術研修センター MRトレーニングツール

ハニカムラボは、インタラクティブコンテンツの開発をはじめ、MRやVR、ARなどのXRアプリケーション開発、ゲームアプリやカメラアプリをはじめとしたスマホアプリ開発など幅広いサービスを展開しています。
空間活用を得意としており、MR技術を活用した展示会のブース作成や業務支援システムの開発のほか、VR技術によるリモートミュージアムやAR技術によるライブ演出などで数多くの実績を誇る会社です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2012年
従業員数 30-99人
会社所在地 東京都渋谷区代々木1-15-7 キャッスル代々木4F

こんなアプリ開発会社探していませんか?

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

MRアプリ開発の実績豊富な会社5選

MR開発で実績のあるアプリ開発会社を紹介します。MRという発展途上の技術をアプリで導入する場合は、技術に精通した開発者の力が必要不可欠です。MRやAR・VRに関する研究・開発の実績豊富な会社へ依頼することで、目的達成の可能性が高まるのではないでしょうか。

株式会社エム・ソフト

株式会社エム・ソフトのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社エム・ソフト https://www.msoft.co.jp/

こんな人におすすめ ・MRアプリで実績豊富なアプリ開発会社をお探しの方
・正社員技術者を多く抱えるアプリ開発会社をお探しの方

<主なMR開発実績>
・株式会社ピクチャーエレメント/イベントMRアプリ
・イベント企画会社/ショールーム展示ガイドMRアプリ

エム・ソフトは、創業から30年以上にわたってソフトウェア開発やアプリケーション開発を行っている会社です。安定的に質の高いアプリ開発が提供できる体制が構築されており、在籍する正社員技術者は約300名にのぼります。
Microsoft HoloLensの認定パートナーとしてMRアプリ開発に取り組んでいることも大きな特徴。ショールーム展示ガイドMRアプリやイベントMRアプリなどの開発を行なってきた実績も魅力でしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 1987年
会社所在地 東京都台東区東上野2丁目18番10号 日本生命上野ビル6F
電話番号 03-5807-2300

株式会社アイエンター

株式会社アイエンターのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社アイエンター https://www.i-enter.co.jp/

こんな人におすすめ ・MRを活用したアプリ開発実績が豊富な会社をお探しの方
・スマホアプリ開発のノウハウが豊富な会社にMRアプリ開発を依頼したい方

アイエンターは、アプリ開発やIoT開発、UX/UIデザイン、マーケティングなど幅広い事業を手がける会社です。年間100本以上のスマホアプリ開発に携わっており、これまでの取引先は1,500社以上。スマホアプリ開発の豊富なノウハウを活かしたAR・VR・MRコンテンツ企画・開発を行っています。
MRアプリ開発はHoloLens、HoloLens2、Nrealに対応。空中に絵が描けるアプリやAR・MRを活用した旅行体験共有アプリを開発しました。

予算感 100万円〜
設立年 2004年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都渋谷区渋谷2丁目14-10 長沼ビル5階
電話番号 03-5778-4440

TECH Planning合同会社

TECH Planning合同会社のアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:TECH Planning合同会社 https://www.vr-creators-labs.com/

こんな人におすすめ ・VR・MRの実績豊富なアプリ開発会社をお探しの方
・MRを活用した新規事業に関するコンサルティングもご希望の方

<主なMR開発実績>
・HoloLens2を利用した工場監査の補助システム
・Hololens2を用いた博物館展示物へのMR情報付加システム・運用管理システム
・県立病院向けの手術前カンファレンスにおけるMR情報共有システム

TECH Planning(テックプランニング)は、開発事業やVR機器レンタルなどを提供している会社です。MR開発ではHoloLens2を用いた向上検査補助システムのプロトタイプ、MRグラスを活用した文字認識翻訳アプリのプロトタイプなどを開発。そのほかにも、私立博物館や県立病院の案件を担当してきました。
MR導入に関するコンサルティングも行なっているので、先端技術を活用した新規事業を検討する会社にもうってつけでしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 2020年
従業員数 1-4人
会社所在地 東京都中央区銀座7丁目13番6号サガミビル2F
電話番号 09036976982

株式会社コアソフト

株式会社コアソフトのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社コアソフト https://www.coresoft-net.co.jp/

こんな人におすすめ ・MRアプリで実績豊富なアプリ開発会社をお探しの方
・MRだけでなくARやVRアプリの開発も依頼したい方

コアソフトは、システム開発やホームページ制作、サーバー構築などを中心に事業を展開しています。設立より20年以上にわたって築き上げられてきた経験やノウハウ、そして多くの実績の数々が特徴の1つです。
観光ガイドの情報提供アプリや医療現場の診察をサポートするアプリなど、高い技術を生かしてさまざまなMRアプリの開発に対応しています。ARアプリやVRアプリ開発も可能で、県立広島大学のオープンキャンパスアプリや広電宮島ガーデンアプリの開発を手掛けています。

予算感 要問い合わせ
設立年 2000年
従業員数 100-499人
会社所在地 東京都台東区浅草橋 5-2-3 鈴和ビル6F
電話番号 03-5825-8575

株式会社ネクストシステム

株式会社ネクストシステムのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ネクストシステム http://www.next-system.com/

こんな人におすすめ ・MRアプリで実績豊富な会社をお探しの方
・MRアプリにAIも取り入れたい方

<主なMR開発実績>
・自社/Microsoft HoloLensを用いた検品システム
・自社/MS HoloLensを用いたアニマルセラピーアプリ(デモ)

ネクストシステムは、AI技術の活用をはじめ、AR技術を活用したデジタルサイネージサービスやスマートフォンアプリ、Webシステム開発のほか、VRやMRといった次世代技術の開発にも携わっている会社です。
AI技術によるディープラーニングとMR技術を活用した検品システムなど、AIとMRをどちらも活用したアプリケーションも開発依頼できます。Microsoft HoloLensを用いたMR技術にAIも活用させたい場合にはぴったりでしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 2002年
従業員数 30-99人
会社所在地 福岡県福岡市南区井尻3丁目12番33号 アンビエント井尻2F
電話番号 092-584-0662

MR開発に強くVR開発にもおすすめなアプリ開発会社2選

ここからは、MR開発に強く、VR開発にもおすすめなアプリ開発会社を紹介していきます。MRやVRなどの次世代技術に強い会社をお探しなら、以下の2社がおすすめです。

株式会社ジャミン

株式会社ジャミンのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社ジャミン https://jammin.jp/

こんな人におすすめ ・MRだけでなくVRアプリの開発も得意としている会社をお探しの方
・MR技術を業務支援ツールに活用したい方

<主なMR開発実績>
・自動車メーカー・部品メーカー/Hololensを用いた自動車メンテナンス業務支援ツール

ジャミンは、Hololensを活用した業務支援ツール開発をはじめ、ホームページの制作やスマホアプリの開発なども手掛けている会社です。
MR技術を活用したアプリ開発だけでなく、VR技術を用いたさまざまなアプリケーションも提供しています。製造業・建築業向けの各種シミュレーターVRアプリのほか、自動車メーカー向けの災害事例体験VR、危機体感VRなど、開発実績が豊富なのが信頼できるポイントです。

予算感 要問い合わせ
設立年 2014年
会社所在地 愛知県名古屋市中区栄1-26-8 GS白川公園ビル6B
電話番号 052-253-5789

株式会社アーティフィス

株式会社アーティフィスのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社アーティフィス http://artifice-inc.com/

こんな人におすすめ ・3DVRコンテンツを制作したい方
・MRやVRを用いた体験型アプリやアトラクションを開発したい方

アーティフィスは、非接触型のホログラムタッチパネルの開発をはじめ、MRアプリやプロジェクションマッピング、iPhone・Android向けのスマートフォンアプリの開発を手掛けている会社です。
MR開発だけでなくVR開発にも強みを持ちます。VR技術を活用したアプリやアトラクションの開発、3DVRコンテンツの制作なども依頼可能です。エンターテインメント領域ではもちろん、観光事業や建築業など、さまざまな業種に向けて役立つコンテンツを提供しています。

予算感 要問い合わせ
会社所在地 大阪府大阪市都島区中野町4-3-9 METT桜ノ宮ビル 4F
電話番号 06-6940-0486

MR開発に強いオフショア開発も可能なアプリ開発会社2選

ここからは、MR開発に強く、オフショア開発を依頼することのできるアプリ開発会社を紹介していきます。なるべく費用を抑えながらMRアプリ開発を行いたいという場合には、以下の2社をチェックしてみましょう。

株式会社GIANTY

株式会社GIANTYのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社GIANTY https://www.gianty.co.jp/

こんな人におすすめ ・実績豊富な会社にMRアプリ開発を依頼したい方
・MRアプリ開発にかかる費用をなるべく抑えたい方

GIANTYは、Webシステムやスマートフォンアプリの開発を始め、2D/3Dグラフィックスなどの制作を中心に事業を展開しています。
ベトナムにオフショア拠点を構えており、ラボ型オフショアサービスを提供しているのが大きな特徴。これまでに100社以上・100件以上のプロジェクトでオフショア開発を手掛けてきました。MR開発やVR開発などといったXR開発にも対応しているため、オフショア開発で費用を抑えながらもMRアプリを開発したい場合にはうってつけでしょう。

予算感 要問い合わせ
設立年 2001年
従業員数 100-499人
会社所在地 北青山2-14-4 the ARGYLE aoyama 6F

株式会社One Technology Japan

株式会社One Technology Japanのアプリ開発サービスのホームページ画像
出典:株式会社One Technology Japan https://onetech.jp/

こんな人におすすめ ・オフショア開発を依頼できる会社をお探しの方
・実績豊富な会社にMRアプリ開発を依頼したい方

<主なMR開発実績>
・製造会社/MRによるホロレンズ・スマホを用いた工作機械の保守点検アプリ
・製造会社/ホロレンズとMR技術を活用した遠隔業務支援システム
・建設業/建設予定である倉庫を3Dホログラムで表示できるプレゼン用MRアプリ

OneTechnologyJapanhは、東京と神奈川にオフィスを構えるほか、ベトナムのホーチミンにも拠点を置き、オフショア開発を提供しているITサービス企業です。MRやVRなどのXR開発、AI開発やロボットアプリ開発などといった最先端の開発も手掛けています。
ベトナムにオフィスを構える開発企業の中でもトップクラスの開発実績を誇り、XR開発のリーディングカンパニーとしてさまざまなニーズに対応可能です。

予算感 要問い合わせ
設立年 2015年
従業員数 10-29人
会社所在地 東京都渋谷区渋谷1-1-3 アミーホール 5F 511
電話番号 03-6403-0814

アプリ開発会社の選び方

アプリ開発会社を選ぶポイントを3つ紹介します。

・開発実績
アプリといってもゲームやSNS、業務系などさまざまな種類が存在します。開発したいアプリと同じジャンルで豊富な実績を持つ会社への依頼がおすすめです。

・作業範囲
企画、構築、ストア登録と多くの工程を経てアプリはリリースされます。開発会社によって対応可能な範囲が異なるため、事前に確認しておきましょう。

・サポート体制
アプリはリリース後の運用にも注力する必要があります。不具合の修正やアップデートなど、サポートの充実性もチェックしたいポイントです。

さまざまな特徴を持つアプリ開発会社が増えており、前述したポイントだけでは会社を決められない場合もあるでしょう。お悩みの際は、ぜひ「アイミツ」へご相談ください。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

アプリ開発の費用相場

最後に、アプリ開発の費用相場について確認しておきましょう。

アプリ開発にかかる費用は、作業人数×期間によって算出されるのが一般的。つまり、どれほど人件費がかかっているのかが開発費用のベースです。いくらの単価のプログラマやエンジニアがどの程度の期間にわたって開発にあたったのかによって費用が左右されるため、開発が難しければ難しいほど、開発期間が伸びれば伸びるほど費用は膨らんでいきます。

例えばショッピングカートを搭載したEC系アプリの場合には100万~300万円ほどですが、よりシンプルなカタログ・フリーペーパー系アプリであれば50万~100万円ほどが相場。しかし、より高度で機能も豊富なゲーム系アプリを開発する場合には、1,000万円以上かかることも珍しくありません。

MRやVRなど、最先端の技術を活用したアプリの場合は高額な費用がかかる可能性が高いため、複数社から相見積もりをとって自社に適した開発会社へ依頼しましょう。

【低予算で作りたい方必見!】アプリ開発に使える補助金・助成金まとめ

アプリ開発の平均費用相場は、約250万円と非常に高額です。少しでも負担を軽減したいときは、補助金の活用を検討しましょう。これから、アプリ開発に活用できる代表的な補助金を3つご紹介します。補助金申請より前に契約していると【対象外】になるケースもあるため、発注先選びと並行して補助金情報を調べるのがおすすめです。

アプリ開発に使える主な補助金の種類と補助額
最大補助額 補助率 申請方法
IT導入補助金 450万円 1/2以内 電子
ものづくり補助金 5,000万円 1/2または2/3 電子
持続化補助金 200万円 1/4 電子または郵送

IT導入補助金(サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金)

「IT導入補助金」は、ITを活用した中小企業や小規模企業の業務効率化・売り上げの向上を目的とし、ホームページ作成、クラウドツール・業務用ソフトウェアの導入にかかる費用の一部を補助します。最大補助額は450万円・補助率1/2以内です。

出典:IT導入補助金2023 https://www.it-hojo.jp/

ものづくり補助金(ものづくり・商業・サービス生産性向上促進補助金)

「ものづくり補助金」は、中小企業・小規模事業者が制度変更などに対応するための革新的サービス開発、設備投資などを支援する補助金です。「通常枠」「デジタル枠」「グローバル市場開拓型」などが設定されています。最大補助額は5000万円で、補助率は1/2または2/3です。

出典:ものづくり補助金総合サイト https://portal.monodukuri-hojo.jp/

持続化補助金(小規模事業者持続化補助金)

「持続化補助金」は、小規模事業者が制度変更に対応し、持続的な経営を実現するために必要な、ホームページ制作など販路拡大に関わる経費を一部補助するものです。通常枠または特別枠(賃金引上げ枠・卒業枠・後継者支援枠・創業枠など)の申請類型いずれか1つの枠のみ申請可能。最大補助額は通常枠で50万、その他の枠で200万円で、ウェブサイト関連費の補助率は1/4です。

出典:小規模事業者 持続化補助金(一般型)https://r3.jizokukahojokin.info/

補助金について、さらに詳しい情報を知りたい方は以下の記事をご覧ください。

補助金を利用する際は、申請スケジュールや必要書類の準備に注意しましょう!

補助金を利用する上で何より大切なのは、規定に沿ってきちんと申請を行うことです。事業計画書、経費明細書など、必要な書類は各補助金・助成金の公式ホームページに記載されているため、もれなく準備し、不備のないように記載しましょう。

しかし、補助金申請は揃える書類や申請項目も多く、業務が煩雑になりがちです。スケジュールをきちんと把握しておらず、「気がついたら申請期限を過ぎていた」なんてことが起こる場合も。

「アイミツ」は、申請をスムーズに進められる補助金に詳しいホームページ制作会社を厳選し、「無料」でご紹介可能です。ぜひお気軽にお問い合わせください。

※補助金については2023年5月時点の情報をもとにご説明しています。

こんなアプリ開発会社探していませんか?

【まとめ】アプリ開発会社選びで迷ったらアイミツへ

アプリ開発会社を選ぶには、各社の特徴を把握し、自社の目的やニーズに合った会社を見つけることが大切です。

アイミツでは、経験豊富なコンシェルジュがご希望をおうかがいした上で、条件に合うアプリ開発会社を無料で紹介しています。MRアプリ開発を依頼する会社をお探しの方は、お気軽にお問い合わせください。"

発注先探しのコツは?
費用や品質を比較するために複数の企業に問い合わせることが一般的です。
実際に問い合わせをした人の多くは平均4,5社見積もりをとっています。
4,5社の見積もりが揃うまでにかかる期間は?
4,5社の企業探しから打ち合わせ、見積もり取得するまでには2〜3週間ほどかかる場合が多いでしょう。PRONIアイミツなら最短翌日までに最大6社の見積もりがそろいます。
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

アプリ開発会社探しで、こんなお悩みありませんか?

  • 一括見積もりサイトだと多数の会社から電話が・・・

    一括見積もりサイトだと
    多数の会社から電話が・・・

  • 相場がわからないから見積もりを取っても不安・・・

    相場がわからないから
    見積もりを取っても不安・・・

  • どの企業が優れているのか判断できない・・・

    どの企業が優れているのか
    判断できない・・・

PRONIアイミツなら

発注先決定まで最短翌日

発注先決定まで
最短翌日

  1. 専門コンシェルジュが
    あなたの要件をヒアリング!
  2. 10万件の利用実績から
    業界・相場情報をご提供!
  3. あなたの要件にマッチした
    優良企業のみご紹介!
マッチング実績30万件!

一括見積もりをする

(無料)

この記事に関連するアプリ開発会社一覧

詳細条件から発注先を探す

MRアプリに条件を追加して企業を探す

スマホアプリに関連する記事

スマホアプリ開発に関連する事例

スマホアプリ開発でこんな効果やメリットが得られています。

課題
医師や弁護士など専門家へチャットにて質問やサポートを受けられる課金型アプリの開発
効果
専門家とコンサルタントのマッチングやアドバイザーへの支払い方法、運営会社の管理の効率化
みんなで作るバリアフリーマップ WheeLog!
  • 官公庁・公社・団体
  • 医療・福祉
  • サービス(その他)
  • コンサルティング・調査
  • 福祉
出典:一般社団法人WheeLog
課題
当初、他社にサンプルアプリの開発を依頼していましたが、完成物は「いかにもツール」といった魅力に欠けるものでした。ユーザーからの情報を集めるためにはユーザーが「能動的に発信したくなる」魅力が必要です。そんな中展示会で、ゲームに熱中する要素をシステムに組み込み、魅力的なサービスを開発するテクニックであるゲーミフィケーションの先駆者である弊社に出会い、既存サービスのリニューアルを依頼されるに至りました。
効果
現在WheeLog!は多くのユーザーに愛されています。 しかしまだまだ目標の途中です。WheeLog!の目標は情報で車いす生活を豊かにし、世界の車いすユーザーのために貢献すること。 その大きな目標達成に向け、ナノコネは織田さんの想いに賛同して集まった多くの仲間やユーザーと共に邁進し続けます。
経済産業省|中小企業向け事例集のウェブアプリ化
  • 官公庁・公社・団体
出典:経済産業省
課題
中小企業庁様では全国の中小企業や小規模事業者による事業の成功事例や、政策支援の効果的な活用事例をまとめ、事例集として定期的に作成し、Webや紙媒体で公開されています。しかし、作成された事例集の多くがPDF形式であったり、公開サイトが統一されておらず、中小企業それぞれのニーズに合う事例を簡易に素早く検索することが難しいといった課題を抱えていました。
効果
★デザインから開発完了まで6ヶ月で実現 ★アジャイルにより、定期的な認識合わせをすることができた